ウッドデッキのメリット&デメリット5選ずつ🤔【上手な使い方をプロが教えます】

【更新日】2021.07.24.


悩む夫婦

ウッドデッキを購入するかどうか迷っています。

設置する前に、メリットとデメリットが知りたいです。


こんな人に向けて書きました。

この記事のポイントは次の3つです。

  • ウッドデッキのデメリット5選
  • ウッドデッキのメリット5選
  • プロが教える上手な使い方

記事を読み終えると、ウッドデッキの良い点と悪い点がわかり、もうウッドデッキを設置するかどうか悩まなくなるでしょう。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事専門会社」です。

毎年60件以上の外構工事を行い、新築ウッドデッキもたくさん施工しています



ウッドデッキのメリット&デメリット5選ずつ🤔【上手な使い方をプロが教えます】

ウッドデッキは高額商品なので、購入前にいろいろ調べた方が、あとで後悔なく楽しめるでしょう。

しかし「ウッドデッキのデメリットはなに?」「デメリットの対策方法は?」「ウッドデッキのメリットはなに?」「大人・子供・ペット・家族、それぞれのメリットは何?」「上手な使い方って何かな?」などとすごく悩むでしょう

そこでこの記事では、ウッドデッキのメリットとデメリットを5つずつ紹介します。メリットは庭のプロが考える「上手な使い方」をまとめたものです。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


【5つ】ウッドデッキのデメリット


デメリットは5つ
  1. 人の視線が気になってあまり使わなくなる
  2. 樹脂製人工木だと夏の表面がすごく熱い
  3. 天然木は腐るのでメンテナンスが必要
  4. ウッドデッキ下の手入れが難しい
  5. DIYで設置するには難易度が高い

1.人の視線が気になってあまり使わなくなる

フェンス越しに中をのぞき見る女性

せっかく高いお金を払って設置したのに、人目が気になってあまり使わない...」なんて人が実際多く、これがいちばんのデメリットです。

そこで目隠し対策が必要になり、以下の方法があります。

  • 境界部分にフェンスや塀
  • 本体にフェンスやシェード

境界部分に目隠しがあると、ウッドデッキと庭両方の目隠しになります。狭い庭なら、本体に設置するのがおすすめです。


ウッドデッキの目隠しはこちらです⏬

ウッドデッキの目隠しおしゃれ9選🤩【プロがおすすめアイデアを紹介します】


2.樹脂製人工木だと夏の表面がすごく熱い

照射実験時の熱分布図(三協アルミ)

ウッドデッキ材料は木製より人工木がおすすめです(長い目で見ると)。

しかし人工木のデメリットの一つに、「夏場の表面が熱く、素足で歩けない」というのがあります。ヤケドする危険があるので、とくに子供は注意が必要!

上画像は三協アルミのウッドデッキ「ひとと木」の照射実験の画像です。赤外線電球を照射すると、50℃まで温度が上がっています。その代わり、天然木だとそれほど温度が上がらず、素足でも歩けるでしょう。


3.天然木は腐るのでメンテナンスが必要

腐ってきた木製ウッドデッキ

天然木のウッドデッキは腐りやすいです。

なぜなら、雨風にいつもさらされ、少しずつ劣化するからです(ソフトウッドの場合)。ただしハードウッドだと腐りません。

腐るのを防ぐためにメンテナンスが必要で、塗装の塗り替えを数年に1回しなけれなりません。これがすごくめんどくさく、ウッドデッキは隙間が多いので嫌になります...


人工木と天然木の比較はこちらです⏬

樹脂製人工木ウッドデッキのメリット-デメリット🤔【天然木と徹底比較しました】


4.ウッドデッキ下の手入れが難しい

ウッドデッキ下をコンクリート施工

ウッドデッキ下は狭いので手入れが大変です!

その理由は、雑草が生えたり、隙間からゴミが落ちても掃除がしにくいからです。土のままだと湿気がたまり、嫌な匂いがしたりいつもジメジメしています。

理想は真っ平らな土間コンクリートですが、DIYだと施工が難しいです。DIYでやるなら、防草シートの上に砂利敷きがいいでしょう。束柱は平板の上に置くとかんたんです。


上画像のウッドデッキ施工例の詳細こちらです⏬

リガーデンしたおしゃれな施工例👷【大規模な外構リフォーム工事です】


5.DIYで設置するには難易度が高い

ウッドデッキの設計図・図面

なぜかというと、いろんな作業が必要なので、DIY初心者だと施工が難しいからです。

いちばんの難関は基礎部分で、数多くの束柱を平らにするのが大変!それと上記した通り、ウッドデッキ下が土のままだと、あとで掃除がしにくく大変なことになります。

しかし、ウッドデッキを手作りするのはやりがいのあることで、DIY好きならぜひチャレンジしましょう!ウッドデッキが自作できれば、他のどんなDIYだって「どんと来い!」でかんたんですよ。


DIYウッドデッキの詳細はこちらです⏬

DIYウッドデッキ×作り方のコツ9選🤩【失敗したくない初心者は必見ですよ!】


【5つ】ウッドデッキのメリット


メリットは5つ
  1. 【美しい★】リビングと一体になった開放感ある空間
  2. 【大人のメリット】ゆっくりくつろげ物干しもできる
  3. 【子供のメリット】柵があれば安全に遊ばせられる
  4. 【家族のメリット】BBQやガーデニングができる
  5. 【ペットのメリット】フェンスで囲えば脱走防止

1.【美しい★】リビングと一体になった開放感ある空間

インテリアから見た庭のウッドデッキ画像

ウッドデッキの見た目はとても美しく、あるだけで家のグレードが上がります。

天気の良い日にリビングの窓を開けると、開放感ある空間が出現しすごく気持ちいいです。まるで部屋が広くなったような錯覚を覚え、外へ出るのが毎日待ち遠しくなるほど。

中庭にウッドデッキがあれば、プライバシーが100%ある空間。あるいは、ベランダ・バルコニー・屋上にだって設置でき、今までとは違う楽しい日常が送れますよ!


2.【大人のメリット】ゆっくりくつろげ物干しもできる

ウッドデッキでくつろいでいる人

ウッドデッキ上で過ごす、優雅なひと時を想像してください(目を閉じて...)。

たとえば、お茶を飲んだり、読書したり、ぼーっと寝転んだり...家の中でくつろぐのとは違った、リラックス効果が期待できます。またヤシの木がある南国のビーチで、休暇を楽しんでいる姿を想像するのもいいでしょう

夕食後にウッドデッキ上で飲むお酒も最高の贅沢!庭をライトアップすれば、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。


庭のライトアップのコツはこちらです⏬

庭をおしゃれにライトアップするコツ9選💡【おすすめソーラーライトも紹介します】


洗濯物や布団干しにも使える!

【イメージ画像】テラス「晴れもよう」に布団を干した画像

ウッドデッキの上なら、靴を履き替えなくても外で物干しができます

しかも屋根があれば、少しの雨なら濡れません。部屋干しだと乾かないので、洗濯物はなるべく外で干したいものです。

また、1階に寝室がある家は、布団を干すために2階へ持って上がるのは大変(すごく重い!)。そこで高さ120cmぐらいのフェンスか手すりがあれば、布団が床につかずに干せます。


ウッドデッキの手すりはこちらです⏬

ウッドデッキの手すり7選🤩【後付けできるおしゃれデザインを紹介します】


3.【子供のメリット】柵があれば安全に遊ばせられる

ウッドデッキで遊ぶ子供たち

おうち時間が増える昨今、せめて庭で子供を遊ばせてあげたいですよね?

そこで、ウッドデッキに柵があれば、目を離していても安心安全です。人工木を選べばささくれや割れがないので、ケガの心配もありません。

夏場はビニールプールを置けば、大はしゃぎで遊んでくれます。なるべく太陽の光を浴びさせ、元気に育って欲しいのは、どの親だって考えることですよね?


ウッドデッキフェンスと庭遊びのアイデアはこちらです⏬

ウッドデッキのフェンスおしゃれ9選🤩【後付け-目隠し-扉付きを紹介します】

子供が喜ぶ庭遊びのアイデア5選👫【プロが教えるDIY庭づくり5選もあります!】


段差解消にはステップがおすすめ!

おしゃれなウッドデッキステップをまとめた画像

ウッドデッキには段差があるので、そのままだと子供が面白がって飛び降りて危険です!

そこで、段差解消のステップがあれば、飛び降りる心配がなくなります。階段と段床(だんしょう)の2種類があり、小さい子供がいるなら幅広の段床がおすすめです。

また、スロープを設置するのもあり!ベビーカーやショッピングカートだって、すいすい簡単に登れます。車椅子にも対応可能です。


段差解消のヒントはこちらです⏬

ウッドデッキの段差解消ヒント3選🤩【階段-ステップ-スロープを紹介します】


4.【家族のメリット】BBQやガーデニングができる

ウッドデッキでBBQを楽しむ家族

ウッドデッキの上手な使い方のひとつに、家族や友人と楽しむパーティーがあります

中でもBBQパーティーは、世の中のお父さんみんなの夢(わたしだけ!?)です。炭火でじっくり焼いた肉を、ビールと一緒に流し込む...最強の過ごし方です!

ウッドデッキ上で火を扱う注意点や、ご近所迷惑にならない方法などを、まとめた記事を作りました。詳細はそちらをどうぞ!⏬

ウッドデッキでバーベキューを楽しむコツ9選🍖【庭おしゃれ施工例も満載です!】


親子でガーデニングも楽しめる!

子供と一緒にガーデニングする母親

ウッドデッキがあれば庭へ出るのが楽しくなり、親子でガーデニングが楽しめるのもメリットです。

おすすめは、花壇で野菜やハーブを育てることで、子供の教育にも役立ちます。タネから育て収穫した野菜を家族で食す、庭付き一戸建て住宅ならではの楽しみ方です。

あるいは、親が庭いじりをしている間、子供をウッドデッキ上で遊ばせておくのもいいでしょう。


キッチンガーデンの詳細はこちらです⏬

キッチン×ポタジェガーデンの作り方7選🥕【おすすめ13植物の種類も紹介します】


5.【ペットのメリット】フェンスで囲えば脱走防止

ドッグランにも使えるウッドデッキ

ウッドデッキで愛犬を遊ばせたい人いますよね?

スロープを設置しフェンスで囲えば、ドッグランに早変わりして犬も大喜びです!フェンスがあれば、犬の逃げ出し防止にもなります。

上画像にあるメッシュフェンスの特徴は以下。

  • 【高さ】120cm
  • 【デッキとの隙間】5cm
  • 【格子の隙間】5cm × 13cm

まわりをこのフェンスで囲えば、ペットが下からくぐり抜けたり、飛び越える心配もなくなります。また、小さい子供にも安心のフェンスです。


ペットに優しいウッドデッキ

スロープと扉のあるウッドデッキ

三協アルミのウッドデッキ「ひとと木」は「(一般社団法人)犬と住まいる協会」の奨励商品で、ペットに優しい床板を使っています。

たとえば以下です。

  • 木目風加工で滑りにくい
  • 表面が熱くならず肉球に優しい
  • ささくれができないのでケガをしない

犬も大事な家族なので、できるだけ気持ちのいいウッドデッキを探してあげてください!


それでは最後に、「無料で評判の良い工事業者の探し方」を紹介して終わりにします。


【無料】工事業者のかんたんな探し方

すごいの見つけたよ! → わぁいいわね!

興奮する夫婦

ウッドデッキを設置して、庭を思いっきり楽しみたいです。

もし評判の良い業者の探し方があるなら、ぜひ教えてください!


そんなあなたに工事業者をかんたんに探せる「無料一括見積もりサイト」を紹介します。このサービスをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 無料で見積り依頼できる
  • 近くの評判の良い業者が探せる
  • 1社だけでなく数社見積もりできる

無料で相見積もりできるのが最大のメリットで、適正な工事価格がわかり、依頼した業者の工事が適正かどうか比較検討できます

このサービスを使えば「時間とお金の節約になる」ので、興味のある方はぜひ利用してみてください⏬


まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • ウッドデッキのデメリット5選
  • ウッドデッキのメリット5選
  • プロが教える上手な使い方

以上の3つです。


この記事では、プロが厳選したウッドデッキの「メリットとデメリット」を5つずつ紹介しました。いかがだったでしょうか?

ウッドデッキは高額商品なので、デメリットの対策をしっかり覚えておいてくださいです。それがあなたの許せる範囲なら、ウッドデッキ生活は間違いなく楽しいものになりますよ!


当社社員の家にもウッドデッキがあります。

たまに遊びに行きますが、椅子に座っていると時間を忘れるほどくつろげます。BBQパーティーしたのも、ものすごく楽しかったです!



すぐ下の関連ページで「ウッドデッキでBBQ・樹脂製人工木のメリット-デメリット・アウトドアリビングの作り方」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、ウッドデッキのメリット&デメリット5選ずつ🤔【上手な使い方をプロが教えます】…という話題でした。

更新:2021年07月24日|公開:2021年07月23日

RELATED


【現在の位置】ホーム > エクステリア製品 > デッキ > ウッドデッキのメリット


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間勇(すがまいさむ)
2級建築士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

このオウンドメディアで「外構×庭づくり」情報を発信(月間平均40万PV)。サイト経由の売り上げ「年8桁」、工事依頼の問合せ「月50件」達成。

子供とNetflixをこよなく愛す、2児の父親。


【⭐ 評判の良い業者が探せます ⭐】

当社で対応できない方はこちらをどうぞ ⏬

これで業者探しは失敗しませんよ!
≫無料で「あなたの地域の業者」を探す方法はこちら🤔


【カテゴリー・まとめページ 📌】

【おしゃれな施工例】 【評判-口コミ】
【外構工事】 【庭-ガーデニング】
【エクステリアアイテム】 【物置】
【カーポート】 【ウッドデッキ】 【芝生】
【庭木-シンボルツリー】 【植栽の選び方】