外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム > 新築外構の工事例40++ > モザイクタイル門柱(瓦!?)

モザイクタイル門柱(瓦!?)シンプルモダンなデザイン施工例

更新日:2018年10月09日

工事費350万円。埼玉県坂戸市。オープンスタイルでシンプルモダンな外構エクステリア&庭デザイン工事の施工例です。門柱には今流行りのモザイクタイル(なんと瓦!)を使用しています。

外構エクステリアのシンプルモダンデザイン

シンプルモダンデザインのお手本です!
シンプルモダンデザインのお手本です!

オープンスタイル(セミオープンスタイル)を採用して、白とグレーの2色を使ったシンプルモダンなデザインに仕上がりました。完全にオープンにするのではなく、ジョリパット仕上げの塗り壁を庭とリビング前に施工することで目隠しの役割も果たしています。


工事、施工の詳細

工事の詳細


  • 施工地域:埼玉県坂戸市Y様邸
  • 施工種類:新築外構エクステリア&庭ガーデン
  • デザイン:シンプルモダン
  • スタイル:オープン
  • 施工金額:350万円
  • 施工日 :2018年6月
  • 施工期間:3週間
工事、施工のポイント

施工のポイント


  • 門柱:塗り壁、モザイクタイル(瓦)
  • シンボルツリー:ニオイシュロラン
  • 庭ガーデン:ウッドデッキ、人工芝、砂利
  • アプローチ:タイル仕上げ
  • 駐車場:コンクリート土間コテ仕上げ
  • その他:目隠し塀、サイクルポート

門柱のモザイクタイル

門柱はモザイクタイルを貼り付け塗り壁仕上げ
門柱はモザイクタイルを貼り付け塗り壁仕上げ

門柱にはデザインに変化をつけるためモザイクタイルを水平方向に貼り付け、そこに表札・口金ポスト・インターホンの基本3点セットを設置しました。モザイクタイルの色は濃いグレーや薄いグレーなど様々で、凸凹したデザインが特徴のモザイクタイルを選びました。一般的に1辺のサイズが50mm以下のタイルをモザイクタイルと呼びますが、大きなタイルにはない細かい模様がデザインの幅を広げてくれます。


いぶし瓦というモザイクタイル?

いぶし瓦を門柱に横ラインで貼り付け
いぶし瓦を門柱に横ラインで貼り付け

モザイクタイルは「いぶし瓦」という瓦を使った商品で、正確にはタイルではありません。タイルよりも立体感があり、石にしては優しい印象を受け、個性的で存在感のある壁へと変身させてくれました。「いぶし瓦」はその名の通り成形した粘土を煙でいぶし、その過程で銀色のようなグレーになり1枚1枚異なった見た目へと変化します。伝統的な日本瓦は寿命も長いので、このモザイクタイルも美しい色形がいつまでも残ります。


門柱のジョリパット仕上げ

門柱の仕上げには、ジョリパットを用いた塗り壁仕上げとし、色は白でハケ引き仕上げとシンプルにしました。ジョリパットは製品名で「紫外線による塗膜の劣化や退色がしにくく汚れにも強い」のが特徴で、当社で塗り壁をする場合はほとんどジョリパットを使用しています。豊富なデザインとカラーバリエーション、ホルムアルデヒドの放散量がもっとも少ない等級F☆☆☆☆を獲得しているのも魅力の商品です。


ニオイシュロランをシンボルツリーに採用

エキゾチックな樹形のニオイシュロラン
エキゾチックな樹形のニオイシュロラン
ニオイシュロランのとがった葉がかっこいい!
ニオイシュロランのとがった葉がかっこいい!

門柱脇のシンボルツリーはニオイシュロランを選び、当社で最近よく植えているシンボルツリーです。エキゾチックな樹形が魅力で、たった1本でも存在感がありとがった葉が特に美しいです。関東地方以西の温暖な地域に植栽が可能。芳香のある甘い香りの花が特徴で、手間のかかる剪定もあまり必要なく、病害虫のカイガラムシに注意する必要があります。


庭のシンプルモダンデザイン

シンプルで使いやすい庭デザイン
シンプルで使いやすい庭デザイン

広い庭にはウッドデッキ・芝生・砂利敷きをメインの仕上げとし、シンプルモダンで使いやすいデザインとしました。アプローチのタイルはグレー色を選び外壁・ウッドデッキと色を合わせ、ポールライトを設置して照明にも配慮したフロントガーデンです。子供が遊びまわれる庭は、なんともうらやましい限りです★


ウッドデッキ

リビング前には大型ウッドデッキ、目隠しとなる塀も施工
リビング前には大型ウッドデッキ、目隠しとなる塀も施工

ウッドデッキには三協アルミの「ガーデンフロア・ラステラ」を選び、モダンでシックな屋外フローリングは緑に映える新しいガーデンフロアです。ダブルフレームタイプ(2段幕板仕様)の床下構造でシンプルスマートな納まり、人工木床板はメンテナンスが容易で耐候性・耐久性に優れ、やさしい手触りで割れや節がなく反りはほとんどありません。カラーバリエーションも豊富で、今回は外壁とタイルに合わせたグレー色を選びました。


ウッドデッキ下の砂利敷き

ウッドデッキの下には砂利を敷くことで雑草対策を施しました。砂利の下にはあらかじめ防草シートが敷いていあるので、防草シート+砂利で雑草が生えるのを極力防いでくれます。砂利と人工芝の境目には縁石を使用しました。


人工芝と枕木

庭の人工芝は施主様が施工しました。目隠し塀付近の土との境界は枕木を用い、自然素材を使った庭づくりを意識しました。最近の人工芝はまるで本物のようなリアルな見た目が特徴で、パッと見たら青々した西欧芝を連想するかもしれません。水はけがよく水たまりができにくく、芝刈りといった管理手間は一切かからないのが魅力です!


目隠し塗り壁塀

庭でのんびり過ごしたいのは皆同じですが、いざ外へ出ると外からの視線が気になるものです。そこで目隠しとなる塀を、門柱と同じジョリパット仕上げの塗り壁で施工しました。目隠し塀もシンプルデザインで白色で仕上げ、デザインに変化をつけるため3つの塀を作り、間のスリットに木肌を忠実に再現したアルミ材「エバーアートウッド」を設置しました。豊富なカラーバリエーションが特徴で、建物の質をワンランク上げてくれる格調高いスリットフェンスです。


ガーデンライト

庭への入り口と門脇花壇にはガーデンライトを設置しました。上面遮光タイプの照明で、高低差のある外構(今回はウッドデッキ)では見下ろした時のまぶしさを抑えてくれます。ウッドデッキ・外壁・タイルに合わせアーバングレー色を選びました。


シンプルモダンデザインの全体像

シンプルで生活しやすいモダンスタイル
シンプルで生活しやすいモダンスタイル

道路から見た外構エクステリアはシンプルな外観に完成していて、色も白とグレー色系でまとめました。目隠しとなる塀とスリットフェンスを建物正面に施工したので、人の目線を気にせず庭やウッドデッキで過ごせます。シンボルツリーのニオイショロランが無機質なデザインにアクセントとなり、1本だけでも抜群の存在感で目立っています。


サイクルポート

建物玄関脇には三協アルミのサイクルポート(カムフィーエース)を施工しました。色はアーバングレー。車用にカーポートを設置するお客様は多いですが、小さい子供がいる家庭では自転車の方が使用頻度が高いので、屋根があったほう雨に濡れず快適に使用できます★大きさも小ぶりなので、小さなスペースでも施工できるのがオススメです。


更新:2018年10月09日|公開:2018年08月08日