(有)クローバーガーデンのロゴマーク
外構工事&庭づくり専門アドバイザー
会社案内問い合わせ
ホーム > 新築外構の工事例40++ > 目隠しフェンスをリビング前

目隠しフェンスを取り付けませんか?リビングや窓の正面に欲しい

更新日:2018.11.22.

工事費100万円。埼玉県桶川市。オープンスタイルでカジュアルデザインの新築外構エクステリア&庭ガーデン工事の施工例です。目隠しフェンスをリビング正面、窓の前に設置しました。近所の人や通りがかる人の視線が気になる方に、おすすめの施工例です。

目隠しフェンスを取り付けませんか?

目隠し、フェンス
目隠しフェンスをリビング正面、窓の前に設置しました。

目隠しフェンスをリビング正面、窓の前に設置しました。S様の家は道路に面していたので、オープンな外構で目隠しを考えるとすると、このフェンスが最適でした。フェンスの後ろに植栽も植え、砂利敷きにすることで土で足も汚れる心配もありません。庭をコンクリートにすると暑苦しくて、コストもかかるので、砂利を敷いたり、芝生を張ることをおすすめしています。


工事、施工の詳細

工事の詳細


  • 施工地域:埼玉県桶川市S様邸
  • 施工種類:新築外構エクステリア&庭ガーデン
  • デザイン:カジュアル
  • スタイル:オープン
  • 施工金額:100万円
  • 竣工日 :2007年4月
  • 施工期間:10日間
工事、施工のポイント

施工のポイント


  • 門柱仕上げ:レンガ積み
  • 門柱アイテム:表札兼インターホン、ポスト
  • 花壇仕上げ:レンガコバ立て仕上げ
  • 境界:レンガ積み
  • アプローチ仕上げ:レンガ敷き、コンクリート土間
  • 駐車場仕上げ:コンクリート土間、レンガライン
  • 庭ガーデン:植栽、砂利敷き
  • シンボルツリー:コニファー
  • 家周り:6号砕石で砂利敷き、防草シート

目隠しフェンス施工の注意点

フェンスの背は高いですが、独立基礎を使って、しっかりと柱は埋め込んであるので、大風が吹いても心配ありません。自分で目隠しフェンスを施工する場合も、埋め込みをしっかりすることが大切なポイントです。DIYでチャレンジしたい人は参考にしてください。


外構、エクステリアの全体像

目隠しフェンスでプライバシー保護
目隠しフェンスでプライバシー保護
建物の外壁に合わせたレンガ
建物の外壁に合わせたレンガ

建物の色にレンガを合わせることで、調和の取れた外観になっています。レンガの色は一色ですが、焼きむらがあり、薄い色と濃い色が出ていているので味わいがあります。目隠しフェンスを設置したので、プライバシーの保護もできます。


レンガ造の門柱、花壇、アプローチ

外壁の色に合わせたレンガの色
外壁の色に合わせたレンガの色
お子さんが遊んでいたので記念撮影
お子さんが遊んでいたので記念撮影

アプローチをレンガ敷きに

レンガ造の門柱を施工しました。レンガの色は建物に合わせ、玄関までのアプローチもレンガ敷きで、統一感のある空間となりました。門柱の前にアクセントとして花壇を造り、色とりどりの花が、レンガのオレンジ色にマッチしています。


門柱の施工にひと工夫!

門柱のポイントは道路面と平行にするのではなく、少しずらすことで、そこに空間が生まれ、花壇を造ることができました。ポストは前出しなので、門柱の後ろが狭くなっても問題ありません。


三角花壇の植栽、表札付インターホン

三角花壇の植栽にシンボルツリー
三角花壇の植栽にシンボルツリー
表札付インターホン
表札付インターホン

目隠しフェンスの横にレンガ花壇

レンガ花壇にシンボルツリーを植えました。フェンスだけで目隠しをするのもいいのですが、やはり植栽がないと味気ないエクステリアになってしまいます。当社ではシンボルツリーの紹介に力を入れているので、ぜひ参考になさってください。ついでにコニファーも植えました。≫ シンボルツリーの選び方


表札付きインターホンで一石二鳥

表札とインターホンが一体になっている商品を選びました。表札にはクローバーのマークが入っていて、当社としてはとてもうれしいです!ポストもおしゃれなものを選んでいただき、レンガの味わいと非常にマッチした門柱の出来上がりです。


デザイン-図面

目隠し、フェンス
目隠しフェンスのデザイン
目隠し、フェンス
門まわりのデザイン

この現場を設計したエクステリアデザイナー

目隠しフェンスを取り付けませんか?リビングや窓の正面に欲しい

菅間 克己(すがま かつみ)
(公社)エクステリアプランナー

当社クローバーガーデンの設計を一手に引き受けるデザイナー。
営業から設計、実際現場に出て職人作業も行い、打ち合わせから工事終了まで常に依頼主と接している。
異業種とのコミュニケーションを大事にし、新しい視点でユニークなデザインが提供できるよう日々努力している。


このページを読んだ人はこちらもオススメ!

更新:2018年11月22日|公開:2007年04月25日


RELATED