外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 土の基本知識 » 土壌の分類

土壌の分類|2mmの大きさで石 or 土に分けられる

土は大小さまざま

土は、均質な粒子からできているわけではありません。大小さまざまな粒子の混合物であり、土から有機物を除いた固体部分を、粒子の大きさによって分類すると次のようになります。


土壌粒子の分類(国際土壌学会)

粒径
2mm以上
細土 砂土 粗砂 0.2~2mm
細砂 0.02~0.2mm
微砂(シルト) 0.002~0.02mm
粘土 0.002mm以下

岩石の直径が2mm以上のものを指します。


砂土

粘土含量が15%以下で、礫は含みませんがほとんど砂(85%以上)であるものを指します。礫と、砂土とも湿らせて握ってみてもバラバラで固まりになりません。


砂壌土

粘土含量が15%以下で、砂が65%~85%のものを指します。湿らせて握ると固まりになりますが、棒状にはなりません。


壌土

中間的なふつうの土で、粘土含量が15%以下、砂含量が40~65%のものを指します。湿らせて伸ばすと鉛筆の太さぐらいにすることができます。


埴壌土

粘土含量が15~25%のもので、砂の多いのもを砂質埴壌土、シルトの多いものをシルト埴壌土といいます。練って伸ばすとマッチ棒ぐらいになります。


埴土

粘土含量が25~45%のもので、ひも状にまで伸ばすことができます。


重粘土

粘土含量が45%以上のもので、こより状にまで伸ばすことができます。排水不良で耕作しにくいです。


【作成日:2010年4月3日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事