TOP10 施工例成功への近道評判・口コミ会社案内問い合わせ
ホーム > 芝生の庭 > 芝生の施肥
ホーム > 芝生の庭 > 芝生の施肥

芝生の施肥|病害虫による抵抗力も強くする

更新日:2015.05.23.

芝生の生育期に施す

施肥の条件は土壌の状態や芝生の生育状況によって変わってきますが、基本は生育期に施すということです。また、適切な施肥を行うには、各肥料やその成分の性質をよく知っておく必要があります。

施肥の意義

施肥、芝生
施肥は欠かせない!

野山に自生している芝は、天然の養分を取り込んで生育していますが、庭園や家庭に植えられている芝はそれがままなりません。次の理由から人為的に養分を施す必要があります。



☆施肥は芝生を均一で美しく保ち、病害虫による抵抗力も強くするので重要です。


肥料の成分

施肥、芝生

芝生に栄養を与え、生長したところを刈り込む、というリサイクルができあがると、雑草も生えにくくなり、密生した美しい芝生になります。栄養で特に必要なのが、3要素と呼ばれるチッソ、リン酸、カリウムです。カルシウムも必要な要素です。


施肥の時期(暖地型日本芝:コウライシバの場合)

施肥、芝生

芝の生育期に肥料を施すのが一番効果的ですが、春から施し始めます。


☆肥料を与えただけで答えてくれる植物なので、芝の生長は見違えるほど良くなります。


施肥の時期(西欧芝の場合)

芝の生育期に肥料を施すのが一番効果的です。


☆肥料を与えただけで答えてくれる植物なので、芝の生長は見違えるほど良くなります。


【作成日:2008年8月25日】


関連ページ


RELATED