(有)クローバーガーデンのロゴマーク
外構工事&庭づくり専門アドバイザー
会社案内問い合わせ
ホーム > ブログ > 庭まわり > 庭に「本当に必要なもの」って何?

庭に「本当に必要なもの」って何?

庭に「本当に必要なもの」って何?
芝生のある庭でくつろぎたいですね★

庭の設計を考えるのは楽しいですが、以外と手間がかかり怠ってしまいがちです。愛着の持てる庭にするためのアイデアを考えてみました。

ウッドデッキと芝生は人気ですが...

新築の家だったらウッドデッキと芝生がやはり欲しいですね。でも、ウッドデッキの問題点は、地面より約50cmほど高くなるので、外からの目線が気になって結局使わない...芝生の問題点は、夏の暑い時期の芝刈りがとにかく大変!1週間であっという間に伸びてしまいます。


庭を変化させる

私だったら、子供が小さいうちは庭で遊べるので芝生をして、大きくなって子供に手がかからなくなったら、植栽を使ったガーデニングをやるでしょう。草花はもちろん野菜やハーブも育てて、見て食べて楽しめる庭にしたいです。その頃には、境界に植えた庭木も生長していて、ちょうどいい高さの目隠しになっていると思います。


近所付き合い!

休みの昼下がりにウッドデッキの上で寝転がんだり、ロッキングチェアーでコーヒーを飲みながら読書やDVD観賞...草花の手入れをしたり、近所の人とおしゃべりしたり、ゆったり有意義に庭を活用したいです。そのためには、やはり若いうちから近所付き合いをしっかりしておいて、近所を気にして庭に出るのが億劫にならないようになっていることが希望です。本当に必要なもの...それは近所付き合いってことになりました☆


手間がかかりますが...

庭をコンクリートだけにしてしまえば手間もかからず楽に生活できます。しかしそんな考えの人でも、小さな土のある庭を造り蚊に刺されながら庭仕事をすると、ひょとしたらもっと豊かな人生が送れるかもしれませんよ!


それでは、また。

更新:2018年09月16日|公開:2015年07月15日


RELATED