外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 安心な野菜作り

安心な野菜を自分で作ろう!あなたの知識は正しいですか?

野菜(植物)は大切!

安心な野菜を作ろう!
安心な野菜を作ろう!庭に畑を作り、親子で野菜を栽培してみましょう!
安心・安全な野菜

 「地球上のあらゆる生物は植物に依存している」ということはとても大切なことです。光、水、酸素で無機物から有機物を生産できるのは、この自然界で植物だけです。そして皆さんは消費して、あるいは食物連鎖によって、お互いに食ったり食われたりしながら生きています。

野菜に関して大事なことは、「生食する場合、食べる瞬間まで野菜は生きている」ということです。生き物を食べていることを忘れずに、いつも感謝の気持ちを持ちたいものです。

野菜をもっと食べましょう

野菜をもっと摂取すべきです。特に若い人はたくさん野菜を食べてください。

≫野菜をもっと食べましょう【野菜の消費】


有機栽培は「善」ではない

有機栽培は「善」で化学肥料は「悪」とは考えないでください。有機栽培も無機栽培も両方ともメリット・デメリットがあるということです。共存は可能です。

≫有機農業は本当に安全か?


農薬は野菜栽培の立役者

安心・安全な野菜

農薬は使わない方が良いと考えないでください。正しく使えば安全であり、減農薬栽培も高く評価するべきです。農薬というのは、農家の非常に重い労働を開放する立役者です!農薬を使うなというのは、農家に対してあまりにも酷な話なのです。

≫農薬使用の安全性の今昔


農業は消費者が支えましょう

安心・安全な野菜

優れた生産者は、毎日総合科学を実践しています。社会学、自然科学、気象学などを考えて、頭のコンピューターをフルに稼働させているのです。しかし、野菜はどんどん輸入されています。

ですからこのような総合科学を実践している農家が、今後も生き残れるかどうかは分かりません。多くの農家は淘汰されてしまうでしょう。農業は消費者が支えなければなりません。

≫野菜園芸という農業産業について


輸入野菜の安全性は?

これからも野菜の輸入は避けられません。自給率70%を切らないようにしたいです。輸入野菜の安全性にも疑問があります。よく考えて安全な野菜を購入しましょう。


農業はガラス張りの仕事

安心・安全な野菜

栽培も、流通も、小売りも嘘のない仕事で、ガラス張りの仕事でないとやっていけなくなると思います。

今は直売所や道の駅などがあります。直売所は、生産者の顔が見えて新鮮な野菜が買えるので非常にいいです。生産者が自分で栽培した野菜に価格がつけられるし、地場野菜など面白い野菜も売っていたりします。

≫野菜の安全性を守るには?


旬の野菜はとてもおいしい

安心・安全な野菜

旬の野菜、鮮度の高い野菜は本当においしいのです。家庭菜園などを強くオススメします。特に定年を迎えて時間があり、やる気もある団塊世代の男性はターゲットです!

≫家庭菜園で、旬のおいしい野菜を作ろう☆

【作成日:2012年8月7日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事