アセビの木は花や枝ぶりが美しい庭木🌳【育て方と剪定のコツも解説します】

【更新日】2022.01.10.


悩む夫婦

アセビを庭木として植えるかどうか悩んでいます😔

庭木に選ぶメリットには、どんなものがありますか?植えた後の、剪定方法や育て方も教えてください。


こんな人に向けて書きました。

ポイントは次の3つです。

  • アセビの木とは?
  • 庭木におすすめな理由5つ
  • 通販で買えるおすすめアセビの木3種類

記事を読み終えると、アセビが庭木としてどんな魅力があるか分かり、もう庭木に選ぶかどうか迷わなくなっているでしょう😊


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


アセビの木は花や枝ぶりが美しい庭木🌳【育て方と剪定のコツも解説します】

アセビの木をまとめた画像

アセビの木は常緑の低木で、背の低いシンボルツリーとして人気です。

しかし「アセビってどんな花が咲くの?」「毒性があるって本当なの?」「枝ものは室内のインテリアに飾れるの?」「狭い庭の地植えにも適しているの?」「枯れるのを防ぐ剪定方法や育て方は?」などとすごく悩むでしょう。

そこでこの記事では、アセビの魅力・育て方・剪定方法や、庭木におすすめな理由5つを解説します。魅力はかわいい花だけでなく、濃い緑色の葉っぱや趣のある枝ぶりにもおしゃれです。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


アセビってどんな木なの?


ここでのポイントは3つ
  • アセビってどんな木なの?
  • 名前の由来は?
  • 花言葉はなに?

アセビってどんな木なの?

アセビとは日本の山に自生する常緑低木樹で、「万葉集」にもアセビの名前が使われるほど、古来から日本人に親しまれている庭木です。

高さ1~3mほどでコンパクトに維持でき、庭のワンポイントとしてシンボルツリーにも使えます。

  • 分類:常緑低木
  • 樹高:1~3m
  • 学名:Pieris japonica
  • 漢字:馬酔木
  • 別名:アシビ、アセボ、アセミ
  • 科名:ツツジ科
  • 属名:アセビ属
  • 原産地:東アジア、日本
  • 花言葉:犠牲、二人で旅をしよう、清純な心

名前の由来は?

ふむふむ、なるほどね...

花や葉は有害で、馬が食べると酔うことから「馬酔木」と書きます。強い毒を持っているので、うっかり口にしないように注意しましょう。

また、「シシ(鹿)クワズ」とも呼ばれ、奈良公園では鹿の食害にあわないので、アセビがたくさん生育しています。


花言葉はなに?

「犠牲」「二人で旅をしよう」「清純な心」など良い意味があります。


【5つ】庭木やシンボルツリーにおすすめな理由

ここからは、庭工事歴20年以上の現役プロが、アセビの魅力をたっぷり解説していきます。


おすすめな理由5つ
  1. 【低木シンボルツリーにおすすめ】背の低い目隠し
  2. 【かわいい花が咲く】開花時期+花が咲かないときは?
  3. 【枝ぶりや葉が美しい】鑑賞期間が長く1年中楽しめる
  4. 【切り花に使える】インテリアに飾るとおしゃれ!
  5. 【手入れが楽】日本原産なので日本の気候風土に合う

アセビは低木で管理しやすい庭木です。

低く育てられるので、小さめのシンボルツリーを探している人におすすめです。


1.【低木シンボルツリーにおすすめ】背の低い目隠し

大人気の低木庭木アセビ

アセビは背の低いシンボルツリーとしても使える庭木です。

低木樹でこんもりとした樹形となり、庭にワンポイントとして植えると、名脇役として演じてくれます。常緑樹なので、目隠し目的でも利用可能です

  • 花色:白、赤、ピンク
  • 開花期:3〜4月
  • 果実色:褐色
  • 果実熟期:10月
  • 用途:シンボルツリー、庭木、鉢植え

高さ1~3mぐらいで、新芽や葉も美しく、観賞期間が長い庭木です。葉は単葉で互生し、皮質・鋸歯縁があり、短い葉柄をしています。


和洋どちらの庭にも合う

ピンク花が咲くアセビの品種

アセビは、あなたの家が和風でも洋風でも合わせられます

和風の庭では昔から重宝されてきた庭木で、明るい花を咲かせることから最近では洋風住宅にも植えられるようになりました。

白い花が咲く品種は和風庭園に、赤い花が咲く品種は洋風の庭におすすめです。


2.【かわいい花が咲く】開花時期+花が咲かないときは?

白い花を咲かせるアセビ

ここでのポイントは3つ
  • かわいい花をたくさん咲かせる
  • 花が咲かないときの対処法は?
  • ピンク花や斑入りの品種もある

かわいい花をたくさん咲かせる

早春の3~4月、スズランに似たつぼ型の小花(蕾)が枝先にまとまって咲きます

花色は白・赤・ピンクがあり、長さは約7mm、頂生の円錐花序について下垂します。多数の園芸品種が栽培されていて、選ぶのが難しいほどです。

強い剪定をすると花の数が少なくなるので、注意しましょう。


花が咲かないときの対処法は?

アセビの垂れ下がった美しい花

剪定で注意して欲しいのは、花芽をまちがって切ってしまうことです。

アセビは、今年伸びた枝の先にできる芽(頂芽)が花芽になります。それが翌年の春に開花するので、花芽を見つけたらなるべく残しながら剪定してください。

また、植えたばかりのアセビだと花が咲かない場合もあるので、気長に数年様子を見ましょう。それと、基本的な育て方を実践してみてください(あとでまとめて解説)。


ピンク花や斑入りの品種もある

ピンク色の花を咲かせる園芸品種のアセビ

明るい雰囲気の斑入りアセビ

現在アセビには、さまざまな園芸品種があります。

花色が淡紅色の「アケボノアセビ」、新葉が鮮紅色の「ヒマラヤアセビ」、「リュウキュウアセビ」などの品種が人気です。

また、斑入りの模様が入るアセビもあり、明るい雰囲気をつくってくれるメリットがあります。


3.【枝ぶりや葉が美しい】鑑賞期間が長く1年中楽しめる

アセビの新葉は赤い

アセビの魅力は花ですが、葉や枝にも鑑賞価値があります。

新緑の時期には濃い緑色の葉が美しく、涼しげな雰囲気をつくるのがメリットです。

風情ある枝ぶりのアセビ

また、素朴で趣のある枝ぶりが山の雰囲気を感じさせ、岩と水を組み合わせるのもおしゃれです。ロックガーデンやウォーターガーデンにもよく使われます。


4.【切り花に使える】インテリアに飾るとおしゃれ!

室内のインテリアに飾ったアセビ

野趣あふれるアセビの木は、切り花(枝もの)にして室内に飾る人も多いです。

いちばんのメリットは常緑樹なので、1年中葉っぱのついた枝が楽しめること!ただし枝と葉は長持ちしますが、花はあまり長持ちしません。

花瓶に入れて、風通しの良い涼しい場所に置いてあげてください。販売されている値段は1,000円ぐらいからで、どんな時期でも出回っています。


5.【手入れが楽】日本原産なので日本の気候風土に合う

かわいい白い花を咲かせるアセビ

アセビは日本に自生する樹木で、日本の気候風土によく合っています。

生長が緩やかで手間がかからず、樹形もあまり乱れず、日陰にも強いのが魅力の庭木です。大きくなっても樹高3mほどなので、狭い庭にも植えられます。


【剪定の仕方】いつが最適時期?+花芽を切らないように


ここでのポイントは5つ
  • 最適な剪定時期はいつ?
  • 秋は花芽を切らないように剪定する
  • じょうずに剪定するコツ!
  • 花がらはこまめに整理する
  • 剪定だけしてくれる業者ってあるの?

最適な剪定時期はいつ?

剪定の基本は以下です。

  • 適期:5~6月、11~12月
  • 仕立て方:自然樹形

剪定は強くやらないこと。小枝を密生させて自然に樹形を整えるので、あまり手はかからない庭木です。


秋は花芽を切らないように剪定する

花芽は花後すぐにその年伸びた新梢の先端に作られるので、剪定は花の終わった直後(5~6月)に行います。

枝葉を透かして美しい自然樹形にするのが目的で、樹高を抑え樹冠を整える剪定がおすすめです。

秋の剪定は花芽を切らないようにするのが大事で、切ってしまうと翌年の花が咲かなくなります。


じょうずに剪定するコツ!

つぼ形の花を咲かせるアセビ

剪定のコツは、樹冠から飛び出した枝や、内部の込み入った細枝を間引くことです。株内部は枯れ枝が出やすく、放っておくと風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。

アセビは同じ場所から枝が5~6本伸びるのが特徴で、太い枝は樹形を乱す原因になるので間引き、枝の太さや長さをそろえるのがポイントです。

また、地ぎわからは、勢いよくひこばえ(根元から生えてくる若芽)が出ます。ひこばえは養分を奪ってしまうので、見つけ次第切り取りましょう。


花がらはこまめに整理する

花がらとは、しおれた花のことです。その花がらを整理することを「花がら摘み」と呼び、アセビには必要な作業です。

花がらを残したままにすると、結実して樹勢が衰え、花つきが悪くなります。花がらと一緒に、その下の葉も切り取りましょう。


剪定だけしてくれる業者ってあるの?

庭木の手入れ・剪定をしてくれる専門業者で、日本全国で対応してくれます。

たとえば以下が庭木の料金相場です。

  • ヤマボウシ:2,800円 ~
  • モミジ:3,000円 ~
  • コニファー:3,000円 ~
  • ハナミズキ:3,400円 ~
  • シマトネリコ:3,700円 ~

どんな庭木も剪定してくれ、たった1本でも対応してくれるのがすごいです!無料で現地調査が依頼できるので、庭木で困っていたら相談してみてください。



【育て方-園芸品種パッションも一緒】挿し木のコツも解説


ここでのポイントは6つ
  • 知っておくべきアセビの基本情報
  • 植付け・移植(植え替え)
  • 水やりのコツ
  • 肥料のじょうずなやり方
  • 増やし方(挿し木・実生)
  • 病気・害虫の対策と薬剤

知っておくべきアセビの基本情報

  • 植栽適地:本州、九州、四国
  • 成長速度:★☆☆ 遅い
  • 日照:★★☆ 日なた~半日陰
  • 土壌の質:壌土
  • 土壌の乾湿:★☆☆ 乾燥~中間
  • 根の深さ:★★★ 深い
  • 耐寒性:★★★ 強い
  • 耐陰性:★★☆ やや強い

アセビは日陰に強く、生長が緩やかな庭木です。

乾燥していても、水切れにならない場所が栽培に適します。一度根づけば、日当たりの悪い半日陰でも十分生育する丈夫な樹木です。ただ日なたに植えた方が、花つきがよくなります。


植えつけ、移植(植え替え)

植えつけ適期は、春と秋です。真夏と厳寒期は避けましょう。

半日陰を最も好む樹木で、肥沃な黒土に植えつけましょう。根が細い性質があるので、根の扱いには注意し高めに植えつけるのがコツです。

日なたでは植えつけ後、ピートモスか腐葉土でマルチングをして乾燥を防ぎましょう。


水やりのコツ

庭植えは夏に晴天が続き、乾きすぎる場合は水を与える程度に。

鉢植えは6~9月までたっぷり水を与えましょう。


肥料のじょうずなやり方

2月に油かすと粒状化成肥料を施します。ただ肥沃な土壌では、基本的に肥料は必要ありません。


増やし方(挿し木・実生)

挿し木か実生でふやします。


挿し木のポイント

挿し木の適期は7月ごろです。

春に伸びた新梢から勢いのあるものを選び、葉を数枚残し10cmくらいの長さに切り挿し穂を作ります。切り口は斜めにし、水を入れたコップに数時間つけ水あげします。これは発根を促す目的があります。

植木鉢に鹿沼土を入れ、挿し穂を半分ぐらいの深さまでさします。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。


実生のポイント

アセビの茶色い実

実生(みしょう)とは、種子から苗木を育てることです。

10月に種をとり、翌年の3月ごろに種をまきます。種が細かいので注意しましょう。

アセビは好光性植物なので、土はかけずに管理します。植木鉢を直接水で浸して、鉢底(底面)から給水させる「腰水」をすると失敗しません。


病気・害虫の対策と薬剤

風通しが悪いと病害虫が発生しやすくなります。

株根元にカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)やボクトウガの幼虫が発生したり、葉にグンバイムシやハマキムシが発生することがあります。薬剤を散布して防除しましょう


おすすめの殺虫剤

【おすすめ3種類】通販で買えるアセビの木


悩む女性

どんなアセビの木を選んだらいいのか、まったくわからない...おすすめを教えてください!


それでは最後に、通販で買えるおすすめアセビの木の苗木商品を紹介します!

値段相場は¥2,000~30,000ぐらい(大きさによる)です。小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして地植えにしましょう。

また、普通種以外の種類は以下です。

  • パッション:紅色の花
  • アカバナアセビ:紅色の花
  • ベニバナアセビ:淡紅色の花
  • スプリングベル:ピンク色の花
  • ヒマラヤアセビ:新葉が鮮紅色の品種
  • リュウキュウアセビ:新葉が鮮紅色の品種
  • 5色アセビ:新梢が赤色~黄紅色となる品種
  • クリスマスチアー:赤花で多く花を咲かせる品種
  • フレーミングシルバー:葉に白斑が入る品種

植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方も、こっそり教えてもらいましょう。


1.アセビ白花

価格:~¥30,000
樹高:~1.5m
おすすめ度:5.0★★★★★

アセビといえばやっぱり白花!清楚でかわいらしい花が魅力です。

常緑の低木なので、狭い庭に植えても邪魔になりません。小さめのシンボルツリーとして植えてもいいでしょう。

≫楽天で白花アセビを見てみる


2.アセビ赤花

価格:~¥5,000
樹高:~1.0m
おすすめ度:4.0★★★★☆

華やかな雰囲気にしたいなら、赤花のアセビがおすすめです(洋風にも合う)。

赤花にはたくさんの園芸品種があり、新しい品種には「パッション」があります。「クリスマスチェアー」も人気です

≫楽天で赤花アセビを見てみる


3.斑入りアセビ

価格:~¥3,000
樹高:~0.5m
おすすめ度:4.0★★★★☆

緑色の葉っぱに白い模様の入る「斑入りアセビ」の品種です。白花と赤花品種の両方があります。

明るい雰囲気が出せるので、鉢植えにし観葉植物的に室内でも育てられるのがメリットです。

≫楽天で斑入りアセビを見てみる


それでは最後に、「無料で評判の良い庭業者の探し方」を紹介して終わりにします。


【無料】評判の良い庭業者のかんたんな探し方

どうやったら素敵な庭がつくれるかな...?

興奮する夫婦

庭木のあるおしゃれなガーデンをつくって欲しいです。

もし評判の良い業者の探し方があるなら、ぜひ教えてください!


そんなあなたに工事業者をかんたんに探せる「無料一括見積もりサイト」を紹介します。このサービスをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 無料で見積り依頼できる
  • 近くの評判の良い業者が探せる
  • 1社だけでなく数社見積もりできる

無料で相見積もりできるのが最大のメリットで、適正な工事価格がわかり、依頼した業者の工事が適正かどうか比較検討できます

このサービスを使えば「時間とお金の節約になる」ので、興味のある方はぜひ利用してみてください⏬


まとめ【アセビは庭木におすすめ!】

記事のポイントをまとめます。

  • アセビの木とは?
  • 庭木におすすめな理由5つ
  • 通販で買えるおすすめアセビの木3種類

以上の3つです。


この記事では、アセビの特徴や育て方(剪定・鉢植えなど)、庭木におすすめの品種も紹介しました。いかがだったでしょうか?

アセビは手間のかからない低木で、小さいシンボルツリーとしても人気です。常緑樹なので1年中葉っぱを落とさず、背の低い目隠しにも利用できます。


アセビの枝ぶりは、野趣があふれていておしゃれです。

花瓶に挿して室内に飾れば、ワンランク上にインテリアに変身しますよ!



すぐ下の関連ページで「おすすめの低木・おすすめの常緑樹・ドウダンツツジ」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はぜひご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、アセビの木は花や枝ぶりが美しい庭木🌳【育て方と剪定のコツも解説します】…という話題でした。

更新:2022年01月10日|公開:2021年12月18日


【現在の位置】ホーム > 庭木 > アセビの木



※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間 勇
2級建築士・2級建築施工管理技士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構と庭の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

≫信頼できる情報発信に向けての取り組み