外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 専門用語集 » も【用語集】外構、エクステリア、ガーデニング、庭

も【用語集】外構、エクステリア、ガーデニング、庭


いざ外構、エクステリア工事を進めようとすると、普段聞きなれない単語がいっぱいあって困る・・・なんてことありませんか?


用語、単語、集、専門モール

 本来は「木陰のある遊歩道」のことをさすが、近年ではショッピングモールという歩行者専用の商店街が各地につくられ、モールの名称を代名詞としている。

用語、単語、集、専門木質樹脂デッキ(もくしつじゅしでっき)

 木質樹脂は木粉を配合した天然木の風合いを持つ素材です。天然木のような反りやひび割れはほとんど発生しませんが、定期的なメンテナンスをおすすめします。

用語、単語、集、専門木軸工法

日本の伝統的な木造の建設施工方法を指し、基礎の上に土台を敷き、柱・梁・桁を組み、その上に小屋組みをした後、屋根を架けるという工法。地震などの水平力に抵抗するためのすじかいが入った構造。柱・梁などの軸組みで構成されるので「軸組工法」あるいは「在来工法(ざいらいこうほう)」とも呼ばれる。

用語、単語、集、専門木本類(もくほんるい)

 植物の分類法。茎が木質化する植物。茎は形成層の働きにより毎年、肥大・生長する。常緑樹と落葉樹、針葉樹と広葉樹に分けられる。

用語、単語、集、専門木目(もくめ)

 木理(もくり)ともいわれ、樹木の生長により、樹皮直下の形成層の活動が盛んな時期(春)と活動が衰える時期(秋)の形成層細胞の差が線状に表れたものが年輪と呼ばれ、樹木の断面に表れた年輪を木目という。また樹木の断面構成は、樹心、心材、辺材、樹皮となる。

用語、単語、集、専門杢目(もくめ)

 意匠的に価値のある変化のある木目模様。板材の中央部のみにある場合は「中杢」といい、ほかにも「ちりめん杢」「笹杢」などいろいろある。

用語、単語、集、専門もたれ式擁壁

 切土部分に用いる。土圧に対してもたれかけるタイプの擁壁。擁壁自体では自立できないため土にもたれかけるところからこの名がある。

用語、単語、集、専門モデュール、モジュール

 建築物などをつくるために基準寸法で、これにより生産性が上がったり収まりがよくなる。住宅では一般に3尺(=909mm)モデュールを基準に、その倍数で間取りなどを決めているが、最近では1mを基準にしたメーターもデュールなども登場している。

用語、単語、集、専門元口(もとくち)

 竹材や丸太材の切り口の根に近いほうをいう。

用語、単語、集、専門盛土(もりど・もりつち)

 宅地造成などにおいて、ほかから土を持ってきて人工的に平坦なところや低いところに土を入れたり、盛り上げたり、埋め戻すことで、従来の地盤の上にさらに土を盛ることをいう。

用語、単語、集、専門モルタル

 砂とセメントを混ぜたもの。通常、砂2対セメント1か砂3対セメント1の割合に混ぜます。基礎や壁の仕上げに使う。

用語、単語、集、専門

 境界における出入り口、あるいはそこに設ける建築物や工作物をいう。形式により唐門、四脚門、冠木門、長屋門などがある。

【作成日:2012年6月25日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事