アルミ角柱とピンコロ石を使った外構工事👷【さいたま市西区の施工例】

【更新日】2021.12.29.

埼玉県さいたま市西区の外構エクステリア工事。

アルミ角柱とピンコロ石を使った施工例です。アルミ角柱の後ろには、レンガ敷きの自転車置き場をつくりました♪

ピンコロを多用したユニークな外構で、ピンコロは塀や舗装に大活躍です!


この施工例のポイントはこちら!
  • 【デザイナー】菅間 克己
  • 【施工地域】埼玉県さいたま市西区
  • 【工事種類】外構エクステリア工事
  • 【デザイン】ナチュラルモダン
  • 【スタイル】オープン
  • 【工事費用】100~200万円

アルミ角柱で目隠しした自転車置き場

角地のコーナーにおしゃれなアルミ角柱

3段のピンコロ塀の後ろにアルミ角柱

アルミ角柱で目隠しした自転車置き場

自転車置き場はレンガ敷き

角地のコーナー部分に、木目調のアルミ角柱を並べました

アルミ角柱の前には、ピンコロ石で3段の塀をつくっています。角柱は1本ずつ並べるので、隙間を合わせるのが難しかったです。

また、アルミ角柱のうしろには、レンガ敷きの自転車置き場を施工。角柱は目隠しと、盗難防止のチェーンロックをまきつけるのが目的です。


ピンコロ塀の後ろにメッシュフェンス

画像左側には境界塀とフェンス

道路境界には、ピンコロ塀とメッシュフェンスを設置しました。

こちらもアルミ角柱の塀といっしょで、3段積みで一体となっています。塀の後ろにはメッシュフェンスを設置し、柱は独立式で埋め込みました。


駐車場の入り口にピンコロ石並べ

ピンコロ石でデザインした駐車場

駐車場の入り口には、ピンコロ石を並べてアクセントにしました。

駐車場全面をピンコロ石にするとちょっとしつこいので、変化をつけるためにピンコロ舗装することが多いです。目地にはタマリュウを植えています。

また、土間コンクリートにも変化をつけていて、奥の右側には枕木を並べました。土を残しているので、小さい花壇もつくれますね!


⭐この現場を設計したデザイナー⭐

菅間 克己
エクステリア・ガーデンデザイナー

埼玉県生まれ。国士舘大学卒業後、大手ハウスメーカーの外構部門に就職。常にトップクラスの成績を収め、10年の勤務を経てから当社に転職。

異業種とのコミュニケーションを大事にし、新しい視点でユニークなデザインが提供できるよう日々努力。お客さま目線を持ち続けるため、現場作業も積極的に行う。

愛娘とルパンをこよなく愛す、1児の父親。



この施工例を見た人にはこちらもオススメ!


以上、アルミ角柱とピンコロ石を使った外構工事👷【さいたま市西区の施工例】…という話題でした。

更新:2021年12月29日|公開:2021年12月29日


【現在の位置】ホーム > 外構エクステリア工事 > ピンコロ石を多用した外構


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間 勇
2級建築士・2級建築施工管理技士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構と庭の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

≫信頼できる情報発信に向けての取り組み