【物置】失敗しないための完全ガイド🤩【20年のプロが初心者にアドバイスします】

更新日:2020.11.20.


悩む夫婦

物置を考えてるんだけど、失敗したくないのでアドバイスが欲しいです...


と悩みを抱えている人に「物置の不安が解決」できる記事になっています。

記事のポイントは次の3つです。

  • 屋外用の物置とは?
  • 計画から設置までを順番に解説
  • 設置後の悩みも解決

記事を読み終えると、物置の計画からあなたにぴったりの商品までわかり、もう物置を買うかどうか迷わなくなっているはずです。


当社クローバーガーデンは「外構と庭工事の専門会社」で、年間60件以上の工事をしています。

今までたくさんの物置・ガレージ車庫・倉庫の設置工事をし、多くのお客さまに喜ばれました。



【物置】失敗しないための完全ガイド🤩【20年のプロが初心者にアドバイスします】

物置できれいに片付けば、家族みんなハッピー♪

一戸建てを購入した人の多くは、屋外用物置を設置するかどうかで悩みます。

しかし多くの人が一生に一度しか経験しないなので、「物置はどんなもの?」なのかちゃんと把握している人は少ないです。

そこでこの記事では、物置の計画から設置までを、初心者にもわかりやすく順番に解説していきます。ついでに、解体・撤去処分など設置後の悩みも解決しています。

各項目はかんたんな説明だけにし、詳細はリンク先ページを読んでもらう形です

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


屋外用物置とは?【言葉の意味】

庭に設置したおしゃれな物置

屋外用物置とは、庭や玄関近くに設置する収納庫を指します。

家の中にある押し入れや納戸にあたり、いつも使わないものを収納するのに便利です。


物置に固定資産税はかかるの?

かかりません!

その理由は、ブロックの上に設置するので「家屋」として扱われないからです。

その代わり、大型ガレージやプレハブは「家屋」扱いで固定資産税がかかります。ちなみに家屋とは、「住宅、店舗、工場、倉庫その他の建物」と定義されています。


物置と建ぺい率の関係は?

建ぺい率とは、敷地面積と建築面積の割合を%であらわしたものです。

確認申請が必要な大きさは10m2以上です。しかし、家庭用物置のサイズは10m2以下がほとんどなので、確認申請は不要(省略してよい)となっています。

イナバ物置などのメーカーが作る小型~大型物置は、ほとんど10m2以下です。このページで紹介している物置は、建築確認が必要ない商品を集めたので、安心して購入できます。

ただここらへんは判断が難しいので、あなたが住んでいる「各市町村の建築課に相談」してみてください。



法律関係の詳細はこちらです⏬

物置の法律5つまとめて解説🤔【耐用年数・固定資産税・建築確認申請・建ぺい率など】


【簡単】物置の値段・価格を調べる方法🤔【7つの例で相場も解説します】

物置は安い商品から高額商品まで幅広くあり、見積もりする前に値段・価格を知りたいですよね?

そこでここで紹介する記事では、物置の値段・価格をかんたんに調べる方法を紹介し、7つの例をあげて工事費込み相場まで解説します。

記事のポイントは次の3つです。

  • 値段・価格を調べる方法
  • 設置費用の相場はどのくらい?
  • 7つの例で価格相場を解説

物置の値段・価格の詳細はこちらへ

【簡単】物置の値段・価格を調べる方法🤔【7つの例で相場も解説します】



物置×選び方のコツ10選🤩【後悔したくない初心者必見です!】

屋外用の物置はいろんなメーカーから、多種多様なタイプが販売されています。

しかし種類が多すぎるため、「どんな物置を選んだらいいか?」とものすごく悩むでしょう

そこでここで紹介する記事では、物置の選び方のコツ10選を紹介し、あなたにぴったりの物置が見つかる理由も解説します。総合的に判断して、物置歴20年のプロが「選び方のコツをたった1文」でまとめています。

記事のポイントは次の3つです。

  • 選び方のコツ10選
  • あなたにぴったりの物置は?
  • 格安30%OFFのおすすめ通販

物置選びのコツ詳細はこちらへ

物置×選び方のコツ10選🤩【後悔したくない初心者必見です!】



物置の5サイズを目的別に紹介🤩【迷うあなたにぴったりの物置は見つかります!】

家庭用の外物置にはたくさんのサイズがあり、小さいサイズだと小物ぐらいしか収納できません。しかし大きいサイズだと、6畳=3坪=10m2ぐらいの広さがあります。

物置のサイズは幅が大きすぎるので、どんなサイズを選べばいいか迷いますよね?

そこでここで紹介する記事では、あなたにぴったりの物置が見つかる理由と、目的別に5つの物置サイズに分けて特徴を解説していきます。

記事のポイントは次の3つです。

  • あなたにぴったりのサイズが見つかる理由
  • 目的別5つのサイズでおすすめ物置を紹介
  • 格安で物置が購入できる通販サイト

物置サイズの詳細はこちらへ

物置の5サイズを目的別に紹介🤩【迷うあなたにぴったりの物置は見つかります!】



物置内を棚で工夫した収納アイデア🤔【DIYでおしゃれにする方法を教えます】

屋外用の物置は、家の中に置けない汚れている物を収納するのにぴったりです。

しかし、きれいに整理整頓できないと、物が積み上がって開けて中を見るのも嫌になります

そこでここで紹介する記事では、棚をつかった即効性のある収納アイデアを紹介し、DIYでもかんたんにできるテクニック5つも解説します。

記事のポイントは次の3つです。

  • 外物置を棚で工夫した収納アイデア
  • ウォークインクローゼットをイメージしよう
  • DIYでおしゃれにする収納術5つ

物置の収納アイデアの詳細はこちらへ

物置内を棚で工夫した収納アイデア🤔【DIYでおしゃれにする方法を教えます】



物置の法律5つまとめて解説🤔【耐用年数・固定資産税・建築確認申請・建ぺい率など】

物置に関係する法律はいくつかあります(決してややこしくない)。たとえば耐久性の目安となる「耐用年数」は、予備知識として知っておけばいいでしょう。

しかし、知らずに物置を設置してしまうと、あとでトラブルになるめんどくさい法律まであります

そこでここで紹介する記事では、物置の購入前に知っておくべき法律・法規を5つまとめて解説します。

記事のポイントは次の3つです。

  • 物置関連の5つの法律を紹介
  • 耐用年数とプロの考える寿命
  • どんな物置を買えばめんどくさくないか?

物置の法律5つの詳細はこちらへ

物置の法律5つまとめて解説🤔【耐用年数・固定資産税・建築確認申請・建ぺい率など】



物置オプションおすすめ5選🤩【棚・ラック・湿気対策・スロープ・フックを紹介します】

物置には、もっと便利に使えるようになるオプションが盛りだくさんです!

しかし、種類がたくさんありすぎるので、初心者はどんなオプションを選べばいいか迷いますよね?

そこでこの記事では、おすすめのオプション5つを解説し、「必要度と価格」がひと目でわかる比較表も作りました。

このページ内では、大手メーカー3社(イナバ・タクボ・ヨドコウ)の物置を中心に解説していきます。もしこれ以外の物置メーカーが知りたい人は、これ以上読んでも価値がないのでスミマセン...

記事のポイントは次の3つです。

  • 物置のオプションとは?
  • 物置オプションおすすめ5選
  • 必要度と価格をまとめた比較表

物置オプションの詳細はこちらへ

物置オプションおすすめ5選🤩【棚・ラック・湿気対策・スロープ・フックを紹介します】



おしゃれな物置20選🤩【プロが比較表とランキングも作りました】

物置は小さなサイズから大きなサイズまでたくさんあり、ドアカラーや扉の開き方まで多種多様です。

しかし種類が多すぎるため、「どんな物置を選んだらいいか?」とものすごく悩むでしょう

そこでここで紹介する記事では、「おしゃれな物置おすすめ20選」と「おすすめ度・サイズ・価格」がひと目でわかる比較表を作りました。

タイヤも入る安い小型・狭い場所にも設置できる薄型スリム・自転車やバイクも入る大型まで幅広く紹介します。

総合的に判断して、「物置歴20年のプロが作った個人的なランキングTOP3」もビシッと結論づけました。

記事のポイントは次の3つです。

  • おすすめ物置メーカー3社とカタログ
  • おしゃれな物置20選と比較表
  • 物置メーカーの比較+どれを選べばいいか?

おしゃれな物置20選の詳細はこちらへ

おしゃれな物置20選🤩【プロが比較表とランキングも作りました】



小型物置おすすめ20選🤩【メーカー3社の比較+ランキングも作りました】

小型物置はもっとも使いやすいサイズで、売れ筋の人気商品が多いタイプです。ドアカラーや扉の開き方まで多種多様で、タイヤが入る専用物置から、子供の自転車だって入るサイズもあります。

しかし種類が多すぎるため、「どの小型物置を選んだらいいか?」とものすごく悩むでしょう

そこでここで紹介する記事では、物置歴20年のプロが「小型物置おすすめ20選」と「おすすめ度・サイズ・価格」がひと目でわかる比較表を作りました。

総合的に判断して、「物置歴20年のプロが作った個人的なランキングTOP3」もビシッと紹介しています。

記事のポイントは次の3つです。

  • おすすめ物置メーカー3社とカタログ
  • 物置おすすめ20選と比較表
  • 物置メーカーの比較+どれを選べばいいか?

小型物置おすすめ20選の詳細はこちらへ

小型物置おすすめ20選🤩【メーカー3社の比較+ランキングも作りました】



大型物置おすすめ20選🤩【メーカー3社の比較+ランキングも作りました】

大型物置には人気のあるサイズがそろっていて、自転車が何台も入る大容量のサイズまであります。また、頑丈な作りなので壊れず長持ちし、一般家庭で使うには申し分ない物置でしょう。

しかし種類が多すぎるため、「どの大型物置を選んだらいいか?」とものすごく悩むでしょう

そこでここで紹介する記事では、物置歴20年のプロが「大型物置おすすめ20選」と「おすすめ度・サイズ・価格」がひと目でわかる比較表を作りました。

総合的に判断して、「物置歴20年のプロが作った個人的なランキングTOP3」もビシッと紹介しています。

記事のポイントは次の3つです。

  • おすすめ物置メーカー3社とカタログ
  • 物置おすすめ20選と比較表
  • 物置メーカーの比較+どれを選べばいいか?

大型物置おすすめ20選の詳細はこちらへ

大型物置おすすめ20選🤩【メーカー3社の比較+ランキングも作りました】



スリムな薄型物置おすすめ9選🤩【縦長で横長ならたくさん収納できます】

スリムな薄型物置は、せまい場所にぴったりのサイズです。また、ベランダにもおけるサイズの物置を探している人もいるでしょう。

しかし種類が多すぎるため、「どのスリム物置を選んだらいいか?」とものすごく悩むと思います

そこでここで紹介する記事では、物置のプロが「スリムな薄型物置おすすめ9選」を紹介します。ついでに「おすすめ度・サイズ・価格」がひと目でわかる比較表も作りました。

また総合的に判断して、「物置歴20年のプロが作った個人的なランキングTOP3」も発表します。

記事のポイントは次の3つです。

  • おすすめ物置メーカー3社とカタログ
  • 物置おすすめ20選と比較表
  • 物置メーカーの比較+どれを選べばいいか?

薄型スリム物置おすすめ9選の詳細はこちらへ

スリムな薄型物置おすすめ9選🤩【縦長で横長ならたくさん収納できます】



シャッター物置おすすめ9選🤩【小型~大型まで+自転車もラクラク収納!】

シャッター物置は開口部が大きく開くので、大きな荷物・自転車・バイクもかんたんに収納できるのがメリットです。種類・サイズ・メーカーもたくさんあります。

しかし商品が多すぎるため、「どのシャッター物置を選んだらいいか?」とものすごく悩むと思います

そこでここで紹介する記事では、物置のプロが「シャッター物置おすすめ9選」を紹介します。ついでに「おすすめ度・サイズ・価格」がひと目でわかる比較表も作りました。

また総合的に判断して、「物置歴20年のプロが作った個人的なランキングTOP3」も発表します。

記事のポイントは次の3つです。

  • おすすめ物置メーカー3社とカタログ
  • シャッター物置おすすめ9選と比較表
  • 物置メーカーの比較+どれを選べばいいか?

シャッター物置おすすめ9選の詳細はこちらへ

シャッター物置おすすめ9選🤩【小型~大型まで+自転車もラクラク収納!】



屋外用ダストボックスおすすめ9選🤩【おしゃれな小型~大型までメーカー品を紹介します】

臭くなる生ゴミや邪魔になるゴミは、家の中に置きたくないですよね?そんな人には屋外用ダストボックスがおすすめです。

しかしネットで調べると、商品が多すぎるため「どのダストボックスを選んだらいいか?」とものすごく悩むと思います

そこでここで紹介する記事では、「屋外用ダストボックスおすすめ9選」を紹介します。ついでに「おすすめ度・サイズ・価格」がひと目でわかる比較表も作りました。

また総合的に判断して、「プロが作った個人的なランキングTOP3」も発表します。

記事のポイントは次の3つです。

  • おすすめメーカー2社とカタログ
  • ダストボックスおすすめ9選と比較表
  • メーカーの比較+どっちを選べばいいか?

ダストボックスおすすめ9選の詳細はこちらへ

屋外用ダストボックスおすすめ9選🤩【おしゃれな小型~大型までメーカー品を紹介します】



イナバ物置おすすめ20選🤩【カタログ・価格・サイズも解説します】

「やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!」で有名な物置メーカー「稲葉製作所」には、多種多様な物置があります(口コミ評判も良い)。

しかし種類が多すぎるため、「どのイナバ物置を選んだらいいか?」とものすごく悩むでしょう

そこでここで紹介する記事では、物置歴20年のプロがオススメする「イナバ物置20選」と、「おすすめ度・サイズ・価格」がひと目でわかる比較表も作りました。

総合的に判断して、「物置歴20年のプロが作った個人的なランキングTOP3」もビシッと紹介しています。

記事のポイントは次の3つです。

  • イナバ物置のカタログ
  • おすすめの物置20選と比較表
  • プロが作ったランキングBEST3

イナバ物置おすすめ20選の詳細はこちらへ

イナバ物置おすすめ20選🤩【カタログ・価格・サイズも解説します】



タクボ物置おすすめ20選🤩【カタログ・価格・サイズも解説します】

有名な物置メーカー「田窪工業所」には、多種多様な物置があります。口コミ評判も良く、オプションも多いです。

しかし種類が多すぎるため、「どのタクボ物置を選んだらいいか?」とものすごく悩むでしょう

そこでここで紹介する記事では、物置歴20年のプロがオススメする「タクボ物置20選」と、「おすすめ度・サイズ・価格」がひと目でわかる比較表も作りました。

総合的に判断して、「物置歴20年のプロが作った個人的なランキングTOP3」もビシッと紹介しています。

記事のポイントは次の3つです。

  • タクボ物置のカタログ
  • おすすめの物置20選と比較表
  • プロが作ったランキングBEST3

タクボ物置おすすめ20選の詳細はこちらへ

タクボ物置おすすめ20選🤩【カタログ・価格・サイズも解説します】



ヨド物置おすすめ20選🤩【カタログ・価格・サイズも解説します】

有名な物置メーカー「淀川製鋼所」には、多種多様な物置があります。口コミ評判も良く、オプションも多いです。

しかし種類が多すぎるため、「どのヨド物置を選んだらいいか?」とものすごく悩むでしょう

そこでここで紹介する記事では、物置歴20年のプロがオススメする「ヨド物置20選」と、「おすすめ度・サイズ・価格」がひと目でわかる比較表も作りました。

総合的に判断して、「物置歴20年のプロが作った個人的なランキングTOP3」もビシッと紹介しています。

記事のポイントは次の3つです。

  • ヨド物置のカタログ
  • おすすめの物置20選と比較表
  • プロが作ったランキングBEST3

ヨド物置おすすめ20選の詳細はこちらへ

ヨド物置おすすめ20選🤩【カタログ・価格・サイズも解説します】



物置の通販はエクスショップがおすすめ🤩【設置・組み立て工事も依頼できます】

ここで紹介する記事は、家の中にものが増えすぎて、物置の購入を考えている方に向けてです。

例えば、こんな風に悩んでいる方です。

ものが増えすぎて片付かない!

夫が勝手にいろんなもの買ってくるし...(まあ、家族で使うキャンピング道具やBBQセットなんかは許せるけど...)

わたしも趣味でガーデニング用品を買ったりするし、子供のスポーツ用品や自転車もあるし...


もう家の中に片付ける場所なんてないから、物置を買うのはどうかしら?

できれば、丈夫なメーカー品を安く買う方法が知りたい。

でもDIYで組み立てるのはめんどくさいし、設置工事も一緒にやってくれると助かるんだけど...


こういった悩みを持つ方向けに、書いています。

みんな思っていることは同じで、忙しいから設置工事もやって欲しいということです。

この記事のポイントは次の3つです。

  • どの通販サイトで物置を買うべきか?
  • 設置・組み立て工事も一緒に依頼できる
  • メリット3つとデメリット1つ

格安おすすめ通販サイトの詳細はこちらへ

物置の通販はエクスショップがおすすめ🤩【設置・組み立て工事も依頼できます】



物置をDIYキットでかんたん組立🤩【メーカー品の設計図で初心者でも設置できます】

小型の物置だったら、DIY初心者でもかんたんに組み立てられます。

どんな物置キットを買って、どういう風に組み立てればいいか、あらかじめ知っておきたいですよね?

そこでここで紹介する記事では、初心者におすすめの物置DIYキットを紹介し、基礎工事から転倒防止対策まで順番に解説していきます。

記事のポイントは次の3つです。

  • 初心者でも簡単にDIYできる理由
  • メーカー物置の作り方をプロが解説
  • 格安で物置が購入できる通販サイト

物置DIY組立ての詳細はこちらへ

物置をDIYキットでかんたん組立🤩【メーカー品の設計図で初心者でも設置できます】



【物置工事】業者の選び方おすすめ3選🤩【無料見積もりできます】

小型物置ならDIYで組み立てられますが、大型の物置は専門業者に工事を依頼しましょう

その理由は、基礎工事が難しく高所作業がともなって危険なので、素人がDIYでやるのはおすすめできないからです。できる工事は以下で、物置のことならなんでも可能!

  • 基礎工事(ブロック・コンクリート)
  • 設置・組み立て
  • 撤去・解体処分

そこでここで紹介する記事では、物置工事におすすめできる「専門業者の選び方」を紹介していきます。ついでに物置以外の工事もやりたい人には、上手な外構業者探しのアドバイスも合わせて解説します。

この記事のポイントは次の2つです。

  • 物置の工事業者ってだれ?
  • 工事業者の選び方おすすめ3選

物置の工事業者探しの詳細はこちらへ

【物置工事】業者の選び方おすすめ3選🤩【無料見積もりできます】



物置をDIYで解体処分する方法🤔【撤去業者と費用相場も紹介します】

物置をいつ撤去するか?撤去を考えるタイミングは、

  • 台風や積雪などの自然災害で壊れたとき
  • 古くなって新しい物置を設置したいとき
  • 物が多くなって既存の物置だと小さくなったとき

などで、「DIYでどうやって撤去するか?解体にいくらかかるか?どこに頼むか?」などの悩みが出てきます

そこでここで紹介する記事では、物置の撤去方法(DIY・業者に依頼)と、解体撤去にかかる費用・値段の目安も合わせて解説していきます。

記事のポイントは次の3つです。

  • DIYで解体処分する方法
  • 撤去費用の相場と業者の探し方
  • 新しく物置を設置したい人へのアドバイス

物置撤去の詳細はこちらへ

物置をDIYで解体処分する方法🤔【撤去業者と費用相場も紹介します】



【読んで欲しい】最後に伝えたいこと😊

物置を成功させるポイントは、しっかりしたメーカー品を選び、基礎工事をバッチリ行うことです。

小型物置なら、DIYでも基礎工事はできます。しかし大型物置なら、業者に頼んでしっかり基礎工事をしてもらった方がいいでしょう。

そうすれば、ドアが開かなくなる(これがいちばん多いトラブル)心配がなくなり、物置がゆがんで壊れることもなくなります。

また新築で家を建てるなら、外構工事も必要になります。外構と物置の相性はいいので、一緒に工事してもらえば工事費は安く抑えられますよ。



もし外構工事も考えてるなら、以下のページを参考にどうぞ。「無料見積もりサイト」の使い方を解説したページです⏬


まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 屋外用の物置とは?
  • 計画から設置までを順番に解説
  • 設置後の悩みも解決

以上の3つです。


この記事では、屋外用の物置の計画から設置までを順番に解説し、それぞれの項目では詳細記事へのリンクを紹介しました。いかがだったでしょうか?

失敗しないためのコツはズバリ、設置したいスペースに合う「もっとも大きいサイズ」を選び、一流メーカーの金属製商品を選ぶことです。

DIYで組立てる自信がない人は、専門業者にお願いした方がいいでしょう。なぜなら、しっかり基礎工事をやってくれるので、物置が壊れずずっと長持ちするからです。



すぐ下の関連ページで「格安おすすめ通販サイト・物置工事の無料見積もり・外構工事の完全ロードマップ」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はぜひご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!

以上、【物置】失敗しないための完全ガイド🤩【20年のプロが初心者にアドバイスします】…という話題でした。

更新:2020年11月20日|公開:2020年11月20日


現在の位置:ホーム > 物置まとめ > 物置の完全ガイド




RELATED


※ このサイトについて

「クローバーガーデン埼玉」が運営するサイトで、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり」専門業者です👷

⭐ よく読まれている記事6選 ⭐

新築外構・エクステリア工事一式庭・ガーデン工事リフォーム工事

オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガ石張り舗装カーポートウッドデッキフェンス角柱機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)物置|コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装