外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム > 新築外構の工事例40++ > メルヘンチックな外構

ユメルヘンハウスの外構完成!夢のあるメルヘンチックな家

更新日:2018年08月27日

工事費90万円。埼玉県さいたま市北区。セミクローズスタイルで南欧風プロバンス新築外構エクステリア工事の施工例です。童話の世界にでもありそうな、ヨーロピアンスタイルの建物に合わせたエクステリアデザインに完成。

カーブをたくさん使った、かわいいお家です☆

ヨーロピアンスタイルの建物です。
ヨーロパスタイルの建物に合わせた、カラフルなエクステリアとなりました。

お客様の強いこだわりが感じられる建物に合う外まわりをデザインするということで、大変難しい注文となりました。特に塀のデザインは難しく、角を丸くし風窓を入れるなどの工夫を凝らし、何度もお客様と悩みながらの完成となりました。


工事、施工の詳細

工事の詳細


  • 施工地域:埼玉県さいたま市北区M様邸
  • 施工種類:新築外構エクステリア
  • デザイン:南欧プロバンス風
  • スタイル:セミクローズ
  • 施工金額:90万円
  • 施工期間:10日間
工事、施工のポイント

施工のポイント


  • 門柱仕上げ:塗り壁ジョリパット、天然石貼り
  • 門柱アイテム:表札、ポスト、インターホン
  • アプローチ:天然石貼り仕上げ
  • 駐車場:コンクリート土間ハケ引き仕上げ
  • 境界:塗り壁仕上げ、鋳物フェンス
  • その他:立水栓、カーテンゲート

工事をしてくれた職人と営業です

めるへんな感じに見えますか?
難しい工事をやってくれた職人と、細かいデザインを作ってくれた営業です。

「メルヘンチックな写真を撮りたいから、ポーズをしてくれ!」と頼んだら、快くお茶目なポーズを決めてくれました!こんなふうにいつも楽しく仕事をしています。


ユメルヘンハウスって何?

丸く切り抜いた風窓
風窓から見える門柱です。きれいなカーブをしていますね!

この現場が終わり、ホームページ用に題名を考えていたら「ユメルヘンハウス」という名前が浮かびました。これは私が作った造語で、「夢のあるメルヘンチックな家」を短くまとめたものです。なかなかいいネーミングでしょ?


塗り壁の門柱とかわいい水道

カーブを用い、塗り壁と石張りを組み合わせた門柱。
外壁に合わせた色を使いました
ピンクのかわいらしい立水栓を選びました。
ピンクのシンプルな水道

塗り壁の門柱

塗り壁と石張りの組み合わせで、表札もおしゃれなものを選びました。玄関前で目立つということで、カーブをきれいに見せるのが難しかったです。風窓も縦長の大きなものを作り、よく目立つアクセントとしました。塗り壁だけだと軽く見えがちなデザインを、下に石張りをすることで重厚感のある門柱となります。また、センスのいい表札もお客様に選んでもらって、まとまりのある門柱の完成です!


かわいい水道

かわいらしいピンクの立水栓を選び、中央の四角いデザインがポイントです。受けが大きいものを選び、バケツも無理なく置けるサイズですね。以外に気がつかないのは、小さい受けを選んでしまって、バケツが入らなく斜めに水を汲むという面倒くさいことになってしまうということです。スペースに余裕がある場合は、なるべく大きなものを選びましょう!


アプローチの石張りとカーブさせた塀

アプローチは石畳を思わせる石張りです。
アプローチの石張りです
硬いブロックをカーブに仕上げるのは至難の技です。
カーブさせるのは難しいです

アプローチの石張り

カーブをつけた石張りにし、両サイドに花壇の草花とタマリュウを植えました。建物や塀の色に合わせ、ピンク色の自然石を選びました。カーブさせることで柔らかい印象を与えることができます。また、少なくなりがちな緑を、こういうすき間に入れることも大事です。


塀にカーブをつけました

大変施工が難しく、緩やかな山が一番の見せどころです。また、風窓も丸く仕上げるのは至難の業です。ある程度の下地をブロック塀で作り、あとはモルタルを少しずつ乗っけながらカーブを作っていきます。きれいに仕上げてくれた職人さんに感謝です。


スタイリッシュな鋳物フェンスと裏口の駐輪場

高級感のある鋳物フェンスです。
アイアン鋳物フェンス
裏に自転車置き場を作りました。
カーテンゲート

フェンスは鋳物を選びました

高級感のあるフェンスです。鋳物フェンスはスタイリッシュなものが多いので、洋風の建物にはおすすめのフェンスです。基本的に高さは低いので、オープンスタイルのエクステリアに相性がいいです。


裏の駐輪場

入口にカーテンゲートを設置し盗難防止としました。できれば自転車も正面に置きたいものですが、敷地の関係で裏に置く場合もあります。ここの敷地は、建物裏の幅が大きかったので、自転車をすんなりと置くことができます。扉をつけることで盗まれる心配もありません。下には砂利を敷いて、自転車のタイヤが汚れないように工夫しました。


職人の感想

職人の感想

この現場はカーブや壁をくりぬく作業が多かったので、とても手間がかかりました。こう曲がってああ曲がってとあっちこっちに作るカーブが印象的な現場でした。きれいに完成したのでうれしかったです。

お客さんもとてもいい人でした。奥様はとても美人でビックリしました☆

更新:2018年08月27日|公開:2009年01月26日



関連ページ