マサキの特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】

更新日:2020.05.02.

マサキの植栽例・果実・葉っぱ


悩む女性

マサキってどんな木なの?庭木に選ぶか迷っているんだけど...あと育て方も教えて欲しい。


と疑問を抱えている人の「マサキの悩みを解決」できる記事になっています。

なぜなら、マサキの特徴と育て方を解説し、あなたの家に植えるマサキとしてぴったりかどうか分かるからです。

この記事のポイントは次の3つです。

  • マサキの特徴や育て方
  • 庭木におすすめな理由
  • おすすめマサキの値段

記事を読み終えると、マサキの魅力が分かり、もう庭木として植えるかどうか迷わなくなっているはずです。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています



マサキの特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】

芽吹きの美しい葉を持つマサキ

マサキは当社クローバーガーデンがおすすめする庭木です。

半日陰や日の当たらない場所でも育つ常緑樹で、刈り込みに強いことから生垣によく利用されます。苗木の販売価格帯は¥1,000~20,000ほど。庭木初心者でも育てやすい、あまり手間のかからない庭木です。

ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり枯れる心配もあります...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

マサキをあなたの家の庭木に選んでも間違いナシです



それでは、ひとつずつ解説していきます。


マサキってどんな木なの?

マサキのかわいい果実とつややかな葉

マサキの概要

  • 分類:常緑小高木
  • 学名:Euonymus japonicus
  • 漢字:柾
  • 別名:フユシバ、シタワレ
  • 科名:ニシキギ科
  • 属名:ニシキギ属
  • 原産地:日本、中国、朝鮮半島、東アジア地域
  • 花言葉:厚遇

マサキとは?

常緑小高木樹のマサキは日本を含む東アジア原産で、半日陰に強い丈夫な庭木です。

強い刈り込みも可能なので、昔から「生垣=マサキ」というほど多く使われました

また、葉に模様が入る品種やカラーリーフ品種も豊富で、日陰に植えても明るい雰囲気を出してくれる庭木です。


名前の由来は?

マサキは葉を落とさない常緑樹で、1年中青々した葉を持ちます。

そこから「真っ青な木」=「マサキ」という名前がつきました。


マサキの花言葉は?

厚遇


マサキの特徴

  • 樹高:2~5m
  • 花色:黄
  • 開花期:6〜7月
  • 果実色:ピンク
  • 果実熟期:11~2月
  • 用途:庭木、生垣

樹木の特徴

マサキは樹高2~5mほどの常緑小高木樹で、初夏の6~7月に黄白色の花を咲かせます。

放任しても、自然と株立ち状の樹形になります

真上に伸びて生長する特徴があるので、横方向に目隠し目的の生垣を作るには、数多く植える必要があります。

耐寒性・耐陰性が強く、北海道中部まで植えられます。似たような木に「アオキ」があります。

アオキ(植物)の特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】


花の特徴

マサキの花は地味で目立たない

初夏の6月ごろに葉腋から集散花序を出し、4枚の花びらを持つ黄白色の小さな花をつけます(直径7mm)

地味で目立たないため、花を鑑賞する目的では植えません。


葉っぱの特徴

葉っぱは厚くて毛がなく、縁に浅いギザギザ(鋸歯)があります。若葉は青々していて清々しい印象を受けます。

形は楕円形で、長さは3~8cmほどです。


葉に模様が入る園芸品種が豊富!
おしゃれな斑入りのマサキ

普通種のマサキは濃い緑一色ですが、葉に模様が入る「斑入り(ふいり)品種」やカラーリーフ品種が人気です。

このページの下の方「主な種類・品種」で6種類紹介しています。銀マサキ・オオサカベッコウ・キフクリンマサキなどかっこいい葉を持つ品種があります。

斑入り品種のデメリットは、日当たりが強いと葉焼けを起こすことです。半日陰に植えるのがいいでしょう。洋風の雰囲気が作れます。


果実の特徴

マサキのオレンジ色の果実

マサキの雌雄異株で雌株のみ結実し、長い柄の先に果実を下垂させます。直径は6~8mm。

実は11月ごろに赤く熟し、趣ある風情を感じさせてくれる鑑賞価値の高い果実です。

果実が割れて、中からオレンジ色の種子が見えます。濃緑色の葉と赤い果実のコントラストが美しいです。


庭木におすすめな理由

秋に見応えのある果実をつけるマサキ

庭木としてマサキを植えるメリットはたくさんあり、その中から5つを選んで解説します。


おすすめな理由5つ
  1. 庭木に使える常緑低木樹
  2. 赤い果実が長い期間楽しめる
  3. 生垣に利用できる
  4. 葉に模様が入るおしゃれな品種がある
  5. 日当たりの悪い場所でも育つ

    それでは、ひとつずつ解説していきます。


    1.庭木に使える常緑低木樹

    マサキは庭木におすすめな樹木です。

    日当たりが悪い場所に植えられる貴重な庭木で、目隠し・風よけ・生垣など昔から重宝されてきました

    また、防火林(火災発生時に延焼を防ぐ)として利用でき、燃えにくく熱や火の粉をさえぎる効果がある貴重な樹木です。

    枝を横にあまり広げないので、1本立ちのおしゃれなシンボルツリーには不適です。


    2.生垣に利用できる

    密生した葉を持つマサキ

    「マサキ=生垣の代表種」というほど、昔から広く利用されてきました。

    大気汚染に強く、車の排ガスにも耐えられるので、道路沿いの生垣にするのが最適な植栽方法です。

    生垣の作り方は、マサキを数多く並べて植えることです。和風の竹垣と組み合わせると、オシャレでかっこいいデザインとなります。


    3.つややかな葉が1年中楽しめる

    マサキのいちばんの魅力は、1年中濃い緑色の葉がある常緑樹ということです。

    つややかでみずみずしい葉っぱは、暗くなりがちな裏庭などを明るい雰囲気にしてくれます。似たような木に「アオキ」があります。

    アオキ(植物)の特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】


    4.葉に模様が入るおしゃれな品種がある

    黄金マサキの鮮やかな黄色い葉

    マサキには、葉っぱに模様が入る「斑入り(ふいり)」品種とカラーリーフ品種も豊富です。

    もともと緑1色だったアオキですが、時代とともに模様の入った品種が増えてきました。

    斑入り(ふいり)品種には、銀マサキ・オオサカベッコウ・キフクリンマサキなどがあり、縁が黄色になるおしゃれな葉っぱを持ちます。

    カラーリーフ品種には、黄金マサキ・キンマサキなどがあり、葉っぱ全体が鮮やかな黄金色になります。道路脇に植えると、道行人を楽しませてくれます。


    風水的に西は金運アップ!

    風水を考えた植栽を考えると、西に黄色は金運アップ効果があります。

    そこで、黄色い葉っぱを持つ「黄金マサキ・キンマサキ」を西に植えると、運気が上昇する効果が期待できるでしょう。


    5.日当たりの悪い場所でも育つ

    マサキは、日当たりの悪い場所でも育つ庭木です(日なたでもOK!)。

    殺風景になりがちな北側の庭への植栽が可能で、目隠しや生垣にも利用できます。

    ただし、まったく日が当たらない場所に植えると、花つきと実つきが悪くなります。明るい半日陰に植えるのが理想です。


    マサキの育て方・栽培のポイント

    マサキの葉っぱと果実
    • 植栽適地:北海道北部を除く日本全国
    • 生長スピード:★★★ 速い
    • 日照:★☆☆ 日なた~半日陰
    • 土壌の質:砂土
    • 土壌の乾湿:★★☆ 普通
    • 根の深さ:★☆☆ 浅い
    • 耐寒性:★★★ 強い
    • 耐暑性:★★☆ 普通
    • 耐陰性:★★★ 強い

    育て方のポイント!

    樹勢が強く、どんな場所にも植えられます

    日陰~半日陰でも植えられるので、北側の裏庭への植栽可能な貴重な庭木です。


    植栽適地

    北海道北部を除く日本全国で植栽可能で、冬の寒さにも強い庭木です。


    植えつけ、移植(植え替え)

    植えつけ適期は、3~4月と9~10月です。

    水はけと日当たりがよく、肥沃な場所を好みます。半日陰や明るい日陰でも植栽可能です。

    ただし、極端に日が当たらない場所に植えると、花つきと実つきが悪くなります

    植え穴は大きめに掘り、腐葉土か堆肥をよく混ぜてから植えることがポイントです。保湿性が保たれる場所に植えましょう。


    水やり

    庭植えは夏季に晴天が続き、ひどく乾燥している場合を除き必要ありません。

    鉢植えは鉢土の表面が乾いたらたっぷり与え、冬季は控えめにしましょう。


    肥料

    3月上旬(寒肥:かんごえ)と8月下旬に、油かすと化成肥料を同量混ぜたものを施します。

    肥料の量が多いと、強い徒長枝が伸びて樹形を乱すので注意しましょう。


    ふやし方

    挿し木・実生でふやします。


    挿し木のポイント

    挿し木のメリットは、親木と同じ性質を受け継ぐ樹木を作れることです。

    挿し木の適期は、2~3月(前年の枝を使う)と6~8月(春の枝を使う)ごろです。

    充実した元気の良い枝を選び、葉を数枚残し10cmくらいの長さに切り挿し穂を作ります。切り口は斜めにし、水を入れたコップに数時間つけ水あげします。これは発根を促す目的があります。

    植木鉢に鹿沼土を入れ、挿し穂を半分ぐらいの深さまでさします。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。

    鉢上げは、翌年の3~4月ごろが適期です。


    病害虫

    日当たりと風通しが悪いと病害虫が発生します。

    とくに注意したいのが「うどん粉病」で、若い葉や茎の表面にうどん粉をまぶしたように白いかびが生えます。

    主な害虫は、ユウマダラエダシャクの幼虫やカイガラムシです。


    おすすめの殺虫剤・殺菌剤

    マサキ×剪定のポイント

    マサキの花芽
    • 適期:6月、9月
    • 仕立て方:自然樹形、生垣

    剪定のポイント

    強剪定が可能なため、自然樹形でコンパクトに維持できます。

    萌芽力が強いので、どこで切ってもよく萌芽します。刈り込みものは年2回、新梢の固まる6月と9月に枝先を刈り込みましょう。

    枝先を刈り込んで生垣に、円筒形や円錐形に刈り込み仕立てに、また自然樹形を生かして利殖するなど、色々仕立てて楽しめます。


    剪定の効果的なやり方

    枯れ枝や込み枝なども整理するのがコツです。秋の剪定は、とび枝などを軽く刈りそろえる程度にします。

    生長が早くどうしても下側が空きやすくなるので、若木のうちに上部を強めに刈り、下枝を多く出させるようにするのがポイントです。


    生垣の作り方

    萌芽力が強く、強剪定が可能なので、生垣を作るのは簡単です。

    上へ伸びる特徴があるので、横方向に数多くマサキを植えることが重要です。

    目隠し目的の生垣がほとんどなので、目的の樹高になったら、年に2回ほど頂部を刈り込みます。横方向は、隣のマサキと重なったら剪定する程度です。


    剪定について

    当社で対応できないお客さまは、「剪定110番」へ相談してみてください。日本全国対応してくれます。

    「1本あたり2,890円~」でプロによる庭や庭木の手入れ、高所など作業しにくい庭木の剪定に困っている方におすすめです。

    ≫実績多数!庭木一本からのご依頼も可能【剪定110番】


    マサキの主な種類・品種

    • 黄金マサキ:新しい葉のみ黄金色
    • キンマサキ:黄色と緑色の葉が混ざる
    • 銀マサキ:葉の縁が白色
    • ホンベッコウ:生長がゆるやか
    • オオサカベッコウ:淡黄色で覆輪状の斑入り
    • キフクリンマサキ:葉の縁が黄色

    マサキの販売価格帯

    マサキの価格帯は¥1,000~20,000ぐらい(大きさによる)です。

    背の高さは0.3~2.0mほどで、小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして地植えに使うことをオススメします!

    ≫楽天で探す ≫Amazonで探す


    植え込みについて

    当社クローバーガーデンで管理できる埼玉県内にお住いの方は、植え込みも可能なのでご相談ください。

    埼玉県以外の方はご自分で植えるか、できればお近くの外構・造園業者に相談することをすすめます。

    草花と違い庭木は素人が植えると失敗することが多いので、特に初心者の方は業者に依頼し、その後の管理の仕方をアドバイスしてもらうといいでしょう!

    業者探しのコツは、こちらのページで詳しく解説しています。

    【外構一括見積もり】無料3サイトを徹底比較🤔【おすすめランキングを発表します】


    おすすめのマサキ3選

    初心者美人

    どんなマサキを選んだらいいのか、教えてください!

    それでは最後に、当社クローバーガーデンがオススメするマサキの苗木商品を紹介します!

    植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方もこっそり教えてもらいましょう。


    1.マサキ 1.5m

    ¥11,410(2020年05月02日時点の価格)
    オススメ度:5.0★★★★★

    大きさは1.5mほどのマサキで、低木樹ですが1本で大きく育てればシンボルツリーにも使えます。日当たりが悪い北側への植栽が可能で、寂しくなりがちな裏庭を明るい雰囲気にしてくれます。

    このマサキは「ガーデンタウンさん」の商品です。

    ≫このマサキについて楽天でもっと詳しく見る


    2.オウゴンマサキ 1.2m

    ¥8,610(2020年05月02日時点の価格)
    オススメ度:4.0★★★★☆

    春の新しい葉が黄色く輝く「黄金マサキ」で、とても明るい雰囲気が魅力です。葉っぱは春から初夏にかけて黄色で、その後は明るい緑色になります(冬でも葉が落ちない常緑樹)。

    黄金マサキでの生垣の作り方は、数本まっすぐ並べるのがコツです。風水的に「西に金色が金運アップ」なので、西側のあまり日が当たらない場所に植えましょう。

    このマサキは「ガーデンタウンさん」の商品です。

    ≫このマサキについて楽天でもっと詳しく見る


    3.キンマサキ

    ¥7,630(2020年05月02日時点の価格)
    オススメ度:4.0★★★★☆

    明るい黄色の葉を持つキンマサキの商品で、生垣用の10本セットお買い得品です。

    カラーリーフプランツとして明るい雰囲気の庭にしてくれるので、日があまり当たらない暗い場所でも活躍してくれます。

    このマサキは「花と緑さん」の商品です。

    ≫このマサキについて楽天でもっと詳しく見る


    まとめ:マサキは庭木に最適!

    記事のポイントをまとめます。

    • マサキの特徴や育て方
    • 庭木におすすめな理由
    • おすすめマサキの値段

    以上の3つです。


    半日陰や日の当たらない場所でも育つ常緑樹で、刈り込みに強いことから生垣によく利用されます。苗木の販売価格帯は¥1,000~20,000ほど。庭木初心者でも育てやすい、あまり手間のかからない庭木です。

    当社クローバーガーデンも特にオススメする木なので、多くの人にマサキの魅力が伝わったらうれしいです★


    このページを読んだ人はこちらもオススメ!



    以上、マサキの特徴と育て方🤔【庭木におすすめな理由5つ解説します】…という話題でした。

    更新:2020年05月02日|公開:2012年11月30日




    RELATED


    ※ このサイトについて

    「クローバーガーデン埼玉」が運営するサイトで、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり」専門業者です👷

    ⭐ よく読まれている記事6選 ⭐

    新築外構・エクステリア工事一式庭・ガーデン工事リフォーム工事

    オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

    門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

    塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガ石張り舗装カーポートウッドデッキフェンス角柱機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)|コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装、物置