(有)クローバーガーデンのロゴマーク
外構工事&庭づくり専門アドバイザー
会社案内問い合わせ
ホーム > 新築外構の工事例40++ > ナチュラルモダンデザイン

ナチュラルモダンデザインの新築外構施工例|木目調がかっこいい

更新日:2018.10.26.

工事費150万円。埼玉県川越市。ナチュラルモダンのオープン新築外構エクステリア&庭ガーデン工事の施工例です。ぬくもりが感じられる住宅に、シンプルなデザインの外構がとてもマッチしています。

オープンスタイルの外構エクステリア

ナチュラルモダンデザインの外構エクステリア
ナチュラルモダンデザインの外構エクステリア

オープンスタイルの外構エクステリアデザインを採用し、木目調が目立つ住宅デザイン(玄関扉・軒天・外壁)に合わせナチュラルモダンに仕上げました。敷地に高低差があり8段で登る階段上のポーチ前に門柱施工と常緑樹ソヨゴを植栽、階段に安全対策の手すり、門柱脇に花壇造作とジューンベリーを植栽、アプローチは大型の石貼り、広々した2台分の駐車スペースを確保した外構エクステリアが完成しました。


工事、施工の詳細

工事の詳細


  • 施工地域:埼玉県さいたま市西区西大宮T様邸
  • 施工種類:新築外構エクステリア
  • デザイン:ナチュラルモダン
  • スタイル:オープン
  • 施工金額:150万円
  • 竣工日 :2017年4月
  • 施工期間:2週間
工事、施工のポイント

施工のポイント


  • 門柱仕上げ:塗り壁ジョリパット
  • 門柱アイテム:表札、ポスト、インターホン
  • 照明:ポールライト、スポットライト
  • 花壇:植栽、レンガコバ立て仕上げ
  • アプローチ:大判石貼り仕上げ
  • 駐車場:コンクリート土間ハケ引き仕上げ、黒那智石
  • シンボルツリー:ソヨゴ、ジューンベリー
  • その他:手すり

門まわりのデザイン

ナチュラルモダンテイストでまとめた門まわり
ナチュラルモダンテイストでまとめた門まわり

門柱のデザイン

玄関ポーチ前に左官塗り壁仕上げ(ジョリパット使用)の門柱を施工し、表札・ポスト・インターホンの基本3点を取り付けました。表札はシャープな形状が特徴のデザイン、ポストは前入れ前出し機能で、共にお客様の好きな紺色(ネイビー)を選びました。白い門柱はナチュラルモダンテイストを表現しています。


門柱のジョリパット仕上げ

門柱の仕上げには、ジョリパットを用いた左官塗り壁仕上げとし、色は白でハケ引き仕上げとシンプルにしました。ジョリパットは製品名で「紫外線による塗膜の劣化や退色がしにくく汚れにも強い」のが特徴で、当社で塗り壁をする場合はほとんどジョリパットを使用しています。豊富なデザインとカラーバリエーション、ホルムアルデヒドの放散量がもっとも少ない等級F☆☆☆☆を獲得しているのも魅力の商品です。


手すり

建物工事で完成していたタイル仕上げの玄関ポーチと階段に、歩行者用補助手すりを設置しました。タイルに穴あけをし、そこに柱を埋め込み本体を組み立てる後付け工事です。笠木の色はオレンジチェリーを選択し木目調のデザインがカッコよく、ナチュラルモダンテイストを出す工夫をしました。支柱の色はアーバングレーでモダンな手すりに仕上がりましたね★


ガーデンライト

玄関ポーチ脇にはガーデンライトを設置しました。上面遮光タイプの照明で、高低差のある外構では見下ろした時のまぶしさを抑えてくれます。アーバングレー色を選びました。


階段までのアプローチ

ナチュラルモダンテイストでまとめたアプローチ
ナチュラルモダンテイストでまとめたアプローチ

階段までのアプローチは、既存のタイルに合わせた色の天然石平板を選びました。高級感漂う優美な質感と個性豊かな色合いが魅力の石材で、割肌が醸し出す独特の風合いがよりナチュラルモダンテイストを引き出します。600mm×300mmの大判天然石でしかも重く、1枚1枚貼り付けていくのが大変な工事です。苦労した分仕上がりは素晴らしく、階段のタイルと一体感が生まれたアプローチデザインに仕上がりました。


駐車場・車庫まわりのデザイン

ナチュラルモダンテイストでまとめた駐車場・車庫まわり
ナチュラルモダンテイストでまとめた駐車場・車庫まわり

駐車スペース

広々した駐車スペースはコンクリート土間ハケ引き仕上げで、隙間には黒那智石を入れました。車庫入れする際の目印ラインの役割も果たすため隙間を作りますが、コンクリートの割れ防止効果もあり、砂利ではなく植栽の玉竜(リュウノヒゲ)で隙間を埋める場合もあります。


ダブルシンボルツリー

ソヨゴ

門柱の後ろに植えた常緑樹のソヨゴ
門柱の後ろに植えた常緑樹のソヨゴ

玄関ポーチと門柱の花壇には、シンボルツリーとしてソヨゴを植えました。常緑樹のソヨゴは風に葉が「そよそよ」とそよぐことから「ソヨゴ」という名がつき、果実は10~11月に赤く熟して観賞価値が高く、白色の小さな花をつけるのが特徴です。樹高が10mぐらいまで成長するので、やや高木のシンボルツリーとして日陰を作る目的として使えます。ソヨゴは成長が遅いため手入れは容易で、耐陰性・耐寒性に優れ人気が高い庭木です。


ジューンベリー

花壇内に植えた落葉樹のジューンベリー
花壇内に植えた落葉樹のジューンベリー

駐車スペースの右端の花壇には、シンボルツリーとしてジューンベリーを植えました。落葉樹のジューンベリーは花、果実、紅葉が美しく観賞価値が高いです。最大の魅力は6月ごろに収穫できる果実で、甘く生食ができジャムや果実酒として利用されます。樹高が7mぐらいまで成長するので、やや高木のシンボルツリーとして日陰を作る目的にも使えます。ジューンベリーは落葉高木の中では成長が遅いので、強い選定は必要なく剪定時期は落葉期がベストです。


スポットライト

レンガ花壇内にはシンボルツリーを照らす目的で、スポットライトをジューンベリーの根元に設置しました。花壇内の土に杭を挿しているだけなので、どこでも好きな場所に移動可能です。アーバングレー色を選びました。


花壇のデザイン

レンガ花壇にコルジリネを植栽
レンガ花壇にコルジリネを植栽

花壇の仕上げ

レンガを使って造作した花壇は、レンガを普通に横に積むのでなく縦に並べた「コバ立て仕上げ」を採用しました。小さなスペースにも小さな花壇が作れる施工方法で、高さも10~15cmぐらいに仕上げられ、工事費も安く済ませることができます。厳しい自然状態と自然災害に耐えられるよう成形・焼成した高品質の輸入煉瓦で、高品質であるため凍害や風化に強く、経年で変化することなく何世代にもわたって使用できます。


花壇に植えたコルジリネ

お客様が植えたコルジリネ(ニューサイラン)は赤い葉が特徴で最近流行っている観葉植物で、エキゾチックなシンボルツリーニオイシュロランの小さい版です。コルジリネは丈夫な性質で育てやすく、葉っぱの色合いも美しいので寄せ植えのアクセントになります。


まとめ

家のデザインが何よりカッコよく、木目調が目立つ玄関扉・軒天・外壁に合わせナチュラルモダンな外構エクステリアに仕上げました。建物の存在感を失わないよう控えめに外構をデザイン、シンプルで主張しすぎないよう心がけました。ダブルシンボルツリーの樹木が自然を生み出し、グリーンがアクセントカラーに効いています★


この現場を設計したエクステリアデザイナー

ナチュラルモダンデザインの新築外構施工例|木目調がかっこいい

菅間 克己(すがま かつみ)
(公社)エクステリアプランナー

当社クローバーガーデンの設計を一手に引き受けるデザイナー。
営業から設計、実際現場に出て職人作業も行い、打ち合わせから工事終了まで常に依頼主と接している。
異業種とのコミュニケーションを大事にし、新しい視点でユニークなデザインが提供できるよう日々努力している。


このページを読んだ人はこちらもオススメ!

更新:2018年10月26日|公開:2018年08月28日


RELATED