ベランダウッドデッキDIYのコツ7選🤩【バルコニーも置くだけで完成します!】

【更新日】2021.09.03.


悩む夫婦

ベランダ(バルコニー)の床をおしゃれにしたいです。

どんなウッドデッキがおすすめですか?業者に依頼しないで、置くだけDIYでも設置できますか?


こんな人に向けて書きました。

この記事のポイントは次の3つです。

  • ベランダウッドデッキのメリットとデメリット
  • ベランダウッドデッキDIYのコツ7選
  • 高さ調整・底上げできるデッキは?

記事を読み終えると、ベランダのウッドデッキとはどんなものか分かり、もう設置するかどうか迷わなくなるでしょう。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事専門会社」です。

毎年60件以上の外構工事を行い、おしゃれなウッドデッキもたくさん施工しています



ベランダウッドデッキDIYのコツ7選🤩【バルコニーも置くだけで完成します!】

ベランダとバルコニーのウッドデッキをまとめた画像

ベランダをリフォームしてくつろげる空間にすると、毎日の生活が楽しくなります。

しかし「ベランダの床をウッドデッキにするデメリットは?」「置くだけDIYで設置できるの?」「腐らない材料はどれ?」「高さ調整できる底上げデッキってあるの?」「掃除の仕方や虫・ゴキブリ対策はどうするの?」などとすごく悩むでしょう

そこでこの記事では、ベランダウッドデッキとは?についてまず説明し、DIYのコツを7つを紹介します。

安い費用で実現できるデッキ材も紹介するつもりです。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


ベランダのウッドデッキとは?【バルコニーも】

バルコニーでくつろぐ女性

ベランダのウッドデッキとは、味気ないベランダの床をデッキ材でリフォームすることです。

ベランダが単なる物干し場から、くつろげる空間へとおしゃれに変身させられます。2階なので眺めがよく、近所からの視線も気になりません。

しかも、庭に設置するウッドデッキよりも安い費用で実現でき、DIYでチャレンジする人も増えています。もちろんバルコニー・ルーフバルコニーも一緒です。


テラス・ベランダ・バルコニーの違いはこちらです⏬

テラスとは?バルコニー・ベランダとの違い🤔【建築おしゃれ施工例も紹介します】


【3つ】ベランダウッドデッキのデメリット


デメリットは3つ
  • 天然木だと腐る
  • 掃除がめんどくさい
  • 虫やゴキブリが出る

天然木だと腐る

手っ取り早いのが「すのこ」ですが、天然木なので腐りやすいです。

値段が安いので、「腐ったら捨てる」という使い方なら問題なし!腐らない素材は樹脂製の人工木で、天然木より値段が高いです。


掃除がめんどくさい

デッキ材には雨が通るように隙間があり、その隙間からベランダ本体へゴミが流れます。

ゴミやホコリがたまると水はけが悪くなるので、嫌なニオイも発生するのがデメリットです。

そこで、定期的な掃除が必要になりますが、デッキ材を剥がすのがすごくめんどくさい!しかしこれはしょうがないことで、デッキ表面だけごまかして掃除するより、思い切ってぜんぶ剥がした方がきれいに掃除できます。


虫やゴキブリが出る

掃除をやらないと、虫やゴキブリも発生します!

かんたんな対策はこまめな掃除ですが、防虫用の薬剤を散布したり、ハーブを植えるのも効果的です。あとで「掃除の仕方」を詳しく解説するので、お楽しみに!


【3つ】ベランダウッドデッキのメリット


メリットは3つ
  • おしゃれになる!
  • くつろげる場所になる!
  • 業者いらずでDIYでも簡単!

おしゃれになる!

味気ないグレー色のベランダが、まるでホテルやカフェのようにおしゃれになります。

洗濯物や布団干しだけだともったいないので、じょうずに活用して快適な生活を送りましょう!


くつろげる場所になる!

室内との一体感が生まれ、まるで部屋が広くなったような気がします。

するとベランダへ出るのが楽しくなり、「読書・夕食後の一杯・ぼーっとする」などくつろぎの空間が生まれるのが、いちばんのメリットです!

また、子供を遊ばせることもでき、おうち時間を有意義に活用できます。お昼寝させるのもいいかも!


業者いらずでDIYでも簡単!

庭につくるウッドデッキはDIY難易度が高く、専門業者に依頼した方が失敗がありません。

しかしベランダには床があるので、DIY初心者の女性でもかんたんに作れます。ただし、室内の床面と同じ高さにするのは、やや難しいです。

また、多くの材料は置くだけで設置でき、ホームセンターや通販でもかんたんに手に入ります。庭のウッドデッキをあきらめた人にも、おすすめのアイデアです。


【7選】ベランダウッドデッキDIYのコツ

ここからは、ベランダにウッドデッキをDIYでつくるコツ7つを紹介します。


ここでのポイントはこちら!
  1. 【置くだけ】費用が安いウッドパネルがおすすめ!
  2. 【腐らない】おしゃれな樹脂製人工木がおすすめ!
  3. 【すのこ・縁台】狭いベランダにも置ける
  4. 【椅子】折りたたみデッキチェアがおすすめ!
  5. 【マンション】ルールを守ってトラブル防止!
  6. 【高さ調整】底上げすれば室内との段差がなくなる!
  7. 【掃除の仕方】虫・ゴキブリ対策も解説!

高さ調整できるウッドデッキのみ、DIY難易度が高いです。

それ以外はDIYでもかんたんで、掃除の仕方も合わせて解説していきます。


1.【置くだけ】費用が安いウッドパネルがおすすめ!

ベランダをウッドデッキでおしゃれにした画像

ここでのポイントは3つ
  • ウッドパネルとは?
  • 素材は天然木と人工木
  • 施工方法とカットの仕方

ウッドパネルとは?

ウッドパネルとは、ベランダやバルコニーに敷きやすいパネルで、DIYでも簡単に設置できるものです。

ウッドパネルなら木目調のデザインで、おしゃれにリフォームすることができます。自作で木材を敷き詰めてもいいですが、費用と手間がかかるので、DIY初心者には不向きです。

また、専門業者に依頼する必要がないので、すぐに作業が始められます。大きな音や粉塵も発生しなく、近所迷惑にもなりません。


素材は天然木と人工木

ウッドパネルの素材は以下の2種類です。

  • 【天然木】自然な風合いが美しい
  • 【人工木】メンテナンスが楽

どちらを選ぶかは、あなたの好みです。メリットとデメリットをまとめた記事も作ったので、詳細はそちらをどうぞ!

樹脂製人工木ウッドデッキのメリット-デメリット🤔【天然木と徹底比較しました】


施工方法とカットの仕方

ウッドパネルの詳細は以下です。

  • 【サイズ】30cm × 30cm
  • 【施工方法】ただ並べるだけ
  • 【カットの仕方】手のこぎりで可能

パネルの横にジョイント部材があるので、それを別のパネルに差し込んで、並べて置くだけで設置が完了します。これで、ずれる心配がありません。

また、ウッドパネルの裏にはプラスチック素材が貼り付けてあり、それを手のこぎりでカットするだけで、サイズを小さくできます。ベランダのレイアウトに合わせて、かんたんに調整できるのがメリットです。


2.【腐らない】おしゃれな樹脂製人工木がおすすめ!

人工木のウッドパネルを敷いたベランダ

長い目で見れば、樹脂製人工木のウッドパネルがおすすめです。

なぜなら、天然木の質感が再現できていて、メンテナンスの手間が少ないからです。しかも防水効果があり、腐る心配もありません。

天然木は美しいですが、2~3年に1度、ペンキの塗り替えが必要になります。これは劣化を防ぐためなので、仕方がありません...


どこで買えるの?

ホームセンターや通販で購入できます。

実物を見たければ、以下のお店がおすすめです。

  • ikea
  • ニトリ
  • カインズホーム

通販ならやっぱり楽天とアマゾンがおすすめ!品揃えも豊富です。

≫楽天でどんなウッドパネルがあるか見てみる

≫Amazonでどんなウッドパネルがあるか見てみる


3.【すのこ・縁台】狭いベランダにも置ける

ベランダに置いたすのこ

狭いベランダ・バルコニーならすのこがおすすめ!

上画像のように、ベランダにすのこを敷くアイデアもあります。

ベランダが狭かったり、「どんな感じになるか?」試したい人におすすめです。ホームセンターで安く売っています。

デメリットは、天然木なので腐りやすいこと!値段が安いので、腐ったら捨てるのもありです。防腐剤入りのペンキを塗るのは、すごくめんどくさいので...


小さい縁台もかっこいい!

価格:¥11,704

室内とベランダの段差解消が目的なら、小さい縁台もおすすめです!

この商品は高さがたったの16cm!杉材天然木ですが、ステイン塗装で仕上げられています。しっかりした作りで丈夫なので、壊れる心配がありません。

この縁台は「plankさん」の商品です。

≫楽天でこの縁台を見てみる


4.【椅子】折りたたみデッキチェアがおすすめ!

リクライニングできる折りたたみデッキチェア

ベランダにウッドパネルを敷くのがめんどくさいなら、デッキチェアを置いてくつろぐ方法もあります。

おすすめなのが、「折りたたみ」ができ「リクライニング」するデッキチェアです。値段は1万円ぐらいで買えます。


わたしのデッキチェア経験談!

わたしは画像の右側の椅子を使ったことがあり、ほぼまっすぐリクライニングできました。

背中のネット部分が柔らかく、ハンモックのような感じで気持ちいい!👍しかも、長時間使っていても、背中が痛くなることがなかったです。

雨が降ったら折りたたんで、室内にしまっておきました。

≫楽天でどんなデッキチェアがあるか見てみる

≫Amazonでどんなデッキチェアがあるか見てみる


5.【マンション】ルールを守ってトラブル防止!

マンションのベランダに敷いたウッドパネル

ここでのポイントは3つ
  • 管理規約を確認する
  • 避難経路をふさがない
  • ウッドデッキよりパネルがおすすめ!

管理規約を確認する

設置する前に、まずマンションの管理規約を確認しましょう。

それぞれのマンションによって異なるので、書類を読むか管理人に確認することが大事です。違反していたら、せっかくのウッドデッキを撤去しなければなりません。ご注意を!


避難経路をふさがない

関係ある規約には、以下のようなものがあります。

  • 手すりの高さを確保する
  • 避難ハッチをふさがない
  • 避難はしごのカバーをふさがない

ウッドデッキで底上げして、転落防止用の手すりが低くなってしまうことがあります。建築基準法では1.1m以上となっているので、気をつけましょう。

また、よくあるのは「避難経路をふさいでしまうこと」で、避難ハッチやカバーの上には材料を置いてはいけません。そこだけ見た目がダサくなりますが、我慢するしかありません...


ウッドデッキよりパネルがおすすめ!

なぜなら、大掛かりな工事にならず、大規模修繕が実施されてもすぐに外せるからです。

本格的なウッドデッキだと材料の搬入や近所迷惑など、いろいろ注意しなければなりません。勝手に工事の段取りをつけず、トラブルがないように管理会社としっかり話し合いましょう。

その代わり、ウッドパネルだとDIYで簡単にでき、近所迷惑となるような騒音も発生しません。


6.【高さ調整】底上げすれば室内との段差がなくなる!

リクシルのウッドデッキ「レストステージ」

ここでのポイントは3つ
  • 施工前と施工後の状態
  • 底上げすれば室内との段差なし!
  • 高さ調整ウッドデッキの施工方法

施工前と施工後の状態

左が施工前|右が施工後

リクシルのウッドデッキ「レストステージ」は、ベランダやバルコニーにも設置できるのが魅力です。

特徴は以下。

  • 【補助台と高さ調整金具】室内と同じ高さに
  • 【樹脂製人工木】ウッドパネルよりおしゃれ
  • 【補助手すり】床面が上がっても大丈夫!

アジャスト機能があり、それを使えば室内と同じ高さに施工できます。室内空間からの延長として、アウトドアリビングが楽しめるでしょう。

また、床材を置くと床面が上がってしまうので、転落を防ぐ「補助手すり」をいっしょに設置するのをおすすめします。


底上げすれば室内との段差なし!

ウッドデッキ下の高さ調整金具

室内といっしょの高さにすれば、つまずきを防ぎ出入りが楽になります

レストステージにはオリジナルの「高さ調整金具」があり、以下のようにデッキ材の底上げが可能です。

  • 【大引き+高さ調整金具】
  • 【大引き+高さ調整金具+補助台×1】
  • 【大引き+高さ調整金具+補助台×2】
  • 【大引き+高さ調整金具+補助台×3】
  • 【大引き+高さ調整金具(上げた状態)+補助台×3】

最小91mm ~ 271mmまで底上げでき、補助台は3個まで連結可能です。補助台には20mmと40mmの2種類あります。


高さ調整ウッドデッキの施工方法

施工方法と手順は以下です。

  1. ベランダやバルコニーの床に大引を設置
  2. 両端にデッキ材(仮止め)を設置し、デッキの高さ・水平調整をする
  3. デッキ材の割付けを考えて張る
  4. 端部に幅調整材を設置【完成】

大引きのサイズが大きいので、高さにズレが生じにくいのが特長。がたつきにくく、きれいに仕上がります。

置くだけDIYより難しいですが、慣れている人なら業者に依頼しなくても施工できるでしょう。


7.【掃除の仕方】虫・ゴキブリ対策も解説!


ここでのポイントは3つ
  • デッキ材は外して掃除しよう!
  • デッキ材の掃除の仕方
  • 虫・ゴキブリ対策はどうする?

デッキ材は外して掃除しよう!

デッキ材の上には物がいっぱいですよね?

たとえば、コンテナ・ガーデニング用品・テーブル・イス・観葉植物などなど...どかすのがめんどくさいです...しかし、これらの物をどかしてデッキ材を外せれば、掃除は終わったようなもの!

ベランダの端に物を寄せるのではなく、室内にブルーシートを敷いて、そこに物を置きましょう。掃除の回数はできれば年に2回、最低でも1回は必要です。


デッキ材の掃除の仕方

デッキ材の汚れ落としには、やっぱり「デッキブラシ」が最強のアイテムです!

水をたっぷりかけながら、腰を入れてゴシゴシこすりましょう。高圧洗浄機も使えますが、やっぱりブラシでこすったほうがきれいになります。

デッキ材の裏表をちゃんとこすったら、壁に立てかけてしっかり乾かします。すぐに敷いてしまうと、カビが発生するので注意しましょう。


虫・ゴキブリ対策はどうする?

点検口があればデッキ下もちょっと掃除できる

定期的にデッキ下を掃除するのが、虫対策にいちばん効果的です。

しかし時間が取れないなら、ハーブを植えたりや防虫剤を使用するのがいいでしょう。熱湯をかけるのもありです。

おすすめのハーブはレモングラスで、東南アジアでは虫除けとしてよく植えられています。ハーブは料理にも使えるので、ベランダに植えるのにぴったりの植物です。

また、デッキの隙間から下へゴミが落ちますが、デッキ上は週に1回ぐらい掃き掃除しましょう。


ハーブの詳細はこちらです⏬

料理に使えるハーブおすすめ20種類🌿【育て方・庭栽培のコツも解説します】


【売れ筋ランキング】楽天とアマゾンでチェック!

参考までに、人気のあるウッドパネルの楽天・Amazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

≫楽天の売れ筋ランキング

≫Amazonの売れ筋


まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • ベランダウッドデッキのメリットとデメリット
  • ベランダウッドデッキDIYのコツ7選
  • 高さ調整・底上げできるデッキは?

以上の3つです。


この記事では、ベランダウッドデッキのDIYでのコツを7つ紹介しました。いかがだったでしょうか?

デメリットは掃除がめんどくさいことですが、その代わりおしゃれでくつろげる空間が手に入ります。賃貸のベランダやマンションのバルコニーでも、ルールを守れば実現可能です。


わざわざ高い費用をかけて、業者に依頼する必要はありません。

ぜひDIYでチャレンジして、素敵なベランダを作ってみてください!



すぐ下の関連ページで「置くだけウッドデッキ・DIYウッドデッキの作り方・ウッドデッキの目隠し」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、ベランダウッドデッキDIYのコツ7選🤩【バルコニーも置くだけで完成します!】…という話題でした。

更新:2021年09月03日|公開:2021年07月10日

RELATED


【現在の位置】ホーム > エクステリア製品 > デッキ > ベランダウッドデッキ


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間勇(すがまいさむ)
2級建築士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

このオウンドメディアで「外構×庭づくり」情報を発信(月間平均40万PV)。サイト経由の売り上げ「年8桁」、工事依頼の問合せ「月50件」達成。

子供とNetflixをこよなく愛す、2児の父親。


【⭐ 評判の良い業者が探せます ⭐】

当社で対応できない方はこちらをどうぞ ⏬

これで業者探しは失敗しませんよ!
≫無料で「あなたの地域の業者」を探す方法はこちら🤔


【カテゴリー・まとめページ 📌】

【おしゃれな施工例】 【評判-口コミ】
【外構工事】 【庭-ガーデニング】
【エクステリアアイテム】 【物置】
【カーポート】 【ウッドデッキ】 【芝生】
【庭木-シンボルツリー】 【植栽の選び方】