ソテツの木はおしゃれなシンボルツリー🌴【玄関前の庭木におすすめです!】

【更新日】2023.01.09.

ソテツの木

悩む夫婦

ソテツを庭木として植えるかどうか悩んでいます😔

庭木に選ぶメリットには、どんなものがありますか?植えた後の、剪定方法や育て方も知りたいです。

それと、もしかしたら植栽と一緒に庭工事するかもしれないので、評判口コミの良い業者の探し方があれば教えてください。


あるいはこんな感じ。

  • どんな花を咲かせるの?
  • 鉢植えでも管理できるの?
  • 冬越しや株分けの方法は?
  • 実がなる時期はいつごろなの?
  • 枯れるのを防ぐ剪定方法や育て方は?

こんなふうに悩んでいる人に向けて書きました。


ソテツの木は、植える人がどんどん増えている人気の庭木です。

なぜなら、成長速度が遅いため手入れは容易で、南国の雰囲気があるおしゃれな庭木だからです。

そこでこの記事では、ソテツの魅力・育て方・剪定方法や、庭木におすすめな理由5つを解説します。初心者におすすめのシンボルツリーで、一年中ずっと葉がある常緑樹ですよ🌳


この記事を読むことで、実現できることは以下です。


この記事のポイントは3つ
  • ソテツがどんな木かわかる
  • 庭木として植えるメリットがわかる
  • 通販で買えるおすすめのソテツがわかる

この記事を読み終えると、ソテツが庭木としてどんな魅力があるか分かり、もう庭木に選ぶかどうか迷わなくなっているでしょう😊

そして、この記事の目次は下記です。



それでは、ひとつずつ解説していきます。


⭐この記事のライター(信頼性の担保)⭐

菅間 勇
2級建築士・2級建築施工管理技士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構と庭の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

このサイトで、初心者向けに「お役立ち情報」を発信中。

・【月間の最高PV】90万以上
・【工事依頼の問合せ】月50件を達成
・【サイト経由の売上】もう少しで年9桁

子供と古典文学をこよなく愛す、3児の父親です。

≫信頼できる情報発信に向けての取り組み


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


ソテツってどんな木なの?

ソテツのイラスト

ソテツの木とは、日本原産の常緑樹で、ヤシっぽい樹形をしている樹木のことです。

恐竜の時代から繁茂していたようで、もっとも原始的な植物のひとつです。1億年以上前の化石もあり、太古のジャングルが思い浮かぶほどロマンがあります。

  • 【分類】常緑低木~小高木
  • 【学名】Cycas revoluta
  • 【漢字】蘇鉄
  • 【別名】オオソテツ
  • 【科名】ソテツ科
  • 【属名】ソテツ属
  • 【原産地】九州南部~奄美諸島、沖縄
  • 【花言葉】雄々しい

南国の雰囲気があるため、リゾート風の庭や外構に最近よく植えられています。広い場所に植えて大きくするのもよし、鉢植えで玄関先に飾ることも多いです。


名前の由来は?

納得する女性ふむふむ、なるほどね...

ソテツは漢字で書くと「蘇鉄」になります。

これは弱くなったソテツの木に「鉄の釘」を刺すことで、みるみる「蘇って」元気になった、という理由からです。


花言葉はなに?

ソテツの画像

「雄々しい」などの良い意味があります。


【5つ】庭木×シンボルツリーにおすすめな理由 ⭐

ここからは、庭工事歴20年以上の現役プロが、ソテツの木の魅力をたっぷり解説していきます。



ソテツを庭木にするいちばんのメリットは、南国の雰囲気がある存在感です。

庭木初心者にも育てやすい木で、最近植える人がどんどん増えています。


1.【人気シンボルツリー】エキゾチックな樹形と尖った葉!

立派なソテツの木雄大で立派なソテツの木

ソテツの木は、最近シンボルツリーとしてよく植えられています。

なぜなら、温暖化の影響で関東以西なら植栽でき、エキゾチックな見た目が人気だからです。常緑樹で落ち葉掃除の手間がなく、日本原産で育てやすいのも理由に挙げられます。

  • 【樹高】1~5m
  • 【花色】白・黄
  • 【開花期】6~8月
  • 【果実熟期】10~11月
  • 【用途】シンボルツリー、庭木、景観樹、公園樹

暖地なら屋外の地植えも可能で、少し寒いぐらいでも越冬できます。幹は太くほとんど枝分かれせず、年輪もありません。

また、存在感あるその風格がかっこよく、シンボルツリーとして1本だけ植える人も多いです。


濃いグリーンが魅力の葉っぱ

ソテツの尖った葉っぱソテツの尖った葉っぱ

ソテツの魅力を引き出しているのが、上方でパッと開いている光沢のある葉っぱです。

まるでヤシの木を連想させる葉で、庭に植えてあるとリゾート気分に浸れます。ソテツを中心に庭づくりするのもよく、アジアンテイストなリゾートガーデンの再現が可能です。

  • 【つき方】幹の先端にまとまってつく
  • 【形態】羽状複葉(うじょうふくよう)
  • 【全体の長さ】50cm以上になる
  • 【小葉の長さ】10cmぐらい

背の低いうちは葉に当たると痛いので、子どもがいる家庭は気をつけましょう。目隠しにはなりませんが、葉っぱが大きく広がる姿かかっこいいです。


2.【珍しい変わった花】雄花と雌花があれば実がなる

円柱形の雄花円柱形の雄花

ソテツには、珍しい形の花が咲きます。

上画像は円柱形の雄花で、下画像は球形の雌花です。色は白~黄で、開花期は6~8月ごろとなっています。

球形の雌花球形の雌花

大きく成長しないと花が咲かないので、花が咲いた時は感動ものです!風水的に縁起が良いかわかりませんが、花が咲いたら間違いなくあなたはラッキーですよ(運気が上がること間違いなし!)。


実がなるのも難しい...

ソテツのオレンジ色の果実ソテツのオレンジ色の果実

運良く花が咲いて、雄花と雌花が近くにあれば実がなります。

大きな種を含み、熟すとオレンジ色になるのが特徴(10~11月ごろ)。直径は5cmほどで、遠くから見てもよく目立ちます。

でんぷん質を多く含んでいるため、南西諸島では非常食として食べられたこともありました。ただし毒性があるため、水にさらして有毒成分サイカシンを取り除く必要があります。

食中毒になる可能性もあるので、手を出さない方が無難です。小さい子供やペットがいる家庭は、ソテツがまだ小さい時は気をつけてください


3.【成長速度が遅い】剪定のコツ(方法や時期)を解説

小さくて可愛らしいソテツの木小さくて可愛らしいソテツの木

ソテツの木は、成長速度がすごく遅いのが特徴です。

1年で数cmしか伸びないので、大きくしたくない庭木を探している人におすすめ!仕事や子どもの世話が忙しくて、手入れができない人にもぴったりです。

しかし、成長速度が遅いのはデメリットでもあります...立派なシンボルツリーにしたいなら、ある程度大きくなったソテツの木を植えましょう。


【剪定のコツ】おすすめ時期や失敗をなくす方法

最適な剪定時期はいつ?

剪定の基本は以下です。

  • 【適期】6~7月の初夏
  • 【仕立て方】自然樹形

剪定適期は6~7月の初夏です。ただしあまり成長しないので、毎年やる必要はありません。


失敗をなくす剪定方法

美しく剪定してあるソテツの木美しく剪定してあるソテツの木

自然樹形がもっとも整った樹形なので、古くなった汚い葉を切り落とすだけです。

ノコギリではなくハサミで切れるので、柄の長い剪定バサミを使うのがコツ(葉でケガをしなくなる)!幹に近い場所(葉の根本)を切るようにします。

ポイントは幹が平らになるように、葉の根本を切り揃えることです。凸凹だとあとで、みっともない見た目になるので注意しましょう。


剪定だけしてくれる業者ってあるの?

庭木の手入れ・剪定をしてくれる専門業者で、日本全国で対応してくれます。

たとえば以下が庭木の料金相場です。

  • 【ヤマボウシ】2,800円 ~
  • 【モミジ】3,000円 ~
  • 【コニファー】3,000円 ~
  • 【ハナミズキ】3,400円 ~
  • 【シマトネリコ】3,700円 ~

どんな庭木も剪定してくれ、たった1本でも対応してくれるのがすごいです!無料で現地調査が依頼できるので、庭木で困っていたら相談してみてください。



4.【すごく丈夫な庭木】病気や虫の害がほとんどない!

雪の積もっているソテツの木雪の積もっているソテツの木

ソテツの木は、庭木の中ではすごく丈夫な部類です。

なぜなら日本原産なので、日本の気候風土に相性がいいからです。寒さにはやや弱いですが、関東以西なら植栽できます。

またソテツの根には、「根粒菌」という共生バクテリアがいるのも大きな理由。この菌が成長に必要な窒素分を、大気中から吸収してくれます。

つまり、人の手を加えなくても成長する性質を、もともと備えているということです。恐竜の時代から生き残っているのも、納得できる樹木ですね!


病気や虫の害がほとんどない!

ソテツの木

ソテツには、病気や害虫がほとんどありません

ただし、日当たりと風通しが悪いと病害虫が発生します。ソテツにとっていい環境に植えられないなら、地植えはせず鉢植えにするのがおすすめです。


5.【鉢植えもOK】育て方のコツ(冬越しや株分け)を解説

鉢植えにしたソテツの画像鉢植えにしたソテツの画像

屋外での地植えが難しいなら、鉢植えでも管理できます。

観葉植物をイメージするとよく、育て方も観葉植物を参考にするといいでしょう。基本は日当たりが良く、やや乾燥気味で管理します(加湿を嫌う性質がある)。

また庭での地植えは、高植えにするのがコツです。日当たりと風通しが良い場所へ植えてあげてください。


【育て方のコツ】冬越しや株分けも紹介


知っておくべきソテツの基本情報

  • 【植栽適地】関東より西の地域
  • 【成長速度】★☆☆ 遅い
  • 【日照】★★★ 日なた
  • 【土壌の質】砂壌土
  • 【土壌の乾湿】★☆☆ 乾燥
  • 【根の深さ】★★☆ 普通
  • 【耐寒性】★★☆ 普通

西日の当たる場所でも、安心して植えられます。関東以北の寒い地域なら、鉢植えにしましょう。


植えつけ、移植(植え替え)

植えつけ適期は春と初夏です。

日なたになるような場所に植えます。あまり肥沃な土壌に植えず、やせた土地でも生育する丈夫な樹木です。


植えつけ時のポイント

地植えは高植えにすると、根腐れが起きにくくなります。

成長が遅いので、将来を見越して日陰にならない場所に植えましょう。


水やりのコツ

庭植えは夏期に晴天が続き、ひどく乾燥している場合を除き必要ありません。

鉢植えは鉢土の表面が乾いたらたっぷり与え、冬期は控えめにしましょう。


肥料のじょうずなやり方

基本的には必要ありません。

もしあまり成長しない場合は、7~8月に薄い液肥を施します。10日に1回が目安です。


冬越しのコツ

冬の風物詩 ソテツのこも巻き冬の風物詩 ソテツのこも巻き

ソテツは寒さにやや強く、気温が2~3°Cでも枯れることはありません。それ以下になる地域では、冬越しの準備が必要です。

ただ基本的に地植えの場合、氷点下になるような地域に植えるのは避けましょう。もし枯れるのが心配なら、ワラ(上画像:こも巻き)や通気性の良いシート(下画像:素人はこっちがおすすめ)で幹や葉をくるんであげます。

シートでくるんだソテツの木シートでくるんだソテツの木

鉢植えの場合はかんたんで、室内の暖かい場所へ移すだけです。なるべく日の当たる、南側の窓近くに置いてあげましょう。


Q.屋外に置いておいた鉢植えが、少し落葉しました...枯れてしまったのでしょうか?
悩む男性

長い期間、寒い戸外に置いておいたのが原因です。

しかし、株そのものはダメージを受けていないので、まったく心配ありません。すぐに室内に移し、暖かい場所で管理しましょう。

冬の間は乾かし気味に管理しておけば、初夏には元気な新芽が発生します。


増やし方(実生・株分け)

実生か株分けで増やします。


実生のポイント

実生(みしょう)とは、種子から苗木を育てることです。

10~11月に採取した実を乾燥させ、虫の穴がない種子を使います。

植木鉢に赤玉土を入れ種子をばらまき、その上に薄く土をかけます。その後、表面の土が流れないよう、植木鉢の底面から土に水をしみ込ませる「底面給水」をします。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。


株分けのポイント

株元から生える、小さなソテツ使って株分けします(すごくかんたん!)。

スコップを使って根から掘り上げ、その株を鉢植えにするのがコツです。そのあとは、普通の鉢植えのように育てます。

ソテツは株立ち種なので、幹から枝が生えることはありません。なので、挿し木で増やすことは不可能です。


【おすすめ3種類】通販で買えるソテツの木

通販で買えるおすすめソテツの木

ソテツの木はおしゃれなシンボルツリー🌴【玄関前の庭木におすすめです!】
悩む女性

どんなソテツの木を選んだらいいのか、まったくわからない...おすすめを教えてください!


それでは最後に、通販で買えるおすすめアオダモの苗木商品を紹介します!

値段の相場は、¥3,000~50,000ぐらい(大きさによる)です。小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして地植えにしましょう

植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方も、こっそり教えてもらいましょう。


1.ソテツ

鉢植えのソテツ

価格:¥~50,000
樹高:1.3m~
おすすめ度:5.0★★★★★

庭の地植え用で、背の高いソテツの木です。

ソテツは成長速度が遅いので、庭植えするならなるべく大きい商品を植えましょう。小さい苗木を植えると、いつまで経っても背が低く、シンボルツリーには見えません。

≫楽天で大きいソテツを見てみる


2.ソテツ鉢植え

鉢植えのソテツ

価格:¥~30,000
樹高:~0.7m
おすすめ度:4.0★★★★☆

70cmぐらいまでの、鉢植え用のソテツです。

観葉植物のように管理するのが正解で、室内に飾ればおしゃれなインテリアになります。友人や親戚の新築祝いに贈っても、すごく喜ばれるでしょう(だっておしゃれだから)。

≫楽天で鉢植えのソテツを見てみる


3.ザミア・プミラ

ザミア・プミラ

価格:¥~45,000
樹高:~0.1m
おすすめ度:4.0★★★★☆

メキシコ原産のソテツの仲間で、「メキシコソテツ」とも呼ばれます。

丸みを帯びた葉っぱが可愛らしく、日本のソテツとちがってトゲがありません。南国の雰囲気を演出してくれるのがうれしいです。寒さに弱いので、鉢植えで管理しましょう。

≫楽天でザミア・プミラを見てみる


ソテツの木はおしゃれなシンボルツリー🌴【玄関前の庭木におすすめです!】

それでは最後に、工事業者の探し方を紹介して終わりにします。

初心者でも安心して利用でき、時間やお金が無駄になる可能性が、ものすごく小さくなりますよ!


【無料】評判の良い庭業者のかんたんな探し方 🉐

工事業者の簡単な探し方どうやったら素敵な庭がつくれるかな...?

工事業者に悩む人
興奮する夫婦

庭木のあるおしゃれなガーデンをつくって欲しいです。

もし評判の良い業者の探し方があるなら、ぜひ教えてください!


そんなあなたに工事業者をかんたんに探せる「≫無料0円の一括見積もりサイト」を紹介します。このサービスをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 無料0円で見積り依頼できる
  • 数社で相見積もりでき比較検討できる
  • あなたの近くで評判の良い業者が見つかる

いちばんのメリットは無料で相見積もりできることで、適正な工事価格がわかり、複数社の見積もりと図面が比較検討できます。しかも、悪質な悪徳業者にだまされる心配なし!

このサービスを使えば「時間とお金の節約になる」ので、興味のある方はぜひ利用してみてください ⏬


まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • ソテツがどんな木かわかる
  • 庭木として植えるメリットがわかる
  • 通販で買えるおすすめのソテツがわかる

以上の3つです。


この記事では、ソテツの特徴や育て方(剪定・鉢植えなど)、庭木におすすめの品種も紹介しました。いかがだったでしょうか?

ソテツは成長速度がすごく遅い、手間のかからない初心者向きの庭木です。南国リゾートを再現したい人にぴったりで、玄関前に1本あるだけでも存在感がありますよ。


ソテツは仕事や子育てに忙しい人向けの庭木で、手間がかからないのが魅力です。

逆にいつまでも大きくならないのがデメリットなので、最初から背の高いソテツを植えるのがいいでしょう。



すぐ下の関連ページで「シンボルツリーランキング・おすすめの常緑樹・ニオイシュロラン」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はぜひご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、ソテツの木はおしゃれなシンボルツリー🌴【玄関前の庭木におすすめです!】…という話題でした。

更新:2023年01月09日|公開:2023年01月08日


【現在の位置】ホーム > 庭木 > ソテツの木



※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

ライター

菅間 勇
2級建築士・2級建築施工管理技士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構と庭の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

≫信頼できる情報発信に向けての取り組み


外構一括見積もりランキングTop3🏅【比較サイトのデメリットも正直に解説!】当社で対応できない人は、「≫無料0円の一括見積もりサイト」を試してみてください。
ランキングでおすすめサイトを紹介しています 🏅

【保存版⭐】あなたの家族が喜ぶ外構にしたい初心者向けノウハウ集まだ情報集めをしている段階の人には、「≫外構工事のノウハウ集」を紹介します。
お役立ち情報をまとめたもので、きっとあなたの助けになりますよ 👍