【サルスベリ】シンボルツリーにおすすめな理由5つ🤩【育て方も解説します】

更新日:2020.01.30.

サルスベリのシンボルツリー植栽例・花・幹肌

悩む美人

サルスベリってどんな木なの?庭木に選ぶか迷っているんだけど...あと育て方も教えて欲しい。

と疑問を抱えている人の「サルスベリの悩みを解決」できる記事になっています。

なぜなら、サルスベリの特徴と育て方を解説し、あなたの家に植えるサルスベリとしてぴったりかどうか分かるからです。

この記事のポイントは次の3つです。

  • シンボルツリーにおすすめな理由
  • サルスベリの特徴や育て方が分かる
  • おすすめサルスベリの値段が分かる

記事を読み終えると、サルスベリの魅力が分かり、もうシンボルツリーとして植えるかどうか迷わなくなっているはずです。

当社クローバーガーデンは外構と庭工事の専門会社です。年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


【サルスベリ】シンボルツリーにおすすめな理由5つ🤩【育て方も解説します】

立派な高木樹のサルスベリ

サルスベリは当社クローバーガーデンがおすすめする庭木です。

シンボルツリーに使え、真夏の暑い盛りに涼しげな花を咲かせます。幹肌がつるつるしているのが特徴で、猿でも登れないことからこの名がつきました。花期が長く夏から秋まで100日も花が楽しめることから「百日紅(ヒャクジツコウ)」の別名もあります。

植えた後のお客様の評判もとても良く、満足度の高い庭木と言えます。

ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり枯れる心配もあります...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

サルスベリをあなたの家のシンボルツリーに選んでも間違いナシです



それでは、ひとつずつ解説していきます。


シンボルツリーにおすすめな理由

シンボルツリーとしてサルスベリを植えるメリットはたくさんあり、その中から5つを選んで解説します。その前に、シンボルツリーについて簡単に説明します。


シンボルツリーとは?

シンボルツリーとは、これからあなたの家族になる樹木のことで、新築時に植えることが多いです。記念樹として長く付き合っていくパートナーになるので、大切に育てていきましょう!


おすすめな理由5つ
  1. シンボルツリーに使える落葉低木~高木樹
  2. 真夏に涼しげな花を咲かせる
  3. 幹肌が美しい
  4. 初心者でも管理しやすい庭木
  5. 和洋どちらの庭にも合う

    1.シンボルツリーに使える落葉低木~高木樹

    サルスベリはシンボルツリーとしておすすめの庭木です。

    当社クローバーガーデンではシンボルツリーとして植え、お客様の満足度が高くクレームも少ない庭木です。

    最近は園芸品種が増え、ほふく性でグランドカバーに適した種類もあり、低木から高木と使い方は様々です。落葉期にも美しい幹肌が鑑賞できるので、それも人気の理由となっています。


    2.真夏に涼しげな花を咲かせる

    清涼な花を咲かせるサルスベリ

    サルスベリは温帯域で、真夏に花を咲かせる代表的な花木のひとつです。

    真夏の1番暑い7〜9月に涼しげな花を咲かせ続け、花期が長く100日も花が楽しめることから「百日紅(ヒャクジツコウ)」の別名もあります。

    花色も赤、桃、紫、白と豊富で、庭木だけでなく、ほふく性でグランドカバーとして使える品種もたくさんあります。コンテナ栽培にも適した樹木です。


    3.幹肌が美しい

    サルスベリの明るく美しい幹肌

    幹肌がツルツルして美しく、猿でも登れないことから「サルスベリ」という名がつきました。

    幹の皮は部分的に剥げ落ちて、複雑な斑模様をつくり、これが鑑賞価値を高めている理由です。明るい幹肌のおかげで、庭に植えると明るい洋風の雰囲気を作ることができます。つるつるの手触りも気持ち良いです。

    葉っぱを落とす落葉期にも、美しい幹肌が鑑賞できるのも魅力のひとつです。


    4.初心者でも管理しやすい庭木

    サルスベリの基本となる性質を覚えれば、庭木初心者にも育てやすいと言えます。

    最も大切なことは、とても日当たりを好む木なので、1日に4時間以上の直射日光が当たる場所に植えましょう。建物や他の庭木に邪魔されない、広い場所に植えることも大切です。

    剪定も落葉期に毎年習慣的に行うことで、立派できれいな花を咲かせてくれます。


    5.和洋どちらの庭にも合う

    白い花を咲かせるサルスベリ

    サルスベリは、あなたの家が和風でも洋風でも合わせられます。

    古くから寺院に植えられていて、和風庭園によく似合います。また、庭木として一般住宅で植えられるようになったのは昭和40年代以降で、明るい花と樹皮のおかげで洋風住宅にも植えられるようになりました。


    サルスベリの概要

    • 分類:落葉低木~高木
    • 学名:Lagerstroemia indica
    • 漢字:百日紅
    • 別名:ヒャクジツコウ
    • 科名:ミソハギ科
    • 属名:サルスベリ属
    • 原産地:中国南部
    • 花言葉:雄弁なあなた、愛敬、活動、世話好き

    サルスベリとは?

    真夏の暑い盛りに涼しげな花を咲かせます。中国南部原産で、日本へは江戸時代に渡来したと言われています。

    花弁がクレープのように縮れているため、英名はクレープ・ミルトルと呼ばれ、花色は白、桃、紅、紫などがあります。花期が長く夏から秋まで100日間ぐらい次々と咲き続ける、温帯域では珍しい花木です。

    コンテナに適した低木品種から、緑陰をつくってくれる高木品種まで多彩です。

    サルスベリの枝は、弓なりに湾曲しながら横広がりに伸びていくので、木が大きくなると樹冠がちょうどよい日陰を作ってくれます。玄関に覆いかぶさるように植えると「門かぶり」として利用できます。


    名前の由来

    和名「サルスベリ(猿滑り)」の由来は、「木登りの達人サル」でも登れないことからつきました。

    これは幹の皮がはがれやすく、幹肌がつるつるしているのが理由です。

    また、別名「百日紅(ヒャクジツコウ)」は、真夏の1番暑い7〜9月に涼しげな花を咲かせ続け、花期が長く100日も花が楽しめることからつきました。


    花言葉

    サルスベリの花言葉は、「雄弁なあなた、愛敬、活動、世話好き」です。


    サルスベリの特徴

    • 樹高:3~10m
    • 葉張り(樹冠の横幅):1~10m
    • 花色:赤、桃、紫、白
    • 開花期:7~10月
    • 果実色:茶色
    • 果実熟期:10〜11月
    • 用途:シンボルツリー、庭木、景観樹、グランドカバー

    樹木の特徴

    サルスベリは落葉性低木~高木に分類され、樹高が3~10mとなります。

    樹冠が横に開いて広がり、横幅は1~10mとなります。樹勢が強く丈夫な樹木なので、昔から街路樹として利用されてきました。


    コンパクトな品種が増えている

    サルスベリには、コンパクトな小型品種(樹高1.5~2m)が最近増えています。

    ほふく性でグランドカバーに適した種類や、タネから育てると1年で開花する一才性の種類もあります。

    「チカソー」という品種は、サルスベリの中でも最も小型種で淡紅色の花を咲かせます。また、「風花火」という品種は、枝が垂れる矮性種で鉢植えに適しています。


    サルスベリの育て方・栽培のポイント

    サルスベリは真夏に涼しげな花を咲かせる
    • 植栽適地:東北南部から沖縄
    • 成長スピード:★★★ 速い
    • 日照:★★★ 日なた
    • 土壌の質:壌土
    • 土壌の乾湿:★★☆ 中間
    • 根の深さ:★★★ 深い
    • 耐暑性:★★★ 強い
    • 耐寒性:★★☆ 中間
    • 耐陰性:★☆☆ 弱い

    植えつけ、移植

    植えつけ適期

    3~4月または11~12月が適期。

    春の植えつけは桜の開花ごろが適期です。これは、サルスベリが温帯南部〜亜熱帯に見られる木なので、落葉樹ですが萌芽が遅いためです。

    秋の植えつけは、落葉を待ってから行いましょう。


    植えつけのポイント

    日当たりと水はけのよく、腐植質に富んだ肥沃な場所を選んで植えつけましょう。

    やや高めの場所に植えるのがコツで、支柱を立てるのを忘れずに。植えつけ時には細枝を切っておくこと。

    特に日当たりは大事で、1日に4時間以上の直射日光が当たる場所に植えます。日当たりが悪いと、花つきが悪くなったり、病害虫が発生しやすくなったりします。

    サルスベリは枝が曲がりながら伸びる性質があり、混植を避け風通しの良い場所に植えましょう。

    開花期にポット植えの苗木が市販されているので、花を見て植えつけることもできます。植えつけ後の水やりを忘れないようにします。


    水やり

    庭植えは夏期に晴天が続き、ひどく乾燥している場合を除き必要ありません。

    鉢植えは鉢土の表面が乾いたらたっぷり与え、冬期は控えめにしましょう。


    肥料

    寒肥(2月ごろ)は油かすと骨粉を施します。これは、剪定後に強い新梢を萌芽させ、良い花を咲かせるのが目的です。

    さらに追肥として、5月と8月下旬~9月に緩効性化成肥料を施しましょう。


    ふやし方

    挿し木、とり木でふやします。とり木は4~8月ごろに「盛り土法」で行います。


    挿し木のポイント

    挿し木は、2~3月に前年枝を挿すか、夏に伸びた枝を使って緑枝ざしもできます。

    2月上旬に挿し穂をとって土に埋めておき、3月上旬に挿すとよく活着します。

    落葉中に行うので枝に葉がついていないので、枝の上下が分かりにくくなります。必ず芽の向きを確認してから挿しましょう。挿し終わったらたっぷり水を与え、半日陰におき、土の表面が乾いたらその都度水やりをします。


    病害虫

    従来のサルスベリには、うどん粉病に弱いという欠点がありました。しかし最近ではうどん粉病に強い品種(タスカローラなど)がたくさん作られています。

    日当たりや風通しが悪いと病害虫(カイガラムシやアブラムシ)が発生するので、狭い庭には病害虫に強い品種を選んで植えると、植えた後の管理が楽になります。樹木全体だけでなく、根元にも日が当たるようにすることも大切です。


    うどん粉病対策

    葉やつぼみに、白い粉がついたようなうどんこ病がよく発生します。周囲の木を剪定して日当たり、風通しをよくしたり、落ち葉を丹念にかき集めて焼却することによって発生を少なくできます。

    薬剤ではキノキサリン3000倍液、ベノミル剤2000倍液を発生初期から1ヶ月に2回程度の割合で散布しましょう。


    カイガラムシ対策

    カイガラムシの分泌液の上にすす病が発生すると、葉や枝が黒く変色するので、落葉期間中(12~3月)にマシン油乳剤30倍液を散布して防除しましょう。


    おすすめの殺虫剤・殺菌剤

    サルスベリの剪定のポイント

    紫色の花を咲かせるサルスベリ

    剪定の時期

    春に萌芽した新芽の枝先に花芽が分化し、夏に開花するため、剪定は落葉期(2~3月)に行います。とても丈夫な庭木なので、強剪定をしても枯れる心配はありません。


    自然樹形がおしゃれ

    広い庭では、枝が伸びた自然樹形になるように剪定するのがおしゃれです。

    狭い庭で枝を大きく伸ばせない場合は、落葉期間中に毎年、同じ位置まで枝を切り戻します。切り戻す位置がこぶのように見苦しくなるので、ときどき切り戻す位置を変えるようにしましょう。


    立派な花を咲かせる秘訣

    • 落葉期に毎年剪定する
    • ひこばえを早めに切る

    放任しても自然樹形になるサルスベリですが、放任しすぎると貧弱な花しか咲きません。

    そのため落葉期に剪定を行うことで、強い新梢を萌芽させ、立派な花を咲かせることができます。花は新梢の先端に咲き、枝のどの位置で切っても萌芽します。

    地ぎわからは、勢いよくひこばえ(根元から生えてくる若芽)が多く出ます。ひこばえは養分を奪ってしまうので、早めに切り取ることがポイントです。

    なお、直径5cm以上の太い枝を切り下げるような強い剪定をした場合、萌芽した芽が徒長枝になって1m以上長く伸びることがあります。そのような徒長枝には花が咲かないので、次の年の剪定は軽めに行います。


    サルスベリの主な種類・品種

    庭や花壇植えに適した種類

    • カントリーレッド:主幹がまっすぐ伸び花は濃紅色
    • タスカローラ:大型種でうどん粉病に強い品種
    • ナチェス:大きな花房に白花を咲かせる品種
    • マスコギー:淡紅色の花を咲かせる株立ち種
    • シマサルスベリ:沖縄などの亜熱帯で分布する近縁種

    鉢植えやグランドカバーに適した種類

    • チカソー:最も小型で花は淡い紅色
    • チカレッド:矮性種で花は赤色
    • 風花火:枝垂れ性で花は紫紅色

    サルスベリの販売価格帯

    サルスベリの価格帯は¥1,000~20,000ぐらい(大きさによる)です。

    背の高さは0.5~2.5mほどで、小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして使うことをオススメします!


    植え込みについて

    当社クローバーガーデンで管理できる埼玉県内にお住いの方は、「植え込みのみも可能」なのでご相談ください。
    埼玉県以外の方はご自分で植えるか、できればお近くの外構・造園業者に相談することをすすめます。

    草花と違い庭木は素人が植えると失敗することが多いので、特に初心者の方は業者に依頼し、その後の管理の仕方をアドバイスしてもらうといいでしょう!


    おすすめのサルスベリ3選

    初心者美人

    どんなサルスベリを選んだらいいのか、教えてください!

    それでは最後に、当社クローバーガーデンがオススメするサルスベリの商品を紹介します!

    植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方もこっそり教えてもらいましょう。


    1.サルスベリ2.0m

    価格:¥20,412(2020年01月30日時点の楽天の価格)
    評価:5.0★★★★★

    庭に植えるのに最も使いやすい大きさ2mのハナミズキで、品種は濃いピンク色~濃い紅色をつけるカントリーレッドです。玄関前のシンボルツリーとして使うとおしゃれに決まりますよ!

    ≫このサルスベリについてもっと詳しく見る




    2.サルスベリ 盆栽

    価格:¥3,480(2020年01月30日時点の楽天の価格)
    評価:4.0★★★★☆

    サルスベリの中でも葉が細かい八房性で、毎年小ぶりで可愛いピンク色の花を咲かせます。瀬戸焼小鉢に入った盆栽商品で、プレゼントとして送ると喜ばれますね。母の日、父の日、敬老の日、誕生日、新築祝いなどに最適です。

    ≫このサルスベリについてもっと詳しく見る




    3.サルスベリ 2.2~2.3m

    価格:¥12,800(2020年01月30日時点の楽天の価格)
    評価:4.0★★★★☆

    うどん粉病に強いサルスベリの品種タスカローラで、赤い花を咲かせます。大型になる品種なので、広い場所に植える必要があるので注意してください。

    ≫このサルスベリについてもっと詳しく見る


    まとめ:サルスベリは庭木に最適!

    記事のポイントをまとめます。

    • シンボルツリーにおすすめな理由
    • サルスベリの特徴や育て方が分かる
    • おすすめサルスベリの値段が分かる

    以上の3つです。


    シンボルツリーに使え、真夏の暑い盛りに涼しげな花を咲かせます。幹肌がつるつるしているのが特徴で、猿でも登れないことからこの名がつきました。花期が長く100日も花が楽しめることから「百日紅(ヒャクジツコウ)」の別名もあります。

    当社クローバーガーデンも特にオススメする木なので、多くの人にサルスベリの魅力が伝わったらうれしいです★


    このページを読んだ人はこちらもオススメ!



    以上、【サルスベリ】シンボルツリーにおすすめな理由5つ🤩【育て方も解説します】…という話題でした。

    更新:2020年01月30日|公開:2012年09月05日

    現在の位置:ホーム > シンボルツリーの役割と選び方 > サルスベリ


    RELATED



    ※ このサイトについて

    埼玉県で営業する「クローバーガーデン」が運営するサイトで、当社は「外構工事と庭づくり」専門業者です👷


    ⭐当社で対応できない方 & 対応エリア外の方は、以下のページをご覧ください⭐

    このサイトで情報収集し、見積もりサイトで業者探しすれば、貴重な時間とお金が節約できます。どうぞ活用してください♪



    工事内容

    新築外構の工事例45件庭ガーデンの工事例10件リフォームの工事例10件

    工事費・価格帯

    49万円以下【激安】50 ~ 99万円【安い】100 ~ 199万円200 ~ 299万円300万円以上【高級】

    デザイン・スタイル

    オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

    施工場所

    門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

    対応エリア【埼玉県限定】

    さいたま市全域西区北区大宮区見沼区中央区桜区浦和区南区緑区岩槻区

    川越市上尾市伊奈町蓮田市桶川市三芳町ふじみ野市|川島町、富士見市、鶴ヶ島市、志木市、戸田市、狭山市、朝霞市、坂戸市、北本市

    施工アイテム

    塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガカーポートウッドデッキフェンス機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)|石張り、庭木の剪定、コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装、物置など