(有)クローバーガーデンのロゴマーク
外構工事&庭づくり専門アドバイザー
会社案内問い合わせ
ホーム > シンボルツリー【74記事】

シンボルツリー【74記事】

更新日:2018.11.30.

  1. シンボルツリー人気おすすめ15種と選び方【プロが徹底解説!】
  2. シンボルツリー探しでお悩みなあなたへ。当記事ではシンボルツリー選びについて解決する方法をご紹介しています。これを見ればあなたにぴったりの庭木が見つけられますよ♪どうぞご覧下さい!


  3. ハナミズキ(花水木)が庭木におすすめな理由6コと育て方【プロが徹底解説!】
  4. シンボルツリーに使え春の訪れを告げるハナミズキは、庭木として人気でどこの地域にも「花水木通り」があるほど有名な木です。小さい庭で樹高を高くしたくない場合は、幹を2m前後のところで切り、横枝を張らせるのが剪定のポイント!


  5. アセビ(馬酔木)が庭木におすすめな理由8コと育て方【プロが徹底解説!】
  6. シンボルツリーに使え、日本の山に自生する常緑低木樹。毒性の強い有毒植物で、昔はその煮汁がハエ・ウジの駆除剤や農作物の殺虫剤として利用されました。


  7. アジサイ(紫陽花)|育て方のポイントと特徴
  8. シンボルツリーに使える。花芽が凍害の被害を受けないように、南向きに植込むのがよい。最近は鉢植えに向くセイヨウアジサイ(ハイドランジア)が人気がある。


  9. フジは藤棚で楽しむ!育て方のポイントと特徴
  10. シンボルツリーに使えるツル性落葉木本。花期4~7月。藤棚をつくり管理すると、花房が垂れ下がり、非常に綺麗に観賞することができる。


  11. ブッドレア、フサフジウツギ|育て方のポイントと特徴
  12. シンボルツリーに使え、約100種類分布。「フサフジウツギ」は枝先に小さな花が集まり、長さ10~25cmの円錐花序をつくる。花色は紅、桃、藤、紺、白で芳香がある。


  13. マサキ|育て方のポイントと特徴
  14. シンボルツリーに使える。常緑低木または小高木。樹勢が強く場所を選ばない、塩害にも強い。モザイク病、うどんこ病、斑点病が出るので、薬剤で防除する。


  15. ウメ(梅)|育て方のポイントと特徴
  16. シンボルツリーに使え、日当たりがよく排水がよい場所に定植する。根は強く、比較的育てやすい。春にはアブラムシによる縮葉に気をつけて、新緑が出た頃、消毒を行う。


  17. ヤマブキ(山吹)|育て方のポイントと特徴
  18. シンボルツリーに使える。春の開花後6月頃出てくる若い枝を挿し木にするか、春先に地下茎から出てくる新芽を切り離して植付ける。


  19. ボケ(木瓜)|育て方のポイントと特徴
  20. シンボルツリーに使える。落葉・半落葉性低木。高さ50~200cm。花期は秋~春。花色は白、オレンジ、赤を基調に濃淡があり、斑入りや覆色など様々。


  21. エゴノキが庭木におすすめな理由7コと育て方【プロが徹底解説!】
  22. シンボルツリーに使えるエゴノキの育て方や剪定方法などを紹介。落葉高木樹で花は白く5~6月に垂れ下がって咲きます。園芸品種「ピンクチャイム」は狭い庭に使いやすくおすすめです!


  23. モミジ(カエデ)が庭木におすすめな理由5コと育て方【プロが徹底解説!】
  24. モミジ(カエデ)を庭木に選ぶかでお悩みなあなたへ。当記事ではモミジ(カエデ)の魅力と育て方についてご紹介しています。これを見ればモミジ(カエデ)があなたの家にぴったりな理由がわかりますよ♪どうぞご覧下さい!


  25. ブルーベリー|育て方のポイントと特徴
  26. シンボルツリーに使える。酸性土壌を好むのでpHを測り、アルカリ性の土壌ではピートモスなどを混ぜて土壌改良を行う。乾燥気味の場合は水を与える。


  27. アカシア|育て方のポイントと特徴
  28. シンボルツリーに使え、約600種類分布。花は冬から春にかけて咲く種類が多いが、四季咲き性の種類もある。小苗のうちは倒れやすいので支柱を立てる。


  29. オオデマリ|育て方のポイントと特徴
  30. シンボルツリーに使える。花の大きさは花序の直径が10cm程度と大きく、アジサイのようである。本州から沖縄までの庭木、公園樹として利用される。


  31. ニセアカシア(ハリエンジュ)、フリーシア|育て方のポイントと特徴
  32. シンボルツリーに使え、5~6月にかけての新葉の明るい黄金色が美しい。落葉期に強い剪定を行って樹形を整えると良い。


  33. ピラカンサ|育て方のポイントと特徴
  34. シンボルツリーに使え6種類分布。常緑低木。花期5~6月。密集する葉は小形で光沢があり、常緑である。実は冬に赤や黄色に色づき美しい。また、刺もある。


  35. センリョウ(千両)|育て方のポイントと特徴
  36. シンボルツリーに使える。山林半日陰に自生する常緑小低木。花期は6月中旬で、花が終わると球形の果実ができ11月中旬には熟す。


  37. アブチロン|育て方のポイントと特徴
  38. シンボルツリーに使え、比較的低温に強く0℃まで耐えられるので、戸外に植えつけることができる。花色は豊富で赤、桃、橙、白、黄色などがある。


  39. シラカバ、ジャクモンティ|育て方のポイントと特徴
  40. シンボルツリーに使える。幹の白さが美しく、枝まで白くなる。芝生に庭によく合う。剪定は自然な状態な趣を活かすようにやること。


  41. ニオイシュロランが庭木におすすめな理由8コと育て方【プロが徹底解説!】
  42. ニオイシュロランはエキゾチックな葉が魅力で、シンボルツリーとして庭ガーデンに使われる植木です。南国系の植木を希望する人向きで、値段も3万円からとヤシやソテツに比べ安い!白い花を咲かせ剪定は容易です。


  43. ジューンベリーが庭木におすすめな理由8コと育て方【プロが徹底解説!】
  44. ジューンベリーを庭木に選ぶかでお悩みなあなたへ。当記事ではジューンベリーの魅力と育て方についてご紹介しています。これを見ればジューンベリーがあなたの家にぴったりな理由がわかりますよ♪どうぞご覧下さい!


  45. ヤツデ(八手)|育て方のポイントと特徴
  46. シンボルツリーに使える。大きくなりすぎた株は7月頃、茎の部分から剪定しても、秋にはよく萌芽し、翌春には立派な姿になる。乾燥には弱く、冬の寒風は若芽を傷つけるので注意する。


  47. アオキ|育て方のポイントと特徴
  48. シンボルツリーに使え、寒さに強く北海道中部まで植えられる。日差しが強い夏は日陰で、冬は日がよく差し込む落葉樹の下が理想的。


  49. ツツジの仲間|育て方のポイントと特徴
  50. シンボルツリーに使え、庭木あるいは鉢植えとして世界中で広く利用されている。水はけの悪い場所を嫌い、剪定は毎年花を見ようと思えば開花直後に行いう。


  51. テイカカズラ|育て方のポイントと特徴
  52. シンボルツリーに使える常緑ツル性植物。約10種類分布。花期5~6月。栽培はきわめて容易で、フェンスなどに巻きつける場合は誘引を行う。


  53. サンシュユ、ハルコガネ|育て方のポイントと特徴
  54. シンボルツリーに使え、春の代表的な花木として定着している。日当たり、水はけのよい保湿性のある肥沃な土地に適する。


  55. バイカウツギ|育て方のポイントと特徴
  56. シンボルツリーに使え、約30種類分布。落葉性の直立低木。高さは1.5m~4mになるものもある。芳香があり、庭木として利用される。


  57. バラ(薔薇)|育て方のポイントと特徴
  58. シンボルツリーに使え、約100種類分布。落葉低木、ツル性低木。花期5~10月。花の大きさや色、花びらの形も様々である。


  59. キイチゴ|育て方のポイントと特徴
  60. シンボルツリーに使え、約250種類分布。日本の環境でつくりやすく、狭い場所でも栽培できる。低温には強く、日本全国で栽培可能。花期5~7月。


  61. ザクロ(石榴)|育て方のポイントと特徴
  62. シンボルツリーに使える。食用にするのは外種皮で、赤色の多汁。成熟した果皮を石榴果皮(ザクロかひ)といって、下痢、下血などに効く漢方薬として利用される。


  63. リンゴ|育て方のポイントと特徴
  64. シンボルツリーに使える。台木の種類によって、成木になった時の大きさが変わってくるので注意する。家庭用にはわい性台木のものが便利である。


  65. ヘデラ 別名セイヨウキヅタ|育て方のポイントと特徴
  66. シンボルツリーに使え、約100種類分布。耐寒性・ツル性常緑樹。観葉植物、鉢物、グランドカバーに用いられる。


  67. キウイフルーツ|育て方のポイントと特徴
  68. シンボルツリーに使える。開花期は関東以西で5月下旬頃からで、雌雄異株である。収穫後1ヶ月程度の追熟を経た後、食用とされる。多量のビタミンCを含む。


  69. ハイビスカス|育て方のポイントと特徴
  70. シンボルツリーに使え、夏には欠かせない代表的な熱帯花木。沖縄以外では一般的には鉢植えを楽しみ、真夏の生育期はほぼ毎日水を与える。


  71. レンギョウ 別名レンギョウウツギ、イタチハゼ、黄寿丹|育て方のポイントと特徴
  72. シンボルツリーに使える。病害虫にも強く、大気汚染にも強く、公園樹としても貴重な樹木である。


  73. ハギ(萩) 別名ヤマハギ|育て方のポイントと特徴
  74. シンボルツリーに使える。丈をあまり高くしたくない時は、秋か早春に地上部を刈り取り、根ぎわから新梢を伸ばす。根が根瘤菌と共生しているので、チッ素は施さなくてよい。


  75. サルスベリ(百日紅)|育て方のポイントと特徴
  76. シンボルツリーに使え、真夏の暑い盛りに涼しげな花を咲かせる。幹肌がつるつるしているのが特徴で、猿でも登れないことからこの名がついた。花期が長く楽しめる。


  77. アケビ|育て方のポイントと特徴
  78. シンボルツリーに使え、4種類分布。ツルは非常に丈夫で長さ5m以上、樹木などにからみ登上する。家庭園芸では露地栽培、または移動可能なコンテナ栽培。


  79. シャラノキ、ヒメシャラ(ナツツバキ)が庭木におすすめな理由5コと育て方【プロが徹底解説!】
  80. シンボルツリーに使えるナツツバキ、シャラ、ヒメシャラを紹介。ヒメシャラはナツツバキよりも暖地性で、樹皮が赤褐色で美しい!自然樹形を維持すれば、剪定はあまり必要ありません。


  81. ロウバイ(蝋梅)|育て方のポイントと特徴
  82. シンボルツリーに使え、落葉性低木3m。花期は早春。花径2cm程度、がく片と花弁は透明感のある淡い黄色が一般。花には強い芳香がある。


  83. エニシダ|育て方のポイントと特徴
  84. シンボルツリー。60種類分布。耐寒力は種類により異なるが、幼苗時または寒地では寒さよけが必要。有機質を施した土をよく耕起すれば栽培可能。


  85. タケ(竹)・ササ(笹)類|育て方のポイントと特徴
  86. シンボルツリーに使える。タケノコとして食用に利用される種類もあるが、家庭園芸では主に庭園にて利用、日本情緒を楽しむ。


  87. 狭い庭に植えるシンボルツリー「人気のおすすめ」5種類
  88. ヒメシャラ、ハナミズキ(花水木)、サルスベリ(百日紅)、ジューンベリー、ドウダンツツジが選ばれました!


  89. カリン|育て方のポイントと特徴
  90. シンボルツリーに使え、小さくて直径3cm程度で目立たない花であるが、ピンクの可憐な花。果実は渋みが多くて生食できないので、ジャムや砂糖漬けとする。


  91. コデマリ|育て方のポイントと特徴
  92. シンボルツリーに使え、約100種類分布。花色は白、桃、淡紅色。開花は4~9月。カイガラムシやうどんこ病に注意する。


  93. ソヨゴが庭木におすすめな理由8コと育て方【プロが徹底解説!】
  94. ソヨゴを庭木に選ぶかでお悩みなあなたへ。当記事ではソヨゴの魅力と育て方についてご紹介しています。これを見ればソヨゴがあなたの家にぴったりな理由がわかりますよ♪どうぞご覧下さい!


  95. ユッカ(青年の木)育て方のポイントと特徴
  96. シンボルツリーに使え、中高木5~6m。日本で「青年の木」として販売されているのは、その幹を挿し木にしたもの。


  97. ムラサキシキブ(紫式部)育て方のポイントと特徴
  98. シンボルツリーに使える庭木。小型で着果のよいコムラサキがよく栽培されるが、枝が細く、寒さや乾きで枝先が枯れ込むことがある。


  99. ドウダンツツジが庭木におすすめな理由6コと育て方【プロが徹底解説!】
  100. シンボルツリーに使え、庭木に使われる4種類の樹形は似ているが、花の形が異なるので判別できます。花の美しさ、秋の紅葉、冬の枝の繊細な美しさが観賞の対象です。


  101. ヤマボウシが庭木におすすめな理由10コと育て方【プロが徹底解説!】
  102. ヤマボウシを庭木に選ぶかでお悩みなあなたへ。当記事ではヤマボウシの魅力と育て方についてご紹介しています。これを見ればヤマボウシがあなたの家にぴったりな理由がわかりますよ♪どうぞご覧下さい!


  103. ミカン|育て方のポイントと特徴
  104. シンボルツリーに使え、栽培品は管理しやすいように2m以内に剪定されている。日当たりと排水のよいところが最大の条件で、平坦地よりも南向きの斜面に多く植えられている。


  105. ジンチョウゲ|育て方のポイントと特徴
  106. シンボルツリーに使え、約100種類分布。常緑または落葉の低木。花期は早春から初夏。花色は白・桃・紫・藤色などで、ほのかな香りがする。


  107. ノウゼンカズラ|育て方のポイントと特徴
  108. シンボルツリーに使える。落葉性のツル性木本。つるは10m近くまで伸びる。花期は夏から秋。花は黄、オレンジまたは緋色。フェンスや樹木、ラティスなどに絡ませて育てる。


  109. ヤナギ|育て方のポイントと特徴
  110. シンボルツリーに使え、約350種類分布。落葉高木2~5m。花期3月中旬~5月。植付け場所は特に選ばないが、池の端など水分の多いところが適する。


  111. イチジク|育て方のポイントと特徴
  112. シンボルツリーに使える。放任するとかなり大木になるので、整枝を行う。葉の蒸散量が多いので、家庭では特に夏場は十分潅水するように注意する。


  113. ライラック 別名リラ|育て方のポイントと特徴
  114. シンボルツリーに使え、耐寒性・落葉低木2~4m。花期4~5月。花色は淡紫・白・ピンク。花は香水としても利用される。寒さに強いため、北海道を中心に街路樹や公園の植栽に使われる。


  115. ナシ(梨)|育て方のポイントと特徴
  116. シンボルツリーに使える耐寒性・落葉高木。開花は4月。剪定時期は12~2月に行い、6~7月に夏枝の整理管理を行う。


  117. カキ(柿)|育て方のポイントと特徴
  118. シンボルツリーに使える。大部分の栽培品種は雌花だけしかつかない。雌花だけでは結実しない品種は、雄花のつく品種を別に植える必要がある。


  119. ツバキ(椿)|育て方のポイントと特徴
  120. シンボルツリーに使え、約2000種類分布。常緑の低木または高木。高さ2~8m。花期や花色は種類によって様々で、赤・桃・白を基調に斑入り・覆色など。


  121. シマトネリコが庭木におすすめな理由8コと育て方【プロが徹底解説!】
  122. シンボルツリーに使えるシマトネリコの育て方や剪定方法などを紹介。庭木や鉢植え(観葉植物)として使え、冬の寒さに弱く、水のやり過ぎによる根腐れに注意。カブトムシが樹液を吸いにやってくることでも有名です。


  123. グミ|育て方のポイントと特徴
  124. シンボルツリーに使える。花は2年目の枝から伸びた新梢の先端につくので、毎年、古い枝を取り除いて新しい枝に更新し、日照と通風を確保すると果実をつける。


  125. アオダモが庭木におすすめな理由6コと育て方【プロが徹底解説!】
  126. シンボルツリーに使える人気急上昇中の庭木。4~5月に白あるいはクリーム色の花を咲かせ、遠目からだと樹冠に雪が降り積もったように見えます。


  127. オリーブが庭木におすすめな理由7コと育て方【プロが徹底解説!】
  128. シンボルツリーに使えるオリーブを紹介。5~7月に芳香のある黄白色の花を咲かせます。10~11月ごろに熟す果実はオリーブオイルとして食用油、化粧品に利用できます。自家受粉しないので、果実を収穫したい場合は2品種以上を琨植する必要があります。


  129. マンリョウ(万両)|育て方のポイントと特徴
  130. シンボルツリーに使え、約300種類分布。耐寒性・常緑低木または亜高木。花は白色、7月頃より開花し、秋に7~8mmの赤・黄・白の実をつける。全般に寒さに強く、性質は極めて強い。


  131. コニファー|育て方のポイントと特徴
  132. シンボルツリーに使え、生け垣・グランドカバー・芝生・コンテナガーデンなど利用方法は豊富!種類も豊富で剪定や育て方は比較的簡単。人気のある庭木!


  133. ブドウ(葡萄)|育て方のポイントと特徴
  134. シンボルツリーに使える落葉性ツル植物。約60種類分布。花期5~6月。巻きひげにより植物を支える。ヨーロッパでは、その紅葉が美しいので庭木によく用いいられる。


  135. シラカシ(白樫)が庭木におすすめな理由8コと育て方【プロが徹底解説!】
  136. シラカシを庭木に選ぶかでお悩みなあなたへ。当記事ではシラカシの魅力と育て方についてご紹介しています。これを見ればシラカシがあなたの家にぴったりな理由がわかりますよ♪どうぞご覧下さい!


  137. ユーカリノキ 別名ユーカリ|育て方のポイントと特徴
  138. シンボルツリーに使える。常緑高木。寒さに弱い。日当たりよく、北風の当たらない場所に植える。乾燥を嫌う。


  139. カツラ(桂)|育て方のポイントと特徴
  140. シンボルツリーに使え、新緑も秋の黄葉も美しい。品種にシダレカツラがあり、美しい樹形で知られている。丈夫で栽培は比較的簡単。


  141. クチナシが庭木におすすめな理由6コと育て方【プロが徹底解説!】
  142. シンボルツリーに使える常緑低木樹。4月中旬~6月下旬までに、もしくは真夏を除き9月頃植付けます。7月以降の剪定は注意して、樹形を乱す部分の枝のみを剪定します。


  143. モクレン 別名モクレンゲ|育て方のポイントと特徴
  144. シンボルツリーに使える。秋または春に苗木を植付ける。大きくなるので、よく考えてから定植場所を決める。


  145. アベリア、ハナゾノツクバネウツギ|育て方のポイントと特徴
  146. シンボルツリーに使え、花は光沢のある白色で開花期が長く6~10月まで咲き続ける。大気汚染や乾燥に強いので道路際に植えられることが多い


  147. ナンテン(南天)|育て方のポイントと特徴
  148. シンボルツリーに使える。「難を転ずる」縁起木で、正月飾りに利用される。鬼門に植えると良いとされる庭木。



更新:2018年11月30日|公開:2018年08月09日


RELATED