外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 土の基本知識 » 土壌の三相分布

土壌の三相分布|理想割合=固40%、液30%、気30%

土壌の三相分布

三相分布とは土壌の物理性を見るのに便利な方法です。土壌は土壌粒(礫、砂、粘土、腐食など)とその孔隙を満たす土壌水と土壌空気の3つで構成されています。それぞれを固相(土壌粒)、液相(土壌水)、気相(土壌空気)といいます。それらの容積割合を三相分布といい、固相率、液相率、気相率などのようにあらわされます。

固相の大部分は土の粒子で、その重さは水の2.5~2.7倍であり、液相は1.0であり、気相である空気はほとんど重さがありません。このように重さに大きな違いがあるので、三相を重さであらわさず容積で示すことになっています。

理想的な割合は?

三相分布は、水やりや乾燥によって変化します。水やりをすると土壌中の固相率に変化はありませんが、気相率が小さく、液相率が大きくなります。また、土壌が乾燥しはじめると気相率が大きく、液相率が小さくなります。一般的に、理想とされる三相分布の割合は、固相率40%、液相率30%、気相率30%で、植物の生育に適しています。


三相分布の例

理想的な土壌

三相分布の理想的な土壌

三相分布の理想的な土壌


湿害土壌

三相分布の湿害土壌 三相分布の湿害土壌

根が下層に入らず、湿害を受けて枯死する


干ばつ土壌

三相分布の干ばつ土壌

根が深くはいるが、乾燥が続くと枯死する

【作成日:2010年4月5日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事