塀の種類は∞無限大!😲【おすすめ7選+選び方のコツ3つ教えます!】

【更新日】2021.07.28.


悩む夫婦

どんな塀をつくろうか悩んでいます。

おすすめのデザインや使う素材など、どんな種類があるか教えてください。それと評判の良い業者の探し方もあったら知りたいです。


こんな人に向けて書きました。

この記事のポイントは次の3つです。

  • 塀とは?
  • おすすめの種類7選+選び方のコツ3つ
  • 無料で工事業者を探す方法

記事を読み終えると、あなたにぴったりの塀アイデアが見つかり、近所に負けないおしゃれな塀が完成するでしょう。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事専門会社」です。

毎年60件以上の外構工事を行い、ほぼすべての現場で塀・フェンス工事をしています



塀の種類は∞無限大!😲【おすすめ7選+選び方のコツ3つ教えます!】

塀は組み合わると無限に種類がある!

塀は敷地境界に欠かせないもので、どんな種類を選ぶかであなたの家の印象が決まります。

しかし「塀ってどんなもの?」「どんな種類・デザインがあるの?」「ブロック塀とフェンスどちらが安いの?」「塀に使うおしゃれなフェンスってどれ?」「目隠し目的の塀の高さはどのくらい?」などとすごく悩むでしょう

そこでこの記事では、塀とはどんなものか?をまず説明し、おすすめの種類7選+選び方のコツ3つを解説します。またプロの業者に工事依頼したい人に、評判の良い業者が探せるサービスも紹介するつもりです。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


塀とは?


ここでのポイントは3つ
  • 塀とは?【言葉の意味】
  • 耐用年数はどのくらいか?
  • フェンスや擁壁との違いは?

塀とは?【言葉の意味】

塀とは、あなたの家の敷地境界に設置する囲いのことです。

塀の目的は、境界を示す・目隠し・防火・防犯・防音などがあります。


耐用年数はどのくらいか?

耐用年数とは、国税局が定めた「その資産が耐えられる使用期間」のことです。

塀の耐用年数は以下で、寿命は20年以上の経験があるわたしの予想値なので、参考にどうぞ。

                                                                                                                    
アイテム耐用年数寿命(参考値)
鉄筋コンクリート塀30年妥当
ブロック塀15年30年
レンガ塀25年妥当
石塀35年妥当
土塀20年経験なし
フェンス(金属)10年妥当(アルミは半永久的)
フェンス(樹脂製)10年もっと長い
フェンス(木造)10年もっと短い

もっとも気になるブロック塀の耐用年数は15年となっていますが、経験的に30年ぐらいの寿命はあります。土に接する部分を鉄筋コンクリートにすることで、寿命はかなり伸びます。

ただし中の鉄筋が腐食するのが約20年なので、グラグラするようであればすぐにリフォームしたほうがいいでしょう。


外構エクステリアの耐用年数はこちらです⏬

外構エクステリアの耐用年数と寿命【プロが経験を交えて解説します】


フェンスや擁壁との違いは?

かんたんにまとめると以下です。

  • 【塀】囲いのことで、素材がコンクリート・土・植物など
  • 【フェンス】日本語でいう「柵」で、素材が金属や木など
  • 【擁壁】おもに土留めの役割で、素材は鉄筋コンクリート

塀にも土留めの役割がありますが、擁壁ほど大きな圧力には耐えられません。住宅街で大きな土圧がかからなければ、ブロック塀で土留めをしてもとくに問題ありません。


【費用】ブロック塀とフェンスどちらが安い値段か?

まず結論を言うと、

見積もりをしないとわからない...


です。

なぜなら、塀とフェンスの種類はいっぱいあり、単純に比較できないからです。ただそれだとつまらないので、だいたいの目安を考察してみましょう。


距離12m × 高さ1m(12m2)の費用比較

いちばん安い材料の価格は以下です。

  • 【普通コンクリートブロック塀】150個 × 100円(ホームセンター)=15,000円
  • 【メッシュフェンス】6枚 × 14,300円(カタログ価格)=85,800円

ここにブロック塀には、基礎コンクリート+モルタル+鉄筋などの材料がかかります。フェンスなら、独立基礎+モルタルなどの材料が必要です。

またここに施工費もプラスすると、普通コンクリートブロック塀の方が安い費用でできるでしょう。どちらも工事費込み価格で、10~20万円の範囲になります。


【高さ制限】ブロック塀の法律・基準はあるのか?

法律での高さ制限は2つあります。

  • 【塀の厚さが10~12cm】2m以下
  • 【塀の厚さが15cm以上】2.2mまで

「ブロック塀の高さは、鉄筋で補強して2.2m以下とする」とあります。ただしこれにプラスして、控え壁や基礎の作り方の基準がありますが、細かくなるのでここでは省略します。

参考資料:≫建築物の既設の塀の安全点検について

視線を遮る目的としては180cmぐらい必要です。プライバシーの保護は大切ですが、圧迫感がありすぎるのもよくありません。

また、目隠しを目的とするならば、ブロック塀を使わずに「目隠しフェンス」を設置することをすすめます。これならば2.2m以上でも設置可能で、基礎をしっかり作れば安全性に問題はありません。


【名称一覧】塀の種類と素材のまとめ

おしゃれな塀をあつめた画像

種類と素材は以下です。

  • 生垣
  • 竹垣
  • 板塀
  • 土塀
  • フェンス
  • レンガ塀
  • 塗り壁の塀
  • 石積みの塀
  • タイル張りの塀
  • 化粧ブロック塀
  • 塗装仕上げの塀
  • 自然石貼りの塀
  • 吹き付け仕上げの塀
  • コンクリートブロック塀
  • コンクリート打ちっぱなし塀

思いついただけで15種類ですが、この種類を組み合わせることで、塀仕上げの種類は∞無限大に広がります!つまりあなただけの、たったひとつのオリジナル塀が作れるのです。

なんかゾクゾクしますよね!


塀の種類おすすめ7選

ここからは、外構工事でよく使われる種類を厳選して7つ、おしゃれな施工例とともに解説します。


おすすめの塀はこの7種類
  1. 【コンクリートブロック塀】安い価格で境界部分に最適!
  2. 【化粧ブロック塀】和風の大谷石もあり多種多様
  3. 【レンガ塀】おしゃれな洋風の外構がつくれる
  4. 【フェンス】ブロック塀の上や目隠し目的が多い
  5. 【タイル張り】高級な塀で汚れにくい!
  6. 【塗り壁】デザインや色が豊富でおしゃれ!
  7. 【塗装】DIYでもペンキを使ってリフォームできる!

お待たせしてすみません!

それでは、塀の代表で値段がいちばん安い「コンクリートブロック塀」から紹介していきます。


1.【コンクリートブロック塀】安い価格で境界部分に最適!

コンクリートブロックを積んでつくった塀

コンクリートブロックはもっとも安い種類で、ホームセンターならひとつ100円ぐらいで買えます。

特徴は以下です。

  • 【名称】基本形・横筋用・隅用・隅用半切・笠木
  • 【高さ】19cm
  • 【長さ】19・39cm
  • 【厚さ】7・10・12・15cm

よく施工するのは建物正面じゃなく、見た目を重視しない境界部分です。なぜなら値段が安いので、長い距離で高さがあっても費用があまりかからないからです。

とくにこだわりがなければ、ブロック塀を3~5段積んで、その上に安いメッシュフェンスを設置するのがおすすめ!圧迫感がなく、見た目もスッキリしています。


境界線ギリギリに塀をつくっても問題なしか?

法律的には、まったく問題ありません!その理由は、自分の敷地内だからです。

コンクリートブロック塀の表面は平らなので、境界ギリギリに立てても越境しません。しかし、凸凹している化粧ブロックは、3~5cmぐらい控えて積むのが一般的です。

もしご近所とのトラブルが心配なら、まわりに合わせて控えて積むのが暗黙のルールになっています。たとえ10cmでもです。外構工事では境界部分のクレームがいちばん多いので、とくに気をつけて工事してください。


2.【化粧ブロック塀】和風の大谷石もあり多種多様

化粧ブロックで施工したおしゃれな塀

化粧ブロックはおしゃれな製品がたくさんあり、和風から洋風までどんな塀デザインもつくれます

建物正面の塀や門柱など目立つ場所でも、化粧ブロックならOK!色によって、どんな外構スタイルに合わせるかが決まります。

  • 【カラフル】洋風
  • 【グレー】和モダン
  • 【ベージュ】なんでも合う

和風の代表格は「大谷石(画像右上)」で、昔のものと違って耐久性があり、ボロボロ壊れないのがメリットです。中に鉄筋も入るので、倒れる心配もまったくありません。

また各メーカーは毎年、デザインに富んだ新製品を開発していて、プロでも把握するのが難しいほどです...値段も安いものから高いものまで、幅広く販売されています。


化粧ブロックの詳細はこちらです⏬

化粧ブロックおすすめ20種類🤩【おしゃれでかっこいい施工例も紹介します】


3.【レンガ塀】おしゃれな洋風の外構がつくれる

レンガで施工したおしゃれな塀

レンガは洋風の雰囲気を持つ塀が、かんたんに作れるのがメリットです。

おすすめはレンガをダブルで積むことで、重厚感のある塀がつくれ、倒れる危険も少なくなります。また、煉瓦塀に合わせるフェンスはやっぱりアルミ鋳物で、ヨーロッパの家並みを連想させるテクニックです。

以前工事したお客さまは「レンガで塀をつくるのを、ずっと夢見てました!」と話してくれ、レンガ塀のためにお金を少しずつ貯金していました。いざ完成するとものすごく喜んでくれ、「いずれ敷地全体を囲ってみたいです!」と新たな夢を語ってくれました。


レンガ積み工事の詳細はこちらです⏬

レンガ積み工事20選@埼玉【無料で評判の良い業者の探し方も紹介!】


4.【フェンス】ブロック塀の上や目隠し目的が多い

フェンスの種類はたくさん!

フェンスの種類は豊富で、エクステリアメーカー各社から多彩な商品が販売されています(後付けもあり)。

たとえば以下です。

  • 竹垣
  • スチール
  • アルミ形材
  • アルミ鋳物
  • 人工木・樹脂

施工方法は「独立式かブロック塀の上」が多く、外構デザインに合わせて選びます。最近では、目隠し目的で選ばれるお客さまが多いです。

また、フェンス1枚の価格は1万円~で、大型フェンスだと10万円以上もします。そこに工事費用もプラスされるので、距離が長くなるほど費用が高くなるのが特徴です。


外構フェンスの詳細はこちらです⏬

外構フェンスおすすめ20種類🤩【プロが比較表とランキングも作りました】


5.【タイル張り】高級な塀で汚れにくい!

タイル張りをしたおしゃれな塀

タイル張りは費用が高額になりますが、汚れにくく高級感があるのが特徴です(掃除もしやすい)。

施工方法は、まず下地に普通ブロックを積み、その上にタイル屋さんがタイルを貼り付けていきます。タイル自体の価格も高く、施工できる職人も少ないので、費用が高額になりがち...

その分、高級感ある塀デザインになるので、お金持ちの家の塀はけっこうタイル張りが多いです(あなたの近所にもありますよね?)。

しかし、タイル張りだけだときっちりし過ぎて、やりすぎ感があります。そこで当社では、塗り壁にモザイクタイルをアクセントに使う塀をよく作り、お客さまからの評判も上々です!


外構タイル工事の詳細はこちらです⏬

外構タイル工事20選@埼玉👷【評判の良い業者の探し方もあり!】


6.【塗り壁】デザインや色が豊富でおしゃれ!

塗り壁左官仕上げのおしゃれな塀

塗り壁はデザインや色が豊富で、オリジナリティーが出しやすい塀仕上げです。

白やグレーで塗れば和風、カラフルな色にすれば洋風の外構が作れます。またブロックをカットすることで、緩やかなカーブが作れるのも魅力です。

塀を壊さずリフォームするなら、塗り壁は最強の方法!古くて汚れた塀や凸凹の化粧ブロックだって、きれいに生まれ変わります。DIYだと難易度は高めなので、DIYなら塗装がおすすめです。


塗り壁の詳細はこちらです⏬

ジョリパット施工例×塗り壁おしゃれ30選👷【評判の良い業者の探し方もあり!】


7.【塗装】DIYでもペンキを使ってリフォームできる!

塗装したきれいなブロック塀と汚れた塀

DIYでやるなら、ペンキを使った塗装がおすすめです!

なぜなら、ホームセンターで材料は安くそろい、技術はあまりいらないからです。塗料は水性でも油性でも良く、缶に記載されている用途に合っていれば問題ありません。

デメリットは、数年おきに塗り替える手間がかかり、剥がれや膨れが起きやすいことです。これはブロック塀が水気を吸いやすい、塗装前に下地をしっかり洗わなかった、塗料の選び間違い、などが原因です。

「塀 塗装 DIY」で検索すれば、たくさん情報が出てくるので、やる前にしっかり準備しましょう!


塀-選び方のコツ3つ


塀の選び方×コツは3つ
  1. 【目隠し】プライバシーの保護になる
  2. 【防犯】空き巣が嫌がって侵入できない
  3. 【デザイン】おしゃれ製品がメーカーから多数販売

それでは、順番に解説していきます。


1.【目隠し】プライバシーの保護になる

目隠しをした外構と庭の画像

プライバシー保護のため、目隠しフェンスを設置するのは今や当たり前!

高さの目安は、とくに隠したい部分は180~200cmぐらいあれば十分です。それ以上の高い目隠しは、植木を使うのがコツで、塀やフェンスと合わせると効果があります。

また、敷地全体を高い塀で囲うと圧迫感があり、通風・採光が悪くなるのがデメリット。必要な場所だけ高くし、それ以外は100~120cmぐらいの高さで塀を作るとコストも抑えられます。


目隠しフェンスの詳細はこちらです⏬

目隠しフェンスのヒント10選🙈【かっこいいおしゃれ施工例も紹介します】


2.【防犯】空き巣が嫌がって侵入できない

お魚くわえたドラ猫♪

塀は空き巣対策に効果がありますが、塀を高くするか低くするかは難しい問題です...

  • 【低い】侵入しやすいが、丸見えで目立つ
  • 【高い】侵入しにくいが、中へ入れば目立たない

おすすめの対策は敷地全体を高い塀で囲わず、防犯カメラやセンサーライトを併用することです。また、足のかけにくい縦格子のフェンスや、とがったフェンスを選ぶのも効果的でしょう。


3.【デザイン】おしゃれ製品がメーカーから多数販売

建物に合わせたフェンスを選ぼう!

塀に使われるフェンスの種類はすごく多様で、各エクステリアメーカーからおしゃれな商品が販売されています。

選び方のコツは、建物の雰囲気に合わせることで、建物と一体感のある塀を目指すのがポイントです。ブロック塀とフェンスを合わせるのも大切で、いろんな施工例を見比べて選びましょう。

最近の流行りは木目調デザイン(画像左下)で、天然木の質感がじょうずに再現されていています。また、アメリカンフェンスというPCフェンス(画像右下)は、広々したカリフォルニアの住宅街を連想させるので人気です。


アメリカンフェンスの詳細はこちらです⏬

アメリカンフェンスの外構ヒント7選🤔【庭のおしゃれ施工例も紹介します】


それでは最後に、「無料で評判の良い工事業者の探し方」を紹介して終わりにします。


【無料】塀の工事業者の簡単な探し方

すごいの見つけたよ! → わぁいいわね!

悩む夫婦

丈夫で長持ち、しかもかっこいい塀を作って欲しいです。

評判の良い業者の探し方があるなら、ぜひ教えてください!


そんなあなたに工事業者をかんたんに探せる「無料一括見積もりサイト」を紹介します。このサービスをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 無料で見積り依頼できる
  • 近くの評判の良い業者が探せる
  • 1社だけでなく数社見積もりできる

無料で相見積もりできるのが最大のメリットで、適正な工事価格がわかり、依頼した業者の工事が適正かどうか比較検討できます

このサービスを使えば「時間とお金の節約になる」ので、興味のある方はぜひ利用してみてください⏬


まとめ

こんなお茶目な塀も作れます!

記事のポイントをまとめます。

  • 塀とは?
  • おすすめの種類7選+選び方のコツ3つ
  • 無料で工事業者を探す方法

以上の3つです。


この記事では、塀デザインのおしゃれな種類や、選び方のポイントを紹介しました。いかがだったでしょうか?

塀はブロックとフェンスで作るのが一般的で、独立式でフェンスだけ設置する場合もあります。とても多くの種類・デザインがあるので、組み合わせは無限となり悩みどころです...

大切なことは、あなたにぴったりの信頼できる業者を見つけて、いろいろ相談に乗ってもらうこと!ぜひオリジナリティーある、おしゃれな塀を作ってみてください☆



すぐ下の関連ページで「おすすめの門柱デザイン・外構フェンス・おしゃれな塀工事」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、塀の種類は∞無限大!😲【おすすめ7選+選び方のコツ3つ教えます!】…という話題でした。

更新:2021年07月28日|公開:2021年04月10日


RELATED


【現在の位置】ホーム > 外構 > 塀の種類は無限


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間勇(すがまいさむ)
2級建築士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

このオウンドメディアで「外構×庭づくり」情報を発信(月間平均40万PV)。サイト経由の売り上げ「年8桁」、工事依頼の問合せ「月50件」達成。

子供とNetflixをこよなく愛す、2児の父親。


【⭐ 評判の良い業者が探せます ⭐】

当社で対応できない方はこちらをどうぞ ⏬

これで業者探しは失敗しませんよ!
≫無料で「あなたの地域の業者」を探す方法はこちら🤔


【カテゴリー・まとめページ 📌】

【おしゃれな施工例】 【評判-口コミ】
【外構工事】 【庭-ガーデニング】
【エクステリアアイテム】 【物置】
【カーポート】 【ウッドデッキ】 【芝生】
【庭木-シンボルツリー】 【植栽の選び方】