アジサイの魅力と地植えでの育て方🌳【庭に植えてはいけない理由ってあるの?】

【更新日】2022.01.11.


悩む夫婦

アジサイを庭木として植えるかどうか悩んでいます😔

庭木に選ぶメリットには、どんなものがありますか?植えた後の、剪定方法や育て方も教えてください。


こんな人に向けて書きました。

ポイントは次の3つです。

  • アジサイの木とは?
  • 庭木におすすめな理由5つ
  • 通販で買えるおすすめアジサイ3種類

記事を読み終えると、アジサイが庭木としてどんな魅力があるか分かり、もう庭木に選ぶかどうか迷わなくなっているでしょう😊


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


アジサイの魅力と地植えでの育て方🌳【庭に植えてはいけない理由ってあるの?】

アジサイをまとめた画像

アジサイは梅雨時期に華やかな花を庭に咲かせる、日本を代表する花木として人気があります。

しかし「アジサイってどんな花が咲くの?」「庭に植えてはいけない理由ってあるの?」「庭木におすすめ種類ってどれ?」「鉢植えの植え替えってどうやるの?」「枯れるのを防ぐ剪定方法や育て方は?」などとすごく悩むでしょう。

そこでこの記事では、アジサイの魅力・育て方・剪定方法や、庭木におすすめな理由5つを解説します。園芸品種が豊富なので、選ぶのも楽しいですよ。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


アジサイってどんな木なの?


ここでのポイントは5つ
  • アジサイってどんな木なの?
  • 日本から世界に広まった?
  • 名前の由来は?
  • 花言葉はなに?
  • アジサイの思い出話

アジサイってどんな木なの?

アジサイの木とは日本原産の落葉低木で、花の少ない梅雨時期に咲く人気花木のことです。

古くから日本人に愛されてきて、日本全国の寺院などに植えられ、各地にたくさんの名所があります。奈良時代から鑑賞されていたようで、万葉集にも詠まれているほどです。

  • 分類:落葉低木
  • 学名:Hydrangea macrophylla
  • 漢字:蝋梅、臘梅
  • 別名:カラウメ
  • 科名:ユキノシタ科
  • 属名:アジサイ属
  • 原産地:日本
  • 花言葉:移り気、浮気、冷酷

学名のハイドランジアは「水の容器」という意味で、果実の形に由来します。台湾には常緑アジサイもあるのが特徴です。


日本から世界に広まった?

上から見たガクアジサイの画像

もともとは江戸時代に、伊豆に自生するガクアジサイからアジサイが作られ、その後世界中へ広まりました

現在多く植えられている園芸品種は「セイヨウアジサイ(ハイドランジア)」で、19世紀にヨーロッパに渡り鉢花として品種改良されたものを指します。

今では欧米だけでなくオセアニアなども含め、たくさんの地域の人々に親しまれています。これが日本発祥なんてすごいですよね😊


名前の由来は?

ふむふむ、なるほどね...

「藍色の花が集まった」から由来があり、「集(あづ)+真藍(さあい)=あじさい」となりました。つまり「美しい小さな藍色の花が集まって咲く」という意味です。

漢字の由来は、昔の歌人が「アジサイ=紫陽花」と書いたからだそうです。しかし実際は勘違いをしていて、日本のアジサイとは違う花を指していたそうです。


花言葉はなに?

「移り気」「浮気」「冷酷」などの意味があります。


アジサイの思い出話

母に日にはカーネーションよりアジサイはいかが?

てまり状のアジサイは、昔実家に2本植えられていました。

梅雨時期にきれいな花を咲かせ、樹形は丸くかわいらしい姿をしていました。咲いたアジサイを摘み取ってしまい、親に怒られたのを覚えています。


ガクアジサイを初めて見たのは大学時代。

大学へ行く途中の民家に咲いていて、最初は何の木だか分かりませんでした。

母に聞いてガクアジサイだと分かり、毎日の通学が楽しくなったのを覚えています。豪華な手まりアジサイとは異なり、主張しない風情あるガクアジサイの姿がとても気に入りました。


【5つ】庭木におすすめな理由

ここからは、庭工事歴20年以上の現役プロが、アジサイの木の魅力をたっぷり解説していきます。


おすすめな理由5つ
  1. 【庭木におすすめ】庭に植えてはいけない理由はあるの?
  2. 【美しい花が咲く】花芽を切ると花が咲かないので注意
  3. 【種類が豊富】洋風はアナベル、和風はガクアジサイ
  4. 【鉢植えもOK】置き場所は半日陰+成長したら植え替え
  5. 【手入れが楽で育てやすい】庭木初心者にもおすすめ

アジサイは地植えでも鉢植えでも楽しめる樹木です。

手まり状の花が魅力で、風情あるガクアジサイという種もあります。


1.【庭木におすすめ】庭に植えてはいけない理由はあるの?

庭木として植えたアジサイ

ここでのポイントは3つ
  • 庭木に使える落葉低木樹
  • おしゃれな葉で美しく紅葉する
  • 庭に植えてはいけない理由はあるの?

庭木に使える落葉低木樹

アジサイは、地植えや鉢植えにおすすめの庭木です。

梅雨時期に花が咲く代表の花木で、日本原産で遠い昔から人気があります。こんもりとした樹形が美しく、あなたの庭の主役になれる庭木です。風水的には玄関におくと、金運アップ効果があるようです。

低木なので、シンボルツリーの足元へ植えるのもおすすめです。またピラミッドアジサイとも呼ばれる「ノリウツギ」は、樹高が3mにもなるので1本だけでもシンボルツリーとして活躍します。

  • 樹高:0.7~1.5m
  • 花色:赤、青、紫、ピンク、白
  • 開花期:5~7月
  • 用途:シンボルツリー、庭木、生垣、鉢植え、添景樹

アジサイは樹高0.7~1.5mほどの落葉低木樹。

放任しても自然と樹形が整います。小スペースの半日陰にも植えられる、使い勝手の良い庭木です。


おしゃれな葉で美しく紅葉する

黄色く紅葉したアジサイ

葉っぱは光沢がありやや厚いです。縁には三角状のギザギザ(鋸歯)があります。

対生し長さは10~15cm。葉色が美しい品種もあり、花がない時期も楽しめます。毛は表面に無く裏にあり、先端が長くとがるのが特徴。

カシワバアジサイの紅葉

秋には黄色く紅葉するのも、庭木として植えるメリット!真っ赤に紅葉したアジサイを楽しみたいなら、「カシワバアジサイ」の品種がおすすめです。


庭に植えてはいけない理由はあるの?

えっ!? 知らなかった...

結論から言うと、植えても大丈夫です!

植えてはいけない理由としてよく言われるのが、「風水的に凶になる」というもの。しかし根拠はなく、アジサイを植えている住宅はいっぱいあります(論より証拠)

縁起が悪いという理由は以下。

  • 【未婚の女性は結婚できない】アジサイのせいにされても...
  • 【病気で亡くなる】1年で6月が最も死亡者数が少ないけど...
  • 【毒があるので食べると危険】事実だけど食べる人はいないでしょ?

昔はインターネットが発展していなかったので、真偽を確かめるのは難しかったのでしょう。毒があるというのは事実ですが、今の子供は賢いので心配する必要はないと思います。


風水と庭木の関係はこちらです⏬

風水と庭木-植木のヒント6選🤔【方角-運気アップ-凶を防ぐコツなど解説します】


2.【美しい花が咲く】花芽を切ると花が咲かないので注意

梅雨時期に咲くアジサイ

ここでのポイントは3つ
  • 美しい手まり状の花が咲く
  • アジサイはオオデマリに似てる
  • 花芽を切ると花が咲かないので注意

美しい手まり状の花が咲く

アジサイ最大の魅力は、その美しい花です。

5〜7月の初夏(梅雨時期を含め)に、ふっさりと花を咲かせます。花色は赤、青、紫、ピンク、白。

一般的なアジサイは手まり状に丸い花を咲かせ、梅雨空でもその場を華やかにしてくれる魅力があります。ブルー系のアジサイは、日本人好みの風情あるたたずまいが人気です。雨に濡れた姿もおしゃれ!

アメリカアジサイの人気種「アナベル」は、花の直径30cmもあり華やかです。白花が基本ですが、最近ではピンク花のアジサイも出回っています。

風情あるガクアジサイの花

ガクアジサイは真ん中にある花を、大きな花びらを持つ装飾花が額縁のように囲むのが特徴。

手まりアジサイより控えめな姿が美しく、ガクアジサイの方が好きな人もたくさんいます(わたしもこっちが好き)。


花の特徴

花を咲かせた手まりアジサイとガクアジサイ

花の形は両性花と装飾花(がく片が変化したもの)からなる「ガクアジサイ」が基本で、ガクアジサイの両性花がすべて装飾花になったものが「アジサイ」です。

ガクアジサイは、中心に小さな両性花が集まって咲き、周辺に装飾花(やや重なった花びらが4枚)が囲むように咲きます。

アジサイは手まりの形で、がく片が変化した装飾花だけです。花色は土壌の酸度により変化し、青系・紅系・白系があります。


アジサイはオオデマリに似てる

アジサイとは異なる趣があるオオデマリの花

2つの庭木を比較してみると以下。

                                                                
アジサイオオデマリ
開花時期梅雨時期の6~7月初夏の4~5月
花色カラフルで華やか純白で趣がある
樹高0.5~2m1~3m
シンボルツリーシンボルツリーの脇役なる

オオデマリも梅雨近くに花を咲かせ、アジサイよりは樹高が大きくなります(3mほどまで)。そのためシンボルツリーとして植えるなら、アジサイよりオオデマリの方がおすすめです。

オオデマリの人気種類はピンク花ジェミニ🌳【庭木の育て方も解説します】

また、クチナシも梅雨時期に花が咲く庭木で、とても人気があります。

クチナシは香り良い花が咲く庭木🌳【育て方や剪定のコツも解説します】


花芽を切ると花が咲かないので注意

ピンク花を咲かせるアジサイ

剪定で注意して欲しいのは、花芽をまちがって切ってしまうことです。

アジサイは、今年伸びた枝の側芽と頂芽が花芽になります(10月ごろ)。それが翌年の初春に開花するので、花芽を見つけたらなるべく残しながら剪定してください。

また、植えたばかりのアジサイだと花が咲かない場合もあるので、気長に数年様子を見ましょう。それと、基本的な育て方を実践してみてください(あとでまとめて解説)。


3.【種類が豊富】洋風はアナベル、和風はガクアジサイ

葉に模様が入る斑入りガクアジサイ

アジサイには200種類以上の園芸品種があり、どれを選べばいいか迷ってしまうほどです。

アジサイの原産は日本で、日本に自生していたガクアジサイから世界中のアジサイが作られました(驚きですよね)。この≫アジサイ図鑑では、なんと200種類以上のアジサイの花が紹介されています。参考にどうぞ。


アジサイの品種を7つのカテゴリーで紹介

アジサイは種類がものすごく多く、大輪の品種から珍しい品種まで多種多様です。

そこで、ここでは7つのカテゴリーに分けて、おすすめ品種を紹介していきます。


  1. ガクアジサイ
  2. ヤマアジサイ
  3. セイヨウアジサイ(ハイドランジア)
  4. カシワバアジサイ
  5. ノリウツギ
  6. アメリカアジサイ(アルボレッセンス)
  7. ツルアジサイ

それでは、順番に紹介していきます。


1.ガクアジサイ

ガクアジサイの「墨田の花」

花の中心に両性花が咲き、その周りを装飾花が囲んで「額縁」のように見えます。ヤマアジサイに似ていますが、全体が大ぶりな印象です。

伊豆諸島に多く自生しているガクアジサイから、今あるすべてのアジサイは生まれました。

  • 三河千鳥:装飾花がないてまり咲き
  • 城ヶ崎:城ヶ崎海岸に自生
  • 墨田の花火:隅田川の花火大会から
  • 九重の桜:八重咲きで青花が咲く
  • ベニガクアジサイ:紅花が咲く
  • 斑入りガクアジサイ:葉に模様が入る品種
  • キララ

2.ヤマアジサイ

ヤマアジサイの「藍姫」

花の中心に両性花が咲き、その周りを装飾花が取り囲みます。ガクアジサイに似ていますが、やや小ぶりで繊細な印象です。

北海道に自生するエゾアジサイや、葉から甘味料を採取するために栽培されてきたアマチャは変種です。深山八重紫は八重咲きの珍しい品種で、京都にある北堀峠で発見されました。

  • 深山八重紫:八重咲きで紫花
  • 駿河黄金:葉が黄金色になる
  • 七変化:花色がグラデーションになる
  • 清澄沢:千葉県清澄山で発見
  • 黒姫:濃紫花が咲く
  • 藍姫:濃紫花が咲く
  • 小町:濃紫花が咲く
  • 紅:ピンク花が咲く
  • ゴールデンサンライト:葉が黄金色になる
  • ベニガク:紅花が咲く
  • シチダンカ:八重咲き品種
  • アマチャ:葉でお茶が作れる
  • エゾアジサイ

3.セイヨウアジサイ(ハイドランジア)

ピンク花が咲くセイヨウアジサイ

ヨーロッパから逆輸入されたアジサイ。もともとは江戸時代に、伊豆に自生するガクアジサイからアジサイが作られ、そのアジサイがヨーロッパに渡り、鉢花として品種改良されたものを指します。

アジサイに比べて、やや寒さに弱く樹高が低いのが特徴です。たくさんの品種が生まれています。

  • アナベル:白花の人気種
  • フラウレイコ:紅花が咲く
  • マダムバタフライ:ピンク花が咲く
  • ババリア
  • ディープパープル
  • アイスベアー
  • コットンキャンディー

4.カシワバアジサイ

カシワバアジサイの「スノークイーン」

葉が手のひら状に切れ込み(5~7つに裂ける)、カシワの葉に似ていることから名前がつきました。秋には赤胴色に鮮やかに紅葉し、ガーデニングブームで人気が出た品種です。

樹高は2mまで生長するので、シンボルツリーにもなります。クリーム色で円錐形の花房を持ち、長さは15~25cmほどで大きくて目立ちます。一重咲きのスノークイーンや八重咲きのスノーフレークが人気です。

  • スノークイーン:一重咲きで白花が咲く
  • スノーフレーク:八重咲きで白花が咲く
  • ハーモニー:白花が咲く
  • ピーウィー:一重咲きの花
  • リトルハニー:葉が黄金色になる

5.ノリウツギ

白花が咲いたノリウツギ

ピラミッドアジサイとも呼ばれ、花が三角形に咲くのが特徴です。樹高が3mほどに生長するので、庭木として昔から植えられてきました。アジサイの仲間では最大の大きさです。

「糊空木」の名前の由来は、幹の内側にある粘液が、和紙を作るときの「糊(のり)」として使われたことからです。

  • ミナヅキ:白花が咲く
  • ピンクファンタジー:ピンク花が咲く
  • ライムライト:パステルグリーン色の花
  • リトルライム
  • ダルマノリウツギ
  • シルバーダラー
  • フレーズメルバ
  • ボブシェル
  • リトルホイップ
  • バニラストロベリー

6.アメリカアジサイ(アルボレッセンス)

大輪の花を咲かせるアナベル

地ぎわからたくさんの枝を出し、枝の先に手まり状の装飾花が集まって咲きます。花房の直径は30cmにもなり、見ごたえ抜群です。

人気種の「アナベル」は、つぼみは緑色で咲くと徐々に白くなります。咲き終わるとまた緑色になり、茶色に枯れていく風情も楽しめます。長い期間花が楽しめるのが特徴です。

  • アナベル:白花が咲く
  • ピンクアナベル:ピンク花が咲く
  • インクレディボール
  • ライアンゲイニー

7.ツルアジサイ

つる性のアジサイで、フェンスやパーゴラなどにはわせて楽しめます。デメリットは、生長が遅く寒さに弱いです。

イワガラミに似ていて、違いは花びらの数です。イワガラミは1枚、ツルアジサイは4枚の花弁を持っています。


4.【鉢植えもOK】置き場所は半日陰+成長したら植え替え

鉢植えのアジサイ

アジサイはやや日陰の場所(半日陰)でも元気に育ちます。

まるで梅雨時期に咲くために生まれた樹木みたいで、湿り気があり太陽の陽が直接当たらない場所が理想です。

ヤマアジサイ系の園芸品種は、とくに耐陰性が強いです。

半日陰でも育つ庭木は貴重なので、現在の混み合った住宅事情にもマッチします。あまり日が当たらない、玄関前の省スペースに植えられるのがうれしいですね。


成長して根詰まりしたら植え替える

植え替え目的は、根が詰まって成長が抑制され、土も老化して交換が必要になるからです。

アジサイが大きく成長するようなら毎年、最低でも3年に1回は植え替えが必要になります。ポイントは以下。

  • 【植え替え時期】花後の7月、落葉期の12~2月
  • 【使う鉢】ひとまわり大きいもの
  • 【使う用土】市販で売っている培養土でOK!
  • 【根を整理する】古い土を落とし、隙間ができるように根を切る

もし「これ以上大きくしたくない!」と思ったら、鉢からアジサイを取り出し株分けし、また小さな鉢に植えるといいでしょう。


5.【手入れが楽で育てやすい】庭木初心者にもおすすめ

赤花が咲く手まりアジサイ

アジサイは日本原産なので、日本の気候風土によく合います。

放任しても自然と樹形が整い、剪定の手間はあまりかかりません。また病害虫にも強く、風通しの良い場所に植えればほとんど発生しません。

欧米で改良されたセイヨウアジサイはよく出回りますが、デメリットとして寒さに弱いです。冬の寒さが厳しい地域では、鉢植えで管理しましょう。


【剪定の方法】いつが最適時期?大きくなりすぎたら切る


ここでのポイントは5つ
  • 最適な剪定時期はいつ?
  • 効果的なやり方(花芽を切らないように!)
  • 花後の剪定(大きくなりすぎたらバッサリ切る)
  • 冬の剪定(2段階剪定の後半にやる作業)
  • 剪定だけしてくれる業者ってあるの?

最適な剪定時期はいつ?

剪定の基本は以下です。

  • 適期:7~8月、1~2月
  • 仕立て方:自然樹形

剪定の適期は、花後の7~8月と落葉期の1~2月。1年に2回やることを「二段階剪定」と呼びます。

放任してもやたらと大きくならない、庭木初心者でも管理しやすい樹木です。


効果的なやり方(花芽を切らないように!)

あじさいの花芽は10月ごろに新梢につくられ、翌春に萌芽して新梢を伸ばしその先端に開花します。

強く剪定すると、花芽をつける枝が生じなくなります。そこで、花がらを3節目の上で切るのがポイントです。

大きくなりすぎたら、翌年の開花はあきらめて、思い切り切り戻すのもよいでしょう。


花後の剪定(大きくなりすぎたらバッサリ切る)

花後の剪定は7~8月に行います。

花後に花がら摘みをかねて、花と花首の下の葉1節とともに、節のすぐ上を切り取ります。枝を切る時は、必ず節のすぐ上で切ることが大切で、枝の途中で切ると枯れ込んでしまいます。

大株を小さくしたい時は、根元から2~3節残して節のすぐ上を切り戻します。全株を切り戻すと、翌年は花が咲きません。しかし半分だけ切り、残りの半分は翌年にまわすというふうに、2年がかりでやると毎年花が楽しめます


冬の剪定(2段階剪定の後半にやる作業)

冬の剪定は1~2月に行います。

いきおいよく伸びる枝や徒長枝には花が咲きません。そこでこれらの不要枝を切り戻して、花をつける枝を伸ばすのがポイントです。

また、込み入った株元の整理も必要です。すっきりした株立ちにするため、不要枝(古い枝・からみ枝・細い枝など)を地ぎわから切りましょう。


剪定だけしてくれる業者ってあるの?

庭木の手入れ・剪定をしてくれる専門業者で、日本全国で対応してくれます。

たとえば以下が庭木の料金相場です。

  • ヤマボウシ:2,800円 ~
  • モミジ:3,000円 ~
  • コニファー:3,000円 ~
  • ハナミズキ:3,400円 ~
  • シマトネリコ:3,700円 ~

どんな庭木も剪定してくれ、たった1本でも対応してくれるのがすごいです!無料で現地調査が依頼できるので、庭木で困っていたら相談してみてください。



【育て方のポイント】庭への地植えや鉢植えのコツも紹介


ここでのポイントは6つ
  • 知っておくべきアジサイの基本情報
  • 植付け・移植(植え替え)
  • 水やりのコツ
  • 肥料のじょうずなやり方
  • 増やし方(挿し木)
  • 病気・害虫の対策と薬剤

知っておくべきアジサイの基本情報

  • 植栽適地:北海道北部を除く日本全国
  • 生長スピード:★★★ 速い
  • 日照:★★☆ 日なた~半日陰
  • 土壌の質:全般
  • 土壌の乾湿:★★★ やや湿り気
  • 根の深さ:★☆☆ 浅い
  • 耐寒性:★★★ 強い
  • 耐暑性:★★☆ 普通
  • 耐陰性:★★☆ 普通

美しい花を楽しむには、やや日陰になる場所に植えましょう。乾燥とやせ地は嫌います。

空気中の湿度が高く、根元が乾燥から守られ、寒風が防げる場所が理想です。


植えつけ、移植(植え替え)

植えつけ適期は、3~4月と11~12月です。花芽が凍害の被害を受けないように、南向きに植込むのがよいでしょう。

陽光が遮られる半日陰で、腐植質に富み、保湿性のある場所に植えます。日なたで乾燥する場所は避けましょう。

植え穴は大きめに掘り、堆肥・腐葉土・ピートモスをよく混ぜてから植えることがポイントです。根っこが乾かないように、水を加えながら植えつけます。

植えつけ後は根を乾かさないように、根元にワラ・ピートモス・腐葉土などでマルチングをすることがポイントです。


水やりのコツ

庭植えは、普段は必要ありませんが、乾燥するときは水やりをします(アジサイは水を好む)。

鉢植えは、常に水が切れないようにしましょう。


肥料のじょうずなやり方

1~2月ごろ(寒肥として)と花後の7~8月ごろに、油かすと粒状化成肥料を等量混ぜたものを、株元に2握りほど施しましょう。

多肥は必要ありません。


花色をきれいにするコツ

土壌の酸性度に花色が左右されるのが、アジサイの特徴です。

濁りのないきれいな花色にするには、以下のことを覚えておきましょう。

  • 青色系の花:酸性にする
  • 赤色系の花:中性~アルカリ性にする

酸性にするには、ピートモス・ミョウバン・硫黄華(いおうか)などを株元に施します。中~アルカリ性にするには、石灰・腐葉土などを株元に施します。

逆のことを行うと、花色が濁り美しさが失われるので注意しましょう。


増やし方(実生・つぎ木・挿し木)

挿し木でふやします。


挿し木のポイント

挿し木のメリットは、親木と同じ性質を受け継ぐ樹木を作れることです。

挿し木の適期は、2~3月(前年の枝を使う:春ざし)と6~8月(春の枝を使う:夏ざし)ごろです。

充実した元気の良い枝を選び、10cmくらいの長さに切り(夏ざしの場合は葉を数枚残し、葉を半分に切る)挿し穂を作ります。切り口は斜めにし、水を入れたコップに数時間つけ水あげします。これは発根を促す目的があります。

植木鉢に鹿沼土か赤玉土を入れ、挿し穂を半分ぐらいの深さまでさします。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。

鉢上げは、翌年の3~4月ごろが適期です。


病気・害虫の対策と薬剤

アジサイに病害虫はあまりありませんが、日当たりと風通しが悪いと病害虫が発生します。

主な害虫は「ケムシ・アブラムシ」、病気は「うどん粉病・炭そ病」などです。

うどん粉病は、若い葉や茎の表面にうどん粉をまぶしたように白いかびが生えます。

炭そ病は、葉に紫色の斑点が現れ穴が開いたり枯れたりします。


おすすめの殺虫剤・殺菌剤

【おすすめ3種類】通販で買えるアジサイの木


悩む女性

どんなアジサイの木を選んだらいいのか、まったくわからない...おすすめを教えてください!


それでは最後に、通販で買えるおすすめアジサイの苗木商品を紹介します!

値段相場は¥1,000~10,000ぐらい(大きさによる)です。小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして地植えにしましょう。

植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方も、こっそり教えてもらいましょう。


1.アジサイ アナベル

価格:¥~10,000
樹高:~1.0m
おすすめ度:5.0★★★★★

大輪で見ごたえある花を咲かせるアナベルで、花の大きさは30cmにもなるおしゃれな庭木です。花色が緑 → 白 → 緑 → 茶と変化するのが楽しめ、長い期間咲いているのも特徴。

ゴージャスな花が咲くので、洋風の庭にとても合います。鉢植えにして玄関前に飾るのもおすすめです。

≫楽天でアナベルを見てみる


2.ヤマアジサイ

価格:¥~10,000
樹高:~1.0m
おすすめ度:4.0★★★★☆

ヤマアジサイは花の中心に両性花が咲き、その周りを装飾花が取り囲みます。シックな色がとても美しいです。

一般的な手まりアジサイより、ヤマアジサイの方がナチュラルガーデンに似合い、洋風和風どちらの庭にも合わせやすいです。

≫楽天でヤマアジサイを見てみる


3.カシワバアジサイ

価格:¥~5,000
樹高:~1.0m
おすすめ度:3.0★★★☆☆

カシワバアジサイは、カシワに似た葉っぱと長細く目立つ花が魅力のアジサイです。晩秋には葉が赤銅色に色づき、鮮やかで風情ある紅葉が楽しめます。

スノーフレークという品種は八重咲きのアジサイです。樹高は2mまで生長するので、シンボルツリーにも使えます。

≫楽天でカシワバアジサイを見てみる


それでは最後に、「無料で評判の良い庭業者の探し方」を紹介して終わりにします。


【無料】評判の良い庭業者のかんたんな探し方

どうやったら素敵な庭がつくれるかな...?

興奮する夫婦

庭木のあるおしゃれなガーデンをつくって欲しいです。

もし評判の良い業者の探し方があるなら、ぜひ教えてください!


そんなあなたに工事業者をかんたんに探せる「無料一括見積もりサイト」を紹介します。このサービスをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 無料0円で見積り依頼できる
  • 数社で相見積もりでき比較検討できる
  • あなたの近くで評判の良い業者が見つかる

いちばんのメリットは無料で相見積もりできることで、適正な工事価格がわかり、複数社の見積もりと図面が比較検討できます

このサービスを使えば「時間とお金の節約になる」ので、興味のある方はぜひ利用してみてください ⏬

\申し込んだ人全員に「限定冊子」がプレゼント/
≫0円の無料見積りを試してみたい人はこちら 🤔

まとめ【アジサイは庭木におすすめ!】

ピンク花を咲かせるアジサイ

記事のポイントをまとめます。

  • アジサイの木とは?
  • 庭木におすすめな理由5つ
  • 通販で買えるおすすめアジサイ3種類

以上の3つです。


この記事では、アジサイの特徴や育て方(剪定・鉢植えなど)、庭木におすすめの品種も紹介しました。いかがだったでしょうか?

アジサイは日本を代表する花木で、梅雨時期に美しい花を楽しませてくれます。日陰と寒さに強い、ガーデニング初心者でも育てやすい庭木です。


アジサイは品種は200種類以上あり、選ぶのが大変!

おすすめは、和風の庭ならガクアジサイ、洋風の庭なら西洋アジサイを植えましょう。



すぐ下の関連ページで「おすすめの低木・おすすめの落葉樹・オオデマリ」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はぜひご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、アジサイの魅力と地植えでの育て方🌳【庭に植えてはいけない理由ってあるの?】…という話題でした。

更新:2022年01月11日|公開:2022年01月11日


【現在の位置】ホーム > 庭木 > アジサイ(紫陽花)



※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間 勇
2級建築士・2級建築施工管理技士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構と庭の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

≫信頼できる情報発信に向けての取り組み