ロックガーデンのおしゃれな作り方7選【おすすめ植物-石の積み方も解説します】

【更新日】2021.05.15.


悩む夫婦

ロックガーデンをDIYで手作りしようと考えています。参考になるおしゃれな作り方や、石の積み方が知りたいので教えて欲しいです。


と悩みを抱えている人に向けて書きました。

ポイントは次の3つです。

  • ロックガーデンとは?
  • 石拾いはどこでする?
  • おしゃれな作り方7選

記事を読み終えると、ロックガーデンとはどんな庭なのかわかり、参考になるおしゃれな設計・デザインもわかるでしょう。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

毎年60件以上の外構工事を行い、多くのお客様に喜んでいただいています



ロックガーデンのおしゃれな作り方7選【おすすめ植物-石の積み方も解説します】

カラフルでおしゃれなロックガーデン

おしゃれなロックガーデンは、DIYでかんたんに手作りできます。

しかし、「使う石はどうするか?」「おしゃれなロックガーデン作るにはどうしたらいいか?」など悩むことでしょう...

そこでこの記事では、ロックガーデンのおしゃれな作り方を7つほど解説し、おすすめの植物や石も紹介します。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


ロックガーデンとは?

築山をイメージした和風ロックガーデン

ここでのポイントは3つ
  • ロックガーデンとは?【言葉の意味】
  • メリットはなに?
  • デメリットはなに?

ロックガーデンとは?【言葉の意味】

ロックガーデンとは、岩の間にカラフルな草花を植えてつくる庭のことです。

花を植える場所は花壇のように区切らず、ごく自然な感じで「まるで山のお花畑」のようなイメージで作ります。


メリットはなに?

花が咲いているロックガーデン

プロの業者に依頼しなくても、素人がかんたんに作れるのがいちばんのメリットです。


デメリットはなに?

煩雑になりがちなロックガーデン

人によっては雑な感じに見えるので、「手抜きしたダサい庭」という印象を与えるのがデメリットです。


石拾いはどこでする? or 買う?


ここでのポイントは3つ
  • 川では2種類の石が拾える
  • 川で石を拾うと違法か?
  • ホームセンターや通販で買う

川では2種類の石が拾える

川の下流なら丸い石

川のイメージ画像

流れが緩やかな川の下流では、角が取れた丸っこい石があります。

和風のロックガーデンにぴったりのイメージです。


川の上流なら角ばった石

渓流のイメージ画像

流れが急な川の上流(渓流地)では、角ばった石があります。

洋風・和風どちらののロックガーデンにもぴったりのイメージです。


川で石を拾うと違法か?

一般人が自分だけで使う石を「少量持ち帰る」のは、違法とはならないようです。ただし、国立公園や国定公園内などでは、鉱物や植物の持ち帰りは違法となります(自然公園法20条3項4号)。

あとで罰則があると大変なので、お金を払って購入した方が良さそうです...

また、営利目的で大量かつ大規模に採取するなら、国の許可が必要となります。

参考:≫自然公園法≫河川法(国土交通省)≫砂利採取法


ホームセンターや通販で買う

川で石を拾ってくるのは、法律違反になる可能性があるので、ホームセンターや通販で買ったほうが無難です。

しかも、カラフルでおしゃれな石がたくさん売っているので、あなたのイメージするロックガーデンにぴったりの石がかんたんに見つかります

ホームセンターなら実物が見れ、手で触ることが可能です。しかし石はものすごく重い(腰を痛める!)ので、通販で買って家まで届けてもらってもいいでしょう。


ロックガーデン用の石の種類は?

カラフルなクォーツロック

例えば以下のような種類です。

  • 溶岩石:ゴツゴツ感がある
  • 砕石:白い石灰岩や青っぽい岩
  • 玉石:和風のグランドカバーに
  • 砂利:洋風のグランドカバーに
  • クォーツロック:透明感のある美しい栗石

和風のロックガーデンならモノトーン色、洋風のロックガーデンならカラフルな色がおすすめ!

とくに「クォーツロック」はピンク・オレンジ・イエロー・ホワイト・ベージュなど色が豊富で、おしゃれなロックガーデンが作りやすい石です。

≫楽天でどんなロックガーデン用の石があるか見てみる


ロックガーデンのおしゃれな作り方7選


悩む女性

まったくの初心者なので、どんな設計にしたらいいか教えてください。


ロックガーデンは小さなスペースさえあれば、DIYでゆっくり手作りが可能です。

ここでは作り方の参考になるデザインを、7つほど紹介していきます。


ここでのポイントは7つ
  1. 【簡単】DIY初心者でもできます
  2. 【石の積み方】何も考えずに積もう!
  3. 【おすすめ植物】ロックガーデンに向く植物
  4. 【洋風】カラフルな石を使おう!
  5. 【和風】合わせるアイテムがいっぱい
  6. 【花壇】どこでも簡単に作れる
  7. 【土留め】ガビオンという方法もある

それでは、順番に解説していきます。


1.【簡単】DIY初心者でもできます

なぜなら、とくに「こうやってデザインしたらいい!」という法則がないからです。

あくまで、作る人のイメージが大事になります。何度も石の配置を変え、立ち上がって遠くから眺めるのが、上手に作るポイントです。

まずは庭の小さなスペースに試しに作り、それから大きめのロックガーデンを作りましょう。低コストでお金がかからないので、初心者向きの庭づくりと言えます。


2.【石の積み方】何も考えずに積もう!

手袋をして気をつけて石を積もう

その理由は、考えすぎるとうまくいかず、頭を真っ白にして積んでいくと意外とうまくいくからです。

ちょうど山に岩がゴロゴロしている感じに、石を置くのがポイント!たとえば、雑木の庭の一画に少し土を盛って傾斜地をつくり、そこに色々なサイズの石をまき散らして置くなどです。

しかし、石の角度や大きさが気になって、なかなか難しいと感じるでしょう。あまり考えずに投げ置いていくのも、自然な感じを出すひとつの方法です。


いろんなサイズの石を混ぜる

うまく石を組み上げていくコツは、サイズを変えて順番に置いていくことです。例えば大・中・小という具合に。

大きい石にくっつけて小さい石、少し離して中くらいの石、次に大きいのと中小の石を方向を変えておくとか...あなたのセンスが問われるところです。

あまり難しく考えず、実際に手に取ってやり経験してみることが、上達への近道ですよ!


3.【おすすめ植物】ロックガーデンに向く植物

ロックガーデンに植えた高山植物

おすすめの種類は以下です。

  • 高山植物
  • ハーブ類
  • 多肉植物
  • 大きく育たない植物
  • 地面をはうような植物

ロックガーデン向きの植物・草花は以下です。

スイセン、シダ類、ヤブコウジ、ヘリクリサム、ブルーデージー、ラベンダー、ロベリア、ギボウシ、ツルニチニチソウ、サルビア、マリーゴールド、ゼラニウム、ペチュニア、アガパンサス、玉竜など


石が据え終わったら、これにコニファーや草花を添えるように植えていきます。

石の間に草花があるという、自然な感じを出すように心がけましょう。少量ずつ、種類を多く植えると楽しめます。

また、草花とハーブ類を花の色や高さを考えながら、ランダムに植えてみましょう。ポイントはカラフルにし、見る人の目がキラキラ輝くようにすることです。


4.【洋風】カラフルな石を使おう!

洋風ロックガーデンのイメージ画像

なぜかというと、クォーツロックのようなカラフルな石を並べると、かんたんに洋風のデザインになるからです。

また、色とりどりの草花を植えるのもポイントで、ヨーロッパのお花畑をイメージして作りましょう


5.【和風】合わせるアイテムがいっぱい

和風ロックガーデンによくあるツクバイとししおどし

和風庭園には石は欠かせないアイテムで、和風庭園=ロックガーデンと考えることもできます。

大きな玉石やコケの生えた石を並べれば、かんたんに和風ロックガーデンっぽく作れるでしょう。また溶岩石と下草を合せるなど、できる工夫はたくさんあります。

「ツクバイ・ししおどし・灯篭・竹垣など」のアイテムも豊富で、小さな和風ロックガーデンならひとつでもあれば十分です。小さな和風庭園を再現するつもりで作りましょう!


6.【花壇】どこでも簡単に作れる

ロックガーデン用の小さな花壇

なぜなら、モルタルは必要なく、ただランダムに石を積むだけで作れるからです。

高さのある花壇の作り方は、大きめの石を2列並べ、その上に中くらいの石を乗せるだけで作れます。あるいは、ただ石をサークル状や四角形に並べるだけです。

ポイントは隙間を少し作り、そこから草花が顔を出すようにすること!まあ、マチュピチュの世界遺産にある「隙間なしの塀」みたいには、やろうと思ってもできませんが...


7.【土留め】ガビオンという方法もある

巨大な石を使った土留めロックガーデン

土留めの作り方は、大きい石を階段状に並べ、土が流れないように作ることです。

また、石の隙間から土が流れないように、隙間にモルタルを詰めることがポイント!モルタルは乾くとグレー色になり、見た目は良くないので、見えないように詰めることです。

本格的な土留めは専門業者に依頼し、DIYでやるなら石組み3段ぐらいまでにしましょう。


ガビオンなら塀や門柱もつくれる

ガビオンで作った土留め用の塀

ガビオンとは、鉄製のメッシュで囲いを作り、その中に石を入れてオブジェにしたものです。

上画像は当社クローバーガーデンの手作りガビオンで、道路ぎわにおしゃれな塀として施工したものです。これ以外にも、門柱や鉢植えのように使うこともあります。

また、既製品のボックス型ガビオンは装飾性が目的のため、土留めには使えません。土留めに使うなら、手作りがおすすめです。

≫楽天でガビオンがどんなものか見てみる


まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • ロックガーデンとは?
  • 石拾いはどこでする?
  • おしゃれな作り方7選

以上の3つです。


この記事では、ロックガーデンのおしゃれな設計・デザインを7つ紹介し、おすすめの植物と石も解説しました。いかがだったでしょうか?

ロックガーデンを作るには石が必要ですが、川などで勝手に拾ってくると、あとで厄介なことになるかもしれません 。お金はかかりますが、通販やホームセンターで購入すれば、「拾ってきたのって法律違反なのかな...?」といつまでも心配する必要はなくなります。

健全なロックガーデンを作って、毎日のガーデニングを楽しみましょう!



すぐ下の関連ページで「庭づくりのアイデア・花壇のおしゃれな作り方・おしゃれな庭施工例」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はぜひご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、ロックガーデンのおしゃれな作り方7選【おすすめ植物-石の積み方も解説します】…という話題でした。

更新:2021年05月15日|公開:2020年12月12日


RELATED


【現在の位置】ホーム > 庭ガーデニング > ロックガーデンの作り方


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間勇(すがまいさむ)
2級建築士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

このオウンドメディアで「外構×庭づくり」情報を発信(月間平均40万PV)。サイト経由の売り上げ「年8桁」、工事依頼の問合せ「月50件」達成。

子供とNetflixをこよなく愛す、2児の父親。


【⭐ 評判の良い業者が探せます ⭐】

当社で対応できない方はこちらをどうぞ ⏬

これで業者探しは失敗しませんよ!
≫無料で「あなたの地域の業者」を探す方法はこちら🤔


【カテゴリー・まとめページ 📌】

【おしゃれな施工例】 【評判-口コミ】
【外構工事】 【庭-ガーデニング】
【エクステリアアイテム】 【物置】
【カーポート】 【ウッドデッキ】 【芝生】
【庭木-シンボルツリー】 【植栽の選び方】