手作りガビオンのあるオープン外構工事👷【さいたま市緑区の施工例】

【更新日】2021.12.19.

埼玉県さいたま市緑区の外構エクステリア工事。

高台にある建物の施工例です。玄関まで距離のあるアプローチをスロープで仕上げ、駐車場を兼用にしました♪

道路境界にある斜めの部分に、個性的デザインの「ガビオン塀」も施工しています!


この施工例のポイントはこちら!
  • 【デザイナー】菅間 克己
  • 【施工地域】さいたま市緑区
  • 【工事種類】外構エクステリア工事
  • 【デザイン】シンプルモダン
  • 【スタイル】オープン
  • 【工事費用】100~200万円

ガビオンなら塀や門柱もつくれる

ガビオンで作った土留め用の塀

ガビオンとは、鉄製のメッシュで囲いを作り、その中に石を入れてオブジェにしたものです。

上画像は当社クローバーガーデンの手作りガビオンで、道路ぎわにおしゃれな塀として施工したものです。これ以外にも、門柱や鉢植えのように使うこともあります。

施工途中の手作りガビオン

また、既製品のボックス型ガビオンは装飾性が目的のため、土留めには使えません。土留めに使うなら、手作りがおすすめです。


外水道と塗り壁仕上げの境界塀

シンプルな外水道と陶器のガーデンパン

玄関前には外水道を設置し、汚れ物が外で洗えるように工夫しています。

折半の隣地境界塀は、ただのコンクリートブロック塀でした。そこで、お客さまが接する内側のみ、塗り壁ジョリパット仕上げにしました

自分の敷地内なので、どんな風に工事しても問題ありません。明るいベージュ色で、おしゃれな見た目の境界塀に変身しました。


⭐この現場を設計したデザイナー⭐

菅間 克己
エクステリア・ガーデンデザイナー

埼玉県生まれ。国士舘大学卒業後、大手ハウスメーカーの外構部門に就職。常にトップクラスの成績を収め、10年の勤務を経てから当社に転職。

異業種とのコミュニケーションを大事にし、新しい視点でユニークなデザインが提供できるよう日々努力。お客さま目線を持ち続けるため、現場作業も積極的に行う。

愛娘とルパンをこよなく愛す、1児の父親。



この施工例を見た人にはこちらもオススメ!


以上、手作りガビオンのあるオープン外構工事👷【さいたま市緑区の施工例】…という話題でした。

更新:2021年12月19日|公開:2021年12月19日


【現在の位置】ホーム > 外構エクステリア工事 > ガビオン塀のある外構


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間 勇
2級建築士・2級建築施工管理技士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構と庭の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

≫信頼できる情報発信に向けての取り組み