芝生×サッチングのコツ7選🧹【おすすめ時期-道具と分解剤も解説します】

【更新日】2021.09.04.


悩む夫婦

芝生のサッチで悩んでいます😔

サッチがあることのデメリットと、サッチングの効果が知りたいです。やり方のコツがあれば、ぜひ教えてください。


こんな人に向けて書きました。

この記事のポイントは次の3つです。

  • 芝生のサッチ・サッチングとは?
  • サッチング作業をする効果3つ
  • 芝生のサッチングのコツ7選

記事を読み終えると、どうすれば上手にサッチングできるかが分かり、美しい芝生が作れるようになるでしょう😊


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事専門会社」です。

毎年60件以上の外構工事を行い、庭の芝張りもよくやっています



芝生×サッチングのコツ7選🧹【おすすめ時期-道具と分解剤も解説します】

芝生のサッチングをまとめた画像

芝生のサッチングはすごく大切な作業で、上手なやり方をマスターすれば芝生がきれいに若返ります。

しかし「サッチってなに?」「サッチングの効果は何?」「サッチの上手な取り方はどうやるの?」「おすすめの時期や頻度は?」「どんな道具や機械があるの?」などとすごく悩むでしょう

そこでこの記事では、芝生初心者に向けて、失敗しないサッチングのコツを7つ解説します。基本的なやり方を守れば、やりすぎたりしませんよ。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


芝生のサッチとは?サッチングとは?

熊手でサッチングしている様子

簡単にまとめると以下です。

  • 【サッチ】枯れた根・茎・葉が半分腐ったもの
  • 【サッチング】サッチを取り除いて掃除すること

サッチが多い芝生は、老化が進んでいる証拠です。そのサッチを掃除することで、芝生の若返りを図るのが「サッチング」という更新作業になります。


【効果3つ】芝生をきれいにする更新作業

元気に育っている芝生の断面図

サッチングの効果を3つに絞ると、以下になります。

  • 芝生を美しい状態で維持できる
  • 成長を阻害するゴミがなくせる
  • 病害虫が発生しなくなる

サッチングは芝生をきれいにする掃除なので、上記のような効果が期待できます。


サッチのデメリットは何?

逆に、サッチがあることのデメリットは以下です。

  • 芝生が固くなり、空気と水が根に届かない
  • 栄養となる肥料成分が行き渡らない
  • 病害虫が発生しやすくなる

つまり、芝生にとっては邪魔なゴミでしかありません。サッチングは芝刈りやエアレーションなどと一緒で、「芝生には欠かせない手入れのひとつ」ということです。


芝生の手入れの詳細はこちらです⏬

芝生の手入れ-永久保存版🤩【年間スケジュールを12ヶ月に分けて紹介します】


【7選】芝生のサッチングのコツ

ここからは、DIY初心者にもわかりやすく、上手なサッチングのコツを7つ紹介していきます。


ここでのポイントはこちら!
  1. 【時期と頻度】春と秋に1回ずつの計2回がおすすめ!
  2. 【おすすめ道具】レーキ-熊手は必須!手動機械もあり
  3. 【やり方】サッチが取れないならムリしない!
  4. 【裏技★】芝刈り-エアレーション-目土と一緒なら楽!
  5. 【やりすぎ注意!】芝生を痛める可能性あり!
  6. 【分解剤とは?】土壌微生物を利用してサッチを分解!
  7. 【芝焼きとは?】サッチ・雑草・病害虫の除去作業

サッチングはDIY初心者でもかんたんな作業です。

とくに落ち葉の掃除をこまめにやっておくと、サッチがたまりにくくなり、あとでやるサッチング作業が楽になりますよ!


1.【時期と頻度】春と秋に1回ずつの計2回がおすすめ!


ここでのポイントは3つ
  • 頻度は年2回でOK!
  • 春は梅雨前がおすすめ!
  • 秋は冬前がおすすめ!

頻度は年2回でOK!

なぜなら、やりすぎも芝生に悪影響を及ぼすからです。

サッチングは引っかく作業があるので、何回もやると芝生を痛めてしまいます。

ただし、サッチの元となる「落ち葉」の掃除は、何回やっても大丈夫!なぜなら、芝生を痛めないからです。庭木が植えてあったり近所から落ち葉が飛んでくるなら、ほうきで軽く「ささっ」と掃除しましょう。


春は梅雨前がおすすめ!

その理由は、芝生がいつも湿っていると、サッチングがしにくいからです。

春にやる目的は、冬に枯れた芝生の掃除がほとんど。これを丁寧にサッチングすることで、芝生は夏場に旺盛に生長してくれます。

芝生を前年に張ったばかりなら、サッチングは必要ないかもしれません。あくまで芝生の状態を見てから判断してください。


秋は冬前がおすすめ!

なぜかというと、落ち葉の掃除といっしょにできるからです。

高麗芝は冬に冬眠するので、その前にきれいに掃除し、ゆっくり休ませてあげましょう。そのため、サッチング作業は春よりも軽めに、優しくやるのがポイントです。

秋になると涼しくなるので、夏にやる作業とは比べ物にならないほど体が楽です。ゆっくり丁寧にサッチングするのが、秋にやるメリットになります。


2.【おすすめ道具】レーキ-熊手は必須!手動機械もあり

熊手で芝生に落ちた葉を集めている画像

狭い庭なら手作業でOK!

レーキ(熊手)と竹ぼうきのイラスト

狭い庭なら手作業でも可能で、以下の道具が必須です。

  • 【硬いレーキ】これでサッチを掻き出す
  • 【柔らかいレーキ】サッチを集める
  • 【竹ぼうき】何にでも使える

レーキと熊手は同じ道具と思ってください。

イラストの左は柔らかいレーキで、真ん中が硬いレーキです。芝生の状態とサッチの溜まり具合を見て、2種類のレーキを使い分けます。基本は硬いレーキがいいでしょう。


広い庭なら機械があると楽!

サッチング用機械で作業している様子

広い庭なら、機械があると楽にサッチングできます。

デメリットは値段が高いことで、年数回しか使わないのでもったいないこと。とりあえず数年手でやってみて、大変だと感じたら機械の購入を検討しましょう


【おすすめ商品★】リョービ製なら芝刈りもできる

価格:¥24,277
機種名:LM-2810
刈り込み幅:280mm

リョービ製の芝刈り機なら、刃を交換すればサッチングもできます。

サッチング作業だけだともったいないですが、年10回以上やる芝刈りもできるなら一石二鳥でお買い得です。サッチング専用の替え刃も、忘れず購入しましょう。

この機械は「楽天24さん」の商品です。

≫楽天でこのサッチ取り機を見てみる

≫楽天でサッチング刃セットを見てみる


3.【やり方】サッチが取れないならムリしない!

芝生のサッチング作業をしている画像

ここでのポイントは3つ
  • サッチングのやり方は4通り
  • 上手なサッチングのやり方
  • サッチング後にやる手入れ

サッチングのやり方は4通り

以下の4つがあります。

  • 【レーキを使った手作業】狭い庭におすすめ!
  • 【サッチングマシン】広い庭におすすめ!
  • 【分解剤】後で説明
  • 【芝焼き】後で説明

ここでは、もっとも一般的な「レーキを使った手作業でのサッチング」を解説します。


上手なサッチングのやり方

サッチング後に集めたゴミ(サッチ)

上手なサッチの取り方は以下です。

  • 引っかかるなら無理しない
  • ライナーは切っても大丈夫
  • 上に掻き出すように作業する

ライナーとは匍匐茎(ほふくけい)のことで、高麗芝はこのライナーを増やして繁殖します。

葉っぱの下にあるサッチを無理にほじくると、せっかくの芝生が剥がれてしまいます。少しぐらいサッチが残っても大丈夫なので、完璧に取り除こうとするのはやめましょう

「どこまでやるのか?」は判断が難しいですが、「寝ていた芝生の葉が、立ち上がるぐらい」が目安です。芝生の表面を掃除するのではなく、芝生の下にあるゴミを取り除く感覚が大事です。


サッチを吸い取る掃除機(バキューム)もある

価格:¥13,452
メーカー:リョービ
品番:RESV-1010

掻き出したサッチは、掃除機があるときれいに除去できます。

そこでこの「ブロワバキューム」があれば、すごい吸引力でサッチを吸い込んでくれます。家庭用の掃除機だと壊れるので、プロが使うような掃除機を使いましょう。

このブロワバキュームは「ケンチクボーイ さん」の商品です。

≫楽天でこのブロワバキュームを見てみる


サッチング後にやる手入れ

芝生に目土した画像

サッチング後は、芝生がスカスカになりライナーも見えています。

そこで、終わったら「目土入れ」をして回復を図り、目土後はたっぷり水やりしましょう。目土は芝生の回復を早めるのが目的です。

これでサッチング作業は終了。お疲れさまでした★


4.【裏技★】芝刈り-エアレーション-目土と一緒なら楽!

芝生の上で飛び跳ねる子供たち

なぜなら、ぜんぶやる更新作業なので、一緒にやれば楽できるからです。

やる順番は以下。

  1. 芝刈り
  2. サッチング
  3. エアレーション
  4. 目土入れ
  5. 肥料
  6. 水やり

たとえば、土曜日の朝から芝生の手入れを始め、日曜日は疲れた体をゆっくり休めるのがおすすめです。別々にやるより気合が入り、1日かけてやれば達成感もあります。


それぞれの手入れ詳細はこちらです⏬

芝生エアレーションのコツ7選💨【効果-時期-おすすめ道具5選も紹介します】

芝生を美しく保つ目土のコツ7選🤩【入れすぎを防ぐ必要量も解説します】

芝生の肥料×撒き方のコツ7選🤩【時期-頻度-おすすめランキングの通販リンクもあり!】

芝生×水やりのコツ5選💧【やりすぎない頻度-効率的な時間帯も解説します】

芝刈りのコツ9選🤩【時期頻度+おすすめ芝刈り機とバリカンも紹介します】


いつごろやるのがベストか?

芝刈り・エアレーション・肥料が一緒にできる時期は、以下の表でまとめました。

                         
日本芝(高麗芝)西洋芝(寒冷地型)
時期5月・7月3月・4月・6月・7月

サッチングの時期は春か秋がいいので、この表を見ると「高麗芝:5月」「西洋芝:3月か4月」ごろなら一緒にできます。ただし、無理にこの時期に合わせる必要はなく、あなたが時間があるときにやるようにしてください。


5.【やりすぎ注意!】芝生を痛める可能性あり!

ところどころ枯れた芝生

サッチングするとゴミがどんどん出てくるので、ついついやり過ぎてしまいます。

しかし、やりすぎると芝生を痛め、最悪の場合は枯れる可能性大です。なので、初めての時は慎重に時間をかけ、感覚をつかめるまで繰り返します。

やり過ぎのサインは、芝生が持ち上がってしまうこと!まだちゃんと根付いてない可能性もあるので、その年はやらなくても大丈夫です。ほふく茎が引っかかるなら、切断しても問題ありません。


6.【分解剤とは?】土壌微生物を利用してサッチを分解!

土壌微生物のイラスト

ここでのポイントは3つ
  • サッチ分解剤とは?
  • 分解剤を使うメリット3つ
  • おすすめの分解剤はどれ?

サッチ分解剤とは?

サッチ分解剤とは、土壌微生物の働きを利用して、サッチの分解を促進する資材のことです。

土壌にはたくさんの微生物が生息していますが、サッチを分解する速度は遅いです。そこで、資材に含まれる分解能力が高い微生物を入れることで、サッチの分解を促進させることができます。

使い方はかんたんで、粒状の分解剤を芝生の上にパラパラ撒くだけ。撒いた後は水やりします。詳細は商品ラベルを参照してください。


分解剤を使うメリット3つ

以下の3つの効果が期待できます。

  • サッチングの手間が省ける
  • 病原菌を発生させるサッチを分解
  • 分解されたサッチは肥料成分になる

注意点は、分解剤の微生物を殺さないため、殺菌剤・殺虫剤・除草剤などの散布は控えましょう。保存は風通しの良い冷暗所がおすすめです。


おすすめの分解剤はどれ?

参考までに、人気のあるサッチ分解剤の楽天・Amazonの売れ筋は、以下のリンクからご確認ください。

≫楽天の売れ筋

≫Amazonの売れ筋


7.【芝焼きとは?】サッチ・雑草・病害虫の除去作業

庭で芝焼きしている画像

ここでのポイントは3つ
  • 芝焼きとは?
  • 芝焼きの適期はいつ?
  • 芝焼きは自己責任でお願いします

芝焼きとは?

芝焼きとは、サッチ・雑草の種・病害虫を除去する方法のひとつです。

デメリットは、地中にある根っこまでは焼けないので、根本的な解決策ではありません。しかし、一度に枯れた芝生を処理できるのが大きなメリットで、サッチングの手間がすごく少なくなります。

日本各地では芝焼きを行うイベントがあり、奈良市の年中行事である三笠山(若草山)の芝焼きは有名です。


芝焼きの適期はいつ?

高麗芝の適期は2~3月。新芽が出る前の早春で、無風の日を選ぶのがコツです。

延焼時間を長くしてたくさんの病害虫を除去するため、風下から風上に向かって焼きます。植栽との境にはレンガなどを置いて、火のまわりをに気をつけましょう。周囲につる植物がある場合は、燃え移らないように水をまいておきます。


芝焼きは自己責任でお願いします

芝焼きは危険です!

都市部の住宅街では近所迷惑になり、苦情が来たりトラブルが発生する可能性があります。法律では違法とまでは言及されていませんが、お住いの自治体に聞いてみるのもいいかもしれません。

田舎でまわりに家がなかったら大丈夫でしょう。これはそこに住んでいる人の方が詳しいと思います。


まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 芝生のサッチ・サッチングとは?
  • サッチング作業をする効果3つ
  • 芝生のサッチングのコツ7選

以上の3つです。


この記事では、芝生のサッチングを上手にやるコツを7つ紹介しました。いかがだったでしょうか?

サッチングはやりすぎないのがポイントで、芝生がめくれ上がるようならやめましょう。大丈夫なら、上へ掻き出すようにすれば、面白いほどサッチがとれますよ!


サッチングもエアレーションと一緒で、かなりの体力勝負です。

ただ、春と秋が最適な時期なので、涼しい時間帯を選んでやるのがいいでしょう。



すぐ下の関連ページで「芝生の手入れ・芝生の肥料・芝生のエアレーション」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、芝生×サッチングのコツ7選🧹【おすすめ時期-道具と分解剤も解説します】…という話題でした。

更新:2021年09月04日|公開:2021年08月23日

RELATED


【現在の位置】ホーム > 芝生 > 芝生のサッチング


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間勇(すがまいさむ)
2級建築士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

このオウンドメディアで「外構×庭づくり」情報を発信(月間平均40万PV)。サイト経由の売り上げ「年8桁」、工事依頼の問合せ「月50件」達成。

子供とNetflixをこよなく愛す、2児の父親。


【⭐ 評判の良い業者が探せます ⭐】

当社で対応できない方はこちらをどうぞ ⏬

これで業者探しは失敗しませんよ!
≫無料で「あなたの地域の業者」を探す方法はこちら🤔


【カテゴリー・まとめページ 📌】

【おしゃれな施工例】 【評判-口コミ】
【外構工事】 【庭-ガーデニング】
【エクステリアアイテム】 【物置】
【カーポート】 【ウッドデッキ】 【芝生】
【庭木-シンボルツリー】 【植栽の選び方】