【カツラ🌳】なぜシンボルツリーにおすすめなのか?【理由5つと育て方を解説します】

更新日:2019.09.05.

カツラのシンボルツリー植栽例・葉・黄葉

悩む美人

カツラってどんな木なの?庭木に選ぶか迷っているんだけど...あと育て方も教えて欲しい。

と疑問を抱えている人の「カツラの悩みを解決」できる記事になっています。

なぜなら、カツラの特徴と育て方を解説し、あなたの家に植えるカツラとしてぴったりかどうか分かるからです。

この記事のポイントは次の3つです。

  • シンボルツリーにおすすめな理由
  • カツラの特徴や育て方が分かる
  • おすすめカツラの値段が分かる

記事を読み終えると、カツラの魅力が分かり、もうシンボルツリーとして植えるかどうか迷わなくなっているはずです。

当社クローバーガーデンは外構と庭工事の専門会社です。年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


【カツラ🌳】なぜシンボルツリーにおすすめなのか?【理由5つと育て方を解説します】

新緑時のカツラはさわやかな印象

カツラは当社クローバーガーデンがおすすめする庭木です。

カツラは日本固有種で、シンボルツリー初心者でも簡単に育てられる丈夫な庭木です。ハート型で甘い香りのする葉は、新緑から秋の黄葉まで楽しめます。特にシダレカツラは美しい樹形で知られています。

植えた後のお客様の評判もとても良く、満足度の高い庭木と言えます。

ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり枯れる心配もあります...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

カツラをあなたの家のシンボルツリーに選んでも間違いナシです



それでは、ひとつずつ解説していきます。


シンボルツリーにおすすめな理由

シンボルツリーとしてカツラを植えるメリットはたくさんあり、その中から5つを選んで解説します。その前に、シンボルツリーについて簡単に説明します。


シンボルツリーとは?

シンボルツリーとは、これからあなたの家族になる樹木のことで、新築時に植えることが多いです。記念樹として長く付き合っていくパートナーになるので、大切に育てていきましょう!


おすすめな理由5つ
  1. シンボルツリーに使える落葉高木樹
  2. ハート形の葉が長く楽しめる
  3. 甘い香りがする庭木
  4. 秋の黄葉が美しい
  5. 初心者でも育てやすい丈夫な庭木

    1.シンボルツリーに使える落葉高木樹

    【画像右】洋風住宅に合うカツラ

    カツラはシンボルツリーとしておすすめの庭木です。

    当社クローバーガーデンではシンボルツリーとして植え、お客様の満足度が高くクレームも少ない庭木です。

    特に洋風住宅に合うやさしい雰囲気の樹形が好まれ、庭木として人気が出てきました。幹がまっすぐ伸び、左右対称に枝が広がる樹形が端正でおしゃれです。


    2.ハート形の葉が長く楽しめる

    カツラはハート型の葉が特徴

    カツラが目立つポイントは、ハート形のかわいらしい葉っぱです。

    春の芽出しから淡い緑の新緑、秋に黄色く色づく黄葉まで長く楽しめます。

    ハート形の優しい雰囲気の葉が風に揺らぐ姿が魅力で、シンボルツリーとして人気が出たのもうなずけます。


    3.甘い香りがする庭木

    カツラの葉には芳香があり、別名「コウノキ(香の木)」と呼ばれるほどです。

    新緑時はかすかに香り、秋の黄葉時になると遠くからでも甘い香りを嗅ぐことができます。「焼き菓子」のような香りがします。


    4.秋の黄葉が美しい

    カツラの秋の黄葉は美しい

    カツラは落葉樹なので、秋に葉っぱが黄色く色づきます。

    上記の通りカツラの葉には芳香があるので、秋の黄葉時は周囲は甘い香りに包まれます。


    5.初心者でも育てやすい丈夫な庭木

    カツラは庭木初心者でも育てやすい庭木です。

    カツラは日本自生種なので、日本の気候風土にとても合います。つまり、虫がつきにくく枯れる心配が少ない庭木なので、シンボルツリーにおすすめです。

    剪定作業はカツラを広い場所に植えればほぼ必要なく、必要時は樹形を乱さないよう枝を間引く程度でよいでしょう。


    カツラの概要

    • 分類:落葉高木
    • 学名:Cercidiphyllum japonicum
    • 漢字:桂
    • 別名:オカズラ、コウノキ
    • 科名:カツラ科
    • 属名:カツラ属
    • 原産地:北海道から九州
    • 花言葉:憂鬱、夢想家、不忠

    カツラとは?

    日本固有種で山間の渓流沿いなどの湿り気のある場所によく生え、成長の早く20mを超える大木になります。そのため、公園樹や街路樹にも利用されます。

    カツラは単幹にもなりますが、自然に株立ちにもなり、シンボルツリーには株立ち種のほうがよく使われます。雌雄異株で、葉が出る前の4月ごろに花弁もがくもない花を一斉に咲かせます。

    ハート型のかわいい葉は、春の芽出しから夏の新緑、秋の黄葉までと長く楽しめます。

    品種にシダレカツラ(f.pendulum)があり、美しい樹形で知られています


    別名「コウノキ」の由来

    カツラの葉には芳香があることから、コウノキ(香の木)という別名があります。

    これはお葬式などに使われる抹香(まっこう)に利用されてきたことからで、抹香とは焼香の際に使われる粉末状のお香のことです。ちなみにお香には抹香と線香の2種類があります。


    カツラの特徴

    カツラの葉は黄色く染まります
    • 樹高:20~30m。
    • 葉張り(樹冠の横幅):15m
    • 花色:ピンク
    • 開花期:4〜5月
    • 果実熟期:10〜11月
    • 用途:シンボルツリー、庭木、景観樹

    ハート型の葉には甘い香りあり?

    カツラの葉には芳香があり、キャラメルのような甘い香りと表現されることが多いです。

    この香りの正体は「マントール」という物質で、カツラ以外の多くの植物にも含まれています。

    新緑の葉にはマントール含有量が少ないため、あまり香りましません。秋の黄葉時になると含有量が増え、遠くからでも甘い香りを嗅ぐことができます。



    カツラの育て方・栽培のポイント

    【画像右】シンボルツリーで植えたカツラ
    • 植栽適地:沖縄以外の日本全国
    • 成長スピード:★★★ 速い
    • 日照:★★☆ 日なた~半日陰
    • 土壌の質:砂壌土
    • 土壌の乾湿:★★★ 湿りがち
    • 根の深さ:★★★ 深い
    • 耐寒性:★★★ 強い

    植えつけ、移植

    植え付け適期は11月~3月。

    日照は日当たり〜半日陰でもよく、丈夫で栽培は容易です。湿り気のある肥よく地を好み、たいていのところでよく育ちます。粘土質でも土壌改良の必要はありません。


    鉢植えのポイント

    大型コンテナでも育てられます

    20号鉢ぐらいのコンテナで樹高3~4mになり、5年に1回ぐらい植え替えればよいでしょう。


    基本の剪定

    自然樹形が美しいので、広い場所なら剪定は必要ありません

    樹高20mを超える大木になるので、一般には枝を間引き剪定し、あとは樹形を崩さないように気をつけながら短く切り詰めます。主幹は太くならないうちに切ることが大切です。シダレカツラは外芽を残すように切りましょう。

    花を楽しむ木ではないので、新芽の季節(4~5月中旬)を除けば1年中いつでも剪定できます


    水やり

    庭植えは根づけば特に必要ありません。

    鉢植えは鉢土の表面が乾いたらたっぷり与え、冬期は控えめにしましょう。


    肥料

    若木のうちだけ、寒肥(骨粉、油かすなどの有機質肥料)を施しましょう。


    ふやし方

    基本的には実生でふやします。シダレカツラやレッドフォックスなどは接ぎ木でふやします。


    病害虫

    まれにテッポウムシ(カミキリムシの幼虫)の被害が見られるので、見つけ次第早めに駆除しましょう。

    おすすめの殺虫剤

    カツラの主な種類・品種


    シダレカツラの美しい樹形
    • シダレカツラ:細い枝が下垂する品種
    • レッドフォックス:春の新しい葉が淡紫紅色の品種

    カツラの販売価格帯

    カツラの価格帯は¥5,000~15,000ぐらい(大きさによる)です。

    背の高さは1~2.5mほどで、小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして使うことをオススメします!


    植え込みについて

    当社クローバーガーデンで管理できる埼玉県内にお住いの方は、「植え込みのみも可能」なのでご相談ください。
    埼玉県以外の方はご自分で植えるか、できればお近くの外構・造園業者に相談することをすすめます。

    草花と違い庭木は素人が植えると失敗することが多いので、特に初心者の方は業者に依頼し、その後の管理の仕方をアドバイスしてもらうといいでしょう!


    おすすめのカツラ3選

    初心者美人

    どんなカツラを選んだらいいのか、教えてください!

    それでは最後に、当社クローバーガーデンがオススメするカツラの商品を紹介します!

    植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方もこっそり教えてもらいましょう。


    1.カツラ株立ち 1.9~2.7m

    価格:¥16,800(2019年09月05日時点の楽天の価格)
    評価:5.0★★★★★

    庭に植えるのに最も使いやすい大きさのカツラで、玄関前のシンボルツリーとして使うとおしゃれに決まりますよ!

    ≫このカツラについてもっと詳しく見る




    2.カツラ単木 1.2m

    価格:¥5,400(2019年09月05日時点の楽天の価格)
    評価:4.0★★★★☆

    単木のカツラで、株立ち種よりも安く手に入ります。単木は大きくなる特徴があるので、広い場所を選んで植えるようにすると立派なカツラに成長しますよ!

    ≫このカツラについてもっと詳しく見る




    3.カツラ株立ち 2.4~2.5m

    価格:¥16,524(2019年09月05日時点の楽天の価格)
    評価:4.0★★★★☆

    柔らかな印象の株立ち種カツラで、秋にはきれいな黄葉を見せてくれます。ハート型のかわいらしい葉っぱを持ち、女性にも人気のシンボルツリーです。

    ≫このカツラについてもっと詳しく見る


    まとめ:カツラは庭木に最適!

    記事のポイントをまとめます。

    • シンボルツリーにおすすめな理由
    • カツラの特徴や育て方が分かる
    • おすすめカツラの値段が分かる

    以上の3つです。


    カツラは日本固有種で、シンボルツリー初心者でも簡単に育てられる丈夫な庭木です。ハート型で甘い香りのする葉は、新緑から秋の黄葉まで楽しめます。特にシダレカツラは美しい樹形で知られています。

    当社クローバーガーデンも特にオススメする木なので、多くの人にカツラの魅力が伝わったらうれしいです★


    このページを読んだ人はこちらもオススメ!



    以上、【カツラ🌳】なぜシンボルツリーにおすすめなのか?【理由5つと育て方を解説します】…という話題でした。

    更新:2019年09月05日|公開:2008年11月03日

    現在の位置:ホーム > シンボルツリーの役割と選び方 > カツラ(桂)


    RELATED



    ※ このサイトについて

    埼玉県で営業する「クローバーガーデン」が運営するサイトで、当社は「外構工事と庭づくり」専門業者です


    工事内容

    新築外構の工事例45件庭ガーデンの工事例10件リフォームの工事例10件

    工事費・価格帯

    49万円以下50 ~ 99万円100 ~ 199万円200 ~ 299万円300万円以上

    デザイン・スタイル

    オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

    施工場所

    門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

    対応エリア

    埼玉県さいたま市埼玉県さいたま市西区埼玉県さいたま市北区埼玉県さいたま市大宮区埼玉県さいたま市見沼区埼玉県さいたま市中央区埼玉県さいたま市桜区埼玉県さいたま市浦和区埼玉県さいたま市南区埼玉県さいたま市緑区埼玉県さいたま市岩槻区埼玉県川越市埼玉県上尾市埼玉県伊奈町埼玉県蓮田市埼玉県桶川市埼玉県三芳町埼玉県ふじみ野市|川島町、富士見市、鶴ヶ島市、志木市、戸田市、狭山市、朝霞市、坂戸市、北本市

    施工アイテム

    塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガカーポートウッドデッキフェンス機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)|石張り、庭木の剪定、コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装、物置など