外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 専門用語集 » あ【用語集】外構、エクステリア、ガーデニング、庭

あ【用語集】外構、エクステリア、ガーデニング、庭


いざ外構、エクステリア工事を進めようとすると、普段聞きなれない単語がいっぱいあって困る・・・なんてことありませんか?


用語、単語、集、専門RC打ち放し(あーるしーうちっぱなし)

 コンクリート打ち放し仕上げ。荒々しく素朴な表情を持つ。汚れ防止のため透明半ツヤの塗装をすることが多い。ハツリノミで表面を削る仕上げもある。

用語、単語、集、専門アイストップ

 住宅正面や街並みの中心で、人の視線を引きつけるような際立ったもの。T字路の道路の突き当たりにある建物や、目印になる樹木などを指す。

用語、単語、集、専門アウトドアリビング

 住宅のリビングや食堂な前面の庭をリビングの一部として活用し、住宅外部の自然環境を味わいながら楽しめる空間をいう。リビングの考え方に広がりを持たせている。

用語、単語、集、専門足場(あしば)

 工事を行うときに仮設の作業床としたり、作業員の通路の目的で作られた仮設物をいう。使用目的によって外部足場、天井足場、吊足場、養生足場などがあり、固定される場合と移動できる場合がある。材料は丸太足場や鋼管足場などがある。

用語、単語、集、専門アプローチ

 門まわりから玄関までの通路部分。訪れるすべての人が通る場所なので、カーブさせたり演出ポイントを設けることで、楽しさや変化のある空間とする。幅員は900?1200mm程度で滑りにくい仕上げをするとよい。

用語、単語、集、専門洗い出し

 左官仕上げの一つ。モルタルやコンクリートが完全に硬化しないうちに表面を水で洗い流し、中に入っている骨材(砂・砂利・石など)を露出させる仕上げをいう。

用語、単語、集、専門アルミ形状(あるみけいじょう)

 アルミ地金を押し出し成形した素材で、金属の質感と重量軽いのが特徴。大量生産が可能でコストも安価なため、門扉の主流商品として使用される。

用語、単語、集、専門アルミ鋳物(あるみいもの)

 アルミを溶かし、型に流し込んで成形したもの。質感は鉄に類似して、素材が持つ質感を表現するため、陰影で立体的や存在感を示すものもある。型枠成形のためサイズ調整は難しいが、曲線の組み合わせなど自由なデザインが容易であり、利用頻度も高い。

用語、単語、集、専門アンカーボルト

 土台や柱脚部をコンクリート基礎などに緊結するための埋め込みボルト。基礎コンクリート打設と同時に埋め込むのが望ましいが、位置精度や施工手順の関係から、エクステリアではコンクリート打設後に、ドリルで穴開けして打ち込む「後施工アンカー」が使われることが多い。

用語、単語、集、専門アイストップ

 住宅正面や街並の中心で、人の視線を引きつけるような際立った物事のこと。例えば、T字路の道路の突き当たりにある塔状の建物や、目印となる樹木などをいう。街並の景観設計の手法のひとつ。

用語、単語、集、専門アイストップツリー

 アプローチの途中などに植えられ、視線がフォーカスポイントとなる樹木。視線を遮ったり、動線を曲げたりする役割を持つ。

用語、単語、集、専門アウテリア

 エクステリアとほぼ同意義の和製英語である。若干の違いは、エクステリアは本来、建物の外壁面など外皮部分を去るのに対し、アウテリアは狭義のランドスケープの意味で、リビングの考え方に広がりを持たせている。

用語、単語、集、専門アウトドアライフ

 屋外生活、野外生活で、余暇を海や山などの中で遊び生活することを言う。また、住宅の庭の一部に野外趣味の装置を作って自然環境を暮らしの中に取り入れることもさす。ハイキング、釣り、バードウォッチング、森林浴など屋外でのレジャーを「アウトドアレジャー」とも呼ぶ。

用語、単語、集、専門亜鉛鉄板

 溶接亜鉛メッキした鉄板で、サビなどに対する耐久性に優れ、屋根葺き材料や外壁材として多用されたが、最近はその後に開発されたカラー鉄板やステンレス鋼板が多く利用される。

用語、単語、集、専門アクセントカラー

 強調色のこと。配色が単調で曖昧な時、色相やトーンが対照的な色を少し加えることによって、配色全体を引き締める効果を持つ。

用語、単語、集、専門アスファルト舗装

 道路舗装のひとつの方法で、アスファルトを用いて表層を舗装した道路舗装をさす。アスファルトは、石油精製の際に出る残留物と天然のものがあるが、人工アスファルト、つまり石油アスファルトを用いることが多い。暗褐色で、黒色で防水工事などにも用いられる。

用語、単語、集、専門東屋、四阿(あずまや)

 庭園内に設ける屋根が四方葺きおろしの建物。洋風のものをガゼボ、サマーハウスという。休憩小屋であるが、庭のフォーカスポイントにもなる。

用語、単語、集、専門圧密

 土が外力を受けて、その土の中の水を失って体積を減少させること。主な原因として、圧縮力によるものが大きい。

用語、単語、集、専門アトリウム

 語源は古代ローマの都市住宅の中央大広場。現代は、オフィスビルやホテルの中に設ける大型吹抜空間をいう。上部ガラス屋根を通し採光を行い、フロア部に樹木を植え和洋風問わず室内庭園をつくるなど、建物の内部に自然の一部を導入して、豊かな屋内空間を演出する手法のひとつ。

用語、単語、集、専門雨掛、天掛(あまがかり)

 建物の外部まわりで雨が直接かかる部分。外壁の汚れや電気設備などの防水性に考慮する必要がある。

用語、単語、集、専門雨仕舞(あまじまい)

 異なる部材の接する部分から雨水が浸入しないように防ぐこと。窓や出入り口の枠まわり、外壁と屋根の接する部分、軒先、バルコニー床と外壁の接する部分の納まりなど。

用語、単語、集、専門雨落ち(あまおち)

 軒下の真下の雨だれが落ちる部分。雨樋がない場合は、砂利を敷き詰めた側溝を設けたり、石(雨落石)を配したりして、地面が凹むのを防いだり、雨水の跳ね返りを防ぐ。

用語、単語、集、専門アメニティ

 快適性をさす。単に物理的な快適さばかりでなく、環境や生活、態度などにも該当し、精神的なものも含めた「好ましさ」のようなもの。元来は、場所や土地などの心地よさ、土地柄などの好ましさ、感じの良さを意味し、空間の持つ気持ちよさや美しさ、楽しさや便利さを示す。

用語、単語、集、専門アルコーブ

 一般に部屋などの壁の一部を引き込ませた部分のことをいう。日本間の床の間や廊下の一部、外壁の一部分を引き込ませた場合などに用いられる空間の総称。アルコーブを作ることによって単調な空間に変化をつけ、余裕のある空間をしつらえることができる。近年は街路設計手法のひとつとしても採用されている。

用語、単語、集、専門暗渠(あんきょ)

 上部が閉じ込められているか、地中に埋設された上下水道のこと。切断面の大きいものは現場打RC製、または、ヒューム管、小さいものはヒューム管、ビニル管などを使用する。

用語、単語、集、専門暗渠排水(あんきょはいすい)

 暗渠の排水渠をいう。また、湿田などを改良するのに、暗渠を設けて地下水を排除するために作られたものをさす。

用語、単語、集、専門アングル

 L字形鋼のことで、溶接やボルトで組み合わせて構造物を作ったり、他の構造物の補強に使用したりする。

用語、単語、集、専門アントニオ・ガウディ

 スペインの建築家(1852?1926)。タラゴーナ県レウスに生まれる。その特異な彫塑的フォルムに見られるように、自然の形態から建築のあらゆる構造原理を学び実践した。すなわち、光、空間、生命そして無限の世界を象徴する建築を作ることを念願した。代表作は、そのほとんどがバルセロナ市内にあり、グエル公園、コロニアグエル地下聖堂、カーサ.ミラー(住宅)およサグラダファミリア聖堂などがある。1883年に建設が始められた当聖堂は、現在も建設が続けられ、完成は100年後とも200年後ともいわれている。

用語、単語、集、専門あんどん作り

 ツル性植物を鉢植えにする場合の仕立て方のひとつで、鉢のまわりに立てた支柱に丸い輪を2、3段取り付け、ツルを誘引する方法。アサガオ、クレマチス、ブドウなどに利用される。

【作成日:2012年6月15日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事