外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 専門用語集 » へ【用語集】外構、エクステリア、ガーデニング、庭

へ【用語集】外構、エクステリア、ガーデニング、庭


いざ外構、エクステリア工事を進めようとすると、普段聞きなれない単語がいっぱいあって困る・・・なんてことありませんか?


用語、単語、集、専門べい尻(べいじり)

 掘取りした根の形状をいい、深根性の樹木で根の底が盛りだしている形状の根鉢。

用語、単語、集、専門平面図

 建物の間取りや、周囲の設計内容を表すため、一定の高さ(1?1.2m)で水平に切断した水平投影図(真上から見下ろした図)。住宅では1/50?1/100の縮尺が一般的。

用語、単語、集、専門pH(ペーハー)

 酸性、アルカリ性の度合いを示す指数。1?14までで表示され7が中性。数字が大きくなればアルカリ性が強くなり、小さくなれば酸性が強くなる。日本の土壌はやや酸性を示す。

用語、単語、集、専門龕泉(へきせん)

 英語で壁龕(へきがん)のこと。西洋庭園施設の一つで、イタリア式庭園やスペイン式庭園に多く見られる壁面をえぐったようにつくられる半円形のへこみ空間で、飾り鉢やベンチがおかれる。噴水や泉を施す場合もあり、龕泉(へきせん)、ニッチファウンテンともいう。

用語、単語、集、専門ha(ヘクタール)

 面積の単位で。「1ha」=「100a(アール)」「100m×100m」

用語、単語、集、専門べた基礎

 建築物の底面全体を版状の基礎とする形式。何女区な地盤でも不同沈下しにくく、一般の木造住宅にも採用される例が増えている。

用語、単語、集、専門べた張り

 切り芝と切り芝の間に目地を設けないで張る芝張りの方法。

用語、単語、集、専門ベタ掘り

 土工事の一種で掘削の一方法。建物の独立基礎などの場合に、施工状必要な範囲のみを矩形(くがた)に掘削する掘り方をいう。類義語に、壷掘り、布掘り(ぬのぼり)など。

用語、単語、集、専門ベンガラ、弁柄(べんがら)

 赤色顔料の「紅殻」のこと。硫酸鉄を原料として精製した第二酸化鉄を成分とした顔料は、岡山県成羽町で1707年に開発された。赤錆色の独特な色合いは、外構の塀や和室の壁にも塗り込んで色彩色の強い壁をつくることができる。インドの西ベンガルに産したのでこの名がついた。

用語、単語、集、専門ベンチマーク

 水準点(B.M.)と称し、国道及び主地方動に沿って約2kmごとに標石が埋められており、基準点からの高さを正確に求めてあるので、これを色々な測量の基準として用いる。簡易な測量の場合、測量値付近の道路や構築物を仮の水準点とし、仮ベンチマーク(K.B.M.)と称する。

【作成日:2012年6月24日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事