アベリアの特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】

更新日:2020.04.21.

アベリアの植栽例・花・葉


悩む女性

アベリアってどんな木なの?庭木に選ぶか迷っているんだけど...あと育て方も教えて欲しい。


と疑問を抱えている人の「アベリアの悩みを解決」できる記事になっています。

なぜなら、アベリアの特徴と育て方を解説し、あなたの家に植える庭木としてぴったりかどうか分かるからです。

この記事のポイントは次の3つです。

  • アベリアの特徴や育て方
  • 庭木におすすめな理由
  • おすすめアベリアの値段

記事を読み終えると、アベリアの魅力が分かり、もう庭木として植えるかどうか迷わなくなっているはずです。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


アベリアの特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】

小さい花を咲かせるアベリア

アベリアは当社クローバーガーデンがおすすめする庭木です。

甘い香りのするかわいい花を咲かせ、生垣や寄せ植えに使える庭木として人気があります。苗木の販売価格帯は¥1,000~5,000ほど。コンパクトな斑入り種類が多く、グランドカバーにも使えるガーデニングに欠かせない低木です♪

ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり枯れる心配もあります...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

アベリアをあなたの家の庭木に選んでも間違いナシです



それでは、ひとつずつ解説していきます。


アベリアってどんな木なの?

アベリアに蜜を吸い来たアゲハ蝶

アベリアの概要

  • 分類:半常緑低木
  • 学名:Abelia x grandiflora
  • 別名:ハナツクバネウツギ、ハナゾノツクバネウツギ
  • 科名:スイカカズラ科
  • 属名:アベリア属
  • 原産地:北半球の温帯
  • 花言葉:優美、強運、謙譲

アベリアとは?

半常緑低木樹のアベリアは北半球の温帯が原産で、夏から秋にかけて長く花が楽しめる庭木です。

甘い香りがほのかに漂うのが魅力で、花色は白やピンクでかわいらしく、模様が入る斑入り品種がたくさん登場しています

日本へ渡来したのは大正時代で、よく使われるようになったのは1964年の東京オリンピック開催前後からです。

樹勢が強い樹木で、公園や街路の植え込みに欠かせない木のひとつです。一般家庭では「生垣やグランドカバー」によく利用されます。


名前の由来は?

19世紀にイギリス人の医者で植物学者クラーク・エーベル(Clarke Abel)の名前から「アベリア」とつけられました。

別名「ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)」は、アベリアのがく片が羽子板の羽に似ていることからです。


アベリアの花言葉は?

優美、強運、謙譲


アベリアの特徴

  • 樹高:0.5~2m
  • 葉張り(樹冠の横幅):2m
  • 花色:ピンク、白
  • 開花期:6〜10月
  • 用途:庭木、生垣、グランドカバー、寄せ植え

樹木の特徴

アベリアは樹高0.5~2mほどの半常緑低木で、6~10月に芳香のあるラッパ状の花を咲かせます。

地際からよく分枝し、株立ち状に全方向に枝を伸ばす庭木です。

性質がとても強健で、乾燥・強風・暑さ・寒さにも比較的強く、やせ地や半日陰にも耐えられます。

また大気汚染などの公害に強いので、街路樹や公園樹にも利用されています。強剪定に耐えることから、道路際に植えられることが多いです。


花の特徴

ピンク花を咲かせるアベリア

6〜10月の夏から晩秋にかけて、長い期間ずっと花を観賞できます。色は白とピンク。

ラッパ状の形をしたうつむいた光沢のある花を咲かせ、甘くただようほのかな香りも人気の理由です。

花の長さは1.5~2cmほど、枝の先や葉の腋(わき)に固まってたくさん咲き(円錐花序)、花の内側には斑紋(はんもん)=模様がありません。


がくの特徴

花が終わった後に、がく(萼)がプロペラのように広がって残ります。

このがく片が羽子板の羽に似ていることから、別名「ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)」という名前がつきました。

褐色のがく片にも観賞価値があり、晩秋から冬にかけてよく目立ちます。種子ができないのもアベリアの特徴です。


葉っぱの特徴

葉の色は濃い緑色をしています。

対生で長さは2~5cm。卵形~楕円形をしていて、大きめのギザギザ(鋸歯)があります。

半常緑性で、暖地では冬でも落葉しませんが、東北以北では落葉します。


斑入り品種が次々登場!

アベリアの人気の理由に、美しい模様の入る「斑入り品種」が豊富なことがあります。

ページ下部の「主な種類・品種」でリストアップしました。

主な人気種は「コンフェティ・ホープレイズ・ラディアンス・ラッキーロット」などです。どれを選べばいいのか難しいのがデメリットです...


果実の特徴

果実は結実しません。


庭木におすすめな理由

庭木として植えたアベリア

庭木としてアベリアを植えるメリットはたくさんあり、その中から5つを選んで解説します。


おすすめな理由5つ
  1. 庭木に使える半常緑低木
  2. ラッパ状の花を咲かせる
  3. 甘いほのかな香りがする
  4. 園芸品種が豊富
  5. 生垣や寄せ植えにぴったり

    それでは、ひとつずつ解説していきます。


    1.庭木に使える常緑低木樹

    樹形が美しいアベリア

    アベリアは、地植えや鉢植えにおすすめの庭木です。

    庭のアクセントとして使える低木で、アウトラインがこんもりしていてつなぎ役に使えます。どこで切ってもまた芽が出るので、庭木初心者でも育てやすい樹木です。病害虫もあまりありません。

    花がもちろん主役ですが、花が終わった後の褐色のがく片にも観賞価値があります。

    また、大きなシンボルツリーの足元へ「グランドカバー」として一緒に植えると、上品な名脇役として活躍してくれます。レンガ塀に合わせると、おしゃれな洋風ガーデンになります。


    2.ラッパ状の花を咲かせる

    うつむいた花が咲くアベリア

    アベリアは、ラッパ状でうつむいた美しい花を咲かせます。

    花期が長いのが魅力で、6〜10月の夏から晩秋にかけて、長い期間ずっと花が観賞できます。

    花色は白からピンク色と、かわいい小さい花をいっぱいつけるので女性にも喜ばれます。


    3.甘いほのかな香りがする

    アベリアの花には芳香があります。

    甘い香りが漂うので、近くでガーデニング作業をしていると幸せな気持ちになります。また道ゆく人にも香りが届くので、人にも元気を与える庭木です。

    塀に囲まれた敷地内でなく、フェンス越しや道路ぎわ(生垣として)にぜひ植えて欲しいです。


    4.園芸品種が豊富

    葉っぱに模様が入る斑入りアベリア

    アベリアには園芸品種が豊富で、やわらかい色合いの「斑入り品種」が特に人気があります。

    斑入り(ふいり)とは、葉っぱに模様が入ることで、葉っぱの内側と外側がちがった色になるのが特徴です。おしゃれでかっこいい見た目が喜ばれます。ページ下部の「主な種類・品種」でリストアップしました。

    人気があるのは、「コンフェッティ:白く覆輪する葉」「ホープレイズ:黄色く覆輪する葉」「ラッキーロット:斑入り」などで、どれも小型種なので狭い庭や鉢植えでも楽しめます。

    また淡い紅色の花を咲かせる「エドワード・ゴーチャー」など、赤花で淡いものから濃いものまでたくさんの品種が出回っています。


    5.生垣や寄せ植えにぴったり

    アベリアは、生垣や寄せ植えにぴったりの樹木です。

    刈り込みや大気汚染などの公害に強いので、昔から公園樹や街路樹などに重宝されてきました。一般家庭では生垣として使うのがおすすめで、道路ぎわにも植えられるのがうれしいです。

    また寄せ植えにするのもおすすめです。大きくなったアベリアを株分けして、他の草花と混ぜながら寄せ植えするのがいいでしょう。鉢植えの寄せ植えでも楽しめます。


    アベリアの育て方・栽培のポイント

    花をたくさんつけるアベリア
    • 植栽適地:東北南部以南の本州、九州、四国
    • 生長スピード:★★★ 速い
    • 日照:★★☆ 日なた~半日陰
    • 土壌の質:全般
    • 土壌の乾湿:★★☆ 普通
    • 根の深さ:★☆☆ 浅い
    • 耐寒性:★★☆ 普通
    • 耐暑性:★★☆ 普通
    • 耐陰性:★★☆ 普通

    育て方のポイント!

    性質が強健なので、庭木初心者でもかんたんに管理できます。

    乾燥・強風・暑さ・寒さにも比較的強く、やせ地や半日陰にも耐えられます。


    植栽適地

    東北南部以南の本州、九州、四国で植栽可能で、東北以北だと冬に落葉します。


    植えつけ、移植(植え替え)

    夏の暑い時期と厳寒期を除けばいつでも植えられます。あえて適期をあげるとすれば、3月中旬~4月と9~10月です

    日なた~半日陰で、水はけの良い場所に植えましょう。土質はあまり選びません。

    植え穴は大きめに掘り、堆肥をよく混ぜてから深植えにすることがポイントです。浅く植えると倒れる可能性があります。支柱を立てるのを忘れずに。


    水やり

    庭植えは夏季に晴天が続き、ひどく乾燥している場合を除き必要ありません。

    鉢植えは鉢土の表面が乾いたらたっぷり与え、冬季は控えめにしましょう。


    肥料

    庭植えは、普通の庭土であればあまり必要ありませんが、寒肥(2~3月頃)として緩効性化成肥料を1株当たりひと握り施すといいでしょう。

    鉢植えは、緩効性化成肥料を1株当たりひと握り、定期的に施しましょう。


    ふやし方

    挿し木・株分けでふやします。


    挿し木のポイント

    挿し木のメリットは、親木と同じ性質を受け継ぐ樹木を作れることです。

    挿し木の適期は、2~3月(前年の枝を使う)と6~8月(春の枝を使う ← こっちが簡単)ごろです。

    充実した元気の良い枝を選び、葉を数枚残し10cmくらいの長さに切り挿し穂を作ります。切り口は斜めにし、水を入れたコップに数時間つけ水あげします。これは発根を促す目的があります。

    植木鉢に鹿沼土を入れ、挿し穂を半分ぐらいの深さまでさします。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。

    鉢上げは、翌年の3~4月ごろが適期です。


    株分けのポイント

    株分けの適期は、常緑樹のアベリアは3~4月ごろです。

    小さな株の場合、株全体を掘り上げ、土をよくふるい落とします。2~3本を1株にするのが目安です。

    大きい株の場合、株分けする部分の周囲だけ掘り起こし、土をよくふるい落とします。ハサミやノコギリを使って親株から切り分けます。

    株分け後は水をたっぷり与えます。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。

    株分け後は土に植え、水をたっぷり与えます。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。株が落ちつくまでは、肥料を与えないことが大切です。


    病害虫

    アベリアに病害虫はほとんどありませんが、日当たりと風通しが悪いと病害虫が発生します。

    主な害虫は「アブラムシ・イラガ」、病気は「うどん粉病」などです。


    おすすめの殺虫剤・殺菌剤

    アベリア×剪定のポイント

    花とがく片が美しいアベリア
    • 適期:春と秋
    • 仕立て方:自然樹形

    剪定のポイント

    春か秋に強剪定して、自然樹形に整えます

    とくに「ハナツクバネウツギ」は大きくなるので、毎年の刈り込みが必要です。


    剪定の効果的なやり方

    萌芽力が強いため、刈り込むことによって形を整えます

    放任すると枝が暴れて雑然とし、見た目がカッコ悪いです。場所にあった剪定や刈り込みを行いましょう。

    大きくなってしまった株をコンパクトにするには、株元から強く出ている枝(ひこばえ)を切り取り、細くて繊細な枝を刈り込んで半円形に整えます。

    コンパクトにする刈り込みのコツは、樹冠よりも少し深めに枝を切ることです。


    園芸品種の選定はラク!

    一般的に園芸品種のアベリアは、比較的生長が遅いです。

    剪定は簡単にでき、枝が伸びすぎないうちにこまめに数回行うとよいでしょう。


    生垣や寄せ植えのコツ

    生垣や寄せ植えで大きくなりすぎた場合は、春に剪定を行いましょう

    何回か刈り込むと枝が密になりきれいになりますが、あまり刈り込み回数が多すぎると花が咲きません。


    剪定について

    当社で対応できないお客さまは、「剪定110番」へ相談してみてください。日本全国対応してくれます。

    「1本あたり2,890円~」でプロによる庭や庭木の手入れ、高所など作業しにくい庭木の剪定に困っている方におすすめです。

    ≫実績多数!庭木一本からのご依頼も可能【剪定110番】


    アベリアの主な種類・品種

    赤花(左)と斑入り(右)のアベリアの画像
    • ハナツクバネウツギ:大型で公園樹に使われる
    • エドワード・ゴーチャー:淡紅色の花が咲く小型種
    • コンフェッティ:斑入りの葉を持つ矮性種
    • ホープレイズ:斑入り葉で這う性質
    • タイワンツクバネウツギ:香りが強い
    • ルビーアニバーサリー:ルビー色の葉を持つ
    • ブロンズアニバーサリー:ブロンズ色の葉を持つ
    • サンライズ:斑入りのカラーリーフ
    • ジャックポット:斑入りのカラーリーフ
    • サンシャインデイドリーム:斑入りのカラーリーフ
    • フランシスメイスン:斑入りのカラーリーフ
    • ラッキーロット
    • カレイドスコープ
    • ラディアンス
    • レディーサマードリーム
    • レディーリバティー

    アベリアの販売価格帯

    アベリアの価格帯は¥1,000~5,000ぐらい(大きさによる)です。

    背の高さは0.3~1.5mほどで、小さい木は鉢植えに、大きい木は庭木として地植えに使うことをオススメします!

    ≫楽天で探す ≫Amazonで探す


    植え込みについて

    当社クローバーガーデンで管理できる埼玉県内にお住いの方は、植え込みも可能なのでご相談ください。

    埼玉県以外の方はご自分で植えるか、できればお近くの外構・造園業者に相談することをすすめます。

    草花と違い庭木は素人が植えると失敗することが多いので、特に初心者の方は業者に依頼し、その後の管理の仕方をアドバイスしてもらうといいでしょう!

    業者探しのコツは、こちらのページで詳しく解説しています。

    【外構一括見積もり】無料3サイトを徹底比較🤔【おすすめランキングを発表します】


    おすすめのアベリア3選

    初心者美人

    どんなアベリアを選んだらいいのか、教えてください!

    それでは最後に、当社クローバーガーデンがオススメするアベリアの苗木商品を紹介します!

    植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方もこっそり教えてもらいましょう。


    1.アベリア 1.0m

    ¥3,300(2020年04月21日時点の価格)
    オススメ度:5.0★★★★★

    庭に植えるのにちょうどいい大きさのアベリアで、大きさは1mほど。玄関前にシンボルツリー的に植えると、おしゃれに決まります!

    アベリアは乾燥・強風・暑さ・寒さにも比較的強く、やせ地や半日陰にも耐えられます。庭木初心者でも管理しやすい庭木です。

    このアベリアは「トオヤマグリーンさん」の商品です。

    ≫このアベリアについて楽天でもっと詳しく見る


    2.アベリア ホープレイズ 10株セット

    ¥5,980~7,680(2020年04月21日時点の価格)
    オススメ度:4.0★★★★☆

    葉っぱに模様が入る斑入り品種のアベリア「ホープレイズ」で、10本セットのお買い得品です。葉っぱの内側が緑色で、外側の縁が黄色くなるおしゃれなカラーリーフとして人気があります。

    10本セットなので生垣に使うのがおすすめです。アベリアは刈り込みや大気汚染に強いので、道路ぎわに植えても枯れにくい特徴があります。甘い香りが道ゆく人を幸せにしてくれますよ。

    このアベリアは「季の香さん」の商品です。

    ≫このアベリアについて楽天でもっと詳しく見る


    3.アベリア エドワードゴーチャ 10株セット

    ¥4,180~5,880(2020年04月21日時点の価格)
    オススメ度:4.0★★★★☆

    ピンク色の花が咲くアベリアの品種「エドワードゴーチャ」で、10本セットのお買い得品です。白色のアベリアと寄せ植えしても楽しめます。

    10本セットなので生垣に使うのがおすすめです。アベリアは刈り込みや大気汚染に強いので、道路ぎわに植えても枯れにくい特徴があります。

    このアベリアは「季の香さん」の商品です。

    ≫このアベリアについて楽天でもっと詳しく見る


    まとめ:アベリアは庭木に最適!

    記事のポイントをまとめます。

    • アベリアの特徴や育て方
    • 庭木におすすめな理由
    • おすすめアベリアの値段

    以上の3つです。


    甘い香りのするかわいい花を咲かせ、生垣や寄せ植えに使える庭木として人気があります。苗木の販売価格帯は¥1,000~5,000ほど。コンパクトな斑入り種類が多く、グランドカバーにも使えるガーデニングに欠かせない低木です♪

    当社クローバーガーデンも特にオススメする木なので、多くの人にアベリアの魅力が伝わったらうれしいです😊


    このページを読んだ人はこちらもオススメ!



    以上、アベリアの特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】…という話題でした。

    更新:2020年04月21日|公開:2008年10月23日

    現在の位置:ホーム > シンボルツリーの役割と選び方 > アベリア



    RELATED


    ※ このサイトについて

    埼玉県で営業する「クローバーガーデン」が運営するサイトで、当社は「外構工事と庭づくり」専門業者です👷


    ⭐当社で対応できない方、あるいは対応エリア外の方に「外構業者をかんたんに探せるサービス」を3つご案内します。

    どれも無料で見積もり依頼ができ、上2つは相見積もり(3社以上)できる比較サイトです。この当社サイトで情報収集し、紹介サイトで業者探しすれば、貴重な時間とお金が節約できます。どうぞ活用してください♪


    工事内容

    新築外構の工事例51件庭ガーデンの工事例13件リフォームの工事例12件

    工事費・価格帯

    49万円以下【激安】50 ~ 99万円【安い】100 ~ 199万円200 ~ 299万円300万円以上【高級】

    デザイン・スタイル

    オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

    施工場所

    門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

    対応エリア【埼玉県限定】

    さいたま市全域西区北区大宮区見沼区中央区桜区浦和区南区緑区岩槻区

    川越市上尾市伊奈町蓮田市桶川市三芳町ふじみ野市富士見市|川島町、鶴ヶ島市、志木市、戸田市、狭山市、朝霞市、坂戸市、北本市

    施工アイテム

    塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガ石張り舗装カーポートウッドデッキフェンス角柱機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)|庭木の剪定、コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装、物置など

    シンボルツリー・庭木

    ソヨゴヤマボウシイロハモミジジューンベリー桂の木ハナミズキニオイシュロランオリーブの木シマトネリコヒメシャラシラカシ(白樫)アオダモエゴノキサルスベリドウダンツツジアセビクチナシブッドレア梅の木レモンの木ユーカリの木

    家庭果樹

    ブルーベリーブドウの木ラズベリーブラックベリーザクロ柿の木