外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 専門用語集 » お【用語集】外構、エクステリア、ガーデニング、庭

お【用語集】外構、エクステリア、ガーデニング、庭


いざ外構、エクステリア工事を進めようとすると、普段聞きなれない単語がいっぱいあって困る・・・なんてことありませんか?


用語、単語、集、専門オープンスタイル

エクステリアのデザイン主法の一つ。道路に面して開放的な外構スタイルで、植栽を主体に構成される。門柱は独立型で門扉はつけないため、プライバシーの確保や防犯性に少々難点があり、セキュリティに工夫が必要。

用語、単語、集、専門大谷石(おおやいし)

採石加工が容易で、耐火性に富むが、吸水率が大きく風化しやすい。

用語、単語、集、専門親子戸(おやこど)

両開きの扉で、片方の扉が他方よりも小さい形式のもの。

用語、単語、集、専門オランダ積み(おらんだづみ)

レンガの積み方のパターンのひとつ。外観はイギリス積みと似るが、隅部や端部の積み方が異なる。

用語、単語、集、専門折り戸(おりど)

開口部が広いが、敷地の内側と側方にスペースがない場合に使用される。

用語、単語、集、専門オイルステイン

 住宅の造作、建具、外構の木部塗装材料である。油性の着色剤に揮発油を溶かしたもので、素地の木目を生かす場合に使われる。塗膜が薄く、それだけでは必ずしも材木保護の役目を果たさないが、防腐機能は有する。なお、塗料選択の際、自然の植物油をベースにした無公害と量の使用が望ましい。

用語、単語、集、専門大矩(おおがね)

 大貫(おおぬき)といわれる板材を組み合わせて、三辺が「3、4、5」の比率になるようにつくった、大きな直角三角形の定規。遣り方の水糸の直角を決める時などに使う。

用語、単語、集、専門大壁

 柱や梁などが室内に現れない壁。日本の伝統工法は、柱や梁などが室内に表れた真壁づくりであるが、防火性能や耐震力を高めるために特に都市部では大壁工法が主流となった。

用語、単語、集、専門オーナメント

 装飾、装飾品、飾り付け。装飾と同義に使われることが多いが、区別する場合は装飾を構成する個々のものをさす。動物、植物のモチーフばかりではなく、抽象的、幾何学的なものもあり、建築物などに付加することにより美的効果を高める目的で装着される。デコレーションとも同じ意味。

用語、単語、集、専門オーニング

 可動式の日除けで、手動式と電動式がある。日差しの強い窓やウッドデッキに面した窓の上に取り付けると効果的。ヨーロッパでは日常的に使用されており、屋外生活を彩る大切な装置となっている。取り付ける建物外壁の補強が必要な場合があるので注意すること。

用語、単語、集、専門オーバードア

 頭上にスライドして開く扉のこと。エクステリアではカーゲートでパネル状の扉が跳ね上がるタイプのものをいう。車高の高い車を入れる場合はハイルーフタイプを使用すること。

用語、単語、集、専門オブジェ

 フランス語で、本来は「対象物」もしくは「物体」の意味。現代芸術で庭園や公園・広場などを美的に表現する素材として使う場合の「デザインされた「小物体」のことをいう。かつては、前衛的芸術で、空間表現に石、木材、鉄くずガラスなどの材を駆使して、意表をつく独創的形態を競う空間の表現に使われた。近年は、一般的庭園設計のさいの「小彫刻」の意味で使われている。

用語、単語、集、専門オープンスペース

 憩いやレクリエーションに供する目的で設けられる緑地や広場などの開放空間。パブリックオープンスペースとプライベートオープンスペースがあるが、一般的には自然的構成の土地を指し、公共用地も多い。

用語、単語、集、専門屋上庭園

 ルーフガーデン。建物の屋上に造られた庭のこと。建物の断熱効果も期待できる。建築構造上荷重を少なくしたいので、軽い土壌材料の選択が望ましい。屋上の防水には十分注意する。

用語、単語、集、専門屋内庭園

 インドアガーデン。建物の中に作られた庭園。採光はガラスの屋根を利用することが多いが、日照量が少ないので、観葉植物や陰樹系のものを使うことが多い。

用語、単語、集、専門母屋(おもや)

 一軒の住宅を構成する複数の建物のうち、中心となる建物。付属屋の下屋(げや)に対する主屋。

用語、単語、集、専門押縁(おしぶち)

 造園では、建仁寺垣などの縦模様型の竹垣の立子や、御簾垣などの横模様の竹垣の組子を抑えるために、直角方向に流し取り付ける割竹や丸竹。細い丸太材も用いる。建築では板の継ぎ目などに隠したり、羽目板などを抑えるために取り付ける細い材料をさす。

用語、単語、集、専門親柱

 竹垣の最初や終わり、角などに立てる柱で、正面に見せる主となる柱。この他必要に応じ隅や長い長い垣根などでは適当な間隔位置にも設ける。

用語、単語、集、専門おやすみタイマー

 自動点滅器との併用で使われることが多く、周囲が暗くなって自動的に点灯し、セットした時間が経てば自動的に消灯するなど、毎日同じように点灯・消灯する。タイマーの働きで自動的に消灯するため消し忘れがなく、省エネが図れる。電子お休みスイッチ、電子タイマースイッチ、おやすみタイマーなどと呼ばれることが多い。

用語、単語、集、専門男結び

 庭仕事や竹垣の結びに使われる最も一般的な結び方で、一度結んだら解かない時に用いる。通常この結び方のことを「いぼ」と呼び、「結い穂」の略といわれる。縄の端が直角にピンとそろっている結び方が上手な結び方といわれる。

【作成日:2012年6月16日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事