コムラサキ(ムラサキシキブ)の特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由解説します】

更新日:2020.05.02.

コムラサキの植栽例・果実・葉っぱ


悩む女性

コムラサキ(ムラサキシキブ)ってどんな木なの?庭木に選ぶか迷っているんだけど...あと育て方も教えて欲しい。


と疑問を抱えている人の「コムラサキ(ムラサキシキブ)の悩みを解決」できる記事になっています。

なぜなら、コムラサキ(ムラサキシキブ)の特徴と育て方を解説し、あなたの家に植える庭木としてぴったりかどうか分かるからです。

この記事のポイントは次の3つです。

  • コムラサキ(ムラサキシキブ)の特徴や育て方
  • 庭木におすすめな理由
  • おすすめコムラサキの値段

記事を読み終えると、コムラサキ(ムラサキシキブ)の魅力が分かり、もう庭木として植えるかどうか迷わなくなっているはずです。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


コムラサキ(ムラサキシキブ)の特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由解説します】

コムラサキと錦鯉のいる和風庭園

コムラサキ(ムラサキシキブ)は当社クローバーガーデンがおすすめする庭木です。

秋に紫色のかわいらしい果実をたわわに実らせ、コムラサキは枝を弓状に枝を伸ばします。苗木の販売価格帯は¥1,000~10,000ほど。庭木初心者でも育てやすい、あまり手間のかからない庭木です。

ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり枯れる心配もあります...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

コムラサキ(ムラサキシキブ)をあなたの家の庭木に選んでも間違いナシです



それでは、ひとつずつ解説していきます。


コムラサキ(ムラサキシキブ)ってどんな木なの?

つやのある紫色の果実がなるコムラサキ

コムラサキ(ムラサキシキブ)の概要

※この表はコムラサキのデータ

  • 分類:落葉低木
  • 学名:Callicarpa dichotoma
  • 漢字:小紫
  • 別名:コムラサキシキブ
  • 科名:クマツヅラ科
  • 属名:ムラサキシキブ属
  • 原産地:日本、中国、朝鮮半島
  • 花言葉:深い愛、愛され上手、聡明

※ムラサキシキブの学名:Callicarpa japonica(あとはすべてコムラサキと一緒)


コムラサキ(ムラサキシキブ)とは?

落葉低木樹のコムラサキ(ムラサキシキブ)は日本を含む東アジア原産で、秋につやのある紫色の果実をつける庭木です。

とくにコムラサキは庭植えにぴったりで、実のなる姿には風情があります。紫色の実をつける樹木は少なく貴重です。


名前の由来は?

美しい紫色の実を『源氏物語』の作者紫式部にたとえて名付けられました。

あるいは、紫色の実が重なり合うことから「紫重実(ムラサキシキミ)」と呼ばれ、そこから変化しました。


コムラサキ(ムラサキシキブ)の花言葉は?

深い愛、愛され上手、聡明


コムラサキ(ムラサキシキブ)の特徴

  • コムラサキの樹高:0.5~1.5m
  • ムラサキシキブの樹高:2~3m
  • 葉張り(樹冠の横幅):1~3m
  • 花色:薄い紫
  • 開花期:6〜7月
  • 果実色:紫・白
  • 果実熟期:10~12月
  • 用途:庭木、添景樹、寄せ植え

樹木の特徴

コムラサキについて

コムラサキは樹高0.5~1.5mほどの落葉低木樹で、枝が弓なりになりしだれる株立ち樹形です。

枝が細いので、寒さや乾きで枝先が枯れ込むことがあります。


ムラサキシキブについて

ムラサキシキブは樹高2~3mほどの落葉低木樹で、幹が立ち上がり太くなる株立ち樹形です。


花の特徴

薄紫色のコムラサキの花

6~7月ごろの初夏に、薄い紫色(ピンク色にも見える)の小さな花を咲かせます(直径3~5mm)。やや芳香があります。

葉腋のやや上から集散花序をだし、10〜20個の花をつけます。雄しべは4つ、雌しべは1つあり、4枚の花びらの外へ突き出します。


葉っぱの特徴

葉っぱは対生で、長さは3~7cm。秋に黄色く紅葉します。

葉っぱの両面とも毛が無く、先端が尾状にとがります。

コムラサキは縁の上半分だけにギザギザ(鋸歯)があり、ムラサキシキブは縁全部に細かい鋸歯があります。


果実の特徴

紅紫色の実が鮮やかなコムラサキ

葉っぱの付け根より上に、たくさん集まり固まってつきます。直径は約3mmで、パチンコ玉のようにまん丸です。

実は10~12月ごろに熟し、晩秋から初冬にかけて趣ある風情を作り出し、冬枯れの庭でもよく目立ちます。緑色から少しずつ紫色へ変化します。

球形の果実は、葉っぱがすべて落ちた後も残るので、長い期間楽しめるのが魅力です。

コムラサキは実をびっしりつけますが、ムラサキシキブはまばらで物足りない印象があります。


ムラサキシキブとコムラサキの見分け方

白い実をつけるシロシキブ

すぐ上の「コムラサキ(ムラサキシキブ)ってどんな木なの?」で両種の特徴をくわしく解説しましたが、ここで簡単にまとめます。


簡単な見分け方

見た目の樹形がまったく違います

ムラサキシキブは、上へ大きく樹形を伸ばします。

コムラサキは、枝がたれて弓なりに樹形を伸ばします。


ムラサキシキブの特徴

  • 樹形:普通の木のように上へ伸びる
  • 葉のギザギザ:縁すべてにある
  • 実のつき方:まばらで物足りない
  • 花のつき方:葉と同じ場所

コムラサキの特徴

  • 樹形:枝がしだれて横へ伸びる
  • 葉のギザギザ:上半分だけ
  • 実のつき方:びっしりで見た目が良い
  • 花のつき方:葉から少し離れた場所

庭木におすすめなのはどっち?

コムラサキが断然おすすめです!

理由は、果実がびっしりつくからです。紫色の果実をつける庭木は珍しく、他とは変わった庭木を植えたい人におすすめです。

また、枝がたれる樹形は風情があり、大きなシンボルツリーの足元に低木として植えるとおしゃれな庭がつくれます。


庭木におすすめな理由

和風の雰囲気にぴったりのコムラサキ

庭木としてコムラサキ(ムラサキシキブはのぞく)を植えるメリットはたくさんあり、その中から5つを選んで解説します。


おすすめな理由5つ
  1. 庭木に使える常緑低木樹
  2. 紫色の果実がいちばんの魅力
  3. 黄色く色づき紅葉する
  4. 和風洋風どちらの庭にも合わせやすい
  5. 手間がかからず育てやすい

    それでは、ひとつずつ解説していきます。


    1.庭木に使える常緑低木樹

    コムラサキは、地植えや鉢植えにおすすめの庭木です。

    園芸店やホームセンターで売っている多くは、ムラサキシキブでなくコムラサキです。その理由は、小型で実つきがよく、アーチ状に湾曲する細長い枝のある樹形がおしゃれだからです。

    数多く並べて植えると見ごたえがあり、ナチュラルなボーダーガーデンとして植栽するのがおすすめです。

    また、大きなシンボルツリーの足元へ「低木」として一緒に植えると、上品な名脇役として活躍してくれます。


    ムラサキシキブのデメリット

    ムラサキシキブは、自然の中で見かける方が風情があります。

    ムラサキシキブは大きく育ちすぎるので、狭い庭ではやや扱いにくいです。

    それに比べ、コムラサキはコンパクトに管理でき、扱いやすいことから庭木として広く普及しています。


    2.紫色の果実がいちばんの魅力

    びっしり詰まった果実をつけるコムラサキ

    コムラサキのいちばんの見所は、紫色の美しい果実です。

    晩秋から冬にかけて枝いっぱいに実をつけ、寂しい冬枯れの庭でもよく目立ちます。葉っぱが落ちてからも実は残り、長い期間楽しめるのもうれしいです。

    紫色の果実をつける庭木は珍しいので、風情ある雑木の庭を作りたい人におすすめですよ!


    3.黄色く色づき紅葉する

    コムラサキの葉っぱは、秋に黄色く紅葉します。

    紫色の果実と紅葉の時期が重なるので、紫と黄色のコントラストも美しいです。

    ただし、日がまったく当たらない場所に植えると、きれいに紅葉しないので注意しましょう。


    4.和風洋風どちらの庭にも合わせやすい

    風情があるコムラサキの果実

    コムラサキは和洋どちらの庭にも合います。

    もともと和風の雰囲気を持つので、和風庭園にはぴったりの庭木です。山の木らしい素朴な雰囲気があり、最近人気のあるの雑木の庭の添景に使えます。

    また、列植(並べて植えること)すると洋風の庭によく似合います。


    5.手間がかからず育てやすい

    コムラサキは日本原産なので、日本の気候風土に合っていて育てやすいです。

    肥料の管理はあまり必要なく、環境の良い場所に植えれば病害虫の被害も少ないです。

    強剪定にも耐えられる庭木で、庭木初心者が剪定しても枯れることはありません。落葉期に剪定するのがポイントです。


    コムラサキ(ムラサキシキブ)の育て方・栽培のポイント

    果実の色は緑から紫へ少しづつ変化する
    • 植栽適地:北海道北部を除く日本全国
    • 生長スピード:★★☆ 普通
    • 日照:★★☆ 日なた~半日陰
    • 土壌の質:全般
    • 土壌の乾湿:★☆☆ 湿りがち
    • 根の深さ:★☆☆ 浅い
    • 耐寒性:★★★ 強い
    • 耐暑性:★★★ 強い
    • 耐陰性:★★★ 強い

    育て方のポイント!

    雑木林のような半日陰の環境がベストです。

    日当たりが悪いと実つきが悪くなり、きれいに紅葉しません。


    植栽適地

    北海道北部を除く日本全国で植栽可能で、耐寒性・耐陰性のある庭木です。


    植えつけ、移植(植え替え)

    植えつけ適期は、2~3月と11~12月です。

    日当たり~半日陰で、保湿性のある場所(岩越しの水辺なども最適)に植えます。日なたで乾燥する場所は避けましょう。

    植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土をよく混ぜてから高植えにすることがポイントです。支柱を立てるのを忘れずに。

    根を切る移植や鉢の植え替えは、厳寒期を除く落葉期に行いましょう。鉢植えを地植えにする場合は、いつでも可能です。


    鉢植えのコツ

    鉢植えは生育が早いため、根が回りやすいので、大きなコンテナ以外は毎年植え替えます。

    このとき、根を切り詰めて更新し、活力を維持するのが重要です。

    また、コンパクトに維持したい場合は、鉢植えがオススメです。


    水やり

    やや湿り気のある土壌を好むので、乾燥の激しい季節はいつでも水やりが必要です。

    庭植えは夏季に晴天が続き、ひどく乾燥している場合を除き必要ありません。

    鉢植えは鉢土の表面が乾いたらたっぷり与え、冬季は控えめにしましょう。


    肥料

    庭植えは、普通の庭土であればあまり必要ありませんが、寒肥(1~2月頃)として鶏糞などの有機質肥料を根元に施すといいでしょう。

    鉢植えは、肥料が切れると葉が黄化し果実の色がさえなくなります。2カ月ごとに緩効性化成肥料(N-P-K=10-10-10)を6号鉢で3g施しましょう。


    ふやし方

    挿し木・実生でふやします。


    挿し木のポイント

    挿し木のメリットは、親木と同じ性質を受け継ぐ樹木を作れることです。

    挿し木の適期は、2~3月(前年の枝を使う)と6~8月(春の枝を使う)ごろです。

    充実した元気の良い枝を選び、8~10cmくらいの長さに切り挿し穂を作ります。切り口は斜めにし、水を入れたコップに数時間つけ水あげします。これは発根を促す目的があります。

    植木鉢に赤玉土を入れ、挿し穂を半分ぐらいの深さまでさします。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。

    鉢上げは、半年ぐらいが目安です。


    実生のポイント

    実生(みしょう)とは、種子から苗木を育てることです。

    デメリットとして、同じ形質のものが出ない可能性があります。

    11~12月によく熟した実を選び、採りまきします。果実の果肉をつぶして種を取り出し、水で果肉をよく洗い落とします。

    果肉には発芽を抑制する物質が含まれているので、ていねいに取り除くことが大切です。

    植木鉢に赤玉土を入れ種子をばらまき、その上に薄く土をかけます。その後、表面の土が流れないよう、植木鉢の底面から土に水をしみ込ませる「底面給水(腰水)」をします。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。


    病害虫

    コムラサキ(ムラサキシキブ)は病害虫が少ない樹木ですが、日当たりと風通しが悪いと病害虫が発生します。

    主な害虫は「テッポウムシ・ハマキムシ」で、見つけたらすぐ駆除しましょう。


    おすすめの殺虫剤・殺菌剤

    コムラサキ(ムラサキシキブ)×剪定のポイント

    濃緑葉と紫色の果実が美しいコムラサキ
    • 適期:1~3月
    • 仕立て方:自然樹形

    剪定のポイント

    剪定は冬季の落葉期(1~3月)に行いましょう

    自然樹形を楽しむため、不要枝(徒長枝や混み合った枝)を間引く程度です。

    結実した枝は元から切り取っても問題なく、春に新しく伸びた枝に実がなります。徒長枝には花芽をつけません。


    剪定の効果的なやり方

    どこを切ってもよく萌芽しますが、強剪定すると花芽がつかなくなります

    一定の大きさを維持するには、強剪定にならない程度に落葉期に剪定しましょう。落葉期には花芽がつかないので、安心してください。

    長い枝から順に短い枝を残すように、枝数を半分以下に間引き、枝先を切り詰めて樹形を整えるのがコツです。

    何年か実をつけると枝が長くなってくるので、4~5年生の枝をつけ根から切り取り、新梢に更新させましょう。


    鉢植えの剪定

    冬期に乾燥する寒冷地では、乾きによる枯れ込みを少なくするため、3月になってから剪定しましょう。

    また、小さく保つため、1年枝の基部を2~3節残して切り戻します。枝数が多すぎても、少なすぎても着花は少なくなります。


    剪定について

    当社で対応できないお客さまは、「剪定110番」へ相談してみてください。日本全国対応してくれます。

    「1本あたり2,890円~」でプロによる庭や庭木の手入れ、高所など作業しにくい庭木の剪定に困っている方におすすめです。

    ≫実績多数!庭木一本からのご依頼も可能【剪定110番】


    コムラサキの主な種類・品種

    • コムラサキ:庭植えに適したサイズ
    • ムラサキシキブ:樹高が3mになる大型種
    • オオムラサキシキブ:果実を密につける大型品種
    • シロシキブ:白い実がなる品種
    • シロミノコムラサキ:白い実がなる品種
    • 常緑ムラサキシキブ:台湾に自生?
    • モモシキブ:ピンク色の実がなる品種
    • 紫々紫(しじむらさき):葉に模様が入る斑入り品種

    コムラサキの販売価格帯

    コムラサキの価格帯は¥1,000~10,000ぐらい(大きさによる)です。

    背の高さは0.3~1.2mほどで、小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして地植えに使うことをオススメします!

    ≫楽天で探す ≫Amazonで探す


    植え込みについて

    当社クローバーガーデンで管理できる埼玉県内にお住いの方は、植え込みも可能なのでご相談ください。

    埼玉県以外の方はご自分で植えるか、できればお近くの外構・造園業者に相談することをすすめます。

    草花と違い庭木は素人が植えると失敗することが多いので、特に初心者の方は業者に依頼し、その後の管理の仕方をアドバイスしてもらうといいでしょう!

    業者探しのコツは、こちらのページで詳しく解説しています。

    【外構一括見積もり】無料3サイトを徹底比較🤔【おすすめランキングを発表します】


    おすすめのコムラサキ3選

    初心者美人

    どんなコムラサキを選んだらいいのか、教えてください!

    それでは最後に、当社クローバーガーデンがオススメするコムラサキの苗木商品を紹介します!

    植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方もこっそり教えてもらいましょう。


    1.コムラサキ 1.2m

    ¥11,000(2020年05月02日時点の価格)
    オススメ度:5.0★★★★★

    庭に植えやすい大きさのコムラサキです。庭木では珍しい紫の実がなり、観賞価値が高く人気のある低木です。

    ムラサキシキブに比べ、枝が垂れる樹形がおしゃれで、びっしり実がなる姿に風情があります。

    このコムラサキは「トオヤマグリーンさん」の商品です。

    ≫このコムラサキについて楽天でもっと詳しく見る


    2.シロシキブ 10本セット

    ¥6,800~9,800(2020年05月02日時点の価格)
    オススメ度:4.0★★★★☆

    白い実がなるコムラサキの品種「シロシキブ」です。10本セットなので、並べて植えると見応えある庭づくりができます。

    果実が熟すにつれ白色がだんだん汚れてくるので、早めに切り取ったほうがよいでしょう。

    このシロシキブは「相馬グリーンさん」の商品です。

    ≫このシロシキブについて楽天でもっと詳しく見る


    3.桃式部(ピンクパール)ミニ盆栽

    ¥2,500(2020年05月02日時点の価格)
    オススメ度:4.0★★★★☆

    ピンク色の実がなるコムラサキの品種「桃式部(ピンクパール)」です。かわいいピンク色の実はとても珍しく、ミニ盆栽で室内で楽しめる商品です。

    父の日・誕生日・新築祝いなどにプレゼントとして送ると喜ばれます。また、盆栽いじりをするとストレス解消にもなります。

    この桃式部は「松慶盆栽さん」の商品です。

    ≫この桃式部について楽天でもっと詳しく見る


    【おまけ】蝶のコムラサキについて

    美しい羽を持つ蝶コムラサキ

    日本全国で見られるタテハチョウのひとつ「コムラサキ」は、オスの羽だけ紫色に輝きます(上画像)。

    有名なオオムラサキをひとまわり小さくしたサイズで、雑木林や河川敷でよく見られます。

    オオムラサキは日本の国蝶で、カブトムシと一緒に樹液を吸っているのを、子供のころ見たことがある人も多いでしょう。


    まとめ:コムラサキは庭木に最適!

    記事のポイントをまとめます。

    • コムラサキ(ムラサキシキブ)の特徴や育て方
    • 庭木におすすめな理由
    • おすすめコムラサキの値段

    以上の3つです。


    秋に紫色のかわいらしい果実をたわわに実らせ、コムラサキは枝を弓状に枝を伸ばします。苗木の販売価格帯は¥1,000~10,000ほど。庭木初心者でも育てやすい、あまり手間のかからない庭木です。

    当社クローバーガーデンも特にオススメする木なので、多くの人にコムラサキ(ムラサキシキブ)の魅力が伝わったらうれしいです★


    このページを読んだ人はこちらもオススメ!



    以上、コムラサキ(ムラサキシキブ)の特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由解説します】…という話題でした。

    更新:2020年05月02日|公開:2008年10月24日

    現在の位置:ホーム > シンボルツリーの役割と選び方 > コムラサキ(ムラサキシキブ)



    RELATED


    ※ このサイトについて

    埼玉県で営業する「クローバーガーデン」が運営するサイトで、当社は「外構工事と庭づくり」専門業者です👷


    ⭐当社で対応できない方、あるいは対応エリア外の方に「外構業者をかんたんに探せるサービス」を3つご案内します。

    どれも無料で見積もり依頼ができ、上2つは相見積もり(3社以上)できる比較サイトです。この当社サイトで情報収集し、紹介サイトで業者探しすれば、貴重な時間とお金が節約できます。どうぞ活用してください♪


    工事内容

    新築外構の工事例51件庭ガーデンの工事例13件リフォームの工事例12件

    工事費・価格帯

    49万円以下【激安】50 ~ 99万円【安い】100 ~ 199万円200 ~ 299万円300万円以上【高級】

    デザイン・スタイル

    オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

    施工場所

    門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

    対応エリア【埼玉県限定】

    さいたま市全域西区北区大宮区見沼区中央区桜区浦和区南区緑区岩槻区

    川越市上尾市伊奈町蓮田市桶川市三芳町ふじみ野市富士見市|川島町、鶴ヶ島市、志木市、戸田市、狭山市、朝霞市、坂戸市、北本市

    施工アイテム

    塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガ石張り舗装カーポートウッドデッキフェンス角柱機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)|庭木の剪定、コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装、物置など

    シンボルツリー・庭木

    ソヨゴヤマボウシイロハモミジジューンベリー桂の木ハナミズキニオイシュロランオリーブの木シマトネリコヒメシャラシラカシ(白樫)アオダモエゴノキサルスベリドウダンツツジアセビクチナシブッドレア梅の木レモンの木ユーカリの木

    家庭果樹

    ブルーベリーブドウの木ラズベリーブラックベリーザクロ柿の木