ウッドデッキの手すり7選🤩【後付けできるおしゃれデザインを紹介します】

【更新日】2021.07.07.


悩む夫婦

ウッドデッキを手すり付きにするか、手すりなしにするかで悩んでいます。

手すりって必要なんですか?本体を設置したあとでも、後付けできるんですか?

それと、おしゃれでかっこいい手すりがあったら、ぜひ見せてください!


こんな人に向けて書きました。

この記事のポイントは次の3つです。

  • 後付けでも手すりはつけられるのか?
  • 手すりのメリット-デメリット
  • ウッドデッキの手すりおすすめ7選

記事を読み終えると、ウッドデッキに手すりが必要かどうかわかり、後付けできる格好良い手すりデザインがわかるでしょう。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事専門会社」です。

毎年60件以上の外構工事を行い、おしゃれなウッドデッキもたくさん施工しています



ウッドデッキの手すり7選🤩【後付けできるおしゃれデザインを紹介します】

ウッドデッキの手すりをまとめた画像

ウッドデッキに手すりがあると、転落防止や子どもの安全に役立ちます。

しかし「ウッドデッキ用の手すりって後付けできるの?」「必要かどうか判断するには?」「どのくらいの高さがいいの?」「DIYでの作り方は?」「おしゃれなアルミやアイアンデザインってあるの?」などとすごく悩むでしょう

そこでこの記事では、手すり付きと手すりなしのメリット・デメリットを説明し、おしゃれな手すりを7つを紹介します。

布団干しにちょうどいいの高さも、cm単位で解説していますよ。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


ウッドデッキの手すりとは?

手すりで囲ったウッドデッキ【四国化成ファンデッキ】

ウッドデッキの手すりとは、ウッドデッキ本体の端につける棒状・柵状のものを指します。

もともと手すりは階段につけるものですが、ウッドデッキの場合はフェンスと兼用することが多いです。階段につける場合は高低差が大きいときで、高低差がなければあまり設置しません。


後付けでも手すりはつけられるのか?

つけられます!

なぜなら、ウッドデッキ本体と手すりは一体になっておらず、別々に施工するからです。

また、小さいウッドデッキに手すりを設置すると邪魔です。そこで、手すりを設置するのは、ある程度大きいサイズのウッドデッキがいいでしょう。

いろんなお客さまに工事した経験上、「絶対いる!」とも「絶対いらない!」とも言えません。とりあえず手すりなしのウッドデッキにし、あとで検討することもできます。


後付け金具ってどんなもの?

ウッドデッキ手すり用の後付け金具

上画像は、三協アルミのウッドデッキ用の手すりに使われる「後付け用の固定金具」をまとめたものです。

ウッドデッキ表面のビスが見えないように、金具で隠せる(カバー)ようになっています。また背の高い手すりには、斜めに補強板を設置し、強度を高くするのが特徴です(画像の右上)。


【必要?】手すり付きと手すりなしのメリット-デメリット


手すり付きのメリット-デメリット

手すり付きのウッドデッキ

手すり付きのメリット

たとえば以下です。

  • 【転落防止】とくに子供のいる家庭
  • 【明るい】フェンスで囲うより暗くならない
  • 【布団干し】2階のベランダまで運ばなくていい

手すりのいちばんの目的は「転落防止」で、とくに子供がいる家庭には設置したほうが安心です。

また、手すりには隙間が多いので、フェンスのように暗くなったりしません。1階に寝室があれば、布団干しも楽にできます。


手すり付きのデメリット

たとえば以下です。

  • 【開放感がなくなる】
  • 【設置費用が高くなる】
  • 【邪魔】庭へのアクセスがしづらい

ウッドデッキのいちばんの魅力は開放感があることで、手すりを設置することで開放感が減ります

また、手すりがあると庭へアクセスしづらくなり、手すりがない場所からしか上り下りできません。


手すりなしのメリット-デメリット

手すりなしのウッドデッキ

手すりなしのメリット

たとえば以下です。

  • 【開放感がある】
  • 【庭へのアクセスが楽】
  • 【設置費用が安くなる】

手すりがないと開放感が味わえ、庭へのアクセスが楽になります

また設置費用がかからないので、安い費用でウッドデッキが設置可能です。


手すりなしのデメリット

たとえば以下です。

  • 【転落する】とくに子供が危険!

手すりの目的は転落防止なので、子供がいるなら手すりかフェンスを設置しましょう。


【手摺の高さ】どのくらいが一般的なのか?

どんぐりの背比べ

使いやすい手すりの高さは以下です。

80 ~ 90cm


しかし、ウッドデッキ用の手すりはフェンスと兼用することが多いので、その場合は以下の高さが考えられます。

  • 【防犯】150~180cm
  • 【転落防止】80~120cm
  • 【ペットの脱走防止】120cm
  • 【目隠し(座って過ごす)】100~150cm
  • 【目隠し(立って過ごす)】150~180cm

これらは手すりの笠木だけでなく、「中間に格子がある柵」と考えてください。


ウッドデッキフェンスの詳細はこちらです⏬

ウッドデッキのフェンスおしゃれ9選🤩【後付け-目隠し-扉付きを紹介します】


【7選】ウッドデッキのおすすめ手すり

ここからはウッドデッキの手すり、おすすめ商品を7つ紹介します。


ここでのポイントはこちら!
  1. 【アルミ】シンプルでスタイリッシュなデザイン
  2. 【アイアン鋳物】洋風でおしゃれなデザイン
  3. 【目隠し】隙間の狭いデザインがおすすめ!
  4. 【布団干し】高さ120cmぐらいがちょうどいい!
  5. 【DIY】木製の手すりならかんたんに作れる!
  6. 【階段】ステップに手すりがあれば安心!
  7. 【樹脂製人工木】リクシルの木目調デザイン

ここで紹介する手すりの多くは、リクシルや三協アルミのエクステリアメーカー品です。

手すりの画像をマネしてDIYするか、ウッドデッキ本体も欲しいなら業者に設置依頼しましょう。


1.【アルミ】シンプルでスタイリッシュなデザイン

モダンでかっこいいウッドデッキ

三協アルミのブラックカラーのウッドデッキで、そこにシンプルなアルミ手すりを設置した画像です。

人工木ならモダンでスタイリッシュな色が選択でき、木目調が合わない住宅にもオススメできます。


アルミ手すりには5種類のデザイン

三協アルミのアルミ手すりには5種類のデザインがあり、シンプルな笠木仕様から転落防止の柵まであります。4型の横格子には、かっこいい木目調デザインもあり!


2.【アイアン鋳物】洋風でおしゃれなデザイン

鋳物手すりのあるウッドデッキ

洋風のウッドデッキにしたいなら、アイアン鋳物の手すりがおすすめです。

高級感あるシンプルなデザインが魅力!普通のアイアンフェンスは意匠が凝っていますが、これは格子のみなので、ウッドデッキ本体と建物をより引き立ててくれます。

三協アルミ製の色はアートブラックのみ。柱に設置する後付け金具も目立たず、洋風のかっこいいウッドデッキがつくれます。


3.【目隠し】隙間の狭いデザインがおすすめ!

三協アルミのウッドデッキと目隠しフェンス

目隠しが欲しいなら手すりではなく、フェンスがおすすめです。

なぜなら、手すりの高さは1mぐらいですが、フェンスなら2mの高さだって施工できるからです。風が通り抜けつつ目隠しもしたいなら、ルーバーフェンスという商品もあります(画像の左側にある背の高いフェンス)。

もし手すりで目隠ししたいなら、笠置とウッドデッキの間に格子が入るものを選びましょう。隙間が小さいデザインなら、目隠し効果が期待できます。ただしこれは座った状態で、立ち上がると目隠しにはなりません。


ウッドデッキの目隠しアイデアはこちらです⏬

ウッドデッキの目隠しおしゃれ9選🤩【プロがおすすめアイデアを紹介します】


4.【布団干し】高さ120cmぐらいがちょうどいい!

【イメージ画像】テラス「晴れもよう」に布団を干した画像

1階に寝室がある家は、布団を干すために2階へ持って上がるのは大変です(すごく重い!)。

そこでウッドデッキの手すりがあれば、布団をらくに干すことができます。ちなみに、布団のサイズは200~210cmです(敷き布団も掛け布団も)。

おすすめの手すり高さは120cmで、裏表で240cmになり、布団が床につかずに干せます。また、洗濯物干し場として活用できるのも、大きなメリットです。


5.【DIY】木製の手すりならかんたんに作れる!

横格子の木製手すりをまとめた画像

DIYでウッドデッキの手すりを作るなら、材料は木材で、形状は横格子がおすすめです。

なぜなら、木材なら手のこぎりでカットでき、縦格子より横格子の方が作業が少なくなるからです。材料にアルミを選ぶと電動の機械が必要になり、DIYでは難易度が上がってしまいます。

作り方の手順は以下。

  1. 柱を立てる
  2. 板に下穴を開ける
  3. 柱に板を横に貼る
  4. 柱の頭に面取りした板を置く
  5. 置いた板をビス留めし笠木にする

横格子のデメリットは、汚れが溜まりやすいこと。その代わり縦格子だと、汚れが雨で流されやすくなります。


DIYウッドデッキの作り方はこちらです⏬

DIYウッドデッキ×作り方のコツ9選🤩【失敗したくない初心者は必見ですよ!】


6.【階段】ステップに手すりがあれば安心!

四国化成のウッドデッキ「ファンデッキ」

ウッドデッキから庭へ降りたいなら、階段・ステップが必要です。

高低差が大きいなら、手すりがあると安心安全に降りられます。とくにルールはありませんが、3段以上なら手すりを設置したほうがいいでしょう(上画像は2段ですが...)。

設置方法は以下の3種類です。

  • 【階段横の側桁につける】
  • 【階段の踏み板に柱を立てる】
  • 【独立式にする】地面に柱を埋め込む(上画像)

階段をつくるのに必要な設計図・図面は、以下のページで紹介しています。


ウッドデッキの段差解消はこちらです⏬

ウッドデッキの段差解消ヒント3選🤩【階段-ステップ-スロープを紹介します】


7.【樹脂製人工木】リクシルの木目調デザイン

リクシルの人工木手すり

天然木ではなく樹脂製人工木の手すりが欲しいなら、リクシル製の手すりがおすすめです。

画像右の3種類があり、上から「ラティス・シンプル・枡格子」のデザインがあります。どれも木目調のおしゃれなデザインです。

樹脂製人工木のメリットは、メンテナンスの手間が少ないこと。木製ラティスを塗り替え塗装するのは、隙間がいっぱいあってすごく大変!30分もやれば嫌になります...(経験談)


人工木と天然木の比較はこちらです⏬

樹脂製人工木ウッドデッキのメリット-デメリット🤔【天然木と徹底比較しました】


【売れ筋ランキング】楽天とアマゾンでチェック!

参考までに、人気のあるウッドデッキ手すりの楽天・Amazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

≫楽天の売れ筋

≫Amazonの売れ筋


それでは最後に、「無料で評判の良い工事業者の探し方」を紹介して終わりにします。


【無料】ウッドデッキ施工業者の簡単な探し方

すごいの見つけたよ! → わぁいいわね!

興奮する夫婦

おしゃれなウッドデッキを設置して、庭を思いっきり楽しみたいです。

もし評判の良い業者の探し方があるなら、ぜひ教えてください!


そんなあなたに工事業者をかんたんに探せる「無料一括見積もりサイト」を紹介します。このサービスをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 無料で見積り依頼できる
  • 近くの評判の良い業者が探せる
  • 1社だけでなく数社見積もりできる

無料で相見積もりできるのが最大のメリットで、適正な工事価格がわかり、依頼した業者の工事が適正かどうか比較検討できます

このサービスを使えば「時間とお金の節約になる」ので、興味のある方はぜひ利用してみてください⏬


まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 後付けでも手すりはつけられるのか?
  • 手すりのメリット-デメリット
  • ウッドデッキの手すりおすすめ7選

以上の3つです。


この記事では、ウッドデッキの手すりおすすめ7つを紹介しました。いかがだったでしょうか?

ウッドデッキの手すりはフェンスと兼用することが多いので、転落防止や子どもの安全には必要です。もし1階に寝室があるなら、布団干しも楽になりますよ!


手すりは後付け可能です。

ウッドデッキを実際に使ってみて、不便を感じてから手すりをつけても遅くありませんよ!



すぐ下の関連ページで「ウッドデッキのフェンス・おしゃれなウッドデッキ・段差解消のヒント」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、ウッドデッキの手すり7選🤩【後付けできるおしゃれデザインを紹介します】…という話題でした。

更新:2021年07月07日|公開:2021年07月07日

RELATED


【現在の位置】ホーム > エクステリア製品 > デッキ > ウッドデッキの手すり


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間勇(すがまいさむ)
2級建築士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

このオウンドメディアで「外構×庭づくり」情報を発信(月間平均40万PV)。サイト経由の売り上げ「年8桁」、工事依頼の問合せ「月50件」達成。

子供とNetflixをこよなく愛す、2児の父親。


【⭐ 評判の良い業者が探せます ⭐】

当社で対応できない方はこちらをどうぞ ⏬

これで業者探しは失敗しませんよ!
≫無料で「あなたの地域の業者」を探す方法はこちら🤔


【カテゴリー・まとめページ 📌】

【おしゃれな施工例】 【評判-口コミ】
【外構工事】 【庭-ガーデニング】
【エクステリアアイテム】 【物置】
【カーポート】 【ウッドデッキ】 【芝生】
【庭木-シンボルツリー】 【植栽の選び方】