外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 専門用語集 » の【用語集】外構、エクステリア、ガーデニング、庭

の【用語集】外構、エクステリア、ガーデニング、庭


いざ外構、エクステリア工事を進めようとすると、普段聞きなれない単語がいっぱいあって困る・・・なんてことありませんか?


用語、単語、集、専門野石積(のいしづみ)

 山地などで採取したままの石を集め、処分をかねて積み上げた石積み。野趣味のある石積みである。山間部の畑や田んぼの畦などに多く見られる。

用語、単語、集、専門野面石積(のづらいしづみ)

 玉石と同様のタイプの擁壁で、玉石の代わりに加工しない自然のままの肌と面を持った石(野面石)で、積みやすい形の石(直径200mm以上)を用いて積み上げた重量式の擁壁。

用語、単語、集、専門軒先

 外壁から外に張り出した屋根(軒)の先端部。その内側を軒内といい、雨がかからないので植栽には注意が必要。

用語、単語、集、専門鋸すかし(のこすかし)

 剪定の一種で、のこぎりで大きな枝や幹などを切る、おおざっぱな剪定。

用語、単語、集、専門野ずかし

 剪定の一種で、別名あらすかし、もみあげ、祇園すかし。樹形を大まかにすかす剪定。

用語、単語、集、専門鋸引き仕上げ(のこびきしあげ)

 金鋸で引いたあとの目をそのまま生かした仕上げ。引き肌ともいう。

用語、単語、集、専門野面石(のづらいし)

 石が長年の間、風雨にされされた結果、石面が風化して凸凹のあるざらざらとした状態となっている物。色は暗色、帯黒色に近くなる。このような状態をサビが乗るといい、庭石の外観上大切なものであり、味わいとなる。

用語、単語、集、専門延段(のべだん)

 一定の幅を持った持った直線形の敷石。形式的には、正方形や長方形の切石を使用した真の延段、切石のほかに玉石などを混用した行の延段、玉石などを敷き詰めた草の延段に分けられる。

用語、単語、集、専門延べ床面積

 建築物の各階の床面積を合計したもの。法令上は「延べ面積」という。

用語、単語、集、専門法肩(のりかた)

 高低差のある造成地で、切土あるいは盛土面を傾斜(勾配)をつけて施工した表面を法面というが、この法面の高い部所で傾斜の始まる点をいう。逆に低い部所を法尻(のりじり)という。

用語、単語、集、専門法勾配(のりこうばい)

 切土面あるいは盛土面の傾斜のことで、水平距離:鉛直距離の比であらわす。

用語、単語、集、専門法敷(のりじき)

 傾斜(勾配)のついている部分の水平投影部分の用地をいう。

用語、単語、集、専門法長(のりなが)

 傾斜部分の延長をいう。長さなどで表さない場合は単純に法面という。

用語、単語、集、専門法面(のりめん)

 盛土や地山を切り取った時にできる土の傾斜面のこと。その他、長さを表す言葉として法(のり)っという。内法寸法など。

【作成日:2012年6月23日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事