外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 土の基本知識 » 用土の保管方法

用土の保管方法|風通しの良い涼しい場所に置きましょう

管理をしっかりしましょう!

使い残りの用土、再生した用土は、保管が悪いと雨にあたって崩れたり、水分を失って風化して粉状になったり、微生物の分解により細かくなり著しく物理性が悪くなります。

それらを防ぐには、雨や日光の当たらない場所に置くか、特に有機質の単用土や培養土は、風通しが良く涼しい場所が適しています。また、開封した袋の口はしっかりと止め、用土の吸水や乾燥を防ぎます。

【作成日:2010年5月24日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事