外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム > 新築外構の工事例40++ > ナチュラルモダンテイスト

ナチュラルモダンテイストの外構施工例|自然の素材感を活かす

更新日:2018年09月27日

工事費200万円。埼玉県加須市。ナチュラルモダンスタイルでオープンな新築外構エクステリア&庭ガーデン工事の施工例です。パステルカラーが目を引く外壁に、シンプルなデザインの外構がとてもマッチしています。

オープンスタイルの外構エクステリア

menutitle
ナチュラルモダンデザインの外構エクステリア

オープンスタイルの外構エクステリアデザインを採用し、パステルカラーの建物外壁に合わせナチュラルモダンに仕上げました。広々とした駐車スペースは使い勝手が良く、サイクルポートに自転車やバイクを駐車できます。リビング前にはテラスを作り屋根を設置し、道路からの視線カット目的で門柱に目隠しフェンスを施工しました。


工事、施工の詳細

工事の詳細


  • 施工地域:埼玉県加須市S様邸
  • 施工種類:新築外構エクステリア&庭ガーデン
  • デザイン:ナチュラルモダン
  • スタイル:オープン
  • 施工金額:200万円
  • 竣工日 :2017年6月
  • 施工期間:2週間
工事、施工のポイント

施工のポイント


  • 門柱仕上げ:塗り壁ジョリパット、目隠しフェンス
  • 表札・インターホン・ポスト:一体型ビルトイン式
  • アプローチの踏み石:コンクリート土間ハケ引き仕上げ
  • テラス:テラス屋根、コンクリート土間ハケ引き仕上げ
  • 庭ガーデン:芝生、ガーデンライト
  • 駐車場:コンクリート土間ハケ引き仕上げ、砂利
  • その他:サイクルポート

門まわりのデザイン

menutitle
塗り壁仕上げと目隠しフェンス

門柱のデザイン

目隠しの目的も含めリビング前に大きな門柱を施工し、仕上げは左官塗り壁仕上げ(ジョリパット使用)、表札・ポスト・インターホンの基本3点セットビルトイン式一体型、目隠しフェンスを施工しました。建物外壁の木目調に目隠しフェンスのデザインを合わせ、白い門柱とともにナチュラルモダンなテイストを出しています。


門柱のジョリパット仕上げ

門柱の仕上げには、ジョリパットを用いた左官塗り壁仕上げとし、色は白でハケ引き仕上げとシンプルにしました。ジョリパットは製品名で「紫外線による塗膜の劣化や退色がしにくく汚れにも強い」のが特徴で、当社で塗り壁をする場合はほとんどジョリパットを使用しています。豊富なデザインとカラーバリエーション、ホルムアルデヒドの放散量がもっとも少ない等級F☆☆☆☆を獲得しているのも魅力の商品です。


一体型表札・ポスト・インターホン

シックな木目調シートで仕上げた機能ポストは、門柱に埋め込むタイプを選びました。シャープなステンレスと落ち着いた木目がナチュラルモダンのデザインにぴったりです。


目隠しフェンス

デザインがおしゃれで安い工事価格が魅力の「モクプラボード」を門柱に目隠しフェンスとして施工しました。ウッド調の板塀フェンスで天然木のようなやわらかい印象を与え、今回は茶色(ダークパイン)を選びナチュラルモダンテイストに仕上げました。フェンスの高さや幅も自由自在にデザインできるので、当社でおすすめしている目隠しフェンスの一つです。


玄関までのアプローチ

玄関までは飛び石風に四角いコンクリートで踏み面を4つ作り、シンプルなナチュラルモダンテイストに仕上げました。


庭ガーデンのデザイン

menutitle
大きなテラスと芝生がポイント!

テラス+屋根

庭ガーデンデザインの1番のポイントは大きなテラスを施工したことです。テラスはコンクリート土間ハケ引き仕上げ+テラス屋根で仕上げたので、洗濯物干し・子どもの遊び場・庭でのBBQパーティなど多彩な使い方ができるのが魅力です。テラスのコンクリートは地面と同じ高さなので、門柱と目隠しフェンスでばっちり外からの視線がカットされ、人目を気にせず庭へ出られるのもうれしいですね★


ウッドデッキにないテラスの魅力

庭ガーデンに欲しいアイテムNo.1はウッドデッキですが、建物内と視線が同じ高さになるため目隠しフェンスを取り付けても外からの視線が完全にカットできず、地面との段差があるので子供が走り回れないなどデメリットもあります。テラスは地面と同じ高さに仕上げられるので、意外と使いやすい庭ガーデンアイテムの一つです。


テラス屋根

テラス屋根にはオプションで竿掛けを設置し、吊り下げ型上下可動式で好きな位置に高さを合わせられ、洗濯物干しが簡単にできます。テラス屋根パネルは明るさを保ちつつ暑さの原因となる赤外線の熱線を約70%カットし、真夏の太陽下でも温度上昇を抑えます。パネル材は表面を親水性の防汚層でコーティングしたポリカーボネートで、防汚層は雨によって汚れを浮かせて流し汚れにくくお手入れが簡単です。


芝生

芝生には高麗芝を選択し青々とした庭ガーデンの写真が素晴らしいです!テラスと芝生の仕上げ面が一緒なので、子供が走り回って遊ぶのに最適!コウライシバは夏に高温となる関東以西で、最も一般的に家庭で使われる芝です。葉幅が1~4mmで適度に密生し、葉が硬いので踏まれることに強い特徴があります。乾燥にもある程度耐えられ肥料も少なくてすみます。


ガーデンライト

テラス脇にはガーデンライトを設置しました。上面遮光タイプの照明で、高低差のある外構では見下ろした時のまぶしさを抑えてくれます。テラスに合わせアーバングレー色を選びました。


駐車場・車庫まわりのデザイン

menutitle
外構エクステリアの全体像

駐車スペース

広々した駐車スペースはコンクリート土間ハケ引き仕上げで、隙間には砂利を入れました。車庫入れする際の目印ラインの役割も果たすため隙間を作りますが、コンクリートの割れ防止効果もあり、砂利ではなく植栽の玉竜(リュウノヒゲ)で隙間を埋める場合もあります。


サイクルポート

駐車場には三協アルミのサイクルポート(カムフィーエース)を施工しました。色はアーバングレー。車用にカーポートを設置するお客様は多いですが、小さい子供がいる家庭では自転車の方が使用頻度が高いので、屋根があったほう雨に濡れず快適に使用できます★大きさも小ぶりなので、小さなスペースでも施工できるのがオススメです。


道路際の花壇

道路際のブロック塀後ろに小さな花壇スペースを作り、植栽としてコルジリネ(ニューサイラン)を植え込みました。赤い葉が特徴で最近流行っている観葉植物で、エキゾチックなシンボルツリーニオイシュロランの小さい版です。


まとめ

ナチュラルモダンテイストの新築外構エクステリア&庭ガーデンが見事に完成しました!外壁の木目調デザインがナチュラルテイストデザインということで、スタイリッシュモダンの無機質な感じとは異なり、目隠しフェンスのウッド調もしかり柔らかく温かいぬくもりが感じられるデザインです。使い勝手抜群のテラスまわりも魅力的に仕上がりました★


更新:2018年09月27日|公開:2018年08月24日