【ヤマモミジ・イロハモミジ】なぜシンボルツリーにおすすめなのか?🍁【理由5つと育て方を解説します】

更新日:2019.08.20.

ヤマモミジとウッドデッキの共演

悩む美人

モミジってどんな木なの?庭木に選ぶか迷っているんだけど...あと育て方も教えて欲しい。

と疑問を抱えている人の「モミジの悩みを解決」できる記事になっています。

なぜなら、モミジの特徴と育て方を解説し、あなたの家に植えるモミジとしてぴったりかどうか分かるからです。

この記事のポイントは次の3つです。

  • シンボルツリーにおすすめな理由
  • モミジの特徴や育て方が分かる
  • おすすめのモミジの値段が分かる

記事を読み終えると、モミジの魅力が分かり、もうシンボルツリーとして植えるかどうか迷わなくなっているはずです。

当社クローバーガーデンは外構と庭工事の専門会社です。年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


【ヤマモミジ・イロハモミジ】なぜシンボルツリーにおすすめなのか?🍁【理由5つと育て方を解説します】

純和風家屋とモミジ

モミジは当社クローバーガーデンがおすすめする庭木です。

モミジは紅葉する代表種で、広い和風庭園でも狭い花壇でもシンボルツリーとして使えるからです。また、日本の気候風土に適した庭木なので、管理が楽なのもおすすめの理由です。
植えた後のお客様の評判もとても良く、満足度の高い庭木と言えます。

ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり元気が無くなったりします...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

モミジをあなたの家のシンボルツリーに選んでも間違いナシです


覚えておいて欲しいこと

モミジ類の種類はとても多く(160種以上)、その中でもイロハモミジとヤマモミジが庭木によく使われます。このページでも主にイロハモミジとヤマモミジの特徴を解説します



それでは、ひとつずつ解説していきます。


シンボルツリーにおすすめな理由

シンボルツリーとしてモミジを植えるメリットはたくさんあり、その中から5つを選んで解説します。その前に、シンボルツリーについて簡単に説明します。


シンボルツリーとは?

シンボルツリーとは、これからあなたの家族になる樹木のことで、新築時に植えることが多いです。記念樹として長く付き合っていくパートナーになるので、大切に育てていきましょう!


おすすめな理由5つ
  1. シンボルツリーにおすすめの庭木
  2. 紅葉する庭木の代表種
  3. 赤、黄、橙、複色など多彩な色が楽しめる
  4. コンパクトに維持できる
  5. 色づく葉が1年を通して楽しめる

1.シンボルツリーにおすすめの庭木

モミジはシンボルツリーとしておすすめの庭木です。

当社クローバーガーデンではシンボルツリーとしてよく植え、お客様の満足度が高くクレームも少ない庭木です。

和風の庭をイメージする人にはモミジがぴったりの庭木で、たった1本でも庭の主役になれます。その場合は、1本立ち種を選べば成長も早いです。


2.紅葉する庭木の代表種

シーズンには家族で紅葉刈りに

モミジといえば「紅葉する木」と誰もが思い浮かべます。

昔から絵画や詩歌の材料にされ、和風庭園樹として多く植えられてきました。秋の紅葉シーズンになると、モミジのきれいな観光地はどこも賑わいますね。


3.赤、黄、橙、複色など多彩な色が楽しめる

モミジは種類が豊富で、品種ごとに多彩な色が楽しめます。

シンボルツリーに人気のイロハモミジとヤマモミジは、紅葉の赤が深くきれいで葉色の変化も楽しめます。海外種のモミジには、葉の縁に白い斑が入る種や葉がピンク色に変わる種もあります。


4.コンパクトに維持できる

モミジは上手に剪定を行えば、狭い庭や花壇、鉢植えでもコンパクトに維持できる庭木です。

コンパクトに維持するポイントは、大きくなってから強く切り詰めるのではなく、若木のうちから毎年樹形を考えて枝を剪定していきます。この場合は株立ち種を選ぶようにしましょう。


5.色づく葉が1年を通して楽しめる

初夏には「青かえで」「若かえで」「楓若葉」と呼ばれる

モミジは秋の紅葉だけでなく、緑の葉も楽しめます。

春は芽出しの美しさと爽やかな新緑、夏は涼しげな木漏れ日を作り、秋には赤や黄色に美しく色づきます。ヤマモミジの繊細な葉姿は清涼感があり、垂れ下がった姿がとてもきれいで人気があります。


美しい紅葉を作る3つのコツ

  • 日当たりが良い場所
  • 昼と夜の温度差が大きい場所
  • しっかりした管理

日当たりが良い場所

日当たりの良い場所に植えましょう。

1年を通して葉に日が当たる場所を選び、日陰になる場所には植えないでください。


昼と夜の温度差が大きい場所

昼夜の温度差が必要なので、建物から離れた場所に植えると良いです。

住宅地では車の排気ガスにも注意してください。


しっかりした管理

基本的な植木の管理手入れは必要です。

下の「育て方・栽培のポイント」で詳しく解説しています。


モミジの概要

  • 分類:落葉低木〜高木
  • 学名:Acre spp.
  • 漢字:楓
  • 科名:カエデ科
  • 属名:カエデ属
  • 原産地:北半球
  • 花言葉:遠慮深い、自制、大切な思い出

モミジとカエデの違いは?

植物分類上ではカエデとモミジは区別はしません。


イロハモミジとヤマモミジの違いは?

正直、素人目には全く違いは分からず、プロでもすぐに見分けられる人は少ないです。一般に「モミジ」と呼ぶ場合はイロハモミジを指し、ヤマモミジはイロハモミジの変種です。

分布地でははっきりした違いがあり、イロハモミジは太平洋側、ヤマモミジは日本海側に自生します。葉の形はほとんど同じで、ヤマモミジの方がちょっと大きいです。


イロハモミジとヤマモミジの学名

イロハモミジの学名:Acer palmatum
ヤマモミジの学名:Acre palmatum var.mastumurae


モミジの特徴

紅葉が美しい代表種ヤマモミジ
  • 樹高:1~4m
  • 葉張り(樹冠の横幅):1~20m
  • 耐寒性:強い
  • 耐暑性:強い
  • 用途:シンボルツリー、庭木

紅葉する木の代表種。北半球に160種以上が分布し、日本には35種自生しています。1種のみが常緑樹で、ほかはすべて落葉樹です。

赤、黄、橙、複色など多彩な色が楽しめ、春の新芽の時期も春紅葉(はるもみじ)といい、紅葉と同様赤、黄、橙、桃、白、緑と大変美しいです。

また、外国種も同様に楽しめ、古くはトウカエデにはじまり、ヨーロッパやアメリカなど各国の自生種・園芸品種が続々と登場しています。


モミジの育て方・栽培のポイント

黄色く色づいたカエデの葉
  • 成長スピード:速い
  • 日照:日なた〜半日陰
  • 土壌の質:壌土
  • 土壌の乾湿:中間
  • 根の深さ:深い

植えつけ、移植

美しい紅葉を楽しむには、日当たりの良い場所に植えましょう!

植え付け時期は、11月半ばから2月が適期です。

苗を植える穴は大きく掘り、保湿性を保つため腐葉土か堆肥入れましょう。支柱の取り付けも忘れずに。


鉢植えの場合

鉢植えの場合は、大型コンテナに植えれば楽しめます。その場合は、数年に1回の植え替えと、3~4mになったら支柱を立てましょう。


水やり

庭植えでは必要なく、鉢植えは夏に水を切らさないように気をつけます。植付け後はたっぷりと水やりをし、根は絶対に乾かさないようにしましょう。


肥料

花を楽しむ木ではないので、リン酸分は特に必要ありません。寒肥(有機質肥料)を施すくらいでよいでしょう。

コンパクトに維持したい場合、施肥はあまり必要ありません。紅葉を楽しむには、肥料分が秋まで残らない程度に施肥の量を加減しましょう。一般に6月末以降は肥料を施す必要はありません。


用土

赤玉土を主体に、腐葉土と完熟堆肥を各1~2割混合した配合土を用います。


ふやし方

つぎ木(園芸品種)は3月に行います。

実生(みしょう)では、秋に採ったタネを乾かさないことが大切です。土の中に貯蔵して春にまくか、タネをとったらすぐまく「採りまき」をしましょう。


病害虫

うどんこ病、カイガラムシ、アブラムシの被害が見られます。

カミキリムシの幼虫が入ることがあり、若木は枯死することもあります。5月中旬〜8月まで、月1回、株元にアセフィート粒剤やイソキサチオン粒剤を散布しましょう。


モミジの剪定のポイント

真っ赤の紅葉したイロハモミジ
  • 適期:5~7月、10~12月
  • 仕立て方:自然樹形

モミジの仲間の剪定はたいへん難しく、プロの指標にもなっているほどです。

モミジは山野の風情を味わう自然樹形を楽しむ樹木です。ひと言でいえば「やわらかく仕上げること」が大事で、なるべく細い枝を残し、太い枝はごつごつしたイメージにならないよう抜いていきます。


剪定時期

剪定時期は5月中旬〜7月ごろと10月下旬から12月で、この時期以外は切ってはいけません。

特に冬期は年明け後は絶対切らないことです。年が明けると活動がはじまり、切ると切り口から樹液が噴出します。


モミジの主な種類・品種

日本の園芸品種
  • イタヤカエデ:葉の大きなカエデ
  • ハウチワカエデ:葉の形がかわいい
  • オオモミジ:黄紅葉で葉が大きい
  • コハウチワカエデ:高木になるモミジ
  • ノムラ:江戸時代から知られる園芸品種
  • サンゴカク(珊瑚閣):葉が黄色くなるモミジ

海外産の園芸品種
  • サトウカエデ:カナダ国旗のデザイン
  • ネグンドカエデ:洋風の庭に合う
  • ノルウェーカエデ:欧米で最も多く栽培

最近の人気種

クリムソンキング(ノルウェーカエデ)


シンボルツリーに使えるカラフルな葉色

ヨーロッパ、コーカサス原産のおしゃれな西洋カエデで、欧米でとっても人気のある庭木です。

大きく切れ込んだ葉(5裂する)が特徴で、芽吹き時は明るい赤紫色、そのあと光沢のある紅紫色に変化。カラフルな葉色がシンボルツリーにぴったりで、風通しのいい涼しい場所に植えると元気に育ちます。

ルウェーカエデは比較的生長が早く、細長い樹形(環境にもよるが樹高4~7m)になるので、スリムな樹形を維持するような剪定をしましょう。


フラミンゴ(ネグンドカエデ)


葉の縁に白い斑が入る品種

北アメリカ原産の寒冷地向きの庭木で、葉の縁に白い斑が入るおしゃれでカッコいいです!

葉色が白、緑、ピンクの3色で人目を惹きつける美しさがあり、新緑の時期のフラミンゴには花木に負けない華やかさがあります。


モミジの販売価格帯

モミジの価格帯は¥10,000~25,000ぐらい(大きさによる)です。背の高さは1~2.5mほどで、小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして使うことをオススメします!


植え込みについて

当社クローバーガーデンで管理できる埼玉県内にお住いの方は、「植え込みのみも可能」なのでご相談ください。
埼玉県以外の方はご自分で植えるか、できればお近くの外構・造園業者に相談することをすすめます。

草花と違い庭木は素人が植えると失敗することが多いので、特に初心者の方は業者に依頼し、その後の管理の仕方をアドバイスしてもらうといいでしょう!


おすすめのモミジ3選

初心者美人

どんなモミジを選んだらいいのか、教えてください!

それでは最後に、当社クローバーガーデンがオススメするモミジの商品を紹介します!

植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方もこっそり教えてもらいましょう。


1.イロハモミジ株立ち2.3~2.5m

価格:¥18,800(2019年08月20日時点の楽天の価格)
評価:5.0

庭に植えるのに最も使いやすい大きさの株立ちイロハモミジで、玄関前のシンボルツリーとして使うとおしゃれに決まりますよ!

≫このモミジについてもっと詳しく見る




2.コハウチワカエデ株立ち1.9~2.5m

価格:¥17,800(2019年08月20日時点の楽天の価格)
評価:4.5

葉は切り込みが浅く丸みを帯びたかわいらしい形で、樹形はすっきりとしています。玄関前やアプローチにシンボルツリーとして植えるとかっこよく決まります。

≫このモミジについてもっと詳しく見る




3.ネグンドカエデ(フラミンゴ)1.7m

価格:¥16,200(2019年08月20日時点の楽天の価格)
評価:4.5

最近人気が出てきたモミジで、葉の色が白やピンクになるのが特徴です。洋風の庭を持つ方に最適のシンボルツリーです。

≫このモミジについてもっと詳しく見る


まとめ:モミジは庭木に最適!

記事のポイントをまとめます。

  • シンボルツリーにおすすめな理由
  • モミジの特徴や育て方が分かる
  • おすすめのモミジの値段が分かる

以上の3つです。


モミジは紅葉を楽しみたい人におすすめのシンボルツリーです。秋の紅葉だけでなく、繊細な形の緑色の葉は秋以外の季節もとてもきれいです。

せっかく庭付き一戸建てを手にしたなら、モミジを植えるのが日本人の宿命かもしれません。それほど、すらっとした樹形と紅葉は日本人の心に響きます。

当社クローバーガーデンも特にオススメする木なので、多くの人にモミジの魅力が伝わったらうれしいです★


このページを読んだ人はこちらもオススメ!



以上、【ヤマモミジ・イロハモミジ】なぜシンボルツリーにおすすめなのか?🍁【理由5つと育て方を解説します】…という話題でした。

更新:2019年08月20日|公開:2016年05月18日


現在の位置:ホーム > シンボルツリーの役割と選び方 > モミジ・カエデ


RELATED



※ このサイトについて

埼玉県で営業する「クローバーガーデン」が運営するサイトで、当社は「外構工事と庭づくり」専門業者です


工事内容

新築外構の工事例45件庭ガーデンの工事例10件リフォームの工事例10件

工事費・価格帯

49万円以下50 ~ 99万円100 ~ 199万円200 ~ 299万円300万円以上

デザイン・スタイル

オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

施工場所

門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

対応エリア

埼玉県さいたま市埼玉県さいたま市西区埼玉県さいたま市北区埼玉県さいたま市大宮区埼玉県さいたま市見沼区埼玉県さいたま市中央区埼玉県さいたま市桜区埼玉県さいたま市浦和区埼玉県さいたま市南区埼玉県さいたま市緑区埼玉県さいたま市岩槻区埼玉県川越市埼玉県上尾市埼玉県伊奈町埼玉県蓮田市埼玉県桶川市埼玉県三芳町埼玉県ふじみ野市|川島町、富士見市、鶴ヶ島市、志木市、戸田市、狭山市、朝霞市、坂戸市、北本市

施工アイテム

塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガカーポートウッドデッキフェンス機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)|石張り、庭木の剪定、コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装、物置など