外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 植栽選び » 冬に花が咲く木

冬に花が咲く木 「人気のおすすめ」5種類

 ウメ(梅)

ウメ(梅)、庭木、シンボルツリー
ウメ(梅)、庭木、シンボルツリー

 「桜切るバカ、梅切らぬバカ」とよく言われます。これは、桜は切り口から腐りやすいので、剪定は避けますが、梅は切り口の回復が早いので、かなり太い枝を切っても大丈夫で、強い剪定にも耐えられるということです。

 サクラが咲く前の2~3月に咲き、根は強く、比較的育てやすいです。ウメは果樹としての利用方法もあります。。

 ≫ウメ(梅)の詳細はこちらへ


 ツバキ(椿)

ツバキ、庭木、シンボルツリー
ツバキ、庭木、シンボルツリー

 日本原産の植物であり、日本を代表的するシンボルツリーのひとつです。花の時期や花色は種類によって様々で、赤・桃・白を基調に斑入り・覆色などバリエーションが豊富です。

 天敵の「チャドクガ」が発生しやすいので注意が必要です。発見したら、葉ごと切り取り殺しましょう。毒針を持っているので、手で触れないように注意!

 ≫ツバキ(椿)の詳細はこちらへ


 ロウバイ(蝋梅)

ロウバイ、庭木、シンボルツリー
ロウバイ、庭木、シンボルツリー

 花径2cm程度、透明感のある淡い黄色が一般的です。花には甘い香りがあります。冬の殺風景な庭に、梅の花よりも早く咲かせるロウバイは、和の趣を与えてくれます。

 ロウバイ栽培には剪定作業が欠かせません。剪定をしないと、花つきが悪くなり、樹形も悪くなります。

 ≫ロウバイ(蝋梅)の詳細はこちらへ


 アセビ(馬酔木)

アセビ、馬酔木、庭木、シンボルツリー
アセビ、馬酔木、庭木、シンボルツリー

 日本の山に自生する常緑の低木で、高さ1~3mになります。花はつぼ形、花色は白で長さは約7mm。丈夫で育てやすい人気のシンボルツリーです。

 毒性の強い有毒植物で、昔はその煮汁がハエ・ウジの駆除剤や農作物の殺虫剤として利用されていました。

 ≫アセビ(馬酔木)の詳細はこちらへ


 ボケ(木瓜)

ボケ、庭木、シンボルツリー
ボケ、庭木、シンボルツリー

 落葉性低木で、高さ50~200cm。花の時期は秋~春にかけてです。

 花色は白、オレンジ、赤を基調に濃淡があり、斑入りや覆色など様々なバリエーションがあります。新梢につくトゲは鋭いので、剪定時などは気をつけましょう。

 ≫ボケ(木瓜)の詳細はこちらへ

【作成日:2013年1月21日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事