エゴノキってどんな木?🤔【シンボルツリーにおすすめな理由5つと育て方を解説】

更新日:2019.09.17.

エゴノキの白花・ピンク花・果実

悩む女性

エゴノキってどんな木なの?庭木に選ぶか迷っているんだけど...あと育て方も教えて欲しい。

と疑問を抱えている人の「エゴノキの悩みを解決」できる記事になっています。

なぜなら、エゴノキの特徴と育て方を解説し、あなたの家に植えるエゴノキとしてぴったりかどうか分かるからです。

この記事のポイントは次の3つです。

  • エゴノキの特徴や育て方を解説
  • シンボルツリーにおすすめな理由
  • おすすめエゴノキの値段

記事を読み終えると、エゴノキの魅力が分かり、もうシンボルツリーとして植えるかどうか迷わなくなっているはずです。

当社クローバーガーデンは外構と庭工事の専門会社です。年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


エゴノキってどんな木?🤔【シンボルツリーにおすすめな理由5つと育て方を解説】

エゴノキには白い可愛らしい花が咲く

エゴノキは当社クローバーガーデンがおすすめする庭木です。

初夏に咲かせる星型の白い花が魅力で、ナチュラルな庭に似合う庭木です。販売価格帯は¥10,000~25,000ほど。自然な風情を持つ雑木の中でも人気種で、病害虫も少なく育てやすい庭木です。

植えた後のお客様の評判もとても良く、満足度の高い庭木と言えます。

ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり元気が無くなったりします...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

エゴノキをあなたの家のシンボルツリーに選んでも間違いナシです



それでは、ひとつずつ解説していきます。


エゴノキってどんな木なの?

エゴノキとは?

落葉中高木のエゴノキは日本自生種で、北海道以外の日本の広い範囲で植栽可能の樹木です。

雑木林や川辺によく生える野趣の風情を持つ雑木で、自然な仕立てにして楽しむ人気の庭木です。

  • 分類:落葉中高木
  • 学名:Styrax japonicus
  • 漢字:野茉莉、斉墩果
  • 別名:チシャノキ、ロクロギ
  • 科名:エゴノキ科
  • 属名:エゴノキ属
  • 原産地:日本、朝鮮半島、中国
  • 花言葉:壮大

名前の由来

ヤマガラはエゴノキの種子が好き?

エゴノキの実をかじると「えぐい味」がするということで、エゴノキという名前がついたと言われています。

これは有毒の「サポニン」という物質で、昔は果実や根を川の中で潰し魚を麻痺させて穫る方法もありました。また実をつぶして石鹸として利用したり、硬い殻に包まれている種子はお手玉の中に入れて使われました。


欧米ではスノードロップツリー

エゴノキは白い花がうつむいて咲くため、欧米ではスノードロップツリーと呼ばれています。


エゴノキの花言葉は?

壮大


エゴノキの特徴

  • 樹高:4~10m
  • 葉張り(樹冠の横幅):2~5m
  • 花色:白、ピンク
  • 開花期:5〜6月
  • 果実色:白
  • 果実熟期:10月
  • 用途:シンボルツリー、庭木

樹木の特徴

エゴノキは樹高4~10mほどの落葉樹で、葉は互生し縁には細かい鋸歯(ギザギザ)があります。秋に黄葉しますが、あまりきれいではありません。

幹が太くならずに株立ちして、細い幹から枝を四方に伸ばし、自然な枝の流れになります。

樹皮は暗紫褐色で滑らかで美しいです。しかし老木になると樹皮が荒れてはがれます。


花の特徴

初夏の5~6月に白い星型の花を咲かせます

花は長さ3cmほどの花柄の先に、1~4個まとまって下垂して咲きます。花は5つに深く裂け、花径1.5~2cm程度です。


果実の特徴

花後の10月ごろに、白っぽい緑色の楕円形の果実がなります。

実は卵形で長さ1cmほど。熟すと果皮が割れ、中から種子は1つ出てきます。


シンボルツリーにおすすめな理由

シンボルツリーとしてエゴノキを植えるメリットはたくさんあり、その中から5つを選んで解説します。その前に、シンボルツリーについて簡単に説明します。


シンボルツリーとは?

シンボルツリーとは、これからあなたの家族になる樹木のことで、新築時に植えることが多いです。記念樹として長く付き合っていくパートナーになるので、大切に育てていきましょう!


おすすめな理由5つ
  1. シンボルツリーに使える落葉樹
  2. 垂れ下がって咲く白い花がかわいい
  3. 樹皮と葉の鑑賞価値が高い
  4. 園芸品種ピンクチャイムは狭い庭にオススメ
  5. 手間がかからず育てやすい


    1.シンボルツリーに使える落葉樹

    エゴノキはシンボルツリーとしておすすめの庭木です。

    当社クローバーガーデンではシンボルツリーとしてよく植え、お客様の満足度が高くクレームも少ない庭木です。

    和風洋風どちらの庭にも似合い、雑木のような雰囲気が出せるナチュラルガーデンにぴったりのシンボルツリーです。落葉樹林の山野によく見られ、雑木の中でも特に人気があります。


    デメリットは?

    エゴノキのデメリットは2つあります。

    1つ目は「葉が落ちる」ことですが、落葉期に全ての葉を落とすので、逆に掃除が楽になると考えましょう。

    2つ目は「樹皮がはがれる」ことで、特に老木では浅く縦に裂けてはがれます。自然現象なので決して枯れた訳ではありません。


    日陰を作るエゴノキ

    エゴノキのおすすめ植栽方法は、テラスやウッドデッキの近くに植えることです。

    エゴノキは枝を大きく四方に広げる性質があるので、夏の暑い日差しを遮る日陰を作ってくれます。冬には落葉するので、暖かい日差しがたっぷり当たります。

    また、芝生との相性が抜群で、樹高の高くなるエゴノキ1本あるだけで、おしゃれでかっこいいナチュラルガーデンが完成します。


    2.垂れ下がって咲く白い花がかわいい

    白い花を無数に咲かせるエゴノキ

    エゴノキ最大の魅力はかわいらしい白い花で、5〜6月に新梢の枝先に咲きます。

    直径2cmの白い星型の花が下垂して咲き、満開時はまるで白い星が降るような見た目が美しいです。

    以前、栃木県鬼怒川を旅行した時、突然目の前に満開のエゴノキが現れ、長い間時間も忘れ見とれた経験があります。誰もが圧倒されるほど、無数の花を咲かせるのがエゴノキの魅力です。


    3.樹皮と葉の鑑賞価値が高い

    エゴノキの花が目立ちますが、樹皮と葉もとてもきれいです。

    樹皮は暗褐色の滑らかで美しく、葉は小さく枝ぶりが繊細で観賞価値が高いため、昔から広く植えられています。


    4.園芸品種ピンクチャイムは狭い庭にオススメ

    ピンク色の花を咲かせる園芸品種ピンクチャイム

    ベニバナエゴノキの代表品種の園芸品種ピンクチャイムは、花が桃紅色(ピンク色)で庭木としてよく利用されます。

    大きさは普通のエゴノキの木よりも低く3~5mほどで、狭い庭に植えるシンボルツリーとしては使いやすいです。また、葉が小さくて日が差し込むので、足元にグランドカバー用に宿根草を植えるのもいいでしょう。

    ピンクチャイムは成長がやや遅く、基本的に剪定は必要ありません。主幹が曲がりやすいので、若木の間は支柱を立てましょう。


    5.手間がかからず育てやすい

    エゴノキは、手間のかからない初心者向けの庭木です。

    エゴノキは放任しても自然に樹形が整うので、広い庭に植えればあまり剪定は必要ありません。また、日本自生種なので、病害虫が少ない丈夫な庭木です。

    手つかずの自然を身近に感じられる樹形が魅力で、シンボルツリー初心者にもおすすめの庭木と言えます。


    エゴノキの育て方・栽培のポイント

    たくさんの花をつけるエゴノキ
    • 適地:本州、九州、四国
    • 生長スピード:★★★ 速い
    • 日照:★★★ 日なた
    • 土壌の質:全般
    • 土壌の乾湿:★★☆ 普通
    • 根の深さ:★★★ 深い
    • 耐寒性:★★★ 強い
    • 耐暑性:★★★ 強い
    • 耐陰性:★★☆ 普通

    植えつけ、移植

    エゴノキの植えつけは落葉期の11~4月(厳寒期の1~2月は除く)が適期です。

    直接風の当たらない半日陰に植えつけます。やや湿り気のある腐植質に富む土を好むので、乾燥気味の土壌では腐葉土などをすき込んで植えつけるとよいでしょう。


    水やり

    庭植えの場合は、晴天が続きひどく乾燥している場合を以外必要ありません。

    鉢植えの場合は、夏に乾燥させすぎると早く落葉して樹勢を弱め、枝先を枯らすことになるので、水切れをさせないように気をつけます。


    肥料

    エゴノキの特に園芸品種は、肥料切れや強い乾燥に合うと、次の年には花をびっしり咲かせます。しかし、花後に樹勢がひどく衰えるので注意が必要です。

    そこで花後に肥料を施し樹勢を弱めないように注意しましょう。N-P-K=10-10-10の緩行性化成肥料を施すのがコツです。


    ふやし方

    つぎ木か実生でふやします。


    つぎ木のポイント

    つぎ木のメリットは、親木と同じ性質を受け継ぐ樹木を作れることです。

    つぎ木を成功させるポイントは、できるだけつぎ穂(ふやしたい樹木)と近い種類の台木(だいぎ)を使うことです。台木には丈夫なもの(実生3~4年)を選びましょう。


    つぎ木の方法

    つぎ木の適期は2~3月です。

    つぎ木の方法は、つぎ穂(5~6cmに切る)と台木(根のついたもの)の形成層を密着させ、つぎ木専用テープで固定します。形成層同士を隙間なく密着させるのがポイントで、木を切るナイフの切れ味が活着の良し悪しを決定します。

    つぎ木後は半日陰に置き、水やりをしながら育てます。うまく活着したらテープを取り外し、つぎ穂の芽を1つ残し、その他の芽(台木とつぎ穂の両方)は切ってしまいます。支柱を立てて補助しておくと、活着部分が折れる心配がありません。


    実生のポイント

    実生(みしょう)とは、種子から苗木を育てることです。

    まず11月によく熟したタネを取ります。鉢に鹿沼土を入れて平らにならし、均等にタネをまき、上から土を軽くかけておきます。タネが流れないように注意しながら水を与え、日陰で管理しましょう。翌春には発芽します。


    病害虫

    病害虫予防として、風通しと日当たりの良い場所に植えれば、病害虫の被害は最小限になります

    エゴノキは比較的病害虫は少ないですが、、カイガラムシがついたりカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)が入ることがあります。

    また、枝先に緑白色のハスの花のようなものがつくことがあり、これは「エゴノネコアシ」と呼ばれるアブラムシの虫こぶなので、見つけしだい薬剤で防除し手入れしましょう。


    おすすめの殺虫剤・殺菌剤

    エゴノキの剪定のポイント

    • 適期:1~2月(落葉期)
    • 仕立て方:自然樹形

    基本の剪定

    エゴノキの剪定は落葉期が適しています

    エゴノキは雑木風の自然な樹姿がよく、強い剪定はなるべく避けましょう。そのため、込みすぎたり大きくなって邪魔な枝の間引き程度の整枝法にします。

    成長が良く伸びすぎて剪定が必要な場合は、その枝をなるべく元のほうで抜くように切ります。枝立ち仕立ての場合は、からみ枝を切り主幹に対してほうき上になるように整枝するとよいでしょう。


    エゴノキの主な種類・品種

    白い花を咲かせるエゴノキ
    • ピンクチャイム:花がピンク色
    • シダレエゴノキ:枝が美しく垂れ下がる
    • エメラルドパゴダ:花が大きく葉に光沢がある
    • アメリカエゴノキ:小花の花弁が反転する
    • 一才エゴノキ:花をよくつける矮性種

    エゴノキの販売価格帯

    エゴノキの価格帯は¥10,000~25,000ぐらい(大きさによる)です。背の高さは1~2.5mほどで、小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして使うことをオススメします!

    ≫楽天で購入する≫アマゾンで購入する


    植え込みについて

    当社クローバーガーデンで管理できる埼玉県内にお住いの方は、「植え込みのみも可能」なのでご相談ください。
    埼玉県以外の方はご自分で植えるか、できればお近くの外構・造園業者に相談することをすすめます。

    草花と違い庭木は素人が植えると失敗することが多いので、特に初心者の方は業者に依頼し、その後の管理の仕方をアドバイスしてもらうといいでしょう!


    おすすめのエゴノキ3選

    初心者美人

    どんなエゴノキを選んだらいいのか、教えてください!

    それでは最後に、当社クローバーガーデンがオススメするエゴノキの商品を紹介します!

    植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方もこっそり教えてもらいましょう。


    1.エゴノキ(ピンクチャイム)株立ち2.5m

    価格:¥23,800(2019年09月17日時点の楽天の価格)
    評価:5.0

    庭に植えるのに最も使いやすい大きさの株立ちエゴノキで、品種はピンク色の花を咲かせるピンクチャイムです。生長が遅く手間がかからないので、狭い場所に植えられるのが魅力です。玄関前のシンボルツリーとして使うとおしゃれに決まりますよ!

    ≫このエゴノキについてもっと詳しく見る


    2.エゴノキ株立ち2m

    価格:¥14,904(2019年09月17日時点の楽天の価格)
    評価:4.5

    白い花を咲かせる株立ち種のエゴノキです。最も使いやすい普通種なので、玄関前やアプローチ、庭などに植えましょう。

    ≫このエゴノキについてもっと詳しく見る


    3.エゴノキ(ピンクチャイム)

    価格:¥2,700(2019年09月17日時点の楽天の価格)
    評価:4.0

    鉢植えに使いやすい大きさのエゴノキで、品種はピンク色の花を咲かせるピンクチャイムです。

    ≫このエゴノキについてもっと詳しく見る


    まとめ:エゴノキは庭木に最適!

    記事のポイントをまとめます。

    • エゴノキの特徴や育て方を解説
    • シンボルツリーにおすすめな理由
    • おすすめエゴノキの値段

    以上の3つです。


    初夏に咲かせる星型の白い花が魅力で、ナチュラルな庭に似合う庭木です。販売価格帯は¥10,000~25,000ほど。庭木初心者でも育てやすい、あまり手間のかからない庭木です。

    当社クローバーガーデンも特にオススメする木なので、多くの人にエゴノキの魅力が伝わったらうれしいです★


    このページを読んだ人はこちらもオススメ!



    以上、エゴノキってどんな木?🤔【シンボルツリーにおすすめな理由5つと育て方を解説】…という話題でした。

    更新:2019年09月17日|公開:2015年10月20日


    現在の位置:ホーム > シンボルツリーの役割と選び方 > エゴノキ


    RELATED



    ※ このサイトについて

    埼玉県で営業する「クローバーガーデン」が運営するサイトで、当社は「外構工事と庭づくり」専門業者です


    工事内容

    新築外構の工事例45件庭ガーデンの工事例10件リフォームの工事例10件

    工事費・価格帯

    49万円以下50 ~ 99万円100 ~ 199万円200 ~ 299万円300万円以上

    デザイン・スタイル

    オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

    施工場所

    門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

    対応エリア

    埼玉県さいたま市埼玉県さいたま市西区埼玉県さいたま市北区埼玉県さいたま市大宮区埼玉県さいたま市見沼区埼玉県さいたま市中央区埼玉県さいたま市桜区埼玉県さいたま市浦和区埼玉県さいたま市南区埼玉県さいたま市緑区埼玉県さいたま市岩槻区埼玉県川越市埼玉県上尾市埼玉県伊奈町埼玉県蓮田市埼玉県桶川市埼玉県三芳町埼玉県ふじみ野市|川島町、富士見市、鶴ヶ島市、志木市、戸田市、狭山市、朝霞市、坂戸市、北本市

    施工アイテム

    塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガカーポートウッドデッキフェンス機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)|石張り、庭木の剪定、コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装、物置など