【オオデマリ】シンボルツリーにおすすめな理由5つ🤩【育て方も解説します】

更新日:2020.01.23.

オオデマリはシンボルツリーにぴったり!

悩む女性

オオデマリってどんな木なの?庭木に選ぶか迷っているんだけど...あと育て方も教えて欲しい。

と疑問を抱えている人の「オオデマリの悩みを解決」できる記事になっています。

なぜなら、オオデマリの特徴と育て方を解説し、あなたの家に植えるオオデマリとしてぴったりかどうか分かるからです。

この記事のポイントは次の3つです。

  • シンボルツリーにおすすめな理由
  • オオデマリの特徴や育て方が分かる
  • おすすめオオデマリの値段が分かる

記事を読み終えると、オオデマリの魅力が分かり、もうシンボルツリーとして植えるかどうか迷わなくなっているはずです。

当社クローバーガーデンは外構と庭工事の専門会社です。年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


【オオデマリ】シンボルツリーにおすすめな理由5つ🤩【育て方も解説します】

オオデマリの手毬状の花

オオデマリは当社クローバーガーデンがおすすめする庭木です。

初夏にアジサイに似た手まり状の花を咲かせ、和洋どちらの庭にも合わせやすい庭木です。販売価格帯は¥1,000~10,000ほど。庭木初心者でも育てやすい、あまり手間のかからない庭木です。

ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり枯れる心配もあります...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

オオデマリをあなたの家のシンボルツリーに選んでも間違いナシです



それでは、ひとつずつ解説していきます。


シンボルツリーにおすすめな理由

シンボルツリーとしてオオデマリを植えるメリットはたくさんあり、その中から5つを選んで解説します。その前に、シンボルツリーについて簡単に説明します。


シンボルツリーとは?

シンボルツリーとは、これからあなたの家族になる樹木のことで、新築時に植えることが多いです。記念樹として長く付き合っていくパートナーになるので、大切に育てていきましょう!


おすすめな理由5つ
  1. シンボルツリーに使える落葉低木樹
  2. アジサイに似た花を咲かせる
  3. ピンク花のジェミニはおしゃれ
  4. 和風洋風どちらにも合う
  5. 日本原産で育てやすい

    1.シンボルツリーに使える落葉低木樹

    シンボルツリーに使えるオオデマリ

    オオデマリはシンボルツリーとしておすすめの庭木です。

    庭の窓際など建物の近くに、シンボルツリーとして植えて楽しむのがオススメの植栽方法です。秋には葉が真っ赤に紅葉し、観賞価値が高いのも魅力です。

    樹高を2m前後でコンパクトに維持すれば、おしゃれな名脇役として活躍してくれます。


    2.アジサイに似た花を咲かせる

    アジサイとは異なる趣があるオオデマリの花

    初夏の4~5月に、手まり状の紫陽花に似た花を咲かせます。

    アジサイの開花期は6~7月の梅雨頃で、オオデマリはそれより少し早く花を咲かせます。アジサイの方がカラフルで華やかな印象を与えますが、オオデマリの純白の花は趣があり和風に似合う花です。

    オオデマリはアジサイよりも樹高が高くなるので、シンボルツリーとして玄関前やアプローチに植えても存在感があります。


    関連ページ

    アジサイの特徴と育て方【庭木におすすめな理由教えます】


    3.ピンク花のジェミニはおしゃれ

    ピンク色のかわいい花を咲かせるジェミニ

    オオデマリの普通種は白花ですが、園芸品種にはピンク花を咲かせる種類もあります。

    特に人気があるのは、モモイロオオデマリ「ジェミニ」で、ピンクと白が混ざり合って優しい雰囲気がおしゃれな品種です。

    ジェミニは日当たりが良いほど鮮やかなピンク色になるので、午前中はたっぷり日が当たる場所に植えましょう。


    4.和風洋風どちらにも合う

    オオデマリは、和洋どちらの庭にも合わせやすい庭木です。

    純白の花と斜め上に伸びる樹形は、和風庭園にもしっくりくる趣ある雰囲気を持ちます。

    また、華やかなピンク色の園芸品種を植えれば、洋風の賑やかな庭にも合うシンボルツリーとして使えます。


    5.日本原産で育てやすい

    オオデマリは、日本原産の樹木です。

    つまり、日本の気候風土に適しているので、初心者にも育てやすい丈夫な庭木です。寒さに強い性質もあるため、北海道南部〜九州と広い範囲で植栽可能なのが魅力です。

    また、施肥や剪定の手間が少なく管理しやすいです。剪定は徒長枝や細かい混みすぎた枝を切る程度で、自然樹形にするのがポイントです。


    オオデマリの概要

    • 分類:落葉低木
    • 学名:Viburnum plicatum var. plicatum
    • 漢字:大手毬
    • 別名:テマリバナ
    • 科名:スイカズラ科
    • 属名:ガマズミ属
    • 原産地:日本
    • 花言葉:童心

    オオデマリとは?

    オオデマリの原種ヤブデマリ

    落葉低木樹のオオデマリは日本原産で、狭い庭や鉢植えでも楽しめるため、人気花木のひとつです。

    日本に自生するヤブデマリ(藪手毬)の変種で、散房花序のすべてが装飾花となった園芸品種です。オオデマリの花はすべて中性花で、雄しべも雌しべも退化していて種子はできず実はつきません。

    古くから庭木や公園樹として植栽されてきました。


    名前の由来は?

    大きな手毬(てまり)状の花を咲かせることから、「オオデマリ」という名がつきました。


    オオデマリとコデマリの違いは?

    オオデマリはスイカズラ科、コデマリはバラ科で全く別の植物です。

    オオデマリとコデマリ...名前が近いため誤解されやすいですね。

    同じ落葉低木樹で、オオデマリはアジサイに似た花を咲かせ、コデマリはユキヤナギに似た白い花を咲かせます。開花時期は両種とも4~5月で、ともに庭木として人気のある樹木です。


    関連ページ

    【コデマリ】庭木におすすめな理由5つ🤩【育て方も解説します】


    オオデマリの花言葉は?

    童心


    オオデマリの特徴

    • 樹高:1~3m
    • 花色:白、ピンク
    • 開花期:5〜6月
    • 用途:シンボルツリー、庭木、添景樹

    樹木の特徴

    オオデマリの葉っぱ

    オオデマリは樹高1~3mほどの落葉低木樹で、新緑の5~6月に手まり状の大きな花序が枝を埋めて咲きます。

    枝ぶりが単調でさびしい印象があるものの、たくさんつける花がその印象をプラスに変えてくれます。枝は斜め上へと伸びていきます。

    葉は先端がとがり長さ10cm程度、丸みを帯びた卵形で対生します。葉全体に毛が生えていて、縁には小さなギザギザ(鋸歯)があります。


    花の特徴

    5〜6月の新緑が美しい時期に、紫陽花に似た手まり状の花が咲きます

    花の咲き始めは淡緑色を帯びますが、ゆっくりと咲き進むにつれ色が抜けて純白となり、散り際には少し青みを帯びます。

    花は短い筒状で先が5裂し、大きさは花序の直径が10cm程度と大きく、まるでアジサイのようです。

    園芸品種にはピンク色の花を咲かせる種類もあり、特にモモイロオオデマリ「ジェミニ」は樹勢が強くて美しいです。


    オオデマリの育て方・栽培のポイント

    たくさんの花を咲かせるオオデマリ
    • 植栽適地:北海道南部〜九州
    • 生長スピード:★★★ 速い
    • 日照:★★★ 日なた
    • 土壌の質:全般
    • 土壌の乾湿:★★☆ 普通
    • 根の深さ:★★☆ 普通
    • 耐寒性:★★★ 強い

    日本原産なので、日本の気候風土によく合う、育てやすい庭木です。


    植付け、移植

    植えつけ適期は、落葉期の2~3月です。

    日当たりと水はけ、通気性の良い場所に植えます。この条件を満たせば、移植は簡単に行えます。土壌の質はあまり選びません。

    半日陰でも育ちますが、ジェミニなどの園芸品種は日当たりが良いほど鮮やかなピンク色になります。午前中はたっぷり日が当たる場所に植えましょう。


    水やり

    庭植えは夏期に晴天が続き、ひどく乾燥している場合を除き必要ありません。

    鉢植えは鉢土の表面が乾いたらたっぷり与え、冬期は控えめにしましょう。


    肥料

    多肥は必要ありません。2月に寒肥として、油かすと粒状化成肥料を株元に施しましょう。


    ふやし方

    挿し木でふやします。


    挿し木のポイント

    挿し木の適期は7月ごろです。

    春に伸びた新梢から勢いのあるものを選び、葉を数枚残し10cmくらいの長さに切り挿し穂を作ります。切り口は斜めにし、水を入れたコップに数時間つけ水あげします。これは発根を促す目的があります。

    植木鉢に鹿沼土を入れ、挿し穂を半分ぐらいの深さまでさします。直射日光を避け、半日陰で管理します。約1ヶ月で発根するので、水はけがよく肥よくな用土で鉢上げしましょう。


    病害虫

    病害虫予防として、風通しと日当たりの良い場所に植えれば、病害虫の被害は最小限になります

    テッポウムシ・ハマキムシ・うどん粉病の被害が見られます。花が咲き終わった後に、殺虫剤・殺菌剤を定期的に散布し防除しましょう。


    おすすめの殺虫剤・殺菌剤

    オオデマリの剪定のポイント

    • 適期:1~2月、5~6月
    • 仕立て方:自然樹形

    基本の剪定

    オオデマリは、古く太い枝を切ると枯れ込みやすい性質があるので、注意が必要です。

    徒長枝や細かい混みすぎた枝を切る程度で、これらを整理し、自然樹形にするのが剪定のポイントです。


    剪定適期はいつ?

    落葉期の1~2月と5~6月が適期です。


    オオデマリの主な種類・品種

    オオデマリの画像6枚
    • モモイロオオデマリ(ジェミニ):ピンク色の美花
    • ピンクビューティー:ヤブデマリの園芸品種
    • コンパクタ:矮性種の小型種

    オオデマリの販売価格帯

    オオデマリの価格帯は¥1,000~10,000ぐらい(大きさによる)です。

    背の高さは0.3~1.5mほどで、小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして使うことをオススメします!

    ≫楽天で探す ≫Amazonで探す


    植え込みについて

    当社クローバーガーデンで管理できる埼玉県内にお住いの方は、「植え込みのみも可能」なのでご相談ください。
    埼玉県以外の方はご自分で植えるか、できればお近くの外構・造園業者に相談することをすすめます。

    草花と違い庭木は素人が植えると失敗することが多いので、特に初心者の方は業者に依頼し、その後の管理の仕方をアドバイスしてもらうといいでしょう!


    おすすめのオオデマリ3選

    初心者美人

    どんなオオデマリを選んだらいいのか、教えてください!

    それでは最後に、当社クローバーガーデンがオススメするオオデマリの商品を紹介します!

    植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方もこっそり教えてもらいましょう。


    1.オオデマリ ジェミニ 1.6m

    価格:¥10,800(2020年01月23日時点の楽天の価格)
    オススメ度:5.0★★★★★

    オオデマリの園芸品種ジェミニで、ピンク色の手まり状の花を咲かせ、樹勢が強く花つきが良いです。庭に植えるのに最も使いやすい大きさで、玄関前のシンボルツリーとして使うとおしゃれに決まりますよ!

    ≫このオオデマリについてもっと詳しく見る


    2.オオデマリ 0.8m

    価格:¥3,240(2020年01月23日時点の楽天の価格)
    オススメ度:4.0★★★★☆

    普通種のシロバナを咲かせるオオデマリです。玄関前やアプローチ、庭などに植えましょう。

    ≫このオオデマリについてもっと詳しく見る


    3.ヤブデマリ ピンクビューティー 0.5m

    価格:¥2,592(2020年01月23日時点の楽天の価格)
    オススメ度:3.0★★★☆☆

    オオデマリの原種ヤブデマリの園芸品種ピンクビューティーです。咲き始めは白い花で、やがてピンクを帯びて美しい花色になる美花です。花つきがよく、庭木・寄せ植え・ガーデニングに適しています。

    ≫このヤブデマリについてもっと詳しく見る


    まとめ:オオデマリは庭木に最適!

    記事のポイントをまとめます。

    • シンボルツリーにおすすめな理由
    • オオデマリの特徴や育て方が分かる
    • おすすめオオデマリの値段が分かる

    以上の3つです。


    初夏にアジサイに似た手まり状の花を咲かせ、和洋どちらの庭にも合わせやすい庭木です。販売価格帯は¥1,000~10,000ほど。庭木初心者でも育てやすい、あまり手間のかからない庭木です。

    当社クローバーガーデンも特にオススメする木なので、多くの人にオオデマリの魅力が伝わったらうれしいです★


    このページを読んだ人はこちらもオススメ!



    以上、【オオデマリ】シンボルツリーにおすすめな理由5つ🤩【育て方も解説します】…という話題でした。

    更新:2020年01月23日|公開:2012年11月26日

    現在の位置:ホーム > シンボルツリーの役割と選び方 > オオデマリ


    RELATED



    ※ このサイトについて

    埼玉県で営業する「クローバーガーデン」が運営するサイトで、当社は「外構工事と庭づくり」専門業者です


    工事内容

    新築外構の工事例45件庭ガーデンの工事例10件リフォームの工事例10件

    工事費・価格帯

    49万円以下50 ~ 99万円100 ~ 199万円200 ~ 299万円300万円以上

    デザイン・スタイル

    オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

    施工場所

    門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

    対応エリア

    埼玉県さいたま市埼玉県さいたま市西区埼玉県さいたま市北区埼玉県さいたま市大宮区埼玉県さいたま市見沼区埼玉県さいたま市中央区埼玉県さいたま市桜区埼玉県さいたま市浦和区埼玉県さいたま市南区埼玉県さいたま市緑区埼玉県さいたま市岩槻区埼玉県川越市埼玉県上尾市埼玉県伊奈町埼玉県蓮田市埼玉県桶川市埼玉県三芳町埼玉県ふじみ野市|川島町、富士見市、鶴ヶ島市、志木市、戸田市、狭山市、朝霞市、坂戸市、北本市

    施工アイテム

    塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガカーポートウッドデッキフェンス機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)|石張り、庭木の剪定、コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装、物置など