外構ホームページ×問い合わせが殺到する作成方法🤩【おすすめプログラミングスクールも紹介】

更新日:2020.08.02.


悩む男性

外構業者のホームページを作ってるけど、まったく問い合わせが来ない...どうやったら問い合わせが増えるのか知りたい...

プログラミングスクールに通って、基礎から勉強した方がいいのかな?


と悩んでいる人の「外構ホームページを上手に作る方法」がわかる記事になっています。

記事のポイントは次の3つです。

  • 問い合わせ殺到している事例
  • 問い合わせを増やす作成方法
  • おすすめプログラミングスクール3選

記事を読み終えると、上手な外構ホームページの作り方が分かり、どのプログラミングスクールで勉強すればいいか迷わなくなっているはずです。


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

毎年60件以上の外構工事を行い、多くの方に喜んでいただいています



外構ホームページ×問い合わせが殺到する作成方法🤩【おすすめプログラミングスクールも紹介】

外構業者だったら「問い合わせが増える → 仕事が増える」ほうがうれしいですよね?

そこでこの記事は次の業者(人)に向けて書きました。

  • すでにホームページはあるが問い合わせが来ない業者(人)
  • 作成経験がなくこれから作ってみたい業者(人)

当記事では、問い合わせが殺到している事例を紹介し、どうやったら問い合わせが増えるのか解説していきます。目標が決まったら、あとはプログラミングを勉強するだけです。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


問い合わせ殺到している外構ホームページの事例

当社クローバーガーデンのトップページ

事例はズバリ...

当社クローバーガーデン埼玉のホームページです!


パチパチ👏 つまりあなたが見ているこのホームページです。ちなみに東京都にあるクローバーガーデンではありません。

決して自慢じゃないんですが、その理由を紹介していきます。


ここでのポイントは3つ
  • 多い月で50件以上の問い合わせ
  • 月間ページビューの最高は90万PV
  • 約1000ページとページ数が多い

多い月で50件以上の問い合わせ

当社クローバーガーデンは、埼玉県の外構エクステリア専門業者です。

当社には月間平均30件ほど、多い月で50件以上のお問い合わせをいただいています。これは対応エリア をさいたま市中心にかなり絞っていてもです(日本全国ではない)。

ありがたいことに、当社で工事する90%以上はホームページ経由からの仕事です。2003年にこのサイトをオープンして以来、下請け会社からは完全に卒業しました。


月間ページビューの最高は90万PV

最高で90万PV以上(Google Analytics)

当社クローバーガーデンのサイトに訪れる方はかなり多いです。

2020年4~5月にかけての月間ページビューは90万ほどありました。つまり、「日本全国の多くの方々」に見てもらっているサイトということです。

ページビューに比例して問い合わせの数は増えるので、特に2020年4月・5月・6月は問い合わせが増えすぎてやばかったです。そのため7月には「問い合わせ休止の案内」を出したほどです。


約1000ページとページ数が多い

現在ページ数は約1000ページほどです。

日本全国にある外構業者のホームページで、ここまでページが多いのは数えるほどです。

ページ数が多ければ、いろんなキーワードから人が訪れます。つまり窓口が広いので多くの人の目に留まり、結果的に問い合わせが増えていきます。


問い合わせを増やす外構ホームページの作成方法

悩む男性

問い合わせを増やすのって、誰でもできるわけじゃないでしょ?


そんなことはありません!ここでは誰でもできる簡単なコツを教えます。


ここでのポイントは5つ
  • 会社案内はしっかり作る
  • 導線を意識しよう
  • デザインはシンプルにする
  • 施工例ページは手を抜かない
  • オウンドメディアを充実させる

会社案内はしっかり作る

外構ホームページでいちばん大事なのは「会社案内のページ」です。

理由は外構ホームページを訪れても、信頼できる業者か判断できなければ、問い合わせはぜったい来ないからです。

会社案内には「会社概要・職人紹介(スタッフ紹介)・対応エリア・工事内容・お客さまの声」などを掲載しましょう。かっこよく作る必要はなく、シンプルにわかりやすくすることが重要です。


当社クローバーガーデンの会社案内はこちらです⏬

【クローバーガーデン埼玉県】会社概要・お問い合わせ・スタッフ紹介など


導線を意識しよう

検索経由で外構ホームページを訪れたら、普通にの人はこうやってサイトを見ていきます。

  1. 施工例をいくつか見る(どんな工事ができるのか?)
  2. 会社案内を見る(信頼できる業者か?)
  3. 対応エリアを確認
  4. 職人・スタッフの紹介を見る(目に見える安心感・親近感)
  5. 最後に問い合わせる

この導線がスムーズに行くよう、ホームページをデザインする必要があります。

せっかく訪れてもらっても、「あれ?どこに会社案内のページがあるんだろう?」「問い合わせはどうやってやるんだろう?」とストレスを感じさせてはいけません。


デザインはシンプルにする

「カッコイイデザインなら、問い合わせが増えるのでは?」というのは全くなく、凝ったデザインは逆に嫌われます

今はスマホで見る人が多いので、すぐに表示されるのが重要です。重いページだと離脱率が増えるので、あまり大きな画像は使わず圧縮処理をしてから使いましょう。

ちなみにこのページは「AMP」で作ってて、どんな方法よりも表示速度が速いです。


施工例ページは手を抜かない

施工例ページをしっかり作っていない、外構ホームページは多いです。

  1. 画像2~3枚+数行の説明文:まったくダメ!
  2. 画像10枚以上+文字数3000~5000文字:OK!

1の施工例1000ページよりも、2の施工例100ページの方が問い合わせが増えます

当社サイトでよく見られているページは以下で、「画像14枚、文字数4000文字」で作られています。

カリフォルニアスタイルの外構工事🤩【リゾート風シンボルツリーも植えました】


オウンドメディアを充実させる

当社クローバーガーデンの問い合わせが多い理由はこれです!(本当は教えてくなかった...)

オウンドメディアとは、直接問い合わせには関係ないページで、お役立ち情報を提供するのが目的のメディアです。ブログも含まれます。

例えば「ここのラーメン屋がうまかった!」とブログを書けば、それを読んだ人は親近感が湧きます。あるいはフェンスやカーポートの商品説明ページを作るとかです。

目に見える成果はすぐに期待できませんが、ホームページは長く運営していくものです。少しずつお役立ちページを増やしていていけば、いずれ問い合わせが増えるようになります


まずこの5つを試してください。

あとは根気強く、ページを増やしていくだけです。


制作会社と自社スタッフ、どっちが作るべきか?

ズバリ...

自社内のスタッフが作るべきです


その理由を解説していきます。


ここでのポイントは3つ
  • 制作会社に依頼するとお金がかかる
  • 自社内のスタッフが作るべき
  • どうやって作り方を学ぶか?

制作会社に依頼するとお金がかかる

簡単なホームページ作成は20万円~で作成できます。

トップページ+会社案内+施工例+etc=10ページぐらいが相場です。しかしこれだけでは訪問者の心に響かず、残念ながら問い合わせは来ません

そこでページを増やすのですが、その度にお金がかかり、編集作業にもお金がかかります。もし自社内のスタッフが作成できれば、毎月の給料だけでどんどんページを増やしていけます。


とりあえず制作会社にお願いしたい人

ホームページ制作にスタッフを確保できない場合は、とりあえず制作会社にお願いしましょう。

自社のホームページを持っているのは、当たり前の時代です。まず作ってから、その後の管理をじっくり考えるのもアリです。

≫無料で制作会社を紹介してもらう【ホームページ制作.jp】


自社内のスタッフが作るべき

理由は、常に更新することができるからです。

制作会社に依頼すると一度作ったら終わりなので、更新が難しくなります。10年前なら制作会社が作ったホームページでも、問い合わせが殺到したと思います。

しかし今のSEOでは、100%不可能だと断言できます。問い合わせを増やす魔法の法則など存在せず、地道に作成していかなければなりません。


経験者が作ることが大事

制作会社は1次情報を持っていなく、世の中のニーズに答えられません。

自社内の経験あるスタッフが作ることで、みんなが知りたい「1次情報」が提供できます。

ちなみにわたし(このサイトを作っている)は、今でも現場で職人作業をしています。現場での経験とプログラミングが好きという強みが、問い合わせが殺到するこのサイトを作り出したのです。


どうやって作り方を学ぶか?

独学でもいいですが、プログラミングスクールに通ったほうが効率的です。

理由は、Web業界の変化はものすごく早いので、独学で3年もかけていたら、ライバル業者においていかれるからです。

初期投資でお金はかかりますが、しっかり学べば1年で回収できます。しかもオンラインでも学習できるので、コロナを心配せずにスキルアップが可能です。


プログラミングアレルギーの人は?

「あのわけわかんないプログラミングコードを見ると、体がかゆくなるんだよね...」って人いますよね?

そんな人には「ぽちっ、すーっ、ぽんっ(ドラッグ&ドロップ)」でホームページが作れる方法があります。HTML・CSS・PHPといったプログラミングの専門知識が不要で、ワードプレスプラグインが39,800円で購入できます。

≫プログラミング不要!WEBサイト作成ツール【weluka】

ただし長い目で見ると、やっぱりプログラミングスクールに通うことをおすすめします。


今の時代、片手間でホームページを作っていては、仕事依頼は来ません。

専用スタッフを自社に持ち、ホームページとともに育てていくことが大事です。


プログラミングスクールを使う理由3つ

悩む男性

お金がかかるから、独学でもいいと思うけど...


プログラミングスクールはお金はかかりますが、「問い合わせが殺到するホームページ」が短期間で作れるようになります。


ここでのポイントは3つ
  • オンラインでも学べる
  • 教室に通うこともできる
  • 将来IT業界へ転職可能

オンラインでも学べる

あなたがすでに外構会社のホームページ担当なら、オンライン学習がおすすめです

会社の業務をこなしつつオンラインで勉強できるので、時間を有効活用できるのが助かります。

またコロナ禍で在宅勤務やリモートワークが増えるので、学んだことをすぐに活かせるのも大きな強みです。


教室に通うこともできる

短期で集中的に学びたい人や、これから就職する学生におすすめです。

自宅だとどうしても怠けてしまうので、一緒に学ぶ仲間がいれば勉強がよりはかどります。

また教室で横のつながりを作っておけば、卒業後もいろいろ相談でき、仕事も紹介してくれるかもしれません。


将来IT業界へ転職可能

プログラミングスクールでいろんな言語を学んでおけば、将来エンジニアとしてIT業界へ転職することも簡単です。

ただし外構ホームページでは、HTMLとCSSができれば十分です。この2つなら3ヶ月もあればを習得できるので、すぐにホームページを作ることができます。

また世の中には100以上のプログラミング言語がありますが、プログラミングスクールならいろんな言語が学べます。これからの時代、プログラミングを学んでおいて損はありません!


お金は20万円以上かかりますが、問い合わせが増えればあっという間に回収できます。


【無料あり】おすすめプログラミングスクール3選


おすすめのプログラミングスクールは以下の3つです。


それぞれの特徴を簡単に説明します。


TechAcademy:外注いらず!自社サイトをリニューアル!

自社サイトを外注せずに、自分で管理したい人におすすめです(オンライン完結)。プログラミングスクール人気No.1!

Webデザイン+WordPressがセットになったコースで、別々に受講するより60,000円もお得(セット割)になります。

WordPress(CMS)でホームページを作っておけば、更新も引き継ぎも楽になります。このコースで基礎を学んで、ついでにマーケーットコースを受講すれば、問い合わせが絶えないホームページが作れるでしょう。

≫TechAcademy:外注いらず!自分のWebサイトをリニューアル!

≫TechAcademy:最短4週間!オンライン完結のWebマーケ講座!


TECH::CAMP:無料カウンセリングあり

オフラインでもオンラインでも、毎日学べるプログラミングスクールです。

テックキャンプのメリットは、転職できなかったら全額返金制度があることです。転職が決まるまで、しっかりサポートしてくれるのがすごいですね。

無料でなんでも相談できるカウンセリングがあるので、「とりあえず何を始めたらいいのかわからない...」人におすすめです。

≫TECH::CAMP:無料カウンセリングあり


0円スクール:プログラミング教室で学びたい人向け

名前がユニークな「0円スクール」は、教室で学びたい人におすすめです。

現在6校(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡)あり、「自分ひとりだと怠けそう...」と思っている人は仲間と一緒に楽しく学習できます。

≫0円スクール:プログラミング教室で学びたい人向け


ここでは3つのスクールを紹介しましたが、正直最初に紹介した「テックアカデミー」で十分だと思います。


まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 問い合わせ殺到している事例
  • 問い合わせを増やす作成方法
  • おすすめプログラミングスクール3選

以上の3つです。


この記事では、問い合わせが殺到しているホームページ事例と作成方法、プログラミングスクールを使う理由などを解説しました。いかがだったでしょうか?

紹介したスクールはどれも20~30万円ほどかかりますが、問い合わせが増えれば受講料はあっという間に回収できます。しかもそれ以降問い合わせが増えすぎて、逆に困ってしまう状況になっているでしょう。

またプログラミングスキルを身につけていれば、IT業界にエンジニア転職したりフリーランスで食べていくことも可能です。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?😊



以上、外構ホームページ×問い合わせが殺到する作成方法🤩【おすすめプログラミングスクールも紹介】…という話題でした。

更新:2020年08月02日|公開:2020年07月29日


現在の位置:ホーム > 会社案内 > 外構ホームページ作成




RELATED


※ このサイトについて

「クローバーガーデン埼玉」が運営するサイトで、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり」専門業者です👷

⭐ よく読まれている記事6選 ⭐

新築外構・エクステリア工事一式庭・ガーデン工事リフォーム工事

オープンクローズセミクローズカリフォルニアシンプルモダン南欧風プロバンスナチュラルモダン洋風和風・和モダンカジュアル

門まわり・門柱庭ガーデンまわり駐車場・車庫塀・囲い・境界アプローチまわり玄関まわり(ポーチ・階段)花壇まわりテラスまわり

塗り壁・ジョリパットタイルブロック塀レンガ石張り舗装カーポートウッドデッキフェンス角柱機能ポールサイクルポート立水栓・水道テラス屋根・パーゴラシンボルツリー(植木)|コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装、物置