坪庭のおしゃれな作り方5選🤩【洋風-和風モダン-玄関を手作りしよう!】

更新日:2021.01.09.


悩む夫婦

坪庭のある家にあこがれています。作る前にメリットとデメリットが知りたいです。

それと、洋風とか和風の坪庭があるけど、おしゃれな作り方も教えて欲しい。


と悩みを抱えている人に向けて書きました。

ポイントは次の3つです。

  • 坪庭とは?
  • 坪庭のメリットとデメリット
  • 坪庭のおしゃれな作り方5選

記事を読み終えると、あなたの家に坪庭が必要かどうかわかり、参考になるおしゃれな坪庭デザインもわかるでしょう。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

毎年60件以上の外構工事を行い、多くのお客様に喜んでいただいています



坪庭のおしゃれな作り方5選🤩【洋風-和風モダン-玄関を手作りしよう!】

小さな坪庭が家の中にあると、日々の生活に癒しを与えてくれます。

しかし、「建築段階で坪庭を設計するのか?」「おしゃれな坪庭を作るにはどうしたらいいのか?」など悩みは尽きません...

そこでこの記事では、坪庭を作るメリットとデメリットを解説し、おしゃれな坪庭デザインを5つ紹介します。

また、坪庭に合う植物の選び方や、ワンランク上の坪庭を作るコツなども合わせて解説していきます。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


坪庭とは?


ここでのポイントは3つ
  • 坪庭とは?【言葉の意味】
  • 京都の町家が発祥?
  • 坪庭と中庭の違いは何?

坪庭とは?【言葉の意味】

坪庭とは、建物や塀でまわりを囲まれた小さな庭のことです(読み方は「つぼにわ」)。

おもに和風のデザインを坪庭と呼び、洋風のデザインをコートヤードと呼んでいます。

もともとは「眺める」目的の庭でしたが、最近では「遊ぶ」目的に作ることもあり、時代とともに変化しているのが特徴です。


京都の町家が発祥?

その昔、京都にあった町家の特徴は、間口が狭く奥行きが長い住宅でした。

また、隣の家とすごく近いため、採光・風通しがとても悪かったのも特徴です。

そこで、貴族や武家の屋敷にある和風庭園を、その町家の真ん中に作ったのが「坪庭」の発祥だと言われています。坪庭のおかげで癒しの空間ができ、現代では趣味趣向を凝らした粋なデザインが増えてきました。


坪庭と中庭の違いは何?

ひとことで言うと「大きさが違う」だけです。

坪庭は小さい庭、中庭は大きい庭で、ともに建物の内側に位置します。

現代ではあまりその違いは意識せず、「坪庭のある家=中庭のある家」と考えても間違いではないでしょう。


坪庭のある家のメリット・デメリット


坪庭のデメリットは何?


坪庭のデメリット3つ
  • 建築費が高くなる
  • 居住空間が狭くなる
  • 断熱性が悪くなる

建築費が高くなる

「坪庭のある家なんてステキ!」って夢見る人は多いですが、現実はすごくシビアです。

建物の外側だけ外壁で囲うより、建築費はずっと高くなります。なぜなら、内側に坪庭を作ると、そのぶん外壁面積が広くなるからです。

また坪庭に接する窓の数は多くなり、サイズも大きくなるため、そこでも建築費用は高くなってしまいます。


居住空間が狭くなる

その理由は、坪庭を作るための場所が必要になるからです(間取りが難しくなる)。

また、室内の導線が悪くなり、家の中の行き来がしづらくなります。たとえば、坪庭の向こうで泣いている赤ちゃんが見えても、坪庭をぐるっと迂回するので時間がかかり大変です。

敷地面積が小さいなら無理に坪庭を作らず、庭の一角に小さな和風庭園を作るのをおすすめします。


断熱性が悪くなる

なぜなら、 坪庭に接する窓は大きいため、せっかく温めた熱がすぐに逃げてしまう からです。

そこで、断熱性能の高いサッシを使えば、普通の窓より断熱性が向上します。しかし、値段が高くなるので検討が必要です。



上記3つの理由から、 安易に家の内側に坪庭を計画しない方がいいでしょう 。たとえば、フェンスや塀で囲って外に作るアイデアもあるので、作る前に家族でよく相談してください。


坪庭のメリットは何?

小さな坪庭の写真・施工例

坪庭のいちばんのデメリットは建築費用が高くなることです...

しかしメリットもいっぱいあるので、ここから3つほど解説していきます。


坪庭のメリット3つ
  • 家の中が明るくなる
  • 開放感があって気持ちいい
  • 近所の視線を気にせず過ごせる

家の中が明るくなる

その理由は、お隣の家に接していないので暗くならず、太陽光があなたの家だけに差し込むからです。

とくに住宅街では敷地が狭いため、採光の確保が難しいのが事実...光の入らない家は一日中電気をつけなければならず、気持ちも沈みがちになってしまいます。

そこで坪庭があれば、明るく元気な光が家中にあふれるので、家族みんなが朝から気分良くスタートできるでしょう!


開放感があって気持ちいい

目隠しフェンスで囲った和モダンの坪庭

なぜなら、窓に囲まれた坪庭を見るたびに、開放感を感じられるからです。

坪庭に小さな和風庭園を作れば、眺めるたびにリラックスできます。また、タイルテラスやウッドデッキを作れば、坪庭で気持ちよく過ごせるのも魅力です。


近所の視線を気にせず過ごせる

その理由は、外からは坪庭が見えないので、視線を気にせず坪庭で過ごせるからです。

コの字型やロの字型に設計するのがポイントで、ロの字型ならまったく外から見えません!

ウッドデッキを設置し芝生を敷けば、子供が大はしゃぎで遊べます。また、坪庭を風呂場に接してつくれば、まるで旅行に行った気分も味わえますよ。


【注意点】失敗しないために知っておくべきこと3つ


ここでのポイントは3つ
  • 簡素なデザインが良い
  • 排水に工夫が必要
  • 植物を育てるのは難しい

簡素なデザインが良い

なぜなら、囲まれた狭い場所にあるので、管理をするのがめんどくさいからです。

数少ない素材で、あっさりシンプルに仕上げることがポイントです。典型的なテーマはないので、建物に合わせてじっくり手作りできるのが坪庭の魅力です。

なるべく余白部分を多くとり、明るい石の玉石(白川砂利、寒水砂利など)などを敷き詰め、反射光を利用した明るい空間にします。石や砂利は、足元をしっかりさせるために必要です。


排水に工夫が必要

その理由は、排水をしっかりやらないと、雨が強く降った時に水たまりができるからです。

最近では、雨水を敷地内に浸透させるのが一般的になっています。しかし坪庭は狭いので、その場所に浸透させず、外部に排水するよう配管をしたほうがよいでしょう。

配管作業はDIYでは難しいので、建築時に担当者に相談した方が失敗がなくなります。


植物を育てるのは難しい

なぜなら、採光や風通しが悪いので、植物が育ちにくくなるからです。

植物は太陽光を浴びないと生長しづらく、風通しが悪いと病気や虫が発生しやすくなります。高木は植えても1本、あとは下草やグランドカーバーで上手に植栽した方がストレスがありません。

もし育てる自信がないなら植物は植えず、鉢植えにして移動可能にして育てた方がいいでしょう。あるいは植えた木が育ちにくかったら、諦めて抜いほうが気持ちがスッキリします。


坪庭のおしゃれな作り方5選


悩む女性

まったくの初心者なので、どんな設計にしたらいいか教えてください。


坪庭はスペースさえあれば、あとはDIYでゆっくり手作りが可能です。

ここでは作り方の参考になるデザインを、5つほど紹介していきます。


ここでのポイントは5つ
  1. 【洋風】定番のウッドデッキを設置しよう
  2. 【和風】眺めて楽しむ庭園
  3. 【和モダン】実はかんたんに作れる
  4. 【玄関】玄関脇か玄関先かどっち?
  5. 【枯山水】坪庭にはぴったりの技法

それでは、順番に解説していきます。


1.【洋風】定番のウッドデッキを設置しよう

ウッドデッキを設置した坪庭の画像

洋風の坪庭が欲しいなら、ウッドデッキの設置がおすすめ!

なぜなら、遊んだり楽しんだりするのが目的になるからです。ウッドデッキがあると裸足のまま坪庭に出れ、椅子に座って読書したり、子供が遊びまわったりできます。

ごちゃごちゃと物を置かず、広々したスペースを作るのがポイントです。


2.【和風】眺めて楽しむ庭園

庭の一角に小さな和風庭園を作った施工例

和風の坪庭が欲しいなら、灯籠・つくばい・景石など置いて植栽をあしらうのがおすすめ!

その理由は、眺めてリラックスするのが目的になるからです。庭の背景として竹垣を設置することが多く、砂利を足元にまき歩くのは飛び石の上だけにします。

一方面から見るだけでなく、二方面・三方面・四方面から見る場合を考えて作るのがポイントです。


3.【和モダン】実はかんたんに作れる

和モダンテイストの坪庭

和モダンの坪庭が欲しいなら、モノトーン基調のデザインにするのがおすすめ!

なぜなら、それだけで和モダンの雰囲気がかんたんに作れるからです。和風の雰囲気は植物で作るのがポイントで、あとはシンプルなデザインにしましょう。

また、おすすめのアイテムは濃い木目調の「ウッドデッキや目隠しフェンス」で、すぐに和モダンテイストの坪庭が作れます。


4.【玄関】玄関脇か玄関先かどっち?

玄関から見えるように坪庭を作るのがポイントで、玄関脇・玄関先の2カ所があります。

上画像は玄関先に坪庭がある画像で、これなら家の中心に坪庭が来るので、いつでもどこでも楽しめます。

玄関脇に坪庭を作るなら、スモールガーデンにするのがポイント!玄関付近だけで楽しむので、大きな坪庭はいらないです。


5.【枯山水】坪庭にはぴったりの技法

枯山水の和風庭園

枯山水とは和風庭園の技法のひとつで、水を使わない庭のことです。

砂利や大きな石を主体としてデザインし、大きめの庭石で山を表現します。池やつくばいなど、水が必要なアイテムは使いません。

もともと坪庭は水の排水が難しいので、枯山水のような砂利や庭木を主体としたデザインがおすすめです。


坪庭に合う植物の選び方


ここでのポイントは3つ
  • 日陰に強い植物を選ぼう
  • 低木なら手入れが楽
  • 落葉樹なら四季の変化が楽しめる

日陰に強い植物を選ぼう

どんな場所にも強い植物「リュウノヒゲ(タマリュウ)」

坪庭内は、どうしても日当たりが悪くなってしまいます。

そこで、日陰に強い陰樹を植えるのがおすすめです。枯れる心配が少なくなり、元気に育ってくれるでしょう。

樹木なら「アオキ・センリョウ・マンリョウ・カクレミノ・ナンテン・タケ」など、グランドカバー用の下草なら「リュウノヒゲ、フッキソウ、コクサ、ハラン」などが耐陰性の植物です。


低木なら手入れが楽

南天の木は葉っぱと赤い実が美しい

なぜなら、坪庭は狭いスペースに作るので、低木なら日々の管理が簡単だからです。

和風の雰囲気のあるおすすめの低木は「南天の木・アオキ・センリョウ」で、日陰に強く常緑樹で育てやすいでしょう。3つとも赤いかわいい実をつけ、日本らしい風情があります。

また、一年中青々したはっぱが鑑賞できるので、冬に葉の落ちた落葉樹のような寂しい雰囲気にはなりません。



おすすめ低木の詳細はこちらです⏬

南天の木は縁起が良い🤩【育て方(剪定・挿し木)や特徴(花・実)を解説します】

アオキ(植物)は庭木に利用できる陰樹🤩【斑入り種類-育て方のコツも解説します】

センリョウ×千両の実は縁起物🤩【マンリョウとの違い-育て方-剪定も解説します】


落葉樹なら四季の変化が楽しめる

ヤマボウシの清楚な白花

落葉樹は芽吹き・新緑・紅葉・冬枯れの景色と、1年中いろいろな風情が楽しめて、生活に感動や驚きが加わっておもしろいです。

また、大きな木が落葉した冬場も寂しくないように、低木や下草には常緑樹を使いましょう。

おすすめの落葉樹は、ヤマボウシ・ヒメシャラ・アオダモです。樹形が美しく季節感が楽しめ、坪庭の雰囲気にもよく合います。



落葉樹の詳細はこちらです⏬

【落葉樹】おすすめ10種類🤩【おしゃれな庭木を一覧にしてまとめました】


ワンランク上の坪庭にするコツ3つ


ここでのポイントは3つ
  • 紅葉する木を植える
  • 照明で劇的に変わる!?
  • 贅沢なものを置く

紅葉するもみじの木を植える

ウッドデッキとイロハモミジの共演

なぜなら、「坪庭に植える木=紅葉する木」がぴったりだからです。

おすすめはイロハモミジ!一般住宅で植える紅葉する木の代表種で、シンボルツリーとしても玄関前や庭によく植える人気のある落葉樹です。

坪庭に1本イロハモミジがあれば、他の木を植える必要はありません。それほど存在感があります。高木になるので、株立ちを植え毎年丁寧に剪定して管理しましょう。



イロハモミジの詳細はこちらです⏬

イロハモミジ株立ちは庭木におすすめ🤩【剪定・育て方のポイントも解説します】


照明で劇的に変わる!?

一般的に庭園灯を立てるのが多いですが、夜は窓に光が反射して、せっかくの坪庭が見えづらくなります。これでは、夕食後に庭を楽しもうと思っても、残念ながらよく見えません...

そこで解決策として、建物の壁にスポットライトをつけて坪庭を照らすと、よく見えるようになります。照明は柔らかいオレンジの電球色がおすすめ。

庭の広さや見るべきポイントにもよりますが、普通の広さなら150W1つで十分です。消し忘れて一晩中つけっ放しになることもあるので、タイマーを設置して、一定の時間が過ぎたら消えるようセットしましょう。これで無駄な電気を使わなくなります。


贅沢なものを置く

坪庭をおしゃれに見せるポイントは、材料の良いものを選ぶことです。

一点豪華ではありませんが、和風なら「灯篭・水鉢・庭石」など吟味したものを選びます。また洋風の場合なら、品のよいオーナメントや彫刻を置くのがおすすめ!アンティークの骨董品なども、使い方によっては効果的です。

質の良いものを使って、住む人(あなた)の趣味のよさを表現しましょう。どんな人に見られても「よい品」と評価される物を選ぶことが大事です。あなただけのオリジナリティあふれる坪庭を、ぜひ考えてみてください。


【無料】庭業者のかんたんな探し方

自分の手じゃ負えないから、思い切ってプロに坪庭づくりを依頼したい人いますよね?

そこで庭×外構業者をかんたんに探せる「無料一括もつもりサイト」を紹介します。このサービスをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 無料で見積り依頼できる
  • 近くの評判の良い業者が探せる
  • 1社だけでなく数社見積もりできる

無料で相見積もりできるのが最大のメリットで、適正な工事価格がわかり、依頼した業者の工事が適正かどうか比較検討できます

このサービスを使えば「時間とお金の節約になる」ので、興味のある方はぜひ利用してみてください⏬


まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 坪庭とは?
  • 坪庭のメリットとデメリット
  • 坪庭のおしゃれな作り方5選

以上の3つです。


この記事では、坪庭のおしゃれな設計・デザインを5つ紹介し、失敗しないための注意点も解説しました。いかがだったでしょうか?

坪庭を家の内部に作るには、建築費が高くなるデメリットがあります。しかしフェンスや塀で囲った小さな坪庭なら、コストをかけずにDIYでもかんたんに作れます。もし大がかりな工事が必要なら、迷わず庭業者に依頼しましょう。



すぐ下の関連ページで「無料で庭業者を探す方法・庭づくりのアイデア・おしゃれな庭施工例」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はぜひご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、坪庭のおしゃれな作り方5選🤩【洋風-和風モダン-玄関を手作りしよう!】…という話題でした。

更新:2021年01月09日|公開:2020年12月10日


現在の位置:ホーム > ガーデニング×庭づくり > 坪庭の作り方




RELATED


※ このサイトについて

「クローバーガーデン埼玉」が運営するサイトで、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり」専門業者です👷

⭐ よく読まれている記事6選 ⭐

新築外構・エクステリア工事一式庭・ガーデン工事リフォーム工事

オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガ石張り舗装カーポートウッドデッキフェンス角柱機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)物置|コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装