高齢者に配慮した庭工事👷【バリアフリーにリフォームした施工例です】

【更新日】2021.10.20.

バリアフリーの庭工事

工事費150万円。埼玉県上尾市。庭ガーデンリフォーム工事の施工例です。リハビリテーションを兼ねた庭づくりを意識しながらデザインし、手すりやスロープをゆっくり歩きながら運動できます。


高齢者が安心して歩けるように、庭をリフォームしました。

バリアフリーの庭にリフォームしました。
家から段差がなく外に出られ、そこから回るように地面へと、軽い運動をしながら降りられるようにしました。手すりを設置することで、転倒の危険もなく、安心して歩くことができます。


リフォーム工事の詳細
  • 施工地域:埼玉県上尾市
  • 施工種類:庭ガーデン
  • 施工金額:150万円
  • 竣工日 :2010年3月
  • 施工期間:2週間

施工のポイント
  • リフォーム場所:庭ガーデン
  • 庭床仕上げ:樹脂舗装リンクストーン、タイル張り
  • 庭アイテム:手すり
  • 駐車場仕上げ:コンクリート土間
  • 駐車場アイテム:カーテンゲート

リフォーム前の庭まわり


リフォーム前の庭まわり

リフォーム前は、木が多い茂っていて大変な状態でした。正直どこから手をつけていいかわかりませんでしたが、きれいに仕上がって良かったです。


通路に手すりを配置して、リハビリができるようにしました☆


リフォーム後の庭まわり

リフォーム後の庭まわり

緩やかなスロープで、家から地面まで降りられるようにしました。手すりを設置したので、リハビリをしながらゆっくりと歩くことができます。


タイルのテラス、階段、花壇


リフォーム後の庭まわり

■タイルテラスを中央に施工して、テーブルやいすを置けば、気持ちよく庭で過ごすことができます。

■階段を所々に配置することで、どこからでも降りられます。

■花壇に植木を植えました。円形にしてデザインにも気を使いました。


駐車場をコンクリートにリフォーム


駐車スペースにコンクリート

駐車場が砂利のままだったので、コンクリートにしました。雨の日でも足元が汚れません。


⭐この現場を設計したデザイナー⭐

菅間 克己(すがま かつみ)
エクステリア・ガーデンデザイナー

埼玉県生まれ。国士舘大学卒業後、大手ハウスメーカーの外構部門に就職。常にトップクラスの成績を収め、10年の勤務を経てから当社に転職。

異業種とのコミュニケーションを大事にし、新しい視点でユニークなデザインが提供できるよう日々努力。お客さま目線を持ち続けるため、現場作業も積極的に行う。

愛娘とルパンをこよなく愛す、1児の父親。


このページを読んだ人はこちらもオススメ!

RELATED


【現在の位置】ホーム > 外構リフォーム > 高齢者に配慮した庭づくり


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間勇(すがまいさむ)
2級建築士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

このオウンドメディアで「外構×庭づくり」情報を発信(月間平均40万PV)。サイト経由の売り上げ「年8桁」、工事依頼の問合せ「月50件」達成。

子供とNetflixをこよなく愛す、2児の父親。


【⭐ 評判の良い業者が探せます ⭐】

当社で対応できない方はこちらをどうぞ ⏬

これで業者探しは失敗しませんよ!
≫無料で「あなたの地域の業者」を探す方法はこちら🤔


【カテゴリー・まとめページ 📌】

【おしゃれな施工例】 【評判-口コミ】
【外構工事】 【庭-ガーデニング】
【エクステリアアイテム】 【物置】
【カーポート】 【ウッドデッキ】 【芝生】
【庭木-シンボルツリー】 【植栽の選び方】