外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » アルミ製品28種 » カーポート5種類

カーポート基本5種類!サイズ・オプション品・管理方法

人気アイテムのカーポート

カーポート基本5種類!サイズ・オプション品・管理方法
カーポートとチュエーンポール

カーポートは車には絶対欠かせないアイテムで、典型的な5種類を紹介します。屋根材も年々進化し、多彩で便利なオプション品も多数あります。

5種類のカーポートとサイズ

1台用片流れ屋根

カーポート基本5種類!サイズ・オプション品・管理方法 カーポート、1台用片流れ屋根
最も一般的なカーポート

工事するカーポートのうち90%以上を占めるのが「1台用片流れカーポート」です。片側のみに支柱があるので使い勝手に優れています。背の高いミニバン(アルファードやエルグランド)でも「ロング柱」に変更すれば、カーポートにぶつかる心配は全くありません。

  • 間口(幅):2400~3000mm
  • 高さ(梁の最低部):1800~2800mm
  • 奥行き:5000~5700mm

1台用両足支柱タイプ

カーポート、1台用両足支柱タイプ カーポート、1台用両足支柱タイプ
最も強いカーポート

カーポートの種類のうち最も雨風に強く、両側に支柱を持つ安定感のあるタイプです。風の強い地域や雪が多く降る地域、まわりに田んぼや畑などがあり風がよく通る場所におすすめです。

  • 間口(幅):~3600mm
  • 高さ(梁の最低部):1800~2800mm
  • 奥行き:5000~5700mm

2台用一体型タイプ

カーポート、2台用一体型タイプ カーポート、2台用一体型タイプ
広々したデザインのカーポート

車2台分に十分な広々としたスペースを確保できるワイドカーポートで、車を2台所有している人におススメです。両端まで梁が一体なのが特徴で、中央に柱がなくすっきりしたデザインで車の乗り降りも楽です。3台用トリプルカーポートの間口(幅)は7.2mと8mがあります。

  • 間口(幅):3600~6000mm
  • 高さ(梁の最低部):1800~2800mm
  • 奥行き:5000~5700mm

2台用Y合掌型タイプ

カーポート、2台用一体型タイプ カーポート、2台用一体型タイプ
左右のサイズを別々にできるカーポート

中央に柱を2本抱き合わせるY字型に設置したカーポートで、左右違うサイズを組み合わせることが可能です。2台の車の外側を広く活用することができるのが特徴です。

  • 間口(幅):4800~6000mm
  • 高さ(梁の最低部):1800~2800mm
  • 奥行き:5000~5700mm

2台用縦連結型タイプ

カーポート、2台用縦連結型タイプ カーポート、2台用縦連結型タイプ
建物脇を最大限活用したカーポート

2台の車を縦に並べて駐車するカーポートで、建物の横の敷地を最大限利用したタイプです。車を2台所有している人におススメで、後ろの車の出し入れが面倒ですが人気のあるカーポートです。

  • 間口(幅):2400~3000mm
  • 高さ(梁の最低部):1800~2800mm
  • 奥行き:10000~11400mm

4種類の屋根パネル

カーポート、屋根パネル、ポリカーボネート板
花が見えなくなるほど太陽光を通しません!

屋根パネルの材質により、カースペース内の明るさや熱量カットなど性能に違いがあります。パネルの厚さは1.7~2mm。真夏の車内温度を比較すると、よく見かけるプラスチックの波板より「熱線遮断ポリカーボネート板」を使えば約10℃もの違いが見られます。


6つの特徴

カーポート、屋根パネル、ポリカーボネート板
愛車を守る屋根パネル
  • 耐衝撃強度アップ:ガラスに比べ約250倍の耐衝撃強度があり、落下物から車を守る
  • 紫外線を低減:太陽光に近い自然の光は取り入れて、人体に有害で車体の色あせの原因となる紫外線をほぼ100%カット
  • 熱量を半減:暑さの原因となる赤外線の熱量を半減し、真夏の温度上昇を抑える
  • 直射日光を拡散:裏面のエンボス模様が直射日光を拡散して柔らかな日差しにする
  • プライバシー:裏面のエンボス模様が周囲からの視線を抑え、パネルの汚れを目立ちにくくする
  • 防火性能:熱に強く燃えにくい素材

便利なオプションをご用意!

台風対策オプション

カーポート、台風対策オプション

台風時の強風によるパネルの抜けや飛散を防止します。台風対策オプションを使用することで、通常よりも約1.4倍も強度が上がります。

通常:Vex=34m/s⇒対策時:Vex=46m/s(約1.4倍)Vex:耐風圧強度


雨風の吹き込み防止!【側面パネル】

カーポート、側面パネル

カーポート横からの雨や風の吹き込みを防止し、大切な愛車を守るのに役立つ側面パネル。カーポート柱の外側に取り付けができ、1段と2段のタイプがご用意できます。右写真は2段パネル仕様です。


強度アップ!【着脱式サポート柱】

カーポート、着脱式サポート柱

カーポートの強度をアップさせるサポート柱は、脱着式で固定しやすく、収納時も柱の横にすっきりと収まります。サポート柱の受け皿は埋め込みタイプですので、サポート柱を使用しないときでも、つまずくことがないように配慮しています。


どんな敷地にも対応!【台形対応セット】

カーポート、台形対応セット

建物と道路が平行でなく、斜めになっている敷地でも、この台形セットを使えば敷地に合わせたカーポートの施工が可能です。前枠を85°~95°までの角度で調整できます。


洗濯物が干せます!【竿掛けセット】

カーポート、竿掛けセット

カーポートの屋根の下で、雨に濡れる心配がなく洗濯物が干せます。上45°、水平、下45°の3段操作が可能で、使用しないときは真下方向に収納できます。


その他の特徴

乗り降りしやすい2本柱

カーポート、乗り降りしやすい2本柱

カーポートのほとんどのサイズが2本柱となっていますので、ドアの開け閉めに邪魔にならずに車の乗り降りがしやすくなっています。


便利な【ドレインエルボ】

カーポート、ドレインエルボ

ドレインエルボにより雨樋内部に詰まったごみをカーポートから簡単に取り除けます。わざわざハシゴを使って、屋根の上からゴミを取り除く必要はありません。


不具合が発生したら

使用中にいろいろな不具合が発生することがあります。以下に示す現象・兆候については、対処方法に従ってお早めに対処してください。

不具合 考えられる原因 対処方法
樋部分からの雨水のあふれ ごみ、落ち葉などの異物による雨樋のつまり 雨樋を清掃してください
屋根ふき材の不透明化 屋根ふき材の経年劣化。または、有機溶剤を含むガラスクリーナー、殺虫剤の使用、建物の外壁とソウなどによる劣化の促進 屋根ふき材の交換が必要です。施工業者に修理を依頼してください。
屋根ふき材のひび割れ
屋根ふき材の割れ 強風時の飛来物
積雪時の電線や小枝に付着した氷雪の落下
屋根ふき材のばたつき 屋根ふき材押さえの取り付け不良、ねじのゆるみ 修理または交換が必要です。施工業者に修理を依頼してください。
タイト材の劣化(寿命による硬化、ひび割れ、断裂など)
雨漏れ シーリングの不備や劣化など
屋根ふき材取付部、タイト材の経年劣化
柱の傾斜、ぐらつき 基礎寸法が当社指示より小さい、柱の埋め込みが浅い

処置しても直らない場合は、必ずお買い求めの取り扱い店やお近くのメーカー支店・営業所へご連絡ください。


カーポートの管理・手入れ

  • カーポートを長時間清掃しないままにしておきますと、表面に付着した汚れは、しみや腐食の原因となります。
  • 汚れが軽いうちに清掃してください。
  • 清掃の目安は、少なくとも年に1~2回程度です。
  • 特に海岸地帯や交通量の多い道路沿いは、塩分や排気ガスによる汚染が進みやすいので、こまめにお手入れをしてください。
  • ねじやボルトなどの緩み画生じていないか、年1回は点検してみてください。ボルト・ナット・ねじなどは絶対ゆるめないでください。
  • 外部塗装や薬剤散布を行う場合は、その塗料や薬剤が屋根樹脂板に付着しないように気をつけてください。ひび割れなどの表面欠陥が生じることがあります。

お手入れ方法

  • 汚れは、やわらかい布、スポンジなどで水洗いにより、洗い落としてください。金属たわしなどでこすると、表面に傷がつき腐食のもとになりますので、使用しないでください。
  • 水洗いで取れない汚れなどは、食器用中性洗剤で洗い落としてください。
  • 有機溶剤を含むガラスクリーナー、便器やタイル用の酸性洗剤やアルカリ性洗剤は、表面を侵し腐食のもととなりますので、使用しないでください。

樹脂パネルのお手入れ方法と注意事項

  • 屋根ふき材は合成樹脂製品です。汚れは、柔らかな布、スポンジなどで水洗いにより、洗い落としてください。金属たわしなどでこすると、表面に傷がつき腐食のもとになりますので、使用しないでください。
  • シンナーなどの有機溶剤を含む洗浄剤(たとえばガラスクリーナーなど)は、表面を侵して透明性を損なったり、ひび割れを発生させたりすることがありますので、使用しないでください。
  • 殺虫剤にも有機溶剤が含まれています。万一、屋根ふき剤に殺虫剤がかかった場合、速やかに食器用中性洗剤で洗い落としてください。放置しますと、透明性を損なったりひび割れが発生したりすることがあります。

波板の交換について

  • 波板の耐用年数は、硬質塩化ビニル製とガラス繊維強化ポリエステル製では多少異なりますが、波板の半部や固定穴の周辺に亀裂が生ずる等劣化してきた場合は、早めに波板の交換をお願いいたします。波板のお取替え時に、使用する、波板止めフック(波板固定用)や、その他の部品が必要な場合、または製品についてのお問い合わせは、販売店、またはお近くのメーカー営業所にお願いします。

屋根材(折板)のお手入れ方法と注意事項

  • 折板を長持ちさせるためには、さびが発生する前に再塗装することが大切です。再塗装の目安としては全般的に白っぽくなった時点、またはつやが失われた時点で行ってください。

雨樋の清掃

  • 雨樋に落ち葉やゴミ、ほこりなどがたまると詰まりますので、定期的に雨樋上部入り口を清掃してください。

水抜きがつまった時の対応

  • ドレンエルボ下側のキャップをはずし、内にたまったゴミを取り除いてください。

カーポートの販売


【更新日:2015年7月26日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事