【ブッドレア🌳】なぜシンボルツリーにおすすめなのか?【理由5つと育て方を解説します】

更新日:2019.08.16.

花が長く楽しめるブッドレア

悩む美人

ブッドレアってどんな木なの?庭木に選ぶか迷っているんだけど...あと育て方も教えて欲しい。

と疑問を抱えている人の「ブッドレアの悩みを解決」できる記事になっています。

なぜなら、ブッドレアの特徴と育て方を解説し、あなたの家に植えるブッドレアとしてぴったりかどうか分かるからです。

この記事のポイントは次の3つです。

  • シンボルツリーにおすすめな理由
  • ブッドレアの特徴や育て方が分かる
  • おすすめブッドレアの値段が分かる

記事を読み終えると、ブッドレアの魅力が分かり、もうシンボルツリーとして植えるかどうか迷わなくなっているはずです。

当社クローバーガーデンは外構と庭工事の専門会社です。年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


【ブッドレア🌳】なぜシンボルツリーにおすすめなのか?【理由5つと育て方を解説します】

ブッドレアは当社クローバーガーデンがおすすめする庭木です。

蝶が集まるほど甘い香りの花を咲かせ、園芸品種が豊富で華やかな庭木です。販売価格帯は¥500~8,000ほど。夏に咲くカラフルな花は開花期が長くて楽しめ、丈夫で強くシンボルツリー初心者でも育てやすい庭木です。

ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり枯れる心配もあります...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

ブッドレアをあなたの家のシンボルツリーに選んでも間違いナシです



それでは、ひとつずつ解説していきます。


シンボルツリーにおすすめな理由

シンボルツリーとしてブッドレアを植えるメリットはたくさんあり、その中から5つを選んで解説します。その前に、シンボルツリーについて簡単に説明します。


シンボルツリーとは?

シンボルツリーとは、これからあなたの家族になる樹木のことで、新築時に植えることが多いです。記念樹として長く付き合っていくパートナーになるので、大切に育てていきましょう!


おすすめな理由5つ
  1. シンボルツリーに使える落葉低木樹
  2. バタフライガーデンが作れる
  3. 真夏に花を咲かせる
  4. 園芸品種が豊富
  5. 洋風の庭に合う

    1.シンボルツリーに使える落葉低木樹

    ブッドレアはシンボルツリーとしておすすめの庭木です。

    大きく育てると樹高は3m以上になり、敷地外から見ても目立つシンボルツリーにもなります。

    性質は強くて丈夫、寒さや病害虫に強いので、庭木初心者の方にもおすすめです。ただ、ブッドレアは横に広がっていく性質があるので、庭が狭い場合は鉢植えで育てましょう。


    2.バタフライガーデンが作れる

    ブッドレアには蝶が集まる

    蝶が集まる庭を作れたら、とっても素敵ですよね?

    ブッドレアは「バタフライブッシュ」と呼ばれるほど、バタフライガーデンの主役になれる庭木です。ブッドレアを中心に庭を設計すると、成功間違いなしです。

    具体的に植える樹木や草花は、甘い蜜を出す植物をおすすめします。例えば、庭木ならブッドレアやスイカズラ、草花ならシバザクラ・菜の花・ヒャクニチソウ・アザミ・バーベナなどです。

    しかし、蝶が集まるということは、ミツバチも集まることは覚えておきましょう。ただ日本ミツバチは大人しい性格なので、邪魔をしなければ滅多に刺されません。


    3.真夏に花を咲かせる

    ブッドレアは、真夏の6~9月に花を咲かせる庭木の代表種です。

    上記の通り、ブッドレアは甘い香りと甘い蜜を出すので、蝶が集まってくるほどです。花に誘われチョウが舞う情景は、夏のひとときに安らぎと彩りを添えてくれます。

    ブッドレアは花期が長く楽しめます。風にそよぐたおやかな花穂を、夏から秋にかけて途切れることなく咲かせ続けます。花は下の方から咲き始めて、先へ先へと花を咲かせていきます。

    真夏に咲くため南方系の花と思われがちですが、原産地は中国などで日本にも自生しています。


    4.園芸品種が豊富

    銀葉のブッドレア「シルバーアニバーサリー」

    ブッドレアの園芸品種は豊富で、現在では100種類以上栽培されています。

    昨今のガーデニングに人気があるのは、ブッドレア・ダヴィディ(B. davidii)別名フサフジウツギです。

    下の主な種類・品種でも10種類の園芸品種を紹介していますが、新しい品種も続々登場しています。

    初心者には基本種がオススメですが、「シルバーアニバーサリー」という銀葉のシルバーリーフ品種の人気が最近上がっています。ページ最後にあるおすすめのブッドレア3選の中でも紹介しています。


    5.洋風の庭に合う

    カラフルな花を咲かせるブッドレアは、洋風の庭にぴったりの庭木です。

    庭の人気アイテムであるウッドデッキやテラスまわりに植栽したり、フェンスにもたれさせるように植栽するのもおしゃれです。


    ブッドレアの概要

    • 分類:落葉低木
    • 学名:Buddleja davidii
    • 漢字:房藤空木
    • 別名:フサフジウツギ、ニシキウツギ
    • 科名:フジウツギ科
    • 属名:フジウツギ属
    • 原産地:中南米、アフリカ南部、東アジアなどに約100種。日本にも自生。
    • 花言葉:親しみのある関係

    ブッドレアとは?

    落葉低木樹のブッドレアはフジウツギ(Buddleja)の総称で、甘い香りのする花を円錐花序に咲かせます

    日本にはフジウツギやウラジロフジウツギが自生しますが、花はあまり美しくないので、庭木として最も一般的なのは中国原産フサフジウツギの園芸品種です。現在では約100種類もの園芸品種が栽培さています。


    名前の由来は?

    フジの花を逆さにしたような花姿から、「フサフジウツギ」の別名があります。


    ブッドレアの花言葉は?

    親しみのある関係


    ブッドレアの特徴

    • 樹高:2~5m
    • 花色:白、赤、紫
    • 開花期:6〜9月
    • 用途:シンボルツリー、庭木、鉢植え

    ブッドレアは樹高2~5mほどの落葉低木樹で、夏の6~9月に甘い香りのする小花を咲かせます。長さ10~25cmの円錐花序を作り、元から順に花が咲き、垂れ下がった姿が美しいです。

    花色の基本は白、赤、青ですが、現在では多数の園芸品種が栽培されていて、花色も基本色に濃淡が加わって豊富です。

    樹形は幹は株立ち、枝は横に伸び開張し先端は下向きです。葉っぱは対生でまれに互生し、披針形で全縁または歯牙縁で、長さ10~15cm程度です。

    樹高を大きくすればシンボルツリーにもなり、コンパクトに維持するなら鉢植えでも育てられます。


    なぜバタフライブッシュと呼ぶの?

    ブッドレアに訪れたタテハチョウ

    ブッドレアは英語圏で「バタフライ・ブッシュ(butterfly bush)」と呼ばれ、チョウを呼ぶ樹として有名です

    夏に咲かせる小花が芳香を放ち、しかも蜜が豊富なため、蝶がよく集まってくるからです。

    夏に発生する蝶で、このブッドレアを訪れない蝶はいないと言っても過言ではありません。例えば、アゲハチョウ・モンシロチョウ・キタテハ・ヒョウモンチョウ・モンキアゲハ・ナガサキアゲハなどなど...逆に訪れない蝶は、樹液を吸うオオムラサキやタテハチョウの仲間です。

    蝶が集まる理由は甘い蜜があるからで、他の害虫は集まらないので安心してください。


    ブッドレアの育て方・栽培のポイント

    • 植栽適地:本州、九州、四国
    • 成長スピード:★★★ 速い
    • 日照:★★★ 日なた
    • 土壌の質:壌土
    • 土壌の乾湿:★★☆ 中間
    • 根の深さ:★☆☆ 浅い
    • 耐寒性:★★★ 強い
    • 耐暑性:★★★ 強い
    • 耐陰性:★☆☆ 弱い

    栽培が容易で、栽培は露地が基本です。日当たりと水はけのよい土地を好み、土質は有機質に富む肥沃な壌土か砂質壌土に適します。


    植えつけ

    植えつけ適期は2~4月です。

    庭への植えつけは、植え穴は大きめに掘り、腐葉土や堆肥を入れよく混ぜて植えつけます。少し深めに植え付けるのがポイントで、根元から元気の良い新梢が出ます。支柱を立てることも忘れずに。

    越夏、越冬は戸外が基本ですが、品種によって耐寒力の弱い種類もあります。枝が大きく広がるので、植付け場所をある程度広い場所にすれば、その後の管理が楽です。


    水やり

    庭植えは夏期に晴天が続き、ひどく乾燥している場合を除き必要ありません。

    鉢植えは鉢土の表面が乾いたらたっぷり与え、冬期は控えめにしましょう。


    肥料

    肥料は、12月~1月に寒肥を施し、開花期(6~9月)も様子を見ながら追肥を数回施すとよいでしょう。

    油かすや粒状化成肥料を施し、元気の良い新梢を出すようにしましょう。


    ふやし方

    挿し木か実生でふやします。


    挿し木のポイント

    挿し木の適期は5~6月ごろです。

    春に伸びた新梢から勢いのあるものを選び、葉を数枚残し10cmくらいの長さに切り挿し穂を作ります。切り口は斜めにし、水を入れたコップに数時間つけ水あげします。これは発根を促す目的があります。

    植木鉢にバーミキュライトや鹿沼土を入れ、挿し穂を半分ぐらいの深さまでさします。日なたで管理しましょう。


    実生のポイント

    実生(みしょう)とは、種子から苗木を育てることです。

    4月以降が種子播きの時期です。種子は非常に細かいので、調整済みピートモスなど微細粒子の用土を使用しましょう。葉っぱが開いたらポットで育苗し、庭などに植えつけます。


    病害虫

    ブッドレアは病害虫に強い庭木で、風通しと日当たりを良くしながら育てると、病害虫はほとんど出ません。

    ただ時々、アブラムシやカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)の発生があるので、見つけ次第早めに駆除しましょう。

    おすすめの殺虫剤

    ブッドレアの剪定のポイント

    甘い香りを放つブッドレアの花
    • 適期:6~9月(花がら摘み)、12~3月
    • 仕立て方:自然樹形

    ブッドレアの剪定適期は2つあり、開花中の6~9月と落葉期の12~3月です


    開花期の剪定

    ブッドレアの生長は早く、開花期(6~9月)で気温が高ければ次々に花を咲かせるので、その花が終わったら花がら摘みと切り戻しを行います。

    花がら摘みの目的は、花後に成熟する種子が育つ子房の除去で、残すと結実に栄養分が使われ次の開花が減少してしまうためです。花後は花がらが脱落せず茶色く見苦しいので、早めに花を摘むように心がけましょう。

    切り戻しの目的は、花後の花つきや見栄えをよくするためです。花後に花穂のつけ根から切って次の花を咲かせる、またその花後に花穂のつけ根から切って次の花を咲かせる、という作業を開花期が終わるまで続けます。

    花がら摘みと切り戻しと丁寧に行えば、樹形が乱れずコンパクトにまとまり、開花中はずっと花が楽しめます


    落葉期の剪定

    落葉期(12~3月)には強めに剪定を行い、地上50~60cmですべての枝(幹)を切ります。鉢植えなら30㎝程度が目安です。

    きれいな株立ち仕立てにする場合は、前年枝を1~2節残して節の上で切ります。

    また、勢いよく出るひこばえ(根元から生えてくる若芽)の中から、古くて枯れたものを地ぎわから切って株元を整理します。また、幹の途中から伸びている枝は、新しい枝を残し古い枝は切り取ります。


    コンパクトに維持するコツ

    ブッドレアをコンパクトに仕立てたい時は、前年枝を強く切り戻すのがコツです。

    さらに新梢が10~20cm伸びた頃、枝先を指で摘み取ると、枝が分かれてコンパクトに仕上がります。

    ただ、ブッドレアは枝が大きく広がるので、植える場所が狭い場合は庭植えをせず、鉢植えで育てることをおすすめします


    ブッドレアの主な種類・品種

    • ハーレクイーン:花が濃紫赤色で小型品種
    • ピンクパール:花が濃紅色の品種
    • ロイヤルレッド:花が濃赤色の品種
    • ホワイトクラウド:花が白色の品種
    • ナンホーブルー:花が濃青色の品種
    • ブルーダイヤモンド:花が濃青色の品種
    • ボーダービューティー:花がピンク色の品種
    • フラワーパワー:花がピンク~オレンジ色
    • アルテニフォリア:花が淡紫色の品種
    • シルバーアニバーサリー:銀葉のシルバーリーフ品種

    ブッドレアの販売価格帯

    ブッドレアの価格帯は¥500~8,000ぐらい(大きさによる)です。

    背の高さは0.1~1mほどで、小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして使うことをオススメします!


    植え込みについて

    当社クローバーガーデンで管理できる埼玉県内にお住いの方は、「植え込みのみも可能」なのでご相談ください。
    埼玉県以外の方はご自分で植えるか、できればお近くの外構・造園業者に相談することをすすめます。

    草花と違い庭木は素人が植えると失敗することが多いので、特に初心者の方は業者に依頼し、その後の管理の仕方をアドバイスしてもらうといいでしょう!


    おすすめのブッドレア3選

    初心者美人

    どんなブッドレアを選んだらいいのか、教えてください!

    それでは最後に、当社クローバーガーデンがオススメするブッドレアの商品を紹介します!

    植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方もこっそり教えてもらいましょう。


    1.ブッドレア 1.2m

    価格:¥8,532(2019年08月16日時点の楽天の価格)
    評価:5.0★★★★★

    庭に植えるのに最も使いやすい大きさのブッドレアで、花色は濃紫色です。玄関前のシンボルツリーとして使うとおしゃれに決まりますよ!

    ≫このブッドレアについてもっと詳しく見る




    2.ブッドレア 0.2m

    価格:¥432(2019年08月16日時点の楽天の価格)
    評価:4.0★★★★☆

    銀葉シルバーリーフのブッドレアで、人気のカラーリーフプランツとしておすすめです。1株なら鉢植えで、あるいはまとめて数株買って庭植えにしましょう。おしゃれでかっこいいガーデンデザインができますよ!

    ≫このブッドレアについてもっと詳しく見る




    3.ブッドレア 0.6m

    価格:¥2,138(2019年08月16日時点の楽天の価格)
    評価:4.0★★★★☆

    紫色の花を咲かせるブッドレアの園芸品種アルタニフォリアで、枝が垂れ下がる珍しい品種です。

    ≫このブッドレアについてもっと詳しく見る


    まとめ:ブッドレアは庭木に最適!

    記事のポイントをまとめます。

    • シンボルツリーにおすすめな理由
    • ブッドレアの特徴や育て方が分かる
    • おすすめブッドレアの値段が分かる

    以上の3つです。


    蝶が集まるほど甘い香りの花を咲かせ、園芸品種が豊富で華やかな庭木です。販売価格帯は¥500~8,000ほど。夏に咲くカラフルな花は開花期が長くて楽しめ、丈夫で強くシンボルツリー初心者でも育てやすい庭木です。

    当社クローバーガーデンも特にオススメする木なので、多くの人にブッドレアの魅力が伝わったらうれしいです★


    このページを読んだ人はこちらもオススメ!



    以上、【ブッドレア🌳】なぜシンボルツリーにおすすめなのか?【理由5つと育て方を解説します】…という話題でした。

    更新:2019年08月16日|公開:2012年11月29日

    現在の位置:ホーム > シンボルツリーの役割と選び方 > ブッドレア


    RELATED



    ※ このサイトについて

    埼玉県で営業する「クローバーガーデン」が運営するサイトで、当社は「外構工事と庭づくり」専門業者です


    工事内容

    新築外構の工事例45件庭ガーデンの工事例10件リフォームの工事例10件

    工事費・価格帯

    49万円以下50 ~ 99万円100 ~ 199万円200 ~ 299万円300万円以上

    デザイン・スタイル

    オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

    施工場所

    門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

    対応エリア

    埼玉県さいたま市埼玉県さいたま市西区埼玉県さいたま市北区埼玉県さいたま市大宮区埼玉県さいたま市見沼区埼玉県さいたま市中央区埼玉県さいたま市桜区埼玉県さいたま市浦和区埼玉県さいたま市南区埼玉県さいたま市緑区埼玉県さいたま市岩槻区埼玉県川越市埼玉県上尾市埼玉県伊奈町埼玉県蓮田市埼玉県桶川市埼玉県三芳町埼玉県ふじみ野市|川島町、富士見市、鶴ヶ島市、志木市、戸田市、狭山市、朝霞市、坂戸市、北本市

    施工アイテム

    塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガカーポートウッドデッキフェンス機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)|石張り、庭木の剪定、コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装、物置など