外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム > シンボルツリー初心者必見 > ナツツバキ、シャラ、ヒメシャラ

ヒメシャラ、ナツツバキ【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴

庭に植えるナツツバキ、シャラ、ヒメシャラ、シンボルツリーを説明しています。樹皮は灰色または灰褐色。花は1日で落ちる。ヒメシャラはナツツバキよりも暖地性で、樹皮が赤褐色で美しい。

menutitle
シンボルツリーとして植えたヒメシャラ、ナツツバキ

ヒメシャラ、ナツツバキの詳細

シャラノキの概要


  • 分類:落葉高木
  • 学名:Stewartia pseudocamellia
  • 科名:ツバキ科
  • 属名:ナツツバキ属
  • 原産地:本州~九州
  • 樹高:10~20m
  • 葉張り(樹冠の横幅):2~5m
  • 花言葉:愛らしさ、哀愁
  • 用途:シンボルツリー、庭木
ヒメシャラ、ナツツバキのポイント

管理のポイント


  • 主な繁殖法:挿し木
  • 繁殖法の時期:6~7月
  • 移植定植時期:2~3月 or 11~12月
  • 常緑・落葉:落葉
  • 花芽形成時期:5~6月
  • 剪定時期:12~3月
  • 開花期:6~7月
  • 花色:桃・白
  • 日当り:陽
  • 耐寒性:強

特性

ナツツバキ、シャラ、ヒメシャラ、シンボルツリー

ナツツバキ(シャラ)、ヒメシャラはシンボルツリーとして、大変人気のある花木。ナツツバキは花がツバキに似ていることからこの名がついた。初夏も6月から7月に直径5~7cmの白い花が咲く。

ヒメシャラはナツツバキによく似ているが花は小さく直径2cmぐらい、葉も小ぶり。

両種とも樹高10~20mにもなる高木だが、庭では樹高3~5mの株立ちのものがよく使われる。


基本の剪定

menutitle
シンボルツリーとして植えたヒメシャラ、ナツツバキ

落葉期に剪定する。太い枝を生育期に切ると、切り口から腐ることがある。樹形は基本的には自然樹形(ほうき立ち形)で、主な剪定は重なり枝や密生した枝の枝すかし、飛び出し枝の剪定。枯れ枝は日当たりが悪いために枯れるので、枝すかしを行う。太い枝を切った場合は切り口に必ず保護剤を塗っておく。

鉢植えはコンパクト苗木を選び、ほうき立ち形に仕立てるか、側枝仕立てにする。側枝仕立て、あるいは低く育てたい場合は苗の段階で高さ30~50cmに切り詰める。こうすると強い側枝と弱い側枝が発生するので、6月から7月に強い側枝の若い先端を摘むようにする。以後、冬期の剪定と夏期の枝摘みを適宜に行って好みの樹形をつくる。


管理のポイント

植えつけ、移植

日当たり、水はけのよい場所を選び、腐葉土や堆肥などを多めに入れて土壌改良をして植えつける。深植えにしないことがポイント。株元に敷きわら、腐葉土などでマルチングしておくとよい。アプローチなどに植える場合は、半日程度の日当たりでもよい。


水やり

夏の乾燥に弱いので、庭植えも地表面が白く乾いたら水を与える。乾きやすいところではマルチングが効果的。鉢植えは乾かさないように気をつける。


肥料

草花が育つところではほとんど必要ない。

植えつけ後、2,3年たっても育ちが悪い場合は寒肥を施す。成木1本当たり堆肥(腐葉土)10リットル、化成肥料100~200gが目安。鉢植えは3月と6月から7月に緩効性化成肥料を置き肥する。


ふやし方

挿し木または実生でふやす。挿し木は初夏に今年枝を挿す(緑枝挿し)。実生は秋にとりまきする。


病害虫

特に目立つものはないが、カミキリムシの成虫を駆除する。

ナツツバキ、シャラ、ヒメシャラ、シンボルツリー ナツツバキ、シャラ、ヒメシャラ、シンボルツリー ナツツバキ、シャラ、ヒメシャラ、シンボルツリー ナツツバキ、シャラ、ヒメシャラ、シンボルツリー

ヒメシャラ・ナツツバキを植えた施工例

かわいいお庭が完成★子供も大好き!庭でパーティができますね
ヒメシャラ・ナツツバキを植えた施工例

工事費100万円。埼玉県川越市。セミクローズスタイルで南欧プロバンス風デザインの新築庭ガーデン工事の施工例です。オズの魔法使いをイメージしたかわいい庭で、パーティをする夢がかないましたね。

【かわいいお庭!子供も大好き】工事・施工例の詳細は ≫≫≫ こちらへどうぞ!



スタイリッシュなタイルテラス施工例!目隠しフェンスも一緒に
ヒメシャラ・ナツツバキを植えた施工例

工事費200万円。埼玉県さいたま市西区。スタイリッシュなデザインの新築外構エクステリア&庭ガーデン工事の施工例です。建物の外観にあわせてスタイリッシュなタイルテラスを作りました。

【スタイリッシュタイルテラス】工事・施工例の詳細は ≫≫≫ こちらへどうぞ!



古井戸再生計画の外構&庭工事|古井戸を残したい人いますよね?
ヒメシャラ・ナツツバキを植えた施工例

工事費250万円。埼玉県さいたま市西区。オープンスタイルの新築外構エクステリア&庭ガーデン工事の施工例です。古井戸を再生させた面白い依頼で、レトロな手押しポンプを取り付け、ちょっとした水まきにも使用できます。

【古井戸再生計画の施工例】工事・施工例の詳細は ≫≫≫ こちらへどうぞ!



< 戻る 1 次へ >
 

現在のページ 1 - 3 of 3 すべての工事・施工例

更新:2018年08月31日|公開:2008年06月22日



関連ページ

このページを読んだ人にお勧めの記事