ウッドデッキ×カインズとメーカーの比較🤔【ホームセンター製はDIYにおすすめ!】

【更新日】2021.07.02.


悩む夫婦

ウッドデッキを設置しようか悩んでいます。

ホームセンターのカインズ製品とメーカー製品を比較したいので、それぞれのメリットとデメリットを教えてください。

それと、もし評判や口コミレビューがあったら、参考にしたいので読んでみたいです。


こんな人に向けて書きました。

この記事のポイントは次の3つです。

  • カインズのウッドデッキとは?
  • メーカーのウッドデッキとは?
  • プロが出した結論とは何か...?

記事を読み終えると、カインズとメーカーのウッドデッキの違いがわかり、あなたにぴったりなのはどっちか判断できるでしょう。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事専門会社」です。

毎年60件以上の外構工事を行い、おしゃれなウッドデッキもたくさん施工しています



ウッドデッキ×カインズとメーカーの比較🤔【ホームセンター製はDIYにおすすめ!】

カインズとメーカーのウッドデッキをまとめた画像

ウッドデッキは庭に欲しいアイテムNo.1で、最近はいろんなホームセンターも販売しています。

しかし「カインズのウッドデッキにはどんなものがあるの?」「カインズ製のメリットとデメリットは?」「カインズ製はDIYでもかんたんに施工できるの?」「メーカー品のメリットとデメリットは?」「木製ウッドデッキメーカーはってあるの?」などとすごく悩むでしょう

そこでこの記事では、カインズ製品とメーカー製品の特徴や、メリット・デメリットを解説します。

また、ウッドデッキ工事歴20年のプロが、比較表もつくるつもりです。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


カインズのウッドデッキとは?【ホームセンター代表】

カインズホームはみんなの味方!

ここでのポイントは3つ
  • カインズのウッドデッキとは?【ホームセンター代表】
  • ウッドデッキが買えるホームセンターはどこ?
  • このページで解説するカインズの特徴

カインズのウッドデッキとは?【ホームセンター代表】

カインズホームはホームセンターの代表格で、DIY商品をたくさん扱っています。

もちろんウッドデッキもあり、木材と人工木材の2タイプが販売中です。置くだけで完成するウッドデッキもあります。

販売価格帯は5,980 ~ 68,800円で、値段が安いのがやっぱり魅力的ですね。≫カインズのウッドデッキ一覧


ウッドデッキが買えるホームセンターはどこ?

ネットで調べたところ、以下のホームセンターで販売されています。

  • 【ナフコ】357店舗
  • 【コーナン】481店舗
  • 【コメリ】1,208店舗
  • 【ジョイフル本田】15店舗
  • 【カインズホーム】225店舗

上記以外のホームセンターにもあるかもしれないので、あなたの近くにあるホームセンターを訪れてみてください

こうしてみると、コメリは店舗数が多く、沖縄以外すべての都道府県にあります。カインズホームは関東圏に多く、少しずつ全国展開を進めているようです(沖縄県にもあり)。


このページで解説するカインズの特徴

このページでは以下の3つに分けて、カインズのウッドデッキを解説していきます。

  1. 【3つずつ】メリット・デメリットを紹介
  2. 【結論】カインズのウッドデッキはDIY施工におすすめ!
  3. 【評判・口コミ】公式サイトにあるお客さまの声

それでは、順番に解説していきます。


1.【3つずつ】メリット・デメリットを紹介


デメリット3つ

  • 木製は数が少ない
  • メーカーより質感が劣る
  • バリエーションが少ない

カインズ公式サイトにある木製ウッドデッキは2つで、小さい本体と2段ステップのみです。もし大きい木製ウッドデッキが欲しいなら、DIYで自作したほうがいいでしょう。

質感が大手メーカー品より劣っているのは、値段相応だから仕方ありません...ただし、横に置いて比べなければ、それほど気にならないはずです。

また、バリエーションが少ないのもデメリット。しかしDIY部材がそろっているので、「自分で作ってもらうのが目的!」というカインズ本来の意図が感じられます。


メリット3つ

  • 価格が安い
  • 実物が見られる
  • 商品があればすぐ持ち帰れる

値段が安いのが、やっぱり一番のメリット!メーカー品の同サイズと比べると、約1/3ぐらいの価格になっています。

メーカー品は、展示場に行かないと実物が見られません。しかしカインズは店に展示してあれば、手に触ってどんな感じが確認できます。

また在庫があれば、その日に持ち帰えることが可能。あこがれのウッドデッキがすぐに手に入るのが魅力です。


2.【結論】カインズのウッドデッキはDIY施工におすすめ!


ここでのポイントは3つ
  • DIYしたいならカインズ!
  • 部材が豊富でDIYしやすい!
  • 置くだけウッドデッキもある

DIYしたいならカインズ!

DIYが好きな人や、ウッドデッキを自作したい人なら、カインズホームにしましょう!(結局、当たり前の結論...)

なぜなら、木材から道具まで、なんでもそろっているからです。しかも材料が足りなくなっても、すぐに近くのカインズに買いに行けます。メーカよりかなり安い費用で、ウッドデッキが手に入るのも魅力です。

逆にメーカー品は、業者に施工してもらうのが一般的(DIYには不向き)。施工費もかかり、完成まですごく時間がかかります。


DIYウッドデッキの作り方はこちらです⏬

DIYウッドデッキ×作り方のコツ9選🤩【失敗したくない初心者は必見ですよ!】


部材が豊富でDIYしやすい!

カインズにあるウッドデッキ専用部材

DIYでウッドデッキを作るといえば、以前は天然木だけでした。

しかし、カインズには人工木の部材があり、ひとつひとつ別々に購入できます。これはすごく画期的なこと!😲人工木なら塗料を塗る手間がなく、購入後のメンテナンスが楽になります。

たとえば以下のような部材。

  • 【床板】
  • 【幕板】
  • 【大引き】
  • 【幕板固定金具】
  • 【床板固定金具】
  • 【人工木ボーダーフェンス】
  • 【束柱】調整できる束柱もあり

人工木ウッドデッキを作る材料はすべてあり、途中で足りなくてもすぐに買いに行けます。カインズおそるべしです!😵


人工木と天然木ウッドデッキの比較はこちらです⏬

樹脂製人工木ウッドデッキのメリット-デメリット🤔【天然木と徹底比較しました】


置くだけウッドデッキもある

置くだけで設置できるウッドデッキ

「お金はかけたくないけど、DIYでつくるのはめんどくさいなぁ...」という人には、置くだけウッドデッキがおすすめです。

設置したい場所を平らにしておけば、ポンと置くだけでウッドデッキが完成します。たとえば以下。

  • 【本体のみ】12,800円(幅90cm×奥行90cm)
  • 【柵とステップ付き】68,800円(幅306cm×奥行96cm)
  • 【階段・ステップ(木とアルミ製品)】13,800円

大きいサイズが欲しければ、既製品を並べればOK!高さが調整できるネジがあるので、地面がちょっと凸凹でも平らに設置できます。


ウッドデッキキットの詳細はこちらです⏬

ウッドデッキキットおすすめ9選🤩【DIYできる人工木樹脂-ウリンを紹介します】


3.【評判・口コミ】公式サイトにあるお客さまの声

ウッドデッキに対するレビューはまだなかったので、「取り置きサービス」の対するお客さまの声を紹介します。


確実に欲しいものが手に入る

注文後、商品の受け取り方法などをメールで通知していただけたので安心して利用できました。


商品を確認してから支払いができる

注文後、実際に展示品を確認しました。

現物を見てちょっと違うなと思ったので、注文していたものとは違う店舗商品を購入できました。


希望のタイミングで受取れる

翌日、仕事で必要な材料があったので、注文してお店に用意してもらったんです。

朝、仕事に行く前にお店に立ち寄って商品を受取ることができて、とても便利でした。



わたし自身もよくカインズホームを利用しますが、とくに大きな不満はありません。

何かクレームがあってもすぐに対応してくれるので、「やはり大きな企業はちがうな!」といつも感心しています。


エクステリアメーカーのウッドデッキとは?

メーカーのウッドデッキをまとめた画像

ここでのポイントは3つ
  • エクステリアメーカーのウッドデッキとは?
  • メーカー5社とウッドデッキの名前
  • このページで解説するメーカーの特徴

エクステリアメーカーのウッドデッキとは?

メーカーのウッドデッキとは、国内の一流エクステリアメーカーがつくるウッドデッキのことです。

プロの業者が使うウッドデッキ製品は、ほとんどすべてがメーカー品。なぜなら、品質が高くデザインがおしゃれで、保証もしっかりしているからです。カインズなどのホームセンター品は、お客さまの要望がない限り使いません。

また、一昔前のメーカー人工木は、天然木の質感はありませんでした。しかし最近の人工木は、近くで見ても天然木と気づかない高級品も販売されています。


おしゃれなウッドデッキ詳細はこちらです⏬

ウッドデッキおしゃれ10選🤩【アレンジ+インテリア画像満載です!】


メーカー5社とウッドデッキの名前

プロの業者がよく使う、ウッドデッキメーカーは以下の5社です。

  • 【三協アルミ】ひとと木、ラステラなど
  • 【リクシル】レストステージ、樹ら楽ステージなど
  • 【タカショー】エバーエコウッド、タンモクウッドなど
  • 【四国化成】ファンデッキ
  • 【YKKAP】リウッドデッキ

樹脂製人工木は5社すべてで作っていますが、木製はタカショーのみとなっています。

ちなみに、当社クローバーガーデンで使うメーカーは、三協アルミがほとんど。ひとと木(昔から)とラステラ(最近多い)をよく施工し、設置後のお客さまの評判もすごく高いです。


このページで解説するメーカーの特徴

このページでは以下の3つに分けて、メーカーのウッドデッキを解説していきます。

  1. 【3つずつ】メリット・デメリットを紹介
  2. 【結論】メーカーのウッドデッキは業者に依頼しよう!
  3. 【評判・口コミ】当社に寄せられたお客さまの声

それでは、順番に解説していきます。


1.【3つずつ】メリット・デメリットを紹介


デメリット3つ

  • 値段が高い
  • 個人だと購入しづらい
  • 施工業者を探すのがめんどくさい

カインズなどのホームセンター品に比べ、値段はかなり高い(同サイズで2倍以上)です。ただし品質は良いので、丈夫で長持ちします。

またメーカー品は、個人だと購入しづらいです。楽天やアマゾンでも購入できますが、部材の拾い出しやサイズの選択など、初心者には難しいでしょう。

施工業者を自分で探す手間もかかります。どの業者がしっかりやってくれるか、選ぶのが難しいです。これに関しては、このページの最後で「評判の良い業者の探し方」を紹介するので、お楽しみに!


メリット3つ

  • おしゃれな庭になる!
  • 天然木の質感がある!
  • プロが施工するので失敗がない!

メーカー品はプロの業者が施工するので、失敗はほとんどなく、満足できるウッドデッキが設置できます(屋根付き・フェンス付きも)。

また、庭や外構工事もいっしょに依頼すれば、おしゃれな家づくりが可能です。たとえば芝生を敷いたり、目隠しフェンスを設置したりと、トータルコーディネートができます。

お客さまの多くは人工木を選びますが、天然木に近い質感を再現していてすごくおしゃれ!たとえば、三協アルミ「ひとと木キュアーズ」やLIXILの「デッキDS」などは、近くで見ても人工木だと気づかないほど完成度が高いです。


ウッドデッキ施工例の詳細はこちらです⏬

ウッドデッキ工事20選@埼玉👷【評判の良い業者の探し方もあり!】


2.【結論】メーカーのウッドデッキは業者に依頼しよう!


ここでのポイントは3つ
  • 一流メーカー品は専門業者!
  • 天然木に近いおしゃれな人工木
  • 屋根付き+フェンス付きのアレンジ例

一流メーカー品は専門業者!

しっかりしたウッドデッキを設置したい人は、専門業者に依頼しましょう。

なぜなら、メーカー品の扱いに慣れていて、希望どおりのウッドデッキが設置できるからです。しかも、庭全般の工事もやってくれます。たとえば、庭木・花壇・芝生・ブロック塀・目隠しフェンスなどです。

ウッドデッキの専門業者は「外構業者」なので、あなたの近くの外構業者を探してみてください。


天然木に近いおしゃれな人工木

リクシル「デッキDS」はまるで天然木ウッドデッキ!

人工木でも天然木のような美しいウッドデッキはあります。これはメーカー品のみで、ホームセンター品にはありません。

以下がメーカーと名前です。

  • 【三協アルミ】ひとと木キュアーズ
  • 【リクシル】デッキDS、樹ら楽ステージ
  • 【タカショー】エバーエコ ウッドリアル

これらのウッドデッキは、製造過程で「木肌の絶妙な凹凸を表現」し、しかも意図的に色ムラをつくっています。こうすることで、天然木と変わらない質感を再現し、美しいウッドデッキを提供しているのが特徴です。


屋根付き+フェンス付きのアレンジ例

ウッドデッキは本体だけでなく、かっこよくアレンジすることも可能です。

ここでは、屋根付きとフェンス付きのアレンジ例2つを紹介します。


1.【屋根付き】庭に設置したパーゴラ屋根

三協アルミのパーゴラ屋根「ナチュレ」

ウッドデッキの屋根といえばパーゴラで、ウッドデッキとの相性は抜群です!

上画像は三協アルミのテラス屋根「ナチュレ」で、木目調のデザインでウッドデッキにぴったり!(3タイプあり)

庭の真ん中に設置したウッドデッキとパーゴラ屋根で、こういうおしゃれな庭も作れるというアイデアです。テントを設置すれば、庭キャンプも楽しめます。

目隠しには生垣を植えていて、本物に近い自然が味わえる庭づくりです。


ウッドデッキ屋根の詳細はこちらです⏬

ウッドデッキの屋根おしゃれ5選🤩【屋根付き-後付け-開閉できる種類あり!】


2.【目隠しフェンス付き】人目を気にせず過ごすなら必要!

ウッドデッキと背の高い目隠しフェンス

ウッドデッキの正面部分だけ、背の高いルーバーフェンス(150cm)で目隠しした画像です。

やや圧迫感がありますが、プライバシーを確保したプライベートな空間を演出できます。全体を囲うと日当たりと風通しが悪くなるので、部分的に目隠ししたアイデアです。

上画像は三協アルミのフェンスで、150cmと180cmの2タイプがあります。ルーバーフェンスは完全な目隠しですが、通風も確保できるのがメリットです。


ウッドデッキフェンスの詳細はこちらです⏬

ウッドデッキのフェンスおしゃれ9選🤩【後付け-目隠し-扉付きを紹介します】


3.【評判・口コミ】当社に寄せられたお客さまの声

当社クローバーガーデンに寄せられた、お客さまの声を紹介します。ウッドデッキだけの評価というより、庭工事全般についてのコメントです。


子供が毎日楽しみにしていました!

うちの子供たちは、毎日職人さんが仕事に来るのを楽しみにしていました。

予想以上の庭が完成して大満足で、ウッドデッキも広々していて使いやすいです!芝生でいっしょに遊んでもらったのが、いい思い出になりました★


ウッドデッキの質感が高い!

ウッドデッキを手作りしようと思っていましたが、庭工事と一緒に頼んで良かったです!

ホームセンターのウッドデッキを見ていましたが、メーカー品の人工木は思った以上の質感でびっくりしました。


庭で子供が元気に遊んでいます!

何もなかった庭が、使いやすくリフォームできて良かった!

とくにウッドデッキがお気に入りで、天気のいい日は外で子供たちと遊んでいます。


【比較表】カインズ VS 大手エクステリアメーカー

エクステリアメーカーのちがいは少ないので、代表して「三協アルミ製品(ひとと木)」で比較しています。

                                                                                          
カインズ三協アルミ
価格(2間×6尺)¥79,200¥255,900(カタログ)
実物を見たい全国200店舗以上ショールーム少ない
耐久性(寿命)状況による状況による
DIY難易度かんたん難しい
屋根付きなし(自分でつくる)あり
フェンス付きなし(自分でつくる)あり

値段はカインズの圧勝!

カインズのウッドデッキは、いちばん安く小さいサイズで12,800円!これでは主要メーカーに勝ち目がありません...

「とにかく安くウッドデッキを設置したい!」と思っている人は、カインズで購入することをおすすめします。

ただし外構業者に依頼した場合、メーカーの値段は定価なので、値引きは当たり前です。しかも外構工事一式を依頼した場合、トータルで見ると、格安で施工してくれるかもしれません。


それでは最後に、「無料で評判の良い工事業者の探し方」を紹介して終わりにします。


【無料】ウッドデッキ施工業者の簡単な探し方

すごいの見つけたよ! → わぁいいわね!

興奮する夫婦

エクステリアメーカーのウッドデッキを設置して、庭を思いっきり楽しみたいです。

もし評判の良い業者の探し方があるなら、ぜひ教えてください!


そんなあなたに工事業者をかんたんに探せる「無料一括見積もりサイト」を紹介します。このサービスをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 無料で見積り依頼できる
  • 近くの評判の良い業者が探せる
  • 1社だけでなく数社見積もりできる

無料で相見積もりできるのが最大のメリットで、適正な工事価格がわかり、依頼した業者の工事が適正かどうか比較検討できます

このサービスを使えば「時間とお金の節約になる」ので、興味のある方はぜひ利用してみてください⏬


まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • カインズのウッドデッキとは?
  • メーカーのウッドデッキとは?
  • プロが出した結論とは何か...?

以上の3つです。


この記事では、カインズのウッドデッキとメーカーのウッドデッキを徹底的に比較しました。いかがだったでしょうか?

カインズ製品はDIYにおすすめで、メーカー製品は業者に依頼するのがおすすめ、と結論づけました。メーカーの方が質感が高く、オプションが豊富なのも覚えておきましょう。


カインズなどのホームセンターはどこにでもあるので、休日に家族みんなで訪れ、手で触ってじっくり観察してみてください。

「なんか物足りないな...」と感じたら、業者にメーカー品を依頼すればいいだけです。



すぐ下の関連ページで「おすすめのウッドデッキキット・DIYウッドデッキの作り方・おしゃれなウッドデッキ」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、ウッドデッキ×カインズとメーカーの比較🤔【ホームセンター製はDIYにおすすめ!】…という話題でした。

更新:2021年07月02日|公開:2021年07月02日

RELATED


【現在の位置】ホーム > エクステリア製品 > デッキ > ウッドデッキ比較


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間勇(すがまいさむ)
2級建築士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

このオウンドメディアで「外構×庭づくり」情報を発信(月間平均40万PV)。サイト経由の売り上げ「年8桁」、工事依頼の問合せ「月50件」達成。

子供とNetflixをこよなく愛す、2児の父親。


【⭐ 評判の良い業者が探せます ⭐】

当社で対応できない方はこちらをどうぞ ⏬

これで業者探しは失敗しませんよ!
≫無料で「あなたの地域の業者」を探す方法はこちら🤔


【カテゴリー・まとめページ 📌】

【おしゃれな施工例】 【評判-口コミ】
【外構工事】 【庭-ガーデニング】
【エクステリアアイテム】 【物置】
【カーポート】 【ウッドデッキ】 【芝生】
【庭木-シンボルツリー】 【植栽の選び方】