アケビはかわいい紫花の庭木🤩【食べ方-栽培-育て方-種類のポイントも解説します】

更新日:2021.01.19.

アケビの植栽例・花・果実(秋の味覚)


悩む夫婦

アケビってどんな木なの?庭栽培するかどうか迷っているんだけど...ついでに育て方も教えて欲しい。

それと庭工事も考えているので、評判の良い業者の探し方も知りたいな。


と悩みを抱えている人に向けて書きました。

ポイントは次の3つです。

  • アケビの木の特徴や育て方
  • 庭栽培におすすめな理由5つ
  • 通販で買えるおすすめアケビ3選

記事を読み終えると、アケビがどんな木なのかわかり、もう庭木に選ぶかどうか迷わなくなっているはずです。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています



アケビはかわいい紫花の庭木🤩【食べ方-栽培-育て方-種類のポイントも解説します】

アケビの開いた果実

アケビは当社クローバーガーデンがおすすめする家庭果樹です。

野趣あふれる甘い果実が秋に熟し、仕立てが自由なつる性の庭木です。苗木の販売価格帯は¥1,000~3,000ほど。フェンスにつるを絡ませて楽しめ、すっきり味の実の食べ方も解説します♪


ただ植える場所を選ばず、管理もおろそかにすると、病気になったり枯れる心配もあります...でもこのページをじっくり読んでもらえれば、その解決策もしっかり解説していますので心配ありませんよ。

アケビをあなたの家の果樹に選んでも間違いナシです



それでは、ひとつずつ解説していきます。


アケビはかわいい紫花の庭木【基本情報】

アケビの果実と蔓

ここでのポイントは5つ
  • アケビってどんな木なの?
  • アケビとムベの違い・見分け方は?
  • 名前の由来は?
  • 漢字の「木通と通草」の意味は?
  • 花言葉はなに?

アケビってどんな木なの?

落葉性つる性木本のアケビは日本と中国原産で、つるを自由に仕立てて楽しめる庭木のひとつです。

秋には見て楽しめる野趣豊かな果実がなり、すっきり味の甘さが楽しめます

  • 分類:落葉性つる性木本
  • 学名:Akebia quinata
  • 漢字:木通、通草、野木瓜
  • 科名:アケビ科
  • 属名:アケビ属
  • 原産地:日本、中国
  • 花言葉:才能、唯一の恋

アケビとムベの違い・見分け方は?

ムベの果実

アケビに似た樹木に「ムベ」があります。

大まかな違いはこれです。

  • アケビ:落葉性で寒さに強い
  • ムベ:常緑性で寒さに弱い

また、見分け方はこれです。

  • アケビ:実が熟すと果皮が割れる
  • ムベ:実が熟しても果皮は割れない

他には、アケビには葉数の違いや果皮の白いものなど種類が多いですが、ムベは1種類のみです。


名前の由来は?

果実が熟すと、皮がパカッと開くことから「開け実=あけび」と名付けられました。

あるいは、冬に実がなる「ムベ」に対し、秋に実のなるアケビは「アキムベ」を呼ばれ、それが変化してアケビとなった説もあります。

また、実が開いた状態が「人間のあくび」に似ていることから「あくび → あけび」となったオモシロい説もあります。


漢字の「木通と通草」の意味は?

アケビのつるを切って吹くと、空気が通ることから「木通=木に空気が通る」と「通草=草に空気が通る」となりました。


花言葉はなに?

「才能」「唯一の恋」など良い意味があります。


庭栽培におすすめな理由5つ


おすすめな理由5つ
  1. 家庭栽培に使える落葉つる植物
  2. つるをからませて楽しむ
  3. 果実が甘くておいしい
  4. つるがリース作りの材料になる
  5. 寒さに強く育てやすい

    それでは、ひとつずつ解説していきます。


    1.家庭栽培に使える落葉つる植物

    アケビは家庭果樹としておすすめの庭木です。

    最大の魅力は、生で食べられる果実が収穫でき、見て楽しむこともできます。他には、つる植物のように仕立てる楽しさがあり、フェンス沿いなどにはわせて育てます。

    コンパクトに維持するには鉢植えがおすすめで、庭植えでは小さく仕立てるのは難しいです。

    • つるの長さ:3~7m
    • 花色:紫
    • 開花期:4~5月
    • 果実色:紫
    • 果実熟期:9~10月
    • 用途:棚仕立て、フェンス、アーチ、パーゴラ、盆栽

    樹木の特徴

    アケビはつるの長さが3~7mほどの落葉つる植物で、春の4~5月にきれいな紫色の花を咲かせます。

    つるは非常に丈夫で、樹木などにからんで高く登ります(絡むものが無い場合は、ほふくして伸びる)。根元から多数のつるを勢いよく伸ばすので、パーゴラやフェンスなどに絡ませ「棚仕立て」にして楽しみます

    ただ、放任するとつるがあちこち伸びて、手に負えなくなるのがデメリットです。最初に計画を立ててから仕立てましょう。


    花の特徴

    アケビの花(真ん中が雄花・やや大きいのが雌花で2つある)

    春の4~5月に、垂れ下がったうつむいた花を咲かせます。色は濃い紫。

    雌雄同株で総状花序となり、1本の花穂の基部に雄花、先端に雌花がつきます。雄花は多数で淡い紫色(直径1~2cm)、雌花は1~2個で濃い紫色でやや大きい(直径3cm)です。

    実際は花びらはなく、3枚のがく片が花びらのように見えます。観賞価値は高いです。


    葉っぱの特徴

    小さな葉っぱが5枚ある「ゴヨウアケビ」

    アケビの代表種は五葉アケビ(ごようあけび)と三葉アケビ(みつばあけび)で、それぞれ5枚と3枚の葉っぱを持ちます。

    五葉アケビは小さな葉を5枚、手のように広げます(掌状複葉)。長さは1~3cm。花柄が長く、葉の形は楕円形、先端は少しくぼんでいます。縁は滑らかで、緩やかな波型のギザギザ(鋸歯)があります。

    三葉アケビは小さな葉を3枚あります。長さは3~6cm。花柄が長く、葉の形は卵形、先端は少しくぼんでいます。五葉アケビより大きい波型のギザギザ(鋸歯)があります。

    秋に黄色く紅葉します。


    2.つるをからませて楽しむ

    アケビの元気に伸びたつる

    アケビのつるは細くしなやかなので、パーゴラやフェンスなどにからませて楽しみます。

    何にもはわせずに栽培すると、日々の管理が面倒になります。上手に誘引しましょう!

    おしゃれな活用方法は2つあります。1つは、ウッドフェンスやラティスフェンスを使って仕立てれば、おしゃれなナチュラルガーデンが完成します。もう1つは、棚仕立てにすることで、日陰が作れ果実の収穫も楽になります。

    あるいは、グランドカバーとして地面をはわせてもいいでしょう。


    3.果実が甘くておいしい

    秋の味覚の「アケビ・柿・栗」

    アケビは秋の味覚として、おいしい果実が収穫できるのが魅力です。

    9月ごろに果実が熟し、皮がパカっと割れるのが特徴です。形は卵形~長楕円形で長さ10~12cm。中に多数ある種子は、黒褐色で長さ4~5mm。

    すっきりした甘い味わいのフルーツとして、生で食べるのがいいでしょう。下の「≫アケビの食べ方と味はうまいか?」で詳しく解説しています

    アケビの果実はあまり出回っていません。熟した食べ頃の果実を味わうことができるのは、家庭果樹ならではのメリットですね!

    デメリットは1本だけだと果実がなりにくいことで、近くに受粉樹を植える必要があります。詳しくは下の「≫果実をおいしく実らせ収穫する方法」で解説しています


    4.つるがリース作りの材料になる

    手作りリースの例

    アケビのつるは、つる細工として色々な加工品が作れます。

    しなやかで折れにくいつるは、リース作りの材料にぴったりです。1本のつるが長いもので7mにもなるので、大きなリースもかんたんに作れます。

    ぐるぐるっと巻いたリースには、ドライフラワーを飾り付けるとおしゃれでかっこいいです。作ったリースは長持ちするので、クリスマスにも使えますよ!


    5.寒さに強く育てやすい

    アケビの木にはつるがいっぱい

    アケビは果樹初心者でも育てやすい庭木です。

    寒さに強く、日本全国の広い範囲で植栽可能な家庭果樹です。関東以西の暖地は露地で越冬でき、関東以北の地域では冬に防寒する必要があります。

    また、剪定の手間も少なく、からみ合ったつるを整理する程度で管理できます。


    アケビの食べ方と味はうまいか?

    アケビの熟した紫色の果実

    アケビの果実は捨てるところが無く、全部食べられます。

    • 生食できる:中の果肉
    • 料理する:外の皮

    果肉の食べ方

    アケビの果実の中には、白いゼリー状の果肉が入っています。

    これは生食でき、一緒にある黒いタネをペペッと吐き出しながら食べます。舌で果肉とタネを引き離す感じです。

    そのまましゃぶりついても良し、スプーンで上品に食べても良し!

    味はすっきりした甘みがあり、独特の風味があります。昔の子供達は山遊びをしながらアケビをとって、その場で食べていました(おやつ代わり)。そんな情景が浮かぶ懐かしい味です。


    うまいか?

    「うまいか?まずいか?」、どちらかと言うと「うまい!」です。

    なかなか手に入らない果物なので、話のタネに食べておいてもいいでしょう。

    可食部は少ないので、お腹いっぱいにはなりません。


    皮の食べ方

    アケビの外側の皮は、ゴーヤのように苦い味がします。

    そこで天ぷらや油炒めにすることが多いです。また、中の果肉をとって肉詰めしたりもします(ピーマンみたいに)。

    それぞれの地方によって、独特の食べ方があります。


    新芽も食べられる

    アケビの新芽も食べられます。

    摘んだ新芽をよく水洗いし、熱湯でさっとゆでて食べます。山菜のように早春の味覚として味わえます。


    アケビの実をぜひ食べてみたい人は?

    価格:¥2,726
    内容量:1kg

    アケビの果実の旬は9月ごろなので、その時期になったら配達してくれる山形県産の商品です。

    山形県は全国一のあけび生産地で、数多くの品種が栽培されています。

    このアケビは「土門商店さん」の商品です。

    ≫楽天でこのアケビの実を見てみる


    【アケビの育て方】鉢植え栽培のコツも解説


    • 植栽適地:本州、四国、九州
    • 生長スピード:★★★ 速い
    • 日照:★★☆ 日なた~半日陰
    • 土壌の質:砂壌土
    • 土壌の乾湿:★★☆ 普通
    • 根の深さ:★★☆ 普通
    • 耐寒性:★★★ 強い
    • 耐暑性:★★☆ 普通
    • 耐陰性:★★☆ 普通

    育て方のポイント!

    とても丈夫な樹木で、果樹初心者でも育てるのが簡単です。

    家庭園芸では露地栽培、または移動可能なコンテナ栽培がおすすめできます。


    植栽適地

    本州・四国・九州で植栽可能で、冬の寒さにも強い庭木です。

    関東以西の暖地は露地で越冬でき、関東以北の地域では冬に防寒する必要があります。

    冬の寒さと寒風による乾燥を防ぐことが大切です。


    植付け、移植(植え替え)

    植えつけ適期は、厳寒期を除く12~3月です。

    日当たりがよく、通気性・排水性のよい土地を好み、極端な低温は嫌います、腐植質に富み、保湿性のある場所に植えます。

    植え穴は大きく浅めに掘り、堆肥や腐葉土をよく混ぜて植えることがポイントです。細長い根を切らないように注意し、丁寧に植えつけます。湿り気の多い土地では、少し高畝にして植つけましょう。

    先端から伸びる必要なツル以外は、早めに切ることが大切です。


    水やり

    極端な乾燥、過湿を嫌うため、春から晩夏の生育期間中は、用土が乾いてから水を与え、低温期間は水やりを控えましょう。

    植付け後はたっぷりと水やりをし、根は絶対に乾かさないことが大切です


    肥料

    2月頃(寒肥)と9月上旬に、油かすと骨粉を等量混合したものを1~2握り根元に施すといいでしょう。


    鉢植え栽培のコツ

    導入は鉢物またはポット苗が一般的です。鉢管理は暖地では戸外でよいが、寒さの厳しい地域では、冬期に日当たりのよい室内で管理しましょう

    コンテナ用土は赤玉土を主体にします。腐葉土と完熟堆肥を各1~2割混合した配合土を用いましょう。

    鉢植えは、剪定し切りつめた株を年1回程度、株の生育にあわせひと回り大きな鉢に植え替えます。


    増やし方

    実生・とり木でふやします。


    実生のポイント

    実生(みしょう)とは、種子から苗木を育てることです。

    デメリットとして、同じ形質のものが出ない可能性があります。

    9~10月によく熟した実を選び、採りまきします。果実の果肉をつぶして種を取り出し、水で果肉をよく洗い落とします。

    果肉には発芽を抑制する物質が含まれているので、ていねいに取り除くことが大切です。

    植木鉢に赤玉土を入れ種子をばらまき、その上に薄く土をかけます。その後、表面の土が流れないよう、植木鉢の底面から土に水をしみ込ませる「底面給水(腰水)」をします。直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。


    取り木のポイント

    取り木の適期は4~8月ごろです。

    新梢から勢いのあるものを選び、枝の周りを3~4カ所ナイフで削ります。ビニール袋をとり木する場所のすぐ下で結び、そこへ水につけておいた水ゴケを軽く絞り、切り口に巻きます。

    発根(4~5カ月)したら根の下で丁寧に切り離し、ビニール袋と水ゴケを取り除きます。

    最後に、植木鉢に赤玉土と腐葉土を混ぜたものを入れ、そこに植えつけましょう。


    病害虫

    日当たりと風通しが悪いと病害虫が発生します。

    とくに注意したいのが「アケビコノハ」の幼虫で、見つけ次第駆除します。体の胴部分に、2つの目玉模様がある珍しい幼虫です。

    主な害虫は「アブラムシ」、病気は「うどん粉病・灰色かび病」などです。

    うどん粉病は、若い葉や茎の表面にうどん粉をまぶしたように白いかびが生えます。


    おすすめの殺虫剤・殺菌剤

    果実をおいしく実らせ収穫する方法

    まるまる太ったアケビの果実

    果実をおいしく実らせる方法

    アケビの実を上手にならせるには、次のことを覚えておきましょう。

    • 自家結実しにくい
    • 受粉樹を近くに植える

    アケビは雌雄同株で、1本の木に雄花と雌花をつけます。しかし自分の花粉ではあまり結実しなく、その代わり他の株を花粉ならかんたんに結実する性質があります。近くに受粉樹を植えることが必要です。

    家庭栽培におすすめなのは「ミツバアケビ」なので、受粉樹として「ゴヨウアケビ」を近くに植えましょう。


    人工受粉は必要か?

    効率よく実らせるには「人工授粉」が効果的です。

    開花期(4~5月ごろ)に筆や綿棒を使って、雄花の花粉を雌花のめしべにつけましょう。この時、軽く触れるように人工受粉することがコツです。


    摘果をしましょう

    摘果とは、より良い果実を実らせるため、小さいものや形の悪いものを摘み取ることです。

    1カ所にたくさんの果実がついた場合は、1カ所に1~2個を目安に摘果しましょう


    収穫時期はいつごろか?

    収穫時期は9~10中旬ごろが最適です。

    ポイントは、果皮が薄紫色に色づいて、果実が割れて柔らかくなったタイミングで収穫することです。すぐに生食しましょう。

    すぐに食べない場合や人にあげるときは、果皮が割れる前に収穫します。果実に弾力性が出て、縫合線部分が白くなったものを収穫しましょう。


    【アケビの剪定】時期は落葉期の冬がベスト!


    • 適期:12~2月
    • 仕立て方:つる仕立て

    剪定のポイント

    剪定は冬季の落葉期(12~2月)に行いましょう

    ツルはムベのように太くならないので、からみ合ったツルを整理することが大切です。


    剪定の効果的なやり方

    アケビのつるは細くて絡みやすい特徴があります。

    からみ合った部分のつるは整理するように間引き、風通しと日が入るように透かします。

    また、長く伸びすぎたつるはつけ根から切るか、翌春に花が咲く花芽を残して切り戻ります。弱い枝や遅く伸びた枝に花芽はつきません。


    剪定だけしてくれる業者ってあるの?

    剪定だけ依頼したい人は、「剪定110番」へ相談してみてください。日本全国対応してくれます。

    「1本あたり2,890円~」でプロによる庭や庭木の手入れ、高所など作業しにくい庭木の剪定に困っている方におすすめです。



    【アケビの種類】大きい実がなる品種もある

    アケビのあくびしたような果実
    • ゴヨウアケビ:5枚の小さな葉を持つ
    • ミツバアケビ:3枚の小さな葉を持つ
    • シロミノアケビ:花と果実が白色
    • 紫水晶:大きな実がなる(ジャンボアケビ)
    • 紫幸
    • 紫宝
    • 蔵王紫峰
    • 月山白雪

    通販で買えるおすすめアケビ3選


    悩む女性

    どんなアケビを選んだらいいのか、まったくわからない...おすすめを教えてください!


    それでは最後に、通販で買えるおすすめアケビの苗木商品を紹介します。

    値段相場は¥1,000~3,000ぐらい(大きさによる)です。背の高さは0.5~2mほどで、小さい木は鉢植えに、大きい木は庭木として地植えに使うことをオススメします。

    植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方もこっそり教えてもらいましょう。


    1.ジャンボアケビ 紫水晶

    価格:¥2,750
    樹高:30cmm
    おすすめ度:5.0★★★★★

    ミツバアケビの品種「紫水晶」で、大きな果実がなるので「ジャンボアケビ」とも呼ばれています。美しい紫色の果実も魅力です。

    アケビは1本では実がなりづらいので、下の3で紹介する「ゴヨウアケビ」も一緒に植えましょう。

    このアケビは「日本花卉ガーデンセンターさん」の商品です。

    ≫楽天でこのジャンボアケビを見てみる


    2.三つ葉アケビ

    価格:¥1,898
    樹高:20cm
    おすすめ度:4.0★★★★☆

    甘くておいしい果実がなるミツバアケビで、家庭果樹にはゴヨウアケビよりもこちらがおすすめです。

    アケビは1本では実がなりづらいので、下の3で紹介する「ゴヨウアケビ」も一緒に植えましょう。

    このアケビは「苗木部さん」の商品です。

    ≫楽天でこの三つ葉アケビを見てみる


    3.五葉アケビ

    価格:¥1,898
    樹高:20cm
    おすすめ度:5.0★★★★★

    山野に自生しているのはこの「ゴヨウアケビ」で、家庭果樹にはミツバアケビがおすすめです。

    上の1と2は「三つ葉アケビ」なので、受粉樹としてこの「五葉アケビ」が必要です。一緒に購入しましょう。

    このアケビは「苗木部さん」の商品です。

    ≫楽天でこの五葉アケビを見てみる


    【無料】評判の良い庭業者の探し方

    庭木を植えるだけでなく、庭工事もいっしょにやって欲しい人いますよね?

    そこで庭×外構業者をかんたんに探せる「無料一括見積りサイト」を紹介します。このサービスをおすすめする理由は以下の3つです。

    • 無料で見積り依頼できる
    • 近くの評判の良い業者が探せる
    • 1社だけでなく数社見積もりできる

    無料で相見積もりできるのが最大のメリットで、適正な工事価格がわかり、依頼した業者の工事が適正かどうか比較検討できます

    このサービスを使えば「時間とお金の節約になる」ので、興味のある方はぜひ利用してみてください⏬


    まとめ:アケビは家庭果樹に最適!

    記事のポイントをまとめます。

    • アケビの木の特徴や育て方
    • 庭栽培におすすめな理由5つ
    • 通販で買えるおすすめアケビ3選

    以上の3つです。


    野趣あふれる甘い果実が秋に熟し、仕立てが自由なつる性の庭木です。苗木の販売価格帯は¥1,000~3,000ほど。フェンスにつるを絡ませて楽しめ、すっきり味の実の食べ方も解説しました♪

    当社クローバーガーデンも特にオススメする木なので、興味があったらぜひ植えてみてください😊


    このページを読んだ人はこちらもオススメ!


    以上、アケビはかわいい紫花の庭木🤩【食べ方-栽培-育て方-種類のポイントも解説します】…という話題でした。

    更新:2021年01月19日|公開:2012年11月25日

    現在の位置:ホーム > シンボルツリー > アケビ




    RELATED


    ※ このサイトについて

    「クローバーガーデン埼玉」が運営するサイトで、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり」専門業者です👷

    ⭐ よく読まれている記事6選 ⭐

    新築外構・エクステリア工事一式庭・ガーデン工事リフォーム工事

    オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

    門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

    塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガ石張り舗装カーポートウッドデッキフェンス角柱機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)物置|コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装