エゴノキの特徴と育て方【シンボルツリーにおすすめの庭木です】

更新日:2019.03.21.

人気シンボルツリーのエゴノキ
悩む美人

エゴノキってどんな木なの?庭木に選ぶか迷っているんだけど...あと育て方も教えて欲しい。

と疑問を抱えている人の「エゴノキの悩みを解決」できる記事になっています。

なぜなら、エゴノキの特徴と育て方を解説し、あなたの家に植えるエゴノキとしてぴったりかどうか分かるからです。

この記事のポイントは次の2つです。

  • エゴノキの特徴や育て方が分かる
  • シンボルツリーとして魅力的なポイント

記事を読み終えると、エゴノキの魅力が分かり、もうシンボルツリーとして植えるかどうか迷わなくなっているはずです。

当社クローバーガーデンは外構と庭工事の専門会社です。年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行なっています


エゴノキの特徴と育て方【シンボルツリーにおすすめの庭木です】

エゴノキは当社クローバーガーデンがおすすめする庭木です。

エゴノキ最大の魅力は、初夏に枝いっぱいに白い星型の花を咲かせることです。自然な風情を持つ雑木の中でも人気種で、病害虫も少なく育てやすい庭木です。

植えた後のお客様の評判もとても良く、満足度の高い庭木と言えます。

ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり元気が無くなったりします...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

エゴノキをあなたの家のシンボルツリーに選んでも間違いナシです



それでは、ひとつずつ解説していきます。


エゴノキの概要

  • 分類:落葉中高木
  • 学名:Styrax japonicus
  • 科名:エゴノキ科
  • 属名:エゴノキ属
  • 原産地:日本、朝鮮半島、中国
  • 花言葉:壮大

名前の由来

エゴノキの実をかじると「えぐい味」がするということで、エゴノキという名前がついたと言われています。

これは有毒の「サポニン」という物質で、昔は果実や根を川の中で潰し魚を麻痺させて穫る方法もありました。また実をつぶして石鹸として利用したり、硬い殻に包まれている種子はお手玉の中に入れて使われました。


エゴノキの特徴

  • 樹高:4~10m
  • 葉張り(樹冠の横幅):2~5m
  • 花色:白、ピンク
  • 開花期:5〜6月
  • 果実色:白
  • 果実熟期:6〜7月
  • 用途:シンボルツリー、庭木

欧米ではスノードロップツリー

エゴノキは白い花がうつむいて咲くため、欧米ではスノードロップツリーと呼ばれています。


エゴノキは落葉樹林の山野に見られる。花は白く、5月~6月に新梢の枝先、葉腋、1~6輪垂れ下がって咲く。暗褐色の樹皮は滑らかで美しい。葉も小さく枝ぶりが繊細で観賞価値が高いため、広く利用されている。


シンボルツリーとして魅力的なポイント

シンボルツリーとしてエゴノキを植えるメリットたくさんあり、その中から7つを選んで解説します。

おすすめな理由7コ
  1. シンボルツリーに使える落葉高木樹
  2. 垂れ下がって咲く白い花がかわいい
  3. 樹高は4~7mと日陰や目隠しに使える
  4. 暗褐色の樹皮は滑らかで美しい
  5. 葉が小さく枝ぶりが繊細で観賞価値が高い
  6. 雑木風の自然な樹姿がかっこいい!
  7. 園芸品種ピンクチャイムは狭い庭にオススメ

    それでは、ひとつずつ解説していきます。


    7.園芸品種ピンクチャイムは狭い庭にオススメ

    ピンク色の花を咲かせる園芸品種ピンクチャイム

    園芸品種ピンクチャイムは、花が桃紅色(ピンク色)で庭木としてよく利用されます。

    大きさは普通のエゴノキの木よりも低く3~5mほどで、狭い庭に植える木としては使いやすいです。白い花を咲かせる普通種と一緒に植えるのもおすすめ!


    育て方・栽培のポイント

    白い花を咲かせるエゴノキ
    • 適地:本州、九州、四国
    • 成長スピード:速い
    • 日照:日なた
    • 土壌の質:全般
    • 土壌の乾湿:中間
    • 根の深さ:深い

    植えつけ、移植

    エゴノキの植えつけは落葉期の11~4月(厳寒期の1~2月は除く)が適期である。直接風の当たらない半日陰に植えつける。やや湿り気のある腐植質に富む土を好むので、乾燥気味の土壌では腐葉土などをすき込んで植えつけるとよい。「ピンクチャイム」は成長がやや遅く、主幹が曲がりやすいので若木の間は支柱を立てておく。


    基本の剪定

    エゴノキは雑木風の自然な樹姿がよく、強い剪定はなるべく避けて、込みすぎたり大きくなって邪魔な枝の間引き程度の整枝法がよい。剪定は落葉期に行う。成長が良く伸びすぎて剪定せざるをえない場合は、その枝をなるべく元のほうで抜くように切る。枝立ち仕立てで利用されることも多いが、からみ枝を切り主幹に対してほうき上になるように整枝するとよい。


    水やり

    エゴノキの庭植えは晴天が続きひどく乾燥している場合を除き必要ない。鉢植えは夏に乾燥させすぎると早く落葉して樹勢を弱め、枝先を枯らすことになるので水切れをさせないように気をつける。



    エゴノキには白い可愛らしい花が咲く

    たくさんの花をつけるエゴノキ

    肥料

    エゴノキの特に園芸品種は若木から花つきがよいので、花後に肥料を施し樹勢を弱めないように注意する。N-P-K=10-10-10の緩行性化成肥料を施す。


    ふやし方

    エゴノキはタネをとりまきするか、挿し木、つぎ木で増やす。テネはビートモス、鹿沼土などをまき床にしてまくと翌春発芽する。園芸品種はつぎ木か挿し木でふやされる。挿し木は前年枝を長さ15cmぐらいにカットし鹿沼土などにさす。


    病害虫

    エゴノキには比較的病害虫は少ないが、カイガラムシがついたりカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)が入ることがある。枝先に緑白色のハスの花のようなものがつくことがあるが、これはエゴノネコアシと呼ばれるアブラムシの虫こぶなので、見つけしだい薬剤で防除し手入れする。

    ヤマガラはエゴノキの種子が好き?

    主な種類・品種

    • ピンクチャイム:花がピンク色
    • シダレエゴノキ:枝が美しく垂れ下がる
    • エメラルドパゴダ:花が大きく葉に光沢がある
    • アメリカエゴノキ:小花の花弁が反転する
    • 一才エゴノキ:花をよくつける矮性種


    RELATED