固まる土=真砂土の庭造りヒント7選🤩【水はけの良い舗装材としておすすめです!】

更新日:2021.03.31.


悩む夫婦

庭の舗装に真砂土を使おうか迷っています。

どんなメリット・デメリットがあるのか、それと庭づくりのポイントが知りたいです。参考になるおしゃれな施工例があったら、ぜひ見せてください。


こんな人に向けて書きました。

この記事のポイントは次の3つです。

  • 固まる土・真砂土舗装とは?
  • 庭づくりのヒント7選
  • メリット7つとデメリット5つ

記事を読み終えると、真砂土舗装はどんなものかわかり、雑草対策にもなるきれいな庭が作れるでしょう。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

年間60件以上の工事を行い、多くのお客さまに喜ばれています



固まる土=真砂土の庭造りヒント7選🤩【水はけの良い舗装材としておすすめです!】

真砂土舗装をした外構アプローチ画像

真砂土舗装は特徴を理解して使えば、環境保全にもつながる素晴らしい舗装材です。

しかし「なぜ真砂土舗装は固まるの?」「どんなデメリットがあるの?」「庭の水はけは良くなるの?」「ボロボロになったりしないの?」「おすすめの真砂土はどの商品?」などとすごく悩むでしょう

そこでこの記事では、真砂土舗装とはどんなものか?をまず説明し、庭づくりのヒントを7つほど解説していきます。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


固まる土と真砂土とは?


ここでのポイントは3つ
  • 固まる土とは?
  • 真砂土とは?
  • 真砂土舗装とは?

固まる土とは?

固まる土とは、土にセメントと硬化剤を混ぜ、固まるようになった土のことです(防草土とも呼ばれる)。

ホームセンターのカインズやナフコなどでも販売されていて、固まる土「まさ王」という商品も売られています。DIYでも簡単に扱えるのが特徴です。


真砂土とは?

花崗岩の画像

真砂土(まさど)とは、花崗岩が風化してできた砂状の土のことです。別名まさつち。

大きな特徴は、透水性と保水性の相反する2つの性質を持つことです。そのため、建築用の客土としてよく使われ、特殊土壌として扱われています。

上記した固まる土には、真砂土をブレンドしていることが多いです。


真砂土舗装とは?

真砂土舗装とは、真砂土にセメントと硬化剤を混ぜ、固まるようになった土を舗装に使うことです。

庭園・公園のアプローチ舗装や道路の路肩に昔からよく使われ、最近では一戸建て住宅の庭にも利用されています。


固まる土=真砂土を使った庭づくりヒント7選


ここからは、真砂土を使った舗装についての解説です。


ここでのポイントは7つ
  1. 【デメリット5つ】駐車場の舗装には不向き!
  2. 【メリット7つ】水はけが良く水たまりができにくい素材
  3. 【おすすめ種類】四国化成の真砂土ミックスが最強!
  4. 【庭づくり】真砂土を使ったおしゃれな施工例
  5. 【施工方法と手順】DIYでも簡単にできる!
  6. 【値段-単価】販売価格はいくらぐらいか?
  7. 【通販】楽天・アマゾンでも購入できる

お待たせしてすみません!

真砂土舗装にはデメリットがたくさんありますが、それを理解して使えばとても素晴らしい舗装材です。デメリット解説後、すぐにメリットも解説するので、合わせて読んで理解を深めてください。

では、デメリットからどうぞ!


1.【デメリット5つ】駐車場の舗装には不向き!


デメリットは5つ
  • 寒さに弱い
  • 苔が生える
  • 駐車場には不向き
  • 表面が劣化しやすい
  • 水はけが悪い場所には向かない

いくつか詳しく解説します。


寒さに弱い

真砂土舗装は、気温5℃以下での施工を避けなければなりません。

また寒冷地で施工する場合、冬期に水を含むと凍結溶解し、表面がボロボロに劣化する可能性があります。

つまり「寒さに弱い」ということで、寒冷地では使わない方がいいでしょう


駐車場の舗装には不向き!

なぜなら、真砂土舗装はコンクリート舗装と比較すると、強度や耐摩耗性がすごく劣るからです。

また駐車場だけでなく、歩行量が多いアプローチに施工すると、欠けたり割れたりしやすいデメリットがあります。

あくまで真砂土舗装は、おしゃれな見た目の庭が簡単に作れるということです。駐車場やアプローチなどは、強度が必要な場所は土間コンクリートで施工した方が良いでしょう。



土間コンクリートの詳細はこちらです⏬

土間コンクリートのヒント9選🤩【目地仕上げ-費用単価-DIYなどを解説します】


水はけが悪い場所には向かない

真砂土舗装をすると「水はけが良くなる」というのは、大きな誤解です!

真砂土には透水性がありますが、それは真砂土舗装の内部だけのことです。舗装の下にある土の水はけが悪いと、水たまりができてしまいます。

また水はけの影響や日陰になる場所に施工すると、いつまでも乾燥しなくて、苔や藻が生えるのもデメリットです。いずれその部分から劣化が始まり、舗装が剥がれることにもつながります。


2.【メリット7つ】水はけが良く水たまりができにくい素材


ここでのポイントは7つ
  • 撤去しやすい
  • 雑草対策になる
  • 見た目がキレイ!
  • DIYでも簡単にできる
  • 落ち葉の掃除がしやすい
  • コンクリートより暑くない
  • 水はけが良く水たまりができにくい

いくつか詳しく解説します。


撤去しやすい

真砂土舗装はコンクリートに比べ、経年劣化しやすいです。

そのため、定期的なメンテナンスが必要になります。しかしコンクリートよりずっと解体撤去しやすく、新しく施工しなおすのも簡単です。


夏の暑さを軽減しよう!

真砂土舗装に、コンクリート並みの強度を求めるのは間違い!

少しでもコンクリートの使用を抑え、温暖化や都市化による温度上昇を避けるのが目的(ヒートアイランド現象の緩和)です。夏場は直射日光の照り返しが抑えられ、涼しい風が家の中へ流れ込みますよ!


雑草対策になる

真砂土舗装を庭にするいちばんのメリットは、この雑草対策です!

しかもDIYでもかんたんに施工でき、一般的な「防草シート+砂利」と比較してもずっと効果があります。また、キレイな見た目で手間のかからない庭が作れるのも、大きなメリットです。



庭の手入れの仕方の詳細はこちらです⏬

庭の手入れの仕方おすすめ5選🤩【業者3つの料金相場も紹介します】


水はけが良く水たまりができにくい素材

なぜなら、真砂土は水を通しやすい素材だからです。

そのため、降った雨は舗装材の中をかんたんに通り抜け、水はけが良く水たまりもできにくくなります。

ただし舗装材の下にある土の水はけが悪かったり、あまり日が当たらない場所だと、水が残ってしまう可能性が高いです。施工前に、土の状態をしっかり把握しておきましょう。


3.【おすすめ種類】四国化成のマサドミックスが最強!

マサドミックスが固まった断面画像

真砂土舗装に使われる商品はたくさんあり、その中でも「四国化成のマサドミックス」がいちばんおすすめです!

当社クローバーガーデンで工事するときは、このマサドミックスしか使いません。今までクレームもなく、口コミ評判もすごく良い舗装材です。


マサドミックスは2タイプある

以下の2タイプがあります。

  • 【散水タイプ】DIYでもできる
  • 【ローラー転圧タイプ】プロに依頼しよう

散水タイプは小さい面積におすすめで、下地づくりができればDIYでも可能です。

ローラー転圧タイプは広い面積におすすめで、いろいろ道具も必要なのでプロに依頼しましょう。


4.【庭づくり】真砂土を使ったおしゃれな施工例

左は和風庭園のアプローチを、右は建物脇の通路を真砂土舗装した画像です。

ブラウン系の優しいカラーなので、庭石や庭木によく似合います。左画像のように人が歩く飛び石を設置すれば、舗装が壊れず長持ちするでしょう。


左は洋風住宅のアプローチを、右は和風住宅のアプローチを真砂土舗装した画像です。

ポイントは真砂土がこぼれないよう、縁石やレンガなどでしっかり縁取りすること。これをしないと、端からボロボロ舗装が壊れてしまいます。


洋風の庭を真砂土舗装した画像です。

ガーデニングや園芸作業に相性の良い素材で、土がこぼれてもすぐに掃除することができます。枕木で囲った花壇がかわいいですね!


5.【施工方法と手順】DIYでも簡単にできる!

ここでは、上記でおすすめした「四国化成のマサドミックス」を使った施工方法と手順を紹介します

真砂土ミックス以外の商品でも、施工方法はほとんど同じです。参考にどうぞ!


ここでのポイントは5つ
  • 施工する前の注意点
  • 理想的な収まり図
  • 真砂土舗装の施工方法と手順
  • ひび割れの補修方法
  • 穴の補修方法

施工する前の注意点

施工は1日ですべて終わらせましょう

なぜなら、色ムラが発生し、ダサい仕上がりになるからです。もし終わらない場合は、縁石・レンガ・タイルなどを使って区切り、別々の場所になるようにします。

また、気温5℃以下では施工はしない方がよく、施工後は乾燥する前に0℃以下になる恐れがあるならやめましょう。

広い面積を施工する場合は、クラック防止のため2~5m間隔で目地材を入れてください。


理想的な収まり図

ポイントは、下地をしっかり転圧し平らにすることです。

真砂土がこぼれないよう縁石などで縁取りし、厚さは3cm以上にしましょう。材料が薄すぎると、すぐに割れてしまいます。


真砂土舗装の施工方法と手順


                                                                                   
1.下地の施工

クラッシャーラン(砕石)を転圧して締め固め、平らな砕石路盤にします。下地路盤には排水勾配(2~3%)をつけ、路側には側溝などを設けてください。
2.材料の敷設

マサドミックスをレーキやコテを使って、平らに敷きならします。
3.表面の仕上げ

毛先のやわらかいブラシなどで、表面を軽く掃きます。
4.一次散水

表面が湿り材料が流出しないぐらい、噴霧器を使って散水します。
5.二次散水

一次散水後、2~3時間たってからジョウロで二次散水します。散水は水がゆっくりしみ込むように行なってください。
6.養生散水

施工翌日は同様に散水を行ない、湿った状態を保ちます。硬化するまでは、絶対人が進入しないよう養生をしましょう。

ひび割れの補修方法

  1. ひび割れ(クラック)に入っていくように、材料をコテや手のひらを使ってすり込みます
  2. すり込み終えたら、ジョウロで散水します
  3. 表面が十分に乾燥するまで、養生をおこないます

※セメント製品なので、補修した部分と既存部分の色ムラを生じることがあります。


穴の補修方法

  1. 補修部分を湿らせたら材料で穴を埋め、補修表面が舗装面と同じ高さになるようにならします
  2. 穴埋め後、噴霧器により一次散水します
  3. 表面がある程度乾いたら、柔らかいホウキで表面を掃いて仕上げ、二次散水します

※セメント製品なので、補修した部分と既存部分の色ムラを生じることがあります。


6.【値段-単価】販売価格はいくらぐらいか?

ここでは上でおすすめした「四国化成のマサドミックス」のカタログ価格を紹介します。

ホームセンターの固まる土よりかなり高額ですが、品質と強度は保証済みなので安心して利用してください


マサドミックス-散水タイプの値段

  • 3,400円 / 袋(1袋25kg)
  • 6,400円 / m2
  • 2袋(厚み3cm) / m2

マサドミックス-ローラー転圧タイプの値段

  • 2,400円 / 袋(1袋25kg)
  • 8,400円 / m2
  • 3.5袋(厚み4cm) / m2

7.【通販】楽天・アマゾンでも購入できる


マサドミックスは楽天・Amazonでも購入できるので、以下のリンクからご確認ください。

≫楽天でマサドミックスを見てみる

≫Amazonでマサドミックスを見てみる


それでは最後に、「無料で評判の良い施工業者の探し方」を紹介して終わりにします。


【無料】真砂土工事ができる業者の簡単な探し方


悩む夫婦

庭の舗装を真砂土でやってみたいです。

庭も工事してくれる業者を探しています。


そんなあなたに工事業者をかんたんに探せる「無料一括見積もりサイト」を紹介します。このサービスをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 無料で見積り依頼できる
  • 近くの評判の良い業者が探せる
  • 1社だけでなく数社見積もりできる

無料で相見積もりできるのが最大のメリットで、適正な工事価格がわかり、依頼した業者の工事が適正かどうか比較検討できます

このサービスを使えば「時間とお金の節約になる」ので、興味のある方はぜひ利用してみてください⏬


まとめ

玄関前のおしゃれな真砂土舗装

記事のポイントをまとめます。

  • 固まる土・真砂土舗装とは?
  • 庭づくりのヒント7選
  • メリット7つとデメリット5つ

以上の3つです。


この記事では、真砂土舗装に失敗・後悔しないためのヒント7つを解説しました。いかがだったでしょうか?

真砂土舗装はデメリットがいっぱいで、コンクリートみたいな強度は期待できません。しかしコンクリートの使用を減らせて環境保全になり、涼しい風が吹く雑草が生えにくい庭を作れるのがメリットです。

ぜひ真砂土舗装を庭に使って、見た目もキレイな庭づくりをしましょう。



すぐ下の関連ページで「おしゃれな庭砂利・庭づくりのアイデア・庭の手入れの仕方」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!

以上、固まる土=真砂土の庭造りヒント7選🤩【水はけの良い舗装材としておすすめです!】…という話題でした。

更新:2021年03月31日|公開:2021年03月26日


現在の位置:ホーム > 庭ガーデニング > 真佐土舗装




RELATED


※ このサイトについて

「クローバーガーデン埼玉」が運営するサイトで、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり」専門業者です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間勇(すがまいさむ)
2級建築士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

このオウンドメディアで「外構×庭づくり」情報を発信(月間平均40万PV)。サイト経由の売り上げ「年8桁」、工事依頼の問合せ「月50件」達成。

子供とNetflixをこよなく愛す、2児の父親。


⭐ よく読まれている記事6選 ⭐

新築外構・エクステリア工事一式庭・ガーデン工事リフォーム工事

オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガ石張り舗装土間コンクリートカーポートウッドデッキフェンス角柱機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根パーゴラシンボルツリー(植木)物置庭砂利|門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生