芝生の手入れ【夏編7-8-9月🥵】夏枯れの原因と対策方法も解説します!

【更新日】2021.08.21.


悩む夫婦

芝生の手入れで悩んでいます😔

梅雨から夏にかけて、やるべき作業を教えてください。それと夏枯れにも注意したいので、対策方法も知っておきたいです。


こんな人に向けて書きました。

この記事のポイントは次の3つです。

  • 芝生の夏の手入れとは?
  • 6月-7月-8月にやるべき作業
  • 夏枯れの原因と対策方法とは?

記事を読み終えると、夏場の芝生を手入れする方法がわかり、美しい芝庭がつくれるでしょう😊


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事専門会社」です。

毎年60件以上の外構工事を行い、庭の芝張りもよくやっています



芝生の手入れ【夏編7-8-9月🥵】夏枯れの原因と対策方法も解説します!

芝生の夏の手入れは暑さとの戦いで大変ですが、しっかり管理すれば美しい芝庭が作れます。

しかし「夏の手入れって何をするの?」「夏の芝刈り頻度は?」「夏の水やり回数の目安は?」「目土や肥料はどうするの?」「夏枯れの原因と対策はなに?」などとすごく悩むでしょう

そこでこの記事では、梅雨時期の6月から真夏の8月にかけて、やっておくべき芝生の手入れを解説します。夏枯れ対策もありますよ!

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


芝生の夏の手入れとは?【芝刈りが大事!】

暑い夏に芝生の上で走る子ども

芝刈りは週1回やろう!

芝刈りをしている男性のイラスト

なぜなら、6~8月の梅雨時期から夏にかけては、芝が旺盛に生長するからです。

そこで、できれば「1週間ごとに芝刈り」をやったほうがいいでしょう。とくに猛暑の夏はしんどいですが、お父さんは家族のために頑張ってください!


芝刈りをしないとどうなる?

伸び過ぎてしまった芝生

夏場の芝生は旺盛なのですぐに伸び、ほったらかしにすると以下になります。

  • 見た目がカッコ悪い
  • 病害虫が発生しやすくなる
  • 内部の風通しが悪く枯れやすい

雑草も伸びてくるので、こまめに駆除するのが大事です。水やり後など、土がやわらかいときが簡単ですよ。


【6月】芝生の手入れでやるべき作業


暖地型(日本芝)の手入れ

この時期は気温が高くなるにつれ、芝生の生長は活発になります。


6月の手入れ
  • 【必要な作業】目土入れ
  • 【肥料】30g / m2
  • 【水やり】葉っぱが細くなったら
  • 【芝刈り】2回ぐらいが目安(高さ20mmに維持)

6月は芝の苗が傷みやすい時期なので、痛んだ芝を回復させる手入れが必要です。芝生は夏に植えるのではなく、梅雨前に終わらせましょう。


寒地型(西洋芝)の手入れ

西欧芝の青々した緑は、まだまだ楽しめます。


6月の手入れ
  • 【病害虫】被害が目立つなら殺菌剤を散布
  • 【肥料】30g / m2
  • 【芝刈り】3回ぐらいが目安

梅雨後は排水・蒸れに注意しましょう。


【7月】芝生の手入れでやるべき作業


暖地型(日本芝)の手入れ

最盛期を迎えるこの時期に、密生した美しい芝ができるようにしましょう。


7月の手入れ
  • 【肥料】30g / m2
  • 【水やり】2、3日に1回が目安
  • 【芝刈り】3回ぐらいが目安(高さ20mmに維持)

近年は猛暑日が増えているので、芝生の様子を見て水やりは毎日でも大丈夫です。梅雨明け後には、葉枯病も消えます。


寒地型(西洋芝)の手入れ

梅雨時期は多湿で病気の被害を受けやすく、梅雨明け後は乾燥し虫の被害を受けやすくなります。


7月の手入れ
  • 【病害虫】被害が目立つなら殺菌剤を散布
  • 【肥料】10g / m2
  • 【水やり】1日おきが目安(やりすぎに注意)
  • 【芝刈り】3回ぐらいが目安

【8月】芝生の手入れでやるべき作業


暖地型(日本芝)の手入れ

夏バテもせず、病気もほとんど発生しません。


8月の手入れ
  • 【肥料】30g / m2
  • 【芝刈り】3回ぐらいが目安
  • 【水やり】2、3日に1回が目安

近年は猛暑日が増えているので、芝生の様子を見て水やりは毎日でも大丈夫です。コウライシバは高温と乾燥で、葉が針のように細く巻かれる状態になることがあります。


寒地型(西洋芝)の手入れ

関東以西は高温と病害虫の被害を受け、裸地化する場所が増えます。


8月の手入れ
  • 【病害虫】被害が目立つなら殺菌剤を散布
  • 【肥料】10g / m2
  • 【水やり】毎日午前中にやる
  • 【芝刈り】1~2回ぐらいが目安

寒冷地は病害虫の被害を避けられれば、美しい緑を保つことができます。


【夏枯れ】芝生が枯れる原因と対策

枯れた芝生の画像

夏枯れとは?原因はなに?

夏枯れとは、乾燥のしすぎで芝が茶色く変色することです。

病気の可能性もありますが、日本芝は夏に強いので、多くは水不足が原因と考えられます。

逆に西欧芝は夏に弱いので、枯れるのは仕方ありません...日本芝と勘違いして水やりをし、根腐れが起こさないよう注意しましょう。


対策は水やりをたっぷりやる!

芝生にたっぷりと水やりしている画像

夏に入り晴天が続くようになったら、こまめに水やりをしましょう(ただし梅雨時期は控える)。とくに暑い日は朝か夕方に、復活するまで毎日水やりしましょう。

少しずつ水やりするのではなく、地中深くまで十分に水が届くようにやるのがコツです。


水やりの詳細はこちらです⏬

芝生×水やりのコツ5選💧【やりすぎない頻度-効率的な時間帯も解説します】


まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 芝生の夏の手入れとは?
  • 6月-7月-8月にやるべき作業
  • 夏枯れの原因と対策方法とは?

以上の3つです。


この記事では、6~8月の芝生の手入れについて紹介しました。いかがだったでしょうか?

猛暑下での芝生の管理はすごく大変ですが、この時期うまく手入れできれば、ずっと美しい芝庭が維持できます。とくに日本芝には大切な時期なので、元気に育ててあげましょう!


夏場の芝刈りで嫌になり、芝生を諦める人もいます。

しかしこの時期さえ乗り越えれば、子供に最高の遊び場が与えられますよ!



すぐ下の関連ページで「芝生の秋の手入れ・芝生の水やり・芝生の雑草対策」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、芝生の手入れ【夏編7-8-9月🥵】夏枯れの原因と対策方法も解説します!…という話題でした。

更新:2021年08月21日|公開:2021年08月01日

RELATED


【現在の位置】ホーム > 芝生 > 芝生-夏の手入れ


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間勇(すがまいさむ)
2級建築士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

このオウンドメディアで「外構×庭づくり」情報を発信(月間平均40万PV)。サイト経由の売り上げ「年8桁」、工事依頼の問合せ「月50件」達成。

子供とNetflixをこよなく愛す、2児の父親。


【⭐ 評判の良い業者が探せます ⭐】

当社で対応できない方はこちらをどうぞ ⏬

これで業者探しは失敗しませんよ!
≫無料で「あなたの地域の業者」を探す方法はこちら🤔


【カテゴリー・まとめページ 📌】

【おしゃれな施工例】 【評判-口コミ】
【外構工事】 【庭-ガーデニング】
【エクステリアアイテム】 【物置】
【カーポート】 【ウッドデッキ】 【芝生】
【庭木-シンボルツリー】 【植栽の選び方】