外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 安心な野菜作り » 野菜の安全性を守るには?

野菜の安全性を守るには?

 積み肥を使うことが大切

野菜の安全性を守る

 一般細菌というものは、どこにでも1g当たり10の5乗ぐらいたくさんいるのです。その中でもサルモネラ菌、コレラ菌、チフス、O-157などは、家畜の糞便から作られる堆肥などにも、発酵温度を70℃にすると一般細菌が全滅するので、このような積み肥を使うようにします。

 衛生管理という面から、積み肥の作り方一つとっても、気をつけなければなりません。


 生産者と消費者の信頼関係が大切

野菜の安全性を守る

 今は、生産者と消費者の信頼関係が大切な時代です。信頼のおける農家からの購入は、安心できるということです。

 これからは多くの産地の生産は、追跡調査ができるようにガラス張りになります。このようなものであれば、消費者も安心できるということです。


 農業も淘汰の時代を迎えています

野菜の安全性を守る

 今の社会では、リストラや倒産で大変な時代ですが、農業も淘汰の時代を迎えています。68歳の今ピークを迎えている農家も、あと15年で消えてしまいます。とても心配なことです。

 これから生き残るためには、大規模農業ではしっかりした経営の農家が生き残るでしょう。そして、中小規模の農業では、顧客との直接的な信頼関係が築ける農家が生き残ると思います。

【作成日:2012年8月11日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事