アオキ(植物)の特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】

更新日:2020.05.02.

アオキの植栽例・果実・葉っぱ


悩む女性

アオキってどんな木なの?庭木に選ぶか迷っているんだけど...あと育て方も教えて欲しい。


と疑問を抱えている人の「アオキの悩みを解決」できる記事になっています。

なぜなら、アオキの特徴と育て方を解説し、あなたの家に植えるアオキとしてぴったりかどうか分かるからです。

この記事のポイントは次の3つです。

  • アオキの特徴や育て方
  • 庭木におすすめな理由
  • おすすめアオキの値段

記事を読み終えると、アオキの魅力が分かり、もう庭木として植えるかどうか迷わなくなっているはずです。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


アオキ(植物)の特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】

アオキの赤い実と模様入りの葉

アオキは当社クローバーガーデンがおすすめする庭木です。

1年中つやつやした美しい葉を持つ常緑樹で、あまり日の当たらない日陰でも育つ丈夫な樹木です。苗木の販売価格帯は¥1,000~12,000ほど。葉に模様が入るおしゃれな品種もあり、初心者でも育てやすいあまり手間のかからない庭木です。

ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり枯れる心配もあります...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

アオキをあなたの家の庭木に選んでも間違いナシです



それでは、ひとつずつ解説していきます。


アオキってどんな木なの?

アオキの赤い果実は長い期間楽しめる

アオキの概要

  • 分類:常緑低木
  • 学名:Aucuba japonica
  • 漢字:青木
  • 科名:ミズキ科
  • 属名:アオキ属
  • 原産地:日本
  • 花言葉:若く美しく

アオキとは?

常緑低木樹のアオキは日本原産で、日があまり当たらない日陰にも強いのが魅力の庭木です。

寒さに強く1年中葉っぱを落とさないことから、敷地の北側にある裏庭にも植えられます。目隠しの役割もする、庭の名脇役です。

目立たない存在のため、日本ではあまり大切に扱われません。しかしヨーロッパでは常緑樹が少ないことから、おしゃれな葉を持つ「斑入りアオキ」が観葉植物として楽しまれています。

暗くなりがりな庭を、明るく彩りのあるものに変化させてくれる貴重な庭木です


アオキの花言葉は?

若く美しく


アオキの特徴

  • 樹高:2~3m
  • 花色:茶
  • 開花期:4〜5月
  • 果実色:赤
  • 果実熟期:12~3月
  • 用途:庭木、生垣、目隠し、風よけ

樹木の特徴

日陰にも耐えられるアオキ

アオキは樹高2~3mほどの常緑低木樹で、4~5月に茶色の花を咲かせます。

株立ちして整った姿が美しく、家の裏側もおしゃれに見せてくれる庭木です。暗くなりがちな、建物の陰になる場所への植栽もおすすめです。

耐寒性・耐陰性が強く、北海道中部まで植えられます。似たような樹木にマサキがあります。

マサキの特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】


ヒメアオキは雪にも耐える

日本海側に自生する変種「ヒメアオキ」は、積雪下に耐えるように枝が倒れるのが特徴です。

幹は雪の重みで折れないように横にはって伸ばし、葉がつく場所で斜めに立ち上がります。

樹高が1mほどにしか生長しないので、グランドカバーに最適な庭木です。


花の特徴

アオキの小さな花

4~5月に茶色の花を咲かせます。あまり目立たないため、花を鑑賞する目的では植えません。直径1cm。

雌雄異株で4枚の花びら(花弁)を持ち、雄花は花の中心に4本のおしべがあり、雌花は花の中心に1本のめしべがあります。

近縁種「アオバナアオキ」は緑色の花を咲かせます。


葉っぱの特徴

細葉アオキの葉っぱ

アオキのいちばんの見所は、1年中青々している葉っぱです。

枝と葉っぱが青々していることから「アオキ」という名前がついたほどで、つややかでみずみずしい葉が美しいです。

枝の上部に集まってつき、先端がとがっていています。長さ8~20cm。縁に粗いギザギザ(鋸歯)があります。

常緑樹なので葉を落とさず、暗くてさびしい北側への植栽ができます。生垣・目隠し・風よけに最適です。

ただし常緑樹とはいえ、葉っぱが入れ替わる時期には葉が落ちます(一度に全部は落ちません)。


葉に模様が入る園芸品種が豊富!

普通種のアオキは濃い緑一色ですが、葉に模様が入る「斑入り(ふいり)品種」が人気です。

このページの下の方「主な種類・品種」で10種類以上紹介しています。サルフレア・マルギナータ、スターダスト、ピクチュラータなどかっこいい葉を持つ品種がいっぱいです。

斑入り品種のデメリットは、日当たりが強いと葉焼けを起こすことです。半日陰に植えるのがいいでしょう。洋風の雰囲気が作れます。


果実の特徴

アオキの雌株のみ結実し、2cmほどの赤い果実がなります。ややいびつな楕円形です。

長い期間(12~3月)美しく鮮やかな果実が楽しめるのが魅力で、冬枯れの庭に彩りを与えてくれます。


庭木におすすめな理由

庭木としてアオキを植えるメリットはたくさんあり、その中から5つを選んで解説します。


おすすめな理由5つ
  1. 庭木に使える常緑低木樹
  2. つややかな葉が1年中楽しめる
  3. 赤い果実が長い期間楽しめる
  4. 葉に模様が入るおしゃれな品種がある
  5. 日当たりの悪い場所でも育つ

    それでは、ひとつずつ解説していきます。


    1.庭木に使える常緑低木樹

    アオキは庭木におすすめな樹木です。

    日当たりが悪い場所に植えられる貴重な庭木で、目隠し・風よけ・生垣など昔から重宝されてきました。

    競争相手の少ない北側に庭では、1本のアオキを大きく育てればシンボルツリーとして活躍してくれます。ナチュラルガーデンにぴったりの庭木です。


    風水を考えた植え方

    風水の観点から考えると、「鬼門」の方角にアオキを植えると大吉になります。

    鬼門とは「鬼の通り道」で北東の方角のことで、裏鬼門とは鬼門と反対の方角(=南西)のことです。

    もともと日当たりの悪い北東方面ですので、日陰に強いアオキを植えるのは一石二鳥ですね!特に北東方面に玄関がある家には、シンボルツリーとしても植えられます。


    2.つややかな葉が1年中楽しめる

    アオキの濃緑の葉っぱ

    アオキのいちばんの魅力は、1年中濃い緑色の葉がある常緑樹ということです。

    つややかでみずみずしい葉っぱは、暗くなりがちな裏庭などを明るい雰囲気にしてくれます

    名前の「アオキ(青木)」も、枝と葉っぱが「青々している」ことからついたほどです。


    3.赤い果実が長い期間楽しめる

    アオキのかわいい赤い果実

    アオキの雌木には、赤いつやのある果実がなります。

    アオキの果実のメリットは長い期間楽しめるということで、12~3月の冬枯れの庭を彩ります

    青葉と赤い実のコントラストが非常に美しく、目につく庭のポイントになります。また、冬の雪のある時期にも赤い実があるので、白と赤の色合いもまた風情があります。


    4.葉に模様が入るおしゃれな品種がある

    アオキのおしゃれな斑入り品種

    アオキには葉っぱに模様が入る「斑入り(ふいり)」品種も豊富です。

    もともと緑1色だったアオキですが、時代とともに模様の入った品種が増えてきました。常緑樹の少ないヨーロッパでは、この斑入りアオキが人気でよく植えられています。

    例えば、「サンフレア」は葉の縁が黄色、「スターダスト」は星型の点々が入る、「ピクチュラータ」は葉の内部が黄色など、おしゃれで美しい品種が多く、どれを選べばいいか迷ってしまいます。


    5.日当たりの悪い場所でも育つ

    アオキは、日当たりの悪い場所でも育つ「陰樹の代表種」です。

    殺風景になりがちな北側の庭への植栽が可能で、目隠しや生垣にも利用できます。昔からジンチョウゲやセンリョウとともに坪庭でも活躍してきました。

    また、大気汚染にも強い樹木なので、車通りの多い場所にも植栽可能なのがうれしいです。

    ただし、まったく日が当たらない場所に植えると、枝だけが伸びかっこ悪い樹形になります。明るい半日陰に植えるのが理想です。

    ジンチョウゲの特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】

    センリョウ(千両)の特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】


    アオキの育て方・栽培のポイント

    アオキの新緑の葉っぱ
    • 植栽適地:北海道北部を除く日本全国
    • 生長スピード:★☆☆ 遅い
    • 日照:★☆☆ 半日陰~日陰
    • 土壌の質:壌土
    • 土壌の乾湿:★☆☆ 湿りがち~普通
    • 根の深さ:★★☆ 中間
    • 耐寒性:★★★ 強い
    • 耐暑性:★★☆ 普通
    • 耐陰性:★★★ 強い

    育て方のポイント!

    日陰~半日陰で、肥沃でやや湿り気のある場所に植えましょう!強い日光に当たると、葉焼けを起こします。

    しかし、日陰になるほど実つきが悪くなり、枝数も少なく、細長い樹形になります。逆に暖かく明るいほど、実つきがよく早く紅熟します。


    理想的な植え場所は?

    日差しが強い夏は日陰で、冬は日がよく差し込む落葉樹の下が理想的です。

    また常緑樹の下でも、下枝が高ければ同様の効果があります。


    実をつけるには雄木も必要

    アオキは雌雄異株です。

    実をつけるのは雌木ですが、実をつけさせるためには雄木の花粉が必要です。

    アオキは虫媒花なので、ハチなどが飛び交う距離にあればよいでしょう。葉がきれいな雄木を植えておくのが無難です。


    植栽適地

    北海道北部を除く日本全国で植栽が可能で、耐寒性・耐陰性が強い庭木です。


    植えつけ、移植(植え替え)

    植えつけ適期は、4~5月と9~10月です。

    日陰または半日陰で、腐植質に富み、保湿性のある場所に植えます。日なたで乾燥の激しい場所は避けましょう。

    植え穴は大きめに掘り、堆肥をよく混ぜてから高植えにすることがポイントです。植えつけ後は枝抜きをし、支柱を立てるのを忘れずに。


    水やり

    庭植えは夏季に晴天が続き、ひどく乾燥している場合を除き必要ありません。

    鉢植えは鉢土の表面が乾いたらたっぷり与え、冬季は控えめにしましょう。


    肥料

    基本的に肥料はあまり必要ありません。

    実をたくさんつけたい場合は、春と秋に鶏糞などを施します

    鉢植えは、油かすの玉肥と緩効性化成肥料を春と秋に施しましょう。


    増やし方

    挿し木・実生でふやします。


    挿し木のポイント

    挿し木のメリットは、親木と同じ性質を受け継ぐ樹木を作れることです。

    挿し木の適期は、6~8月(春の枝を使う)ごろです。

    さし穂には実がよくなる雌木を選びます。また、斑入り品種でも、斑がきれいに入っている部分を選ぶのがコツです。

    充実した元気の良い枝を選び、葉を数枚残し10cmくらいの長さに切り挿し穂を作ります。切り口は斜めにし、水を入れたコップに数時間つけ水あげします。これは発根を促す目的があります。

    植木鉢に鹿沼土を入れ、挿し穂を半分ぐらいの深さまでさします。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。


    実生のポイント

    実生(みしょう)とは、種子から苗木を育てることです。

    デメリットとして、同じ形質のものが出ない可能性があります。

    種まきは3月が適期。赤い果実の果肉をつぶして種を取り出し、水で果肉をよく洗い落とします。

    植木鉢に赤玉土を入れ種子をばらまき、その上に薄く土をかけます。その後、表面の土が流れないよう、乾いたら水やりをします。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。


    病害虫

    日当たりと風通しが悪いと病害虫が発生します。

    とくに注意したいのが「すす病」で、原因となるアブラムシ・アオキコナジラミ・カイガラムシ類の防除に努めましょう。

    また、屋根つきのベランダやガラス室などで鉢植え栽培する場合は、チャノホコリダニが発生しやすいです(新芽が茶色く萎縮)。晴天が続いたら、圧力をかけた葉水をかけ、被害が大きい場合は殺ダニ剤を散布しましょう。


    おすすめの殺虫剤・殺菌剤

    アオキ×剪定のポイント

    赤く色づき始めたアオキの果実
    • 適期:3~4月
    • 仕立て方:自然樹形

    剪定のポイント

    剪定適期は春(3~4月)に行いましょう

    遅れると夏に新芽が出ることになり、病害虫に侵されやすくなります。また、夏から秋に葉のないところで切ると、翌年の春まで葉が出ないので注意しましょう。

    あまり剪定の必要はありませんが、2年に1度の割合で必ず行うことが大切です。


    剪定の効果的なやり方

    アオキは日当たりで放任すると、ほとんどがほぼ半円の自然樹形になります。

    若木のうちは、株元からとび枝が出るので、樹形に合わせて切ります。大きくなりすぎたら(4~5年に1度)、地ぎわまで思い切って切り戻しましょう(強剪定)。どんなに太い枝を切っても、必ず不定芽が発生するので心配ありません。

    また、「すかし剪定」が効果的で、枝や葉っぱの混んでいる部分を間引く剪定をします。日陰に植えることが多いので、なるべく明るく見えるよう内部を透かしましょう。


    赤い実が見えるような剪定

    アオキの見所に赤い実があります。

    そこで、枝や葉っぱに隠れないように、株内部の太い枝を切るようにしましょう。おしゃれでかっこいい見た目になります。


    剪定について

    当社で対応できないお客さまは、「剪定110番」へ相談してみてください。日本全国対応してくれます。

    「1本あたり2,890円~」でプロによる庭や庭木の手入れ、高所など作業しにくい庭木の剪定に困っている方におすすめです。

    ≫実績多数!庭木一本からのご依頼も可能【剪定110番】


    アオキの主な種類・品種

    • サルフレア・マルギナータ:葉に黄色の模様
    • ピクチュラータ:葉の内側に大きな斑
    • スターダスト:葉に星のような模様
    • アンジェロン
    • ゴールデンキング
    • ステラ
    • シロミノアオキ:白い果実がなる
    • ヒメアオキ:枝が細く密生する
    • ホソバアオキ:細長い葉
    • 相模弁天:亀甲型の葉で斑入り
    • 黄覆輪くずれ:葉の縁に覆輪斑
    • 秀月:葉の内側に大きな斑
    • アオバナアオキ:緑色の花が咲く

    アオキの販売価格帯

    アオキの価格帯は¥1,000~12,000ぐらい(大きさによる)です。

    背の高さは0.3~1.0mほどで、小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして地植えに使うことをオススメします!

    ≫楽天で探す ≫Amazonで探す


    植え込みについて

    当社クローバーガーデンで管理できる埼玉県内にお住いの方は、植え込みも可能なのでご相談ください。

    埼玉県以外の方はご自分で植えるか、できればお近くの外構・造園業者に相談することをすすめます。

    草花と違い庭木は素人が植えると失敗することが多いので、特に初心者の方は業者に依頼し、その後の管理の仕方をアドバイスしてもらうといいでしょう!

    業者探しのコツは、こちらのページで詳しく解説しています。

    【外構一括見積もり】無料3サイトを徹底比較🤔【おすすめランキングを発表します】


    おすすめのアオキ3選

    初心者美人

    どんなアオキを選んだらいいのか、教えてください!

    それでは最後に、当社クローバーガーデンがオススメするアオキの苗木商品を紹介します!

    植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方もこっそり教えてもらいましょう。


    1.アオキ 1.2m

    ¥10,230(2020年05月02日時点の価格)
    オススメ度:5.0★★★★★

    大きさは1.2mほどのアオキで、低木樹ですが1本で大きく育てればシンボルツリーにも使えます。日当たりが悪い北側への植栽が可能で、寂しくなりがちな裏庭を明るい雰囲気にしてくれます。

    このアオキは「ガーデンタウンさん」の商品です。

    ≫このアオキについて楽天でもっと詳しく見る


    2.アオキ斑入り 1.2m

    ¥10,230(2020年05月02日時点の価格)
    オススメ度:5.0★★★★★

    葉っぱに模様が入る「斑入りアオキ」で、おしゃれで明るい雰囲気が魅力です。

    一年中葉を落とさない常緑樹なので、カラーリーフプランツとして鉢植えでも楽しめます。

    このアオキは「ガーデンタウンさん」の商品です。

    ≫このアオキについて楽天でもっと詳しく見る


    3.アオキ 生垣用10本セット

    ¥7,800(2020年05月02日時点の価格)
    オススメ度:4.0★★★★☆

    おしゃれな模様が入る斑入りアオキの商品で、生垣用の10本セットお買い得品です。

    カラーリーフプランツとして明るい雰囲気の庭にしてくれるので、日があまり当たらない暗い場所でも活躍してくれます。

    このアオキは「花と緑さん」の商品です。

    ≫このアオキについて楽天でもっと詳しく見る


    まとめ:アオキは庭木に最適!

    記事のポイントをまとめます。

    • アオキの特徴や育て方
    • 庭木におすすめな理由
    • おすすめアオキの値段

    以上の3つです。


    1年中つやつやした美しい葉を持つ常緑樹で、あまり日の当たらない日陰でも育つ丈夫な樹木です。苗木の販売価格帯は¥1,000~12,000ほど。葉に模様が入るおしゃれな品種もあり、初心者でも育てやすいあまり手間のかからない庭木です。

    当社クローバーガーデンも特にオススメする木なので、多くの人にアオキの魅力が伝わったらうれしいです★


    このページを読んだ人はこちらもオススメ!



    以上、アオキ(植物)の特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】…という話題でした。

    更新:2020年05月02日|公開:2008年11月24日



    RELATED


    ※ このサイトについて

    埼玉県で営業する「クローバーガーデン」が運営するサイトで、当社は「外構工事と庭づくり」専門業者です👷


    ⭐当社で対応できない方、あるいは対応エリア外の方に「外構業者をかんたんに探せるサービス」を3つご案内します。

    どれも無料で見積もり依頼ができ、上2つは相見積もり(3社以上)できる比較サイトです。この当社サイトで情報収集し、紹介サイトで業者探しすれば、貴重な時間とお金が節約できます。どうぞ活用してください♪


    工事内容

    新築外構の工事例51件庭ガーデンの工事例13件リフォームの工事例12件

    工事費・価格帯

    49万円以下【激安】50 ~ 99万円【安い】100 ~ 199万円200 ~ 299万円300万円以上【高級】

    デザイン・スタイル

    オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

    施工場所

    門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

    対応エリア【埼玉県限定】

    さいたま市全域西区北区大宮区見沼区中央区桜区浦和区南区緑区岩槻区

    川越市上尾市伊奈町蓮田市桶川市三芳町ふじみ野市富士見市|川島町、鶴ヶ島市、志木市、戸田市、狭山市、朝霞市、坂戸市、北本市

    施工アイテム

    塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガ石張り舗装カーポートウッドデッキフェンス角柱機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)|庭木の剪定、コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装、物置など

    シンボルツリー・庭木

    ソヨゴヤマボウシイロハモミジジューンベリー桂の木ハナミズキニオイシュロランオリーブの木シマトネリコヒメシャラシラカシ(白樫)アオダモエゴノキサルスベリドウダンツツジアセビクチナシブッドレア梅の木レモンの木ユーカリの木

    家庭果樹

    ブルーベリーブドウの木ラズベリーブラックベリーザクロ柿の木